ブルガリの香水はやっぱりおすすめ!彼とおそろいの香りに包まれる?

ブルガリはイタリア発のハイブランドです。ジュエリーなどでも注目を集めていますが、香水でも多くの人を魅了しています。ちなみにブルガリは1993年に香水事業に参入しています。

もはや定番になっていますが、実は香水業界では比較的新しいブランドなのです。メンズやレディース、ユニセックスなど多彩なラインを展開していて、多くの人に愛される香水を作り続けています。

ここでは、

  • ブルガリの香りのラインナップ
  • ブルガリのレディースラインナップ
  • ブルガリのメンズラインナップ
  • ブルガリのユニセックスラインナップ
  • 種類によって分かれる香り方

をご紹介します。

ブルガリの香りのラインナップ

ブルガリの香水にもさまざまな種類があります。大きく分けると、レディース、メンズ、ユニセックスの3種類です。こちらでは、それぞれ人気の香水や特徴について紹介します。

レディース

オムニア クリスタリン オードトワレなどが人気です。20代後半から30代の女性を中心に支持されていて、フレッシュな香りが特徴です。他にもブルガリ ジャスミンノワールも大人っぽい香りで、30代~40代女性をメインに支持されています。

メンズ

メンズ香水は、男の魅力を引き出す香りが多い特徴があります。落ち着きがあってエレガント、そしてセクシーさを感じさせる香りが多いのです。王道としては、ブルガリ プールオムなどがあります。これは多くの芸能人も愛用していて、「はずれがない」とまで言われています。

ユニセックス

ブルガリの香水は男女問わずに使える香りがあるのも特徴です。メンズで紹介したプールオムは、メンズ香水でありながら女性にも愛用者が多い香水です。よほど甘さやクールさが強いものでなければ、大体は男女兼用として使えます。

ブルガリのレディースラインナップ

こちらでは、レディース用のブルガリ香水でオススメしたい商品を紹介します。レディース用の香水といえば甘さが強いものもありますが、ブルガリの香水はどちらかと言えば、クール系など清涼感のある香りが多いのが特徴です。

オムニア クリスタリン

ブルガリの香水の中で、オムニア クリスタリンは定番の商品です。純粋と輝きを女性美として表現した、フルーティーフローラルの香りです。透明感のある香りが特徴的ですが、シャクヤクや蓮の花、スズランなど甘さのある香りも感じることができます。すべての香りに一貫して上品さがあります。

オ パフメ EDC

ユニセックスで使える香水として知名度が高いのが、オ パフメ EDCです。緑茶の香りと柑橘系のフルーツ、そしてフローラルがバランスよく絡み合うことで、日本人の心を捉える香りとなっています。

ベルガモットやビターオレンジ、カルダモンのトップノートから始まり、ブルガリアローズ、ジャスミンの女性を感じさせるミドルノート、スモークウッドやグリーンティのラストノート。

モン ジャスミン ノワール オー エキスキーズ EDT

凛々しいたたずまいが特徴的な香水です。シトラス・フローラルの香りで、デイタイムでもイブニング以降でも合う万能性を持ち合わせています。ハイクラスなフレッシュ・ノートはブルガリの製法ならではです。香りの持続性は弱めなので、ちょっとした外出時に付けたり、持ち歩いてたまにつけ直したりするのがおすすめです。

ブルガリのメンズラインナップ

ブルガリの香水は彼氏へのプレゼントの定番アイテムでもあります。特にクリスマスシーズンになると、多くの女性がブルガリの香水を求めにやってきます。そこでこちらでは、彼氏のプレゼントに最適なメンズ香水を紹介します。

ブルガリ(BVLGARI) マン エクストリーム EDT SP

男性的な魅力をアピールしてくれるのが、ブルガリ マン エクストリームEDTです。透明感のあるウッディの香り、フレッシュなオリエンタルの香り、男性が持つ爽やかさを引き出してくれます。彼女が彼氏につけてほしい香水としても有名で、プレゼントとして買い求める人が多くいます。

プールオムエクストレーム

シンプルで洗練されたボトルが特徴的な香水です。プールオムの香りにグレープフルーツとベチバーを加えて、爽やかさを更に高めたものになっています。プールオムよりも持続性が高いので、長時間の外出時などにもオススメです。

ブループールオム

ブルガリと言えば、やはりブループールオムが定番ですよね。冷静さの中に秘めた情熱のように、知的でミステリアスな雰囲気を出してくれる香水です。トップノートはクールな雰囲気、ラストは男性のセクシーさを引き出す甘く官能的な香りとなっています。

お揃いにできるブルガリのユニセックスラインナップ

恋人同士にオススメしたいのが、おそろいの香水を使うことです。ブルガリにはユニセックス用の香水があるので、男女問わずシェアして使うことができます。こちらではユニセックスの香水のおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

プールオム

ブルガリの香水の代名詞といえばプールオムです。プールオムは本来男性用の香水ですが、女性がつけても違和感を与えないので、愛用している女性も少なくありません。恋人、夫婦で同じ香りを纏うことで、更にお互いの距離を縮めることができるはずです。

オ・パフメ

オ パフメは定番のオ・パフメを基調にした香水です。程よいホワイトティーが心地よい香りを出していて、温かくもくつろいだ気分にさせてくれます。ラストノートはアンバーグリース、ムスクで、どちらかといえば官能的な香りになっていきます。お互いの愛を確かめ合う香水に最適です。

ブラック EDT

ブルガリ ブラック EDTは都会をコンセプトにした香水で、ワイルド、不良のイメージを詰め込んだ「カッコイイ香水」です。男性向けのものですが、女性からも人気です。日本だけでなく、海外でも高い評価を獲得しています。

種類によって分かれる香り方

香水にはトップノート、ミドルノート、ラストノートがあります。しかし、これらがどういった意味で使われているのかわからない人もいるのではないでしょうか。こちらでは、トップノート、ミドルノート、ラストノートについて詳しく解説します。

トップノート

香水をつけて最初に感じる香りをトップノートと言います。つけてから15分~30分までの香りのことを指します。香水によって変化の仕方や速さは変わってくるので、すべての香水が30分前後の香りをトップノートと言うわけではありません。

ミドルノート

ミドルノートはトップノートの次の香りのことです20分~2時間程度の香りを指します。ハートノートと呼ばれることもありますが、一般的にはミドルノートと言われることの方が多いようです。

香水の本当のよさはミドルノートとラストノートで決まると言われています。商品の販促的にはトップノートのインパクトが重要なので、ミドルノートとラストノートは必然的に疎かにされやすいからです。

ラストノート

ラストノートは香水をつけてからだいぶ時間が経って、消えてしまうまでの香りのことを言います。どちらかと言えば自己主張が激しくなるのではなく、ほのかに香る程度のものばかりです。周りの人からしても「香水のニオイ」と感じるのではなく、「その人の香り」としてイメージが定着しやすいです。

上記のとおり、本当にいい香水はミドルノートとラストノートに力を入れています。トップノートだけでなく、ミドルノートとラストノートにも注意して香水を選びたいですね。

香水をつかうときはボディケアは無香料を

香水を使う時に気をつけたいのは、ボディケアには無香料を使うということです。香りの強いものを使ってしまうと、香水のニオイと混ざって変なニオイになってしまうことがあるからです。特にデオドラントスプレーなどは無香料のものを使うようにしましょう。

まとめ

ブルガリの香水は、基本的には男女ともに使える香りの商品が多いです。ただ、その中でも大きくメンズ・レディース・ユニセックスの3種類に分類できます。今回紹介したものはブルガリの中でも特に人気の高い香水ばかりです。ぜひ用途に合わせて自分の好みの商品を見つけてください。

また、香水の香りはひとつではありません。トップ、ミドル、ラストと時間の経過とともに香りを大きく変えるのが香水です。トップだけは気に入ったけどミドルの香りが苦手という人も珍しくないので、しっかりとトップ、ミドル、ラストの香りを把握してから購入するようにしましょう。

*記事内で特定の成分等による毛髪の補修について紹介している場合、該当の記載は「髪を補復して髪の質感を整える」ことを意味します。