毎日ストレスフルでツライ……大丈夫!解決法は必ずあります

仕事や学校、プライベートなど、さまざまな原因からストレスを溜めていませんか。そんな状況が続いてしまうと、心身ともに疲弊してしまいます。

ここでは

  • ストレスフルの状態
  • ストレスの原因
  • ストレスを軽減する対策・心がけ:職場編、恋愛編、家庭編

と、ストレスフルな状態に陥る原因や、対策についてまとめました。

ストレスフルってどんな状態?

ストレスが多くかかった緊張状態を、「ストレスフル」と言います。ストレスフルな状態について、より詳しく紹介します。

ストレスが多くかかっている状態

大きなストレスがかかってしまうと、もうこれ以上耐えられない状態にまで追い込まれます。ストレスフルとは、このように限界までストレスが溜まっていることを指す言葉です

ストレスを解消したり、原因を取り除いたりしないと、疲労はどんどん溜まります。ついに限界に達してしまうと、病気になることも考えられるでしょう。

常にストレスがかかる要素がある状態

ストレスフルという言葉には、「ストレスが常に存在する」という意味合いもあります。たとえば職場に不満を抱いている場合は、毎日仕事へ行くたびにストレスを感じてしまうでしょう。人によっては家庭内にストレスの原因があり、それから逃げられない方もいます。

ただストレスに敏感というよりは、逃げ場が見つからないため、結果的に四六時中にストレスを受けてしまう状態です。

ストレスが強くかかる状態

ときとして人間は、とても大きなストレスを感じることがあります。たとえば人前で発表をしなければいけないとき、人によってはかなりのストレスとなるでしょう。

たった1回の出来事でも、それがストレスフルと言えるぐらい強い負担を与えることがあります。それが原因となって、心身に影響が出てしまうケースも珍しくありません。

そのストレスの原因はなに?

ストレスの原因は職場や恋愛、家庭に問題のあるケースが多いです。人を極限にまで追い込むほどのストレスはどこで発生するのか、原因について紹介します。

職場の人間関係・環境

職場を辞める理由の1位は人間関係です。それくらい仕事で人間関係の問題を抱えている方は多くいます。たとえば上司が嫌な人だったり、同僚と馴染めなかったりというのは大きなストレスになるでしょう。

あってはならないことではありますが、なかにはいじめや、嫌がらせを受けてしまう方もいます。できる限り早く問題を解決しないと、ストレスのせいで心の病気になってしまうかもしれません。

通勤までに時間がかかる、あるいは仕事がやりづらい環境のために、ストレスを受けることもあります。「職場にあるパソコンが古くてまともに機能しない」というのも、ストレスの原因となるでしょう。エアコンの風が自分にばかり当たるのが嫌だというケースもあります。ちょっとしたことでもストレスフルな状態を導いてしまうのです。

恋愛が上手くいっていない

たとえば片思いをしている方は、ストレスを感じることがあるかもしれません。好きな人に恋人ができてしまったら、とてもショックを受けます。

あるいは恋人に浮気をされてしまったり、告白をして振られてしまったりというのもストレスのもと。恋愛が思うようにいかないことの精神的な負担はかなり大きいでしょう

家庭に問題がある

たとえば実家暮らしをしていると、親や兄弟姉妹と言い争いになってしまうことがあります。家族との仲が悪くなると、家での居心地は悪くなるでしょう。毎日帰ってくる我が家に問題があると、心が休まりません。

家族の場合は、その関係を断ち切ることすらなかなか難しいもの。これからも付き合っていかなければならず、そう考えることがまたストレスになります。

ストレスを軽減する対策・心がけ~職場編~

接し方を変えたり、相談をしたり、思い切って休んでみるのも良いでしょう。職場におけるストレスを軽減するための対策や、心がけについて紹介します。

社内の人間関係では自分の接し方や考え方を変える

人間関係については、自分の心がけ次第で解決できる場合があります。相手に対する接し方を変えることで、打ち解けられるかもしれません。

また、どうしても合わない相手とは無理に付き合う必要はないでしょう。相性の悪い人とは距離を置くことも考えます。職場で無理にみんなと仲良くなる必要はありません。

ノルマや目標が達成できないときは身近な人に相談する

仕事でなかなかノルマや目標が達成できないと、不安な気持ちになってしまいます。周りに遅れてしまうのではないかと考えて、焦ってしまうこともあるでしょう。

そんなときには上司や同僚、先輩などに相談をしてみてください。有効なアドバイスをくれるかもしれません。仕事がやりやすくなるような助言をしてくれる可能性もあります。

残業が多くて辛いときは思い切って休む

残業続きだと、嫌でも心身に大きなストレスが溜まってしまいます。そのままでは過労死してしまうかもしれません。有給休暇を取得するなどして、思い切って休むことも大切です。労働者には休みを取る権利があります。最終的に自分の身を守るのは自分と考え、限界に達する前に休んでしまいましょう

人は案外もろく、ずっと働き続けることはできません。定期的にオフの日がないと壊れてしまいます。辛いと感じた時点で休むべきで、たとえ休みをとって嫌な顔をされたとしても、気にする必要はないでしょう。

仕事の時間とオフの時間の気持ちを切り替える

家に帰っても会社のことを考えてしまうと、心休まるときがありません。社会人は上手く気持ちの切り替えをしていくことが大切です。

オフの時間はオフの楽しみに集中しましょう。会社のことや仕事のことは一切考えないようにします。大切な恋人や友人と過ごし、とことん心を休ませてあげてください。

ストレスを軽減する対策・心がけ~恋愛編~

確かに恋愛には多少のストレスもつきものですが、あまりにも過剰なら恋愛のやり方や考え方を変えてみましょう。

恋愛でストレスが溜まっているときの対策と、心がけについて見ていきます。

過去自慢が多い彼には今はどうなのか確認して

過去の話を延々と自慢してくる人は、たとえ恋人でも鬱陶しいものです。それが本当の話なのか怪しいと感じることもあるでしょう。

そんなときには、現在はどうなのかを聞いてみます。過去の話など、恋愛においては結局どうでもいいことです。大事なことは現在どうなのかであり、これからどうするのか、今の彼の考えを聞かせてもらいます

スマホばかり見ている彼には隣で一緒にスマホを見る

最近は四六時中スマホばかり見ている人が増えました。自分の好きな彼がスマホに集中していると、せっかく一緒に過ごしていても自分が構ってもらえません。ここで無理に話しかけてしまうと、彼の気分を損ねてしまいます。

そうではなく、隣で一緒にスマホを見てみましょう。自分のスマホをいじるのでも良いですし、ゲームを楽しんでいるようなら彼のスマホを覗くのも一案。スマホをいじるのが好きな彼に対しては、好きなようにさせておくのが一番です。無理に自分のほうを向かせようとするのではなく、隣で一緒に楽しむ姿勢をとっていれば、ストレスも減るでしょう。

束縛タイプの彼には安心させるように心がける

束縛ばかりしてくる彼がいると、気が休まらず困ってしまいます。束縛するのはあなたが浮気をするのではないかと疑っているから。

自分は彼のことを本当に愛しているとアピールしましょう。しつこいぐらい好きだということをアピールすれば、彼の束縛もゆるみます。あなたに無理がない範囲で、連絡を頻繁にとるのも、安心してもらうには有効です。

我慢が多い恋愛はしない方が良い

わがままばかり言ってくる彼とお付き合いしている方もいるでしょう。束縛だけではなく、服装まで指定してきたり、無理難題を押し付けてきたりする人も。

このような恋愛はストレスが溜まるばかりで、彼が成長することもまずありません。たとえあなたが彼のことを好きだとしても、そういう恋愛をするべきではないと言えます

会う頻度を減らすのも手!一人の時間を作ってみる

ふたりの間に問題が生じているならば、会う回数を減らすことでストレスも避けられます。たとえば頻繁に会っているカップルというのは、それだけ喧嘩が起きやすいでしょう。相手を大切に思う気持ちが薄れてきてしまい、お互いへの配慮もありません。このような状況では、刻一刻と破局へのカウントダウンが進んでいきます。

会う回数を減らせば、自分の時間を増やすことができるはず。そうなると冷静に彼のことを考えられるようになります。しばらく会わないでいたことが幸いし、彼との仲が逆に深まることもあるのです。

好きな人から振られてしまったときは思い切って忘れる

失恋のショックは、人生のなかでもかなり大きなストレスとなります。いつまでもそのショックが尾を引くでしょう。しかし過ぎたことについて考えていても、キリがありません。こういうときは、思い切って失恋を忘れる努力をしましょう

いつまでも失恋を振り返り続けるより、「絶対に幸せになってやる」という気持ちで、美意識を上げてみてください。失恋後に美しくなることは、最大の復讐です。場合によっては復縁できる可能性もあり、そうでなくても新しい出会いを呼び込みやすくなります。

ストレスを軽減する対策・心がけ~家庭編~

家庭はあなたの居場所であり、ここにストレスがあると常に精神を削られてしまいます。家事を分担したり、一人の時間を作ったりと、ストレスを取り除くことが大切です。

家事は分担して自分だけが辛い状況を変える

たとえば自分ばかりが家事を任されている、という家庭もあるかもしれません。仕事をしていて、さらに家事までこなしている方はとても大変でしょう。この場合は家事の分担を提案します。本来家事というのは、家族みんながやるべきものです。

特に男性の場合は、未だに「家事は女性の仕事」と思っているケースがあります。そういった考えはこのご時世には古く、改めさせなければなりません。

夫にイライラするのは「女性ホルモン」の仕業かも

せっかく大好きな彼と結婚したのにイライラが続き、「自分はどうしてしまったのだろう」と不安になる方もいるでしょう。女性はホルモンの関係によって、イライラしやすい時期があることが分かっています。この場合、小さなことにもむかついてしまい、ストレスをコントロールできません。

ホルモンバランスの崩れている女性は、余計にイライラしやすくなります。まずは規則正しい生活習慣を整えることから始めましょう。女性ホルモンを整える栄養素も、積極的に摂取しましょう。なかでも大豆製品には、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが豊富に含まれています。

たまには一人の時間も作る

家庭内でも一人でいる時間は必要です。家の外では職場の人と顔を合わせ、帰ったら家族と常に顔を合わせているような状況は、誰だって息がつまります。ときには自分の部屋に引きこもって、好きなことをしてみましょう

もし家のなかに自室がないならば、外に出てみます。たとえば一人で散歩をしているだけでも、一人のゆったりとした時間を過ごせるはずです。誰にも気兼ねする必要がないのが一人の時間のメリット。趣味に没頭できるような時間を少しでも確保することが、ストレス解消の近道です。

どうしようもなくなったら周りに相談してみる

家庭の問題については、自分でどうにもならないことがあります。その場合は第三者に相談してみましょう。家族以外の人に悩みを打ち明けるだけでも、気分がスッキリするはずです。ときには具体的な解決法を教えてもらえることもあります。

他人に相談をすると、自分には味方がいると思えるでしょう。一人で悩んでしまうとどんどん気分がふさぎ込んでしまい、最終的には潰れてしまいます。どうにもならない問題を自分だけで抱え込んでも、解決の糸口にはつながりません

まとめ

職場や恋愛、家庭の問題によってストレスフルになっている方はたくさんいます。ストレスを軽減するための具体的な対策をとるほか、自分の意識を変えてみてはいかがでしょうか。

考え方が変わるだけで、肩の重荷がふっと下りることもあります。一人の時間を作るなど、こちらで紹介した対策を参考にしてストレスと上手に付き合っていきましょう。