血液型占いで相性を知ろう!気になる異性以外に同性との相性も教えます

血液型占いでは、その人の性格傾向を調べることができます。そのため、相性を考える上でも役立てられます。どの血液型とどの血液型が好相性なのかを知ることで、気になる人との関係に関して見極められるでしょう。パターンが基本4タイプだけなので、覚えやすいという点も魅力です。

今回は

  • 血液型別の相性

についてまとめました。ぜひこの記事を参考に、相性を占ってみてくださいね。

A型と血液型別の相性


一般的に、真面目で慎重派といわれるA型。それだけに人との付き合い方も控えめであることが多いです。それぞれの血液型との相性にもそんな性格が影響しています。

A型の異性:時間をかけて距離を縮め安心できる恋人関係

同じA型の異性なら、お互いに気遣いながら信頼を深めていけます。そのため、時間をかけて距離を縮めていき、お互いが安心できた段階で初めて恋人関係になります

A型の同性:心を開くまでに時間がかかるが信頼し合える関係に

同性の友達同士であっても、やはり慎重に距離を縮めていくことに変わりありません。時間をかけてお互いを知るため、信頼し合える関係になります

B型の異性:B型がリードして始まり友達のような恋人関係

A型とは反対に、積極的な性格のB型。それだけに、慎重派のA型をB型がリードする形で関係を築いていきます。B型はフランクなので、友達のような恋人関係になることが多いです。

B型の同性:B型への小言を減らし互いを認め合うことで良い関係になれる


B型は、相手を思いやることなく少々がさつな発言をすることも少なくありません。A型は、少し苦手意識も覚えるでしょう。ですがB型がそんな発言に気を遣い、お互いを認め合うことができれば、いい関係になれます

O型の異性:お互いを知ろうとする気持ちと助け合えれば続く恋人関係

おおらかで人付き合いの上手いO型だけに、お互いが興味を持てばいい関係になれます。お互いに人の気持ちを考えることができるので、長く続く恋人関係が築けるでしょう。

O型の同性:O型のペースを尊重しフォローし合うことで尊敬し合える関係に

何ごともきちんとしたがるA型からすると、O型のおおらかさは、少々スローペースに思えるかもしれません。ですがそれも個性と捉えてください。O型ならではのペースを尊重できれば、尊敬し合える関係に至れます

AB型の異性:ゆっくり始まり居心地のいい恋人関係に

AB型は、個性的な性格として有名です。ですがA型とB型のハイブリッドとして誕生した血液型だけに、A型はゆっくりと信頼を深めていけばいい関係になれます。お互いが居心地よく感じられるでしょう。

AB型の同性:AB型に共感できて理解し合える関係に

A型とB型は、理解し合うのに時間がかかる関係性ですが、相手がAB型の場合は共感することが可能です。A型からすれば、自分に近い性格を見出すことができますし、AB型もまたA型の気持ちが分かります。理解し合える関係になれるでしょう。

B型と血液型別の相性


B型は、自由さや気まぐれさ、積極性などが特徴といわれています。そうした性格を考えたとき、人との相性はどう捉えるべきなのでしょうか。

A型の異性:始まりはB型次第・お互いを認め合える仲良しな恋人関係

B型とA型は、対極のような関係にあります。積極的なB型と、控えめで慎重なA型といった具合です。そのためB型次第で、関係が始まるかどうかが決まります。いざ仲良くなると、友達のような仲になるのが特徴です。

A型の同性:A型に自分の気持ちを伝え互いを認め合うことで良い関係になれる

同性の友達同士においても、やはりB型がどう出るかがポイントとなってきます。A型は受け身なので、B型が気持ちを伝えるかどうか、認められるかどうか、引っ張るかどうかで、どのような仲になるかが決まってくるでしょう。

B型の異性:互いの興味の有無で関係が始まるか決まる・マイペースな恋人関係

マイペースなB型だけに、お互いが直感で好きか嫌いかを考えます。それぞれが相手に対し興味を持っている場合は、自然に恋愛へと発展していくでしょう。束縛や強制のない、マイペースな恋愛関係が築けます。

B型の同性:お互いにその時の気分で気楽に付き合える関係

ちゃんとした信頼関係を築こうとはしないかもしれません。その時の気分次第で、お互いの意向があった時だけ付き合える、そんな気楽な仲に至りやすいです。

O型の異性:O型が精神的に大人になり素の自分を見せられる恋人関係


おおらかで余裕のある考え方が持てるO型は、少々子供な印象のB型に苦手意識を持つかもしれません。ですがO型側が精神的に大人になり、B型に合わせてあげようという気持ちとなることで、素の自分を見せ合える恋人関係になれるでしょう。

O型の同性:B型に対して寛大に接するがB型が甘えすぎると見限られる

同性の友達関係においても、異性関係と同様のことがいえるでしょう。O型がB型に対して寛大になることで友情を深められます。ただ寛大さに甘えすぎると、B型は嫌われてしまいます。

AB型の異性:AB型の知的さに惹かれ互いの時間を大事にし合う恋人関係

AB型は知的でクールな雰囲気を持っています。直感的でマイペースなB型からすれば、魅力的に映るでしょう。そんなAB型とは、お互いの時間を大事にし合うことで、良好な恋人関係が築くことができます。

AB型の同性:肝心な場面で息が合うがB型の押しが強すぎるとAB型は引く

A型とB型のハイブリッドであるAB型は、B型の気持ちを察することができます。肝心な場面においては、息の合ったやり取りができるでしょう。ですがB型のマイペースさが強すぎると、B型の要素を伴うAB型とはいえ、引いてしまうかもしれません

O型と血液型別の相性


O型は、四つの血液型の中でも社交性に長けているといわれています。そのため、相性面においても良好な関係が築けることが多いです。

A型の異性:互いへの理解とフォローがあれば一途でいられる恋人関係

繊細で慎重派なA型ですが、おおらかな性格のO型はそれを包み込んであげることができます。A型もまたO型を理解し、それぞれをフォローし合えれば、一途で長続きする恋人関係に至れるでしょう。

A型の同性:困難な場面で最も適切な助言をくれ互いを尊敬し合える関係に

A型とO型は、一般的に好相性といわれています。気遣いのできるA型は、困難な場面でO型に助言をくれるでしょう。そしてO型もまたA型を包み込んであげられるため、お互いに支え合い、尊敬し合える仲が目指せます

B型の異性:精神的に大人なO型がリードしありのままでいられる恋人関係

O型とB型の関係は、いわゆる大人と子供といった具合です。そのため、O型が大人な目線でリードしてあげることで、それぞれが心地よく感じられる関係になります。

B型の同性:B型が甘えすぎない限りB型を自由に泳がし軌道修正もする関係

奔放なB型に対し、O型は自由にさせておくというスタンスが理想的でしょう。持ち前のおおらかさがあるため、少々奔放すぎる場合でも許せてしまいます。ただ、B型が甘えすぎるとO型も不快感を覚えるため、たまに軌道修正を加えることで良い関係が続けられます

O型の異性:一目惚れからのアタックで始まる連帯感があるといい恋人関係に


O型同士の場合、一方が一目惚れをきっかけにアタックすると早い段階で恋人関係になれます。おおらかな一方、活発な側面を持ち合わせているのがO型なので、このようなきっかけで関係が始まるケースも少なくありません。一度関係が深まったら、あとは持ち前の人付き合いの上手さで良好な連帯感を作り出します

O型の同性:味方か敵かはっきり分かれ隠し事が少ない関係

隠し事が少ないというのが、O型同士が友達になるときの特徴です。善か悪か、味方か敵か、白か黒かなどをはっきりさせて、分かりやすい友情を築いていきます

AB型の異性:互いの理解が難しいが理解し合うと尊敬し合える恋人関係

A型、B型、AB型それぞれの要素を伴うAB型ですが、唯一O型に関しては関係が薄いです。そのためAB型とO型は、互いに理解し合うことが難しいです。ただ一度理解し合えると、お互いの違いも含め尊敬し合える恋人関係になるでしょう。

AB型の同性:AB型の本心が分かりにくいが理解し合うと長所を尊敬できる関係

友達関係においても、異性同様に関係の構築は難しいです。AB型の本心の分かりにくさに、分かりやすい関係を好むO型は戸惑うでしょう。お互いの長所を尊敬し合うことが、良い関係を築く鍵となります。

AB型と血液型別の相性


クールでミステリアスな印象を持つAB型。人間関係において、そういった特徴は少し問題になる場合もあります。自分を知り、円滑な人付き合いを心がけることが欠かせません。

A型の異性:恋愛関係への発展は遅いが成就すると居心地のいい恋人関係に

お互いにあまり自分を出さないタイプであるため、恋愛関係に発展するのは遅いです。ですがお互いにA型の要素を伴っているだけに、思いが成就すると居心地のいい恋人関係が築けます。

A型の同性:基本的な考え方が似ているので理解し合える関係に

A型には、真面目で繊細なタイプが少なくありません。そしてAB型もまた、A型の特徴を兼ね備えています。そのため同性同士であれば、相手が異性という意識も伴わないため、早い段階で理解し合える関係に至りやすいです。

B型の異性:B型の自由さに惹かれ付き合って楽な恋人関係

癖のあるB型の性格ですが、AB型からすると魅力的に映ります。マイペースで直感的なB型は、AB型の感性をくすぐる存在となるでしょう。アーティスティックである、個性的である、そんな部分に惹かれ、お互いを思いやれる楽な恋人関係が築けます。

B型の同性:B型と居ることで周囲の輪に馴染め絶妙に息が合う関係


AB型は自分の世界を大事にするタイプであるため、人付き合いがあまり得意でありません。その点、人懐っこいB型といれば、周囲の輪になじみやすくなります。お互いが協力することで息が合い、相性の良さを感じられるでしょう。

O型の異性:腹を割って話し理解し合うと尊敬できる知的な恋人関係に

おおらかなO型は、特徴的なAB型の性格も受け止めてくれます。そんな器の広さに対し、AB型も腹を割って話しましょう。理解し合うことで、知的で尊敬し合える恋人となれるでしょう。

O型の同性:考えが正反対でも否定しないことで互いの長所を尊敬できる関係

AB型は、A型、B型、AB型の特徴を備えるものの、唯一O型の要素を持っていません。そのため、考えが合わないことあります。ですがそんな場合でも、双方を否定しないようにしてください。互いに長所があると理解し合うことで、尊敬し合える仲になります

AB型の異性:ゆっくりスタートし互いを理解し成長できる恋人関係

本心を見せることを得意としないAB型ですが、お互いがAB型であればじっくり仲を深めていけます。そのため、焦らず付き合っていくことでお互い成長できる恋人関係になれます。

AB型の同性:精神構造を理解し合えるので安心できる貴重な関係

特徴的といわれるAB型ですが、同じAB型であればそんな性格も理解できます。そのため同性の友達と仲良くなれれば、相手は数少ない理解者となってくれるでしょう。

まとめ

血液型占いは、比較的ポピュラーな存在でしょう。ですが世界的に考えると日本独自のものであるため、そこまで信憑性はありません。とはいえ、知名度が高いのは当たりやすいからこそ。相性占いに関しても、人間関係においてきっと役立つことでしょう。今回の特集を参考に、血液型それぞれとの付き合い方を考えてみてはいかがでしょうか。