人付き合いが苦手な人あるある!苦労しないための心がけ

人付き合いが苦手で困っている人は、想像以上にたくさんいます。うまく人と折り合っていけないことで、苦労する場面は少なくありません。
  • 人付き合いが苦手な人のあるある
  • 心がけるべきこと

についてまとめました。

人付き合いが苦手な人あるある

相手の目を見て話せなかったり、一人の時間を大切にしたかったり、人付き合いが不得意な人には共通点があります。ここでは、人付き合いが苦手な人のあるあるを見てみましょう。

相手の目を見て話すのが苦手

相手の目を見ることが恥ずかしいと感じる方もいるかもしれません。相手も自分を見ていることを意識してしまうため、目を見ると緊張してしまい、まともに話せなくなります。こうした理由から人付き合いが苦手な人は、すぐに目をそらしてしまいがちです。

ときとして、このような仕草は相手を傷つけてしまうかもしれません。「自分を嫌っているのではないか」と勘違いさせることもあるでしょう。

グループ行動のあとは一人の時間を作りたい

他人と一緒にいることそのものを、ストレスに感じる方もいます。こういう方はたとえ友達であっても居心地の悪さを感じ、一人でいたいと思ってしまうでしょう。グループ行動では自分の自由が制限されてしまい、やりたくないこともしなければいけません。それから解放されることを望んでおり、一人の時間を大切にします。

また、グループ行動自体に嫌な思い出はないのに、大人数で過ごしたあとはどっと疲れが押しよせてくることも。その疲れを癒やすため、一人で過ごしたがる場合もあります。

思っていることを言葉にできない

人付き合いが得意でない場合、自分が思っていることをなかなか口にできず、黙ってしまうことも多くなります。相手の意見に反対したい、あるいは自分の希望を伝えたいけれど、言葉には出ません。最終的には周りに合わせて、やりたくもないことをやらなければいけなくなります。こうしたことでストレスを抱えている方は、少なくないはずです。

自分の思っていることを口にすれば、相手には何らかの感情が生じます。好意的に思ってくれることもあれば、否定的に思うこともあるでしょう。そうした相手の感情の動きを考えるあまり、言葉を発することを恐れてしまいます。嫌われるのではないかと思うと、怖くて話せません。

一人でできる趣味が多い

他人がいなければできないような趣味よりも、一人で完結できる趣味を好みます。一人の趣味なら、誰にも気を遣う必要はありません。すべて自分のペースで進めることができます。とても自由で、いつでも思う存分に楽しむことができます。周りの目を気にしなくて良いため、緊張することもありません。

一人で楽しむ趣味があると、なおのことわざわざ他人と関わらなければいけない理由が分からなくなります。他人が絡んでしまうと気遣いをしなければならず、相手の気持ちまで考える必要があるでしょう。一人でいれば他人のことは一切考える必要がないため、精神的にとても楽です。

急に話しかけられるとどうしたらいいか困る

ちょっとしたコミュニケーションでも、その人にとっては一大事。誰かと話をするときには、事前に心の準備が必要になります。そのため、急に話しかけられても対応できません。心の準備ができておらず、焦ってしまいます。とても緊張して、ドキドキと鼓動が早くなるでしょう。咄嗟に無愛想な対応をしてしまい、後悔する方も多いはずです。

こうしたアドリブに弱い方は、人付き合いも苦手としている可能性があります。瞬時に判断ができないため、何か行動するときには事前にしっかりと準備をしておかないと不安でたまりません。あらかじめ想定して準備したことしかできないため、世間話をするのも苦手です。

自分から誰かに話しかけることが少ない

人付き合いに苦手意識を持っている人にとって、誰かに話しかけるのはとても勇気がいることです。そのため本当に必要のあるとき以外は、極力他人に話しかけません。軽く挨拶をして、世間話をするだけでもハードルが高いでしょう。人と話をすることは、とても重大な出来事だと感じるかもしれません。

仕事の報告をするといった事務的なことならば、仕方なくですが話はできます。ただしこの場合も、覚悟を決めてから話しかけているケースが大半です。

余計なことまで考えて心配する

基本的にはマイナス思考な方が多いでしょう。こんな話をしたら相手に嫌われてしまうのでは、馬鹿にされるのでは、と不安になってしまうのです。被害妄想が強く、どんどんマイナスな方向に考えます。その結果、他人と話すこと自体が怖くなってしまうでしょう。

人付き合いが苦手と思っているなら考え方を変えてみよう

人付き合いを良くするなら、まずは他人と自分を比較することをやめ、「みんな案外いい人かもしれない」と考えましょう。人付き合いが不得意な人に向けて、苦手を克服するための考え方をまとめました。

相手の性格を変えることは不可能だと諦める

周囲に苦手な人がいるかもしれません。すぐに悪口を言ったり、嘘つきだったりと、相手の性格に非がある場合もあるでしょう。しかし他人の性格を変えることは、ほとんどの場合に不可能です。たとえ自分とは合わない性格であろうと、その人の個性だと諦めなければいけません。

自分の性格を他人に変えられそうになるのは、とても嫌なものです。ある程度相手が大人になっているなら、なおさらでしょう。それを踏まえてどのように付き合っていくべきか考えます。もちろん無理に仲良くする必要もありません。

人と自分を比較しない

他人と自分を比較ばかりしていると、だんだん自信がなくなっていきます。卑屈になってしまい、人付き合いをすることが億劫になってくるかもしれません。他人と比較することはやめましょう。

人付き合いが上手じゃなかったとして、それもまた自分の個性です。他人と違うことが普通で、それこそが価値のあることだと考えてください。

苦手だと思っている人も案外いい人かもしれない

他人の印象は、思い込みによって簡単に左右されます。苦手だと思っている方の本性は、あなたがそう決めつけているだけかもしれません。深く付き合ってみると、実はいい人だったということはよくあります。よく知りもしないで相手を決めつけることを偏見と言い、褒められた行いではないでしょう。

相手の立場によっては、心になくても嫌なことを言わなければいけない場合があります。口うるさく説教してくる上司というのは、責任があるためにそうせざるを得ないのです。そういう上司もプライベートな場所ではとても優しく、楽しい人かもしれません。

今は面倒でも将来楽しくなるかも

人付き合いというのは特に、付き合い始めの頃が面倒に思えます。あれこれと気を遣う必要があるうえに、相手のことがよく分からず不安に感じることも多いでしょう。しかし、どんどん仲良くなって打ち解けていくと、大抵の人付き合いは楽しくなっていきます。

どんな楽しいことも、最初は面倒や苦労がつきものです。それを乗り越えるからこそ大きな楽しさが待っていると考え、頑張って付き合ってみましょう。将来に楽しみが待っていると前向きに考えることが大切です。

人付き合いで苦労しているのは自分だけではない

人付き合いに苦労しているのは、自分だけではありません。身近な人も多くの場合は、どう人と接するべきか悩んでいるはずです。特に社会人の場合は、人間関係における苦労がたくさんあります。社会人が会社を辞めたり、転職したりする一番の原因は人間関係です。

一見すると人付き合いがうまく見える方であっても、その裏ではさまざまな苦労をしているかもしれません。上述した通り、心から一緒にいて楽しいと思える人と出会うには、最初の面倒を乗り越える必要があります。みんなが経験していることだと思って諦めることも、ときにはやむを得ないでしょう。

人付き合いで苦労しないために心がけること

無理にたくさんの人と接する必要はありません。付き合う人を選び、最低限のマナーを心がけるようにしましょう。人付き合いで苦労しないための心がけについて見ていきます。

付き合う人を選ぶ

誰にでも相性の悪い人はいるものです。そういう人と仲良くなろうと思っても、なかなかうまくはいきません。自分が付き合いやすい相手を探して、その人と親交を深めていきましょう。性格をよく確認して、この人なら安心できるという人を見つけることから始めます。

自分の苦手な人と無理に付き合おうとするのはとても大変です。そういう相手とは、できるだけ距離を置くことをおすすめします。ストレスを溜めてまで、無理に仲良くなる必要はありません。関わり角が立たない程度で、最小限に抑えましょう。

苦手な相手でも最低限のマナーを心がける

たとえ苦手な人がいたとしても、相手との最低限の付き合いは続けます。職場の人であれば、どこかで関わる機会はあるはずです。たとえば挨拶をしたり、お礼を言ったりなど、社会人としてのマナーは忘れないよう心がけましょう。

これを怠ってしまうと、失礼な人だと思われてしまい、あなたの悪い噂が流れるかもしれません。苦手な相手とも、世間話ぐらいはできる状態がベターです。好き嫌いを押し通せない状況もあることを理解し、大人としてすべき最低限のことだけでもこなします。

会社でのイベントなどには顔を出す

会社によっては、さまざまなイベントが行われることもあるでしょう。忘年会や新年会といったものから、スポーツの大会や社員旅行などイベントの趣旨や雰囲気はさまざま。腰が引けるかもしれませんが、これらにはできるだけ顔を出すことをおすすめします。

イベントでは、いろいろな人との付き合いが生まれます。そこで想像以上に仲良くなれる人に出会えることも。自分からは話しに行けなくても、相手から話しかけてくる可能性があります。たとえばそこで友達を作ったり、恋人ができたりするかもしれません。

素直に感謝の言葉を伝える

相手に何かをしてもらったならば、素直に感謝の言葉を伝えて当然です。これは社会人としての礼儀でしょう。単に頭を下げたり、恥ずかしそうにしたりするだけでは伝わりません。それは相手に対して失礼でしょう。きちんと感謝を伝えられる人というのは、それだけで好感を持たれやすいです。

うまく相槌を打って聞き役に回る

人と話をするとき、無理に自分から話そうとする必要はありません。たとえば聞き役に徹するという方法もあります。聞き役ならば、適宜相槌を打っているだけで十分です。目線を合わせられないなら、相手の眉間や鼻、目の下あたりに視線を置いてみてください。そうすると話し役は、きちんと自分のほうを見て聞いてくれていると感じます。

特に話したがりの人は、好きなように話すだけで気分がどんどん良くなっていくでしょう。たまに感想を伝えるようにすると、なお良いです。これだけでも良好な人間関係を築くことができるはずです。相手の話に興味を持っていることをアピールして、上手な聞き役を目指しましょう。

まとめ

人付き合いが苦手な人は、相手の目を見て話すことができず、グループ行動もあまり得意ではありません。そうした性格で苦労することも多いでしょう。しかし考え方を変えてみれば、人付き合いがうまくなる可能性もあります。

会社のイベントに顔を出したり、聞き役に徹してみたりするのも一案です。こちらで紹介した方法を参考に、少しずつ人付き合いに慣れていきましょう。