好きじゃない人と付き合う男女の心理・メリット・デメリットまとめ

この記事の情報提供者:akonkittyさん
akonkittyさん
大学で心理学を勉強し、様々な性からDVなどの問題点までを得意として研究してきました。

一般的に男女が付き合うとなれば、お互いが恋愛感情を持っているのが前提です。しかし、それがなく好きじゃない人と付き合う人がいるのもまた事実です。もしかしたら自分の交際相手がそうかもと思っている方もいるのではないでしょうか。今回は心理学に詳しいakonkittyさん提供による情報を基に、好きじゃない人と付き合う心理などについて深掘りしていきます。

女性が好きじゃない人と付き合う心理

心理は人それぞれですが、女性が好きじゃない人と付き合う場合は、自分の欲求を満たすためだけに相手が存在するような心理が働いています。その心理は主に異性に対する依存やお金、プライドの3つです。

異性に対する依存

常に彼氏がいないと不安感に襲われ、自然と男性を求めている女性の心理が、異性に対する依存です。この心理が働く女性は、彼氏がいることによって安心感を得られます。彼氏が途切れない女性は相手のことが好きかどうかよりも、自分の寂しさを埋めることのほうが優先順位が高くなっているといえるでしょう。クリスマスなどのイベントを1人で過ごすのが嫌なだけで、付き合う女性もいます。

お金

自分では手が出せないものに手が届くという欲望で、お金のある男性を求める心理が自然とわき出てきます。そして、自然とそのような男性に近づくのです。収入に関わる個人情報を細かく知りたがったり、デートがショッピングや高級ディナーなどお金がかかるコースが主体になっていたりする場合は要注意。このタイプの女性にあてはまるのを疑ってかかったほうが良いかもしれません。

プライド

彼氏がいることによって満足感が得られ、他人に彼氏がいるのをアピールできることによって、安心するのです。そして、彼氏がいない人に対して見下すような態度をとったり、彼氏がいる人に対しても自分の彼氏のほうが上と張り合うような態度をとったりします。いわゆるマウンティング女子といわれるような人がこれにあたるといえるでしょう。

男性が好きじゃない人と付き合う心理

女性が好きじゃない人と付き合う心理と共通しているのは、自己満足のために交際する点です。1人では不安で誰かと一緒にいたい性格であったり、気が強くプライドが高い性格であったりする男性は、好きじゃない人とでも付き合う傾向があります。

1人では不安で誰かと一緒にいたい性格

このような性格の男性は、失恋して日が浅くて癒されたい、彼女がいなくて寂しいといった問題が根本にあると考えることができるでしょう。隣に母性本能を持った女性が存在するだけで、非常に安心感を得ます。1人ではどうにもならないために、気づかないうちに自然と彼女を求めているのです。自分の弱さを女性に埋めてもらおうとしているといえます。

気が強くプライドが高い性格

まわりの目を気にするために自分の隣に彼女がいる、いないかが非常に重要で、常に女性を求めています。彼女がいることによって、自分はモテるとまわりの男性にアピールでき、自分に自信を持てるのです。彼女がいない期間ができることによって、まわりにとやかくいわれてプライドが傷つくのを避けたいがために、とりあえずでも好きじゃない人と付き合うこともあるでしょう。

好きじゃない人と付き合う理由

恋愛感情を抱いていない相手と一体なぜ交際できるのか、不思議に思う方もいるでしょう。好きじゃない人と付き合う理由は複数ありますが、その中でも主にあげられるものをここではチェックしていきましょう。

やはり金目当て・プライド・他人への依存

女性や男性が好きじゃない人と付き合う心理でも触れたように、この3点の心理が行動に出てしまうのが主な理由としてあげられるでしょう。男性、女性共に好きじゃなくても付き合える心理を持っている方は、どうしても自然と恋人を探し、恋愛感情を抱いていないのに手を出して、勝手に変に自分のプライドを高くします

少し変わった理由もある

恋愛においては異性を好きになるとは限りません。この考え方が周囲に受け入れられないのでは、また親にツライ思いをさせるのではないかなどと考え、同性愛者であることを打ち明けられない方がいます。そうして恋愛感情はないのに異性と付き合い、同性と交際したいという考えを持っているのを隠すのです。この場合、仕方なく異性で大親友になれそうな相手を探す方が少なくありません。

好きじゃない人と付き合うメリット

たとえ恋人のことを好きでなくても、自分にとって欲求を満たしてくれる相手であれば、それがメリットになります。また、恋愛感情がないまま終わるとは限らない点も、結果的に良かったと思えることに含められるでしょう。具体的な内容は以下の通りです。

自分にとって都合が良い生活を送れる

たとえば、金目当ての人であれば、好きなものや自分の経済力では手が届かないものを買ってもらえるというメリットがあるでしょう。また、プライドが高い人に関しては、自分に恋人がいることによって、大きな自信に繋がります。周囲からの注目もあり、非常に良い気分になれます。さらに人に依存する人であれば、恋人がそばにいてくれるため、常に安心していられるでしょう。

好きになる可能性がある

好きじゃない人と付き合うことになったのが入り口であっても、交際を続けるうちに好きになる見込みがないわけではありません。一緒に過ごす時間が積み重なっていくことによって、その中で相手と付き合う前には見えなかった魅力に気づき、恋愛感情を抱くようになる可能性はあるでしょう。気づけば相手より自分のほうが夢中になっていた、ということもあります。

好きじゃない人と付き合うデメリット

どんなことに幸せを感じるかは人それぞれですが、好きじゃない人と付き合うことでどこか満たされない状態に陥る人が少なくありません。また、そんな人と交際する相手にも悪影響を与えがちです。好きじゃない人と付き合うデメリットを詳しく見ていきましょう。

愛がない

いくら恋人とはいえ、相手のことを本当に好きでなければそのうち共に過ごすことに飽きてしまいます。たとえ好きなものを買ってもらえても、相手が真剣であればキスや性行為といった発展を期待し、アクションを起こしてくるでしょう。そのたびに理由をつけて断る、嫌々応じるということであれば、欲しいものは手に入っても、幸せにはなれません。

ほかには、依存している人や彼氏が常にいてほしい人も同じです。いくら恋人がいて安心したり、プライドが高くなったりしても、結局のところ本当に愛し合っているカップルを目の当たりにすれば自分の今の人生がみじめに思えてきます。そうすれば、好きじゃない人と付き合う関係も、長く続けることに無理が生じてくるでしょう。

相手を傷つけてしまう

好きじゃない人と付き合う心理として、女性も男性も自分の欲求を満たすことがメインにきているケースが多いのはすでに述べたとおりです。恋愛感情がないのに対し、相手は真剣に交際しているとなると、それを裏切っている形になり、本当のことを相手が知ったときに深く傷つけてしまいます。また、愛がないために普段からつらくあたったりわがままをいったりして、相手を苦しめがちです。

まとめ

交際中に相手に惹かれて好きになる可能性はあるものの、好きじゃない人と付き合う心理は主に自分のマイナスを補うために働いているものです。交際相手だけに負担をかけがちで、本人も本当の幸せを得にくいとなると、わざわざ恋愛感情がない人と付き合う必要はないのかも。今回ご紹介した好きじゃない人と付き合う人に該当する方にあたった場合は、別れるか割り切るか……。好きになってもらうために努力するか、はたまたなりゆきに任せるか、判断に迷うところかもしれません。