何もかもがうまくいかない原因はコレ!解決方法をご紹介

何もかもうまくいかなくて、悩んでいる人がいるかもしれません。「もうどうしようもない」と、一人で抱え込んでいる方は多いでしょう。

今回は

  • 何もかもうまくいかない原因は考え方にある
  • うまくいかないときの解決方法
  • 何もかもうまくいかないときに思い出したい言葉

と、物事がうまくいかない原因や解決方法、思い出すべき言葉についてまとめました。

何もかもうまくいかない……それは考え方に原因があるかも

他人と比較したり、自分がダメな人間だと思い込んだりしていないでしょうか。

何もうまくいかない人の考え方の問題について見てみましょう。

誰かと自分を比較している

うまくいかないときには、つい他人と比較してしまうものです。そもそも他者と比較するからこそ、自分の現状がうまくいっていないと判断してしまいます。

しかし人それぞれの能力は異なっており、状況も同じではありません。それで他者と比較をすることに何の意味があるのでしょうか。他者と比較して満足したり、不満を抱いたりするのはただの自己満足です。

他者と比較をするメリットはあまりありません。惨めな気持ちにさせられるなら、なおさらでしょう。他者と比較をせず、自分の中の価値基準にしたがって生きてください

自分のことを「ダメ人間だ」と思い込んでいる

自分がダメな人間だと決めつけてしまうと、何もかもうまくいかない気持ちになります。「自分のようなダメなやつが成功するわけがない」と、最初から決めつけてしまうこともあるでしょう。このようにモチベーションが低下した状態では、成功するわけがありません

自分のことを客観的に評価するのは難しいものです。自分の思い込みで、自己評価がかなり低い人はたくさんいます。自分の評価が必ずしも正しいものではないと理解しましょう

失敗が続くと焦りからどんどん判断力が落ちていく

実際に何度も失敗を繰り返してしまうと、早く挽回しなければいけないという気持ちになります。このような焦りの気持ちには注意しましょう。

焦っていると冷静な判断力や集中力が失われてしまいます。その結果、ケアレスミスは増えるばかり。さらに焦るという悪循環に陥ってしまい、いつまで経っても成功しません

何かに固執しすぎて思考が固くなっている

自分のこだわりを持つことは、ときとしてマイナスになってしまうことがあります。「このやり方しかない」と決めつけたばかりに、いざ対処できない事態になったときに手も足も出せません

もっと柔軟な思考を持つべきでしょう。思考が固くなってしまうと、行動が狭まり、問題解決もできなくなってしまいます。

また失敗するかも……とトラウマになっている

過去に失敗した経験があると、同じ失敗を繰り返すかもしれないと思ってしまいます。トラウマは、それをたとえ意識しないようにしても思い出してしまうものです。

当時の失敗をフラッシュバックしてしまうこともあり、まともな精神状態になれないでしょう。この場合、まずトラウマを解消しなければなかなかうまくいきません

うまくいかないときの解決方法

ただ「どうせできない」と悲観するのではなく、冷静に分析をし、失敗したときを想定しておくことが大切です。

うまくいかないときの解決方法について紹介します。

自分にとって一番大切なものを優先させてみる

うまくいかないときには、一体何をするべきか分からなくなるものです。そんなときには、自分の一番大事なものを優先させましょう

変な思い込みを捨てて、自分のしたいことをやってみます。そのほうがモチベーションも上がりやすいでしょう。結果的にパフォーマンスも向上して、良い結果がもたらされるかもしれません。

一歩引いて今の状態を分析する

うまくいかないときほど客観視することが大切です。距離をおいて自分の状況を客観的に観察することで、これまで見落としていたものが見えてくることもあるでしょう。

意外なところに抜け道を見つけ出せるかもしれません。視野を広げることで、さまざまな選択肢があることが分かります

考えてどうにかなるものか冷静になって判断する

状況をどうにかしようと、ひたすら悩んでいる方もいるでしょう。しかし、世の中にはどうしようもないものもあります。それは諦めるしかありません。

考えて状況が変わらないものを、いつまでも考えていても仕方ありません。人生諦めも肝心。今の悩みは本当に考えて解決できる問題なのか、冷静になってみましょう

ひとつぐらいうまくいっていることがあるのではないかとポジティブに考える

マイナス思考になっていると、何をしてもうまくいかないと考えがちです。しかし、どんな状況でもひとつぐらいはうまくいっているものがあります。

それを見つけ出して、ポジティブに考えてみましょう。すべてがダメだと思い込んでしまうと、余計に気持ちが沈んでしまいます。良い点を見つけ出す努力をしてみましょう

今がどん底これからは上り坂だと考えてみる

もし今がどん底だと感じるならば、逆に今より落ちることはないとも捉えられます。これ以上落ちる場所はなく、あとは上がるしかないと前向きに考えてみましょう。これからどんどん上り坂になっていくと思えば、明るい気持ちになっていきます。何でもうまくいくはずだと思い込んでみてください。

マイナスな方向に思い込むことに、あまり意味はありません。それでは行動や思考に大きな制限がかかってしまうばかりです。逆にプラスの方向へ思い込むことは、気持ちも行動も前向きにしてくれます。プラス思考は、心身の状態も良くしていくでしょう。

時間が過ぎていくのを待つ

世の中の事象には、時間が解決してくれることもあります。たまたま今は時期が悪かったのだと考えてみましょう。時間が過ぎていくと状況が好転するかもしれません。誰かが助け舟を出してくれたり、素晴らしいアイデアが生まれたりする可能性もあります。

うまくいかないときに焦って行動すると、余計に泥沼にはまることも。待つことも立派な行動です。たとえば気晴らしや気分転換に遊んでみましょう。そうすれば気持ちがスッキリとして、冷静になれるはずです。リフレッシュすると突然、解決策が思い浮かぶこともあります。

あらかじめ失敗したときの対応をシミュレーションしておく

失敗を恐れているならば、事前に対処を考えておけば良いのです。たとえ失敗したとしても、それをリカバリーできれば問題ないはず。失敗したらどういう状況になり、どのように行動すれば良いのかシミュレーションします。万が一失敗したとしても、慌てずに対応できますし、気持ちも安心するでしょう。

失敗したときのことを考えるのは、後ろ向きだと思う方がいるかもしれません。しかし、これは失敗したときにも前向きに行動するため、必要な準備です。

何もかもうまくいかないときに思い出したい言葉

後ろ向きになっているとき、さまざまな言葉が勇気づけてくれることもあります。

うまくいかないときに思い出してもらいたい言葉を、いくつかまとめてみました。

世の中には自分でコントロールできないことが多い

世の中のすべてのものが自分の思い通りになるというのは、傲慢な考え方でしょう。それができるのは神様だけです。たとえ大統領のような立場の人であっても、すべてを制御することはできません。自然災害を見ていれば、人間のコントロールできないものがたくさんあるとよく分かるはずです。

自分の思い通りにならなくて悩んでいる方は、「うまくいかなくても仕方がない」という考えを持ちましょう。そもそも自分がすべてを制御できると考えるのが間違い。人間一人ひとりは、それほど大きな力を持っているわけではありません。そのことを自覚すれば、多少失敗したとしても、こういうこともあると納得できるでしょう。

自分の力を過信しているからこそ、うまくいかなくて悩んでしまいます。うまくいかないことが人間にとっては普通なのだと思ってみてください。

失敗を経験することは非常に大切なこと

失敗は成功の母という言葉があります。失敗をするからこそ、それを活かして成功できるのです。失敗しなければ、どこに問題があるのか分かりません。失敗をして初めて分かることはたくさんあります。失敗を恐れてばかりでは、一歩を踏み出すこともできないでしょう。世の中で成功している方は、たくさんの失敗を経験した人です。

もしあなたがたくさん失敗をしているなら、そのことをとても誇りに思ってみてください。多くの失敗を繰り返すほど、経験値を積んでいます。それはとても貴重な財産であり、成功のためにはかけがえのないものです。他の人にはない自分の長所といえるでしょう。

もちろん、ただ失敗をするだけでは意味がありません。その失敗を前向きに活かすことができて、初めて価値が生まれます。

失敗への恐れ、それは努力の証

失敗に対して恐れるということは、裏返せば成功する自信があるということです。これはこれまでにしっかりと努力をしてきた証といえるでしょう。きちんと努力をしたからこそ、失敗を恐れています。そのため失敗の恐れが生じたならば、それは自分が努力をした証として誇りに思うべきです。後ろ向きに考える必要はありません。

全く頑張っていない方というのは、失敗に対して驚くほど無関心です。失敗を恐れる気持ちがあるだけでも、その人はひたむきで前向きな人間である証拠。自分の頑張りを褒めてあげましょう。

考え方が変わるチャンスの時期

うまくいかない場合、成功するために別の方法を試すことになります。これまでとは考え方を変えなければいけないかもしれません。これは良い機会といえるでしょう。安定しているものを変えるという行為は、どんな人間でもなかなかできないこと。何か良い機会がなければ、これからもずっと現状維持を続けていたかもしれません。

それこそ問題がない状態で、自分の考え方を変えるのは難しいでしょう。うまくいかない状況が訪れたならば、考え方を変えるチャンス。このように外部から強制的な圧力がかかるような状況は、むしろ好ましいのです。人によっては、そういった機会に恵まれないまま可もなく不可もなく、なんとなく現状維持を続ける人生を送っています。

安定することは確かに魅力的ですが、ついつい油断を招くほか、堕落してしまう恐れもあります。うまくいかない状況は真剣に物事について考える、いい機会です。

辛い経験をしている人は美しい

何も悩みがない状態を、理想的だと考えている人がいるかもしれません。しかし、そのような状況が続くと怠けてしまいます。危機感がなくなり、人生に真剣味が失われてしまうでしょう。果たして、この生き方は美しく後悔もないでしょうか。

過去につらい経験をしたり、危機的な状況を乗り越えてきたり、酸いも甘いも知っている人のほうが、人生は豊かです。人の見た目には、それまでの人生経験が大きく影響します。何も苦労のない人生を送るよりも、目まぐるしく状況が変化して波乱万丈なほうが生きがいもあるはず。こういった人生は、見た目も美しくしてくれるでしょう。

まとめ

うまくいかないときは周りと比較していないか、失敗を恐れていないかを考えてみます。一歩引いて冷静に考えてみたり、時間が過ぎるのを待ったりすることも、場合によっては有効な手段です。

何もかもうまくいかなくて悩んでいる方は、こちらで紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。