おすすめのコードレス掃除機をご紹介!種類・特徴まとめ

掃除機は毎日の掃除に欠かせないアイテムの1つです。昔からある電化製品で、紙パック式からサイクロン式まであります。
従来の掃除機にはコードがあり、本体が大きく、重かったので掃除が大変でした。しかし、最近はコードレス掃除機が登場し、手軽に掃除できるようになっています。

今回は、

  • コードレス掃除機が選ばれている理由
  • コードレス掃除機の種類
  • おすすめのコードレス掃除機

などをご紹介します。ぜひ購入の際の参考にしてみてくださいね。

コードレス掃除機が選ばれている理由

コードが無くバッテリーで稼働するのがコードレス掃除機です。小型でありながら吸引力が強く、普通の掃除機と同じように使えます。コード式の掃除機にはないメリットがいくつかあります。

コードが邪魔にならずに掃除できる

コードが邪魔にならず、掃除が楽にできます。テーブルや棚の奥なども、コードを気にせず掃除できます。また、いちいち部屋のコンセントに電源コードを差し替える必要もありません。

収納は省スペース

コードレス掃除機は本体とダストボックスが一体になっています。スリムでコンパクトなので、収納場所も取らず省スペースです。取り出しや片付けも楽にできます。

階段や車内など手軽に掃除できる

コードが無く、コンパクトでスリムなので、狭い場所を掃除するのに役立ちます。車内や階段など、狭くて掃除しにくい場所ほど、コードレス掃除機が活躍します。また、本体が軽いので、本棚の天板などの高い所の掃除にも便利です。

軽量なので女性にも楽々

コードレス掃除機は、本体重量が1kg程度で軽量なため、女性でも楽に扱えます。キャニスター型掃除機は床の段差で引っかかる場合もありますが、スティック型のコードレス掃除機なら、吸引ヘッドだけが床に接するので、楽に掃除をすることができます。

コードレス掃除機の種類

コードレス掃除機にも、ゴミを収納する方式によっていくつかの種類があります。それぞれの特長や値段の違いについて紹介します。

紙パック式掃除機

紙パックは、昔からあるゴミ収納方式で、値段が安い物が多いようです。ゴミの処分は紙パックの交換だけで済むので衛生的ですが、吸引力は若干弱くなります。

サイクロン式掃除機

吸い込んだ空気を回転させ、遠心力で埃を分離して集めます。吸引力は高く、紙パックの購入などのランニングコストは抑えられます。しかし、定期的にダストボックスを洗う必要があり、手間がかかります。

キャニスター型掃除機

キャニスター型は、掃除機本体に車輪の付いたモデルです。本体を引っ張って掃除することになり、若干動かしづらいと感じるかもしれませんが、コードがないことで可動範囲は広がっています。

スティック型掃除機

コードレス掃除機といえば、スティック型が一般的です。軽量なので持ち運びがしやすく、掃除が楽にできます。日本の住宅事情にあった掃除機といえるでしょう。コードレスはバッテリー駆動なので、1回の充電で使用できる時間に限りがあります。

紙パック式掃除機の特徴

コードレス掃除機の中でも、紙パック式は昔からあるオーソドックスな形です。キャニスター型などでも使われています。

紙パック交換の度に吸引力が強くなる

掃除機で吸い込んだゴミは紙パックに集められ、空気はそのまま排出されます。紙パックにゴミが溜まっていくと、空気の通りが悪くなるので吸引力は落ちますが、新しい紙パックに交換することで、元の強さに戻ります

紙パックを交換するだけでお手入れが簡単

紙パック式は、サイクロン式のようにダストボックスを水洗いする必要がありません。紙パックを定期的に交換するだけで良いので、お手入れが簡単です。一度セットすれば、何日も交換せずにそのまま使えます

排気が多少臭う

紙パックにゴミを溜めて、そのまま吸い込んだ空気を排出するので、排気は多少臭いがします。これはどんな紙パック式掃除機でも同様で、臭いを完全になくすことは難しいのです。

紙パックを交換するコストがかかる

紙パック式掃除機を使用するときは、予備の紙パックの備蓄が必要になります。それほど高い値段ではないですが、1年単位で考えると結構な金額になります。

サイクロン式掃除機の特徴

紙パックは使わず、掃除機に設置されたダストボックスにゴミを集めます。空気を回転させ、遠心力でゴミを分離し集めるのがサイクロン式です。

吸引力が長く持続する

掃除機を使用した後は、ダストボックスのゴミを捨て、水洗いしてきれいにします。ダストボックスをきれいにしておけば、吸引力が弱くなることはありません。また、遠心力を利用するので、多くのゴミを吸引しても、吸引力はそれほど落ちません。

排気がきれい

紙パック式と違い、ダストボックスにゴミが無い状態で使用するので、排気はほとんど臭いません

ランニングコストが少ない

一度サイクロン式掃除機を買えば、追加の消耗品は無いので、ランニングコストは少ないです。電気代、水洗いのための水道代はかかりますが、紙パックのコストよりは安く抑えられるでしょう。

フィルターの掃除が面倒

サイクロン式は、空気と一緒にゴミを吸い込み、フィルターを通して排気します。その際、埃やゴミが若干付いてしまうので、定期的なフィルター掃除が必要になります。この作業が面倒と感じることもあるかもしれません。

また、フィルターやダストボックスに付いているゴミや埃が直接目に見えるので、不衛生に感じることがあるかもしれません。

音が大きい

遠心力を発生させて、空気とゴミを分離するのがサイクロン式です。空気の流れを作り出すために、強力なモーターが搭載されています。そのため、サイクロン式のモーター音は、紙パック式に比べると10dBほど大きくなります

最近は、静音性を重視した製品も販売されています。

紙パック式よりも重い

サイクロン式のモーターにはパワーが必要なので、大きく重い物を使用します。そのため、掃除機本体は、紙パック式に比べて0.5kg~2kgぐらい重くなります。

おすすめのコードレス掃除機:キャニスター型

おすすめのキャニスター型のコードレス掃除機を紹介します。購入の参考にしてください。

バッグ入りキャニスター掃除機

フィルターを直接水洗いできるタイプのコードレス掃除機です。ダストボックスは大容量で、狭い部分を掃除するのに役立つオプションノズル付きです。掃除機の音は70dBと若干大きくなっています。

シャープ コードレスキャニスター紙パック掃除機

紙パック式のキャニスター型掃除機です。バッテリーは着脱式で、急速充電の場合80分で充電完了します。1回の充電では最大60分使えます。バッテリーは2個付属しているので、交互に充電ができて便利です。ふとん掃除パワーヘッドが付属しています。

パナソニック サイクロン掃除機

コード付きキャニスター型掃除機です。バッテリー搭載でコード無しでも掃除でき、さっと掃除するときはコードレス、しっかり掃除するときはコードをつないで使えます。ハウスダスト発見センサー搭載により見えないゴミもキャッチすることが可能です。外側と内側の2重の壁によって、ゴミをダストボックスに確実に取り込みます。

東芝 コードレスサイクロン式クリーナー(自走パワーブラシ)

ハイスピードDCモーター搭載により強力にゴミを吸い込みます。軽いタッチでもゴミを吸い込めるパワーヘッド採用です。1回の充電で最大60分稼働し、電池切れを気にせず掃除できます。最大の特徴は充電を兼ねたダストステーションがあることです。掃除した後は、本体をダストステーションに設置すると、自動で本体内部のゴミを吸い出し、フィルターもふるってゴミを落としてくれます。

おすすめのコードレス掃除機:スティック型

おすすめのスティック型のコードレス掃除機をご紹介します。購入の参考にしてください。

コノビヤ コードレス 掃除機 スティック型クリーナー サイクロン

ダストボックス採用のサイクロン式コードレス掃除機です。フィルターは水洗いでき、いつでも清潔に保てます。床用ノズル、スキマ用ノズル、丸形ノズルとノズルが豊富で、延長パイプも付属しています。バッテリーは弱モードで最大25分稼働可能です。

マキタ 充電式クリーナ (カプセル式・トリガ式スイッチ)

充電式のスティック型コードレス掃除機です。延長ノズルを外すと、ハンディクリーナーとしても使えます。バッテリーは、急速充電の場合、約22分で充電完了し、1回の充電で約16分使えます。どちらかといえば、メインではなくサブ掃除機として使うのに適しているでしょう。

Dibea C17コードレス掃除機スティック&ハンディサイクロン&充電式

Dibeaという中国のメーカーの掃除機です。延長ノズルを外せば、ハンディクリーナーとしても使えます。パワフルな二段階サイクロンによって、強力にゴミをダストボックスに集めます。バッテリー駆動で、1回の充電で約40分稼働できます。ダストボックスやフィルターは水洗い可能です。

Vodool 掃除機 コードレス スティッククリーナー サイクロン式

コードレススティッククリーナーで、ハンディクリーナーにもなります。ダストボックス式ですが、フタが付いており、ワンタッチでゴミを捨てられます。ダストボックスもヘッドのブラシも水洗い可能で衛生的です。1回の充電で約45分稼働します。5重のフィルターを通すので、排気される空気はきれいです。

まとめ

コードレス掃除機は、主にキャニスター型とスティック型があります。キャニスター型には電源コードが付いているタイプもあり、バッテリーでも1回に60分程度稼働可能です。

スティック型はバッテリー駆動では1回に15分程度稼働が可能となり、メインよりサブ用掃除機としての使用に適しているでしょう。

使用する場所や目的に応じて選んでください。