ドライヤー

おすすめドライヤー12選!ドライヤー選びの4つのポイント

髪を乾かす時に使うドライヤー。とくに基準ももたず、何気なく選んでいませんか?また、もともと持っているものをずっと使っている人も多いと思います。現在は高機能のものからコスパ重視のものまでさまざまなドライヤーが発売されているので、自分に合った商品が見つかりやすくなっています。

今回は、

  • ドライヤー選びで重要な4つのポイント
  • おすすめのドライヤー

などを紹介します。

ドライヤー選びで特に気になる4つのポイント

昔は「ドライヤーなんてどれも同じ」と考えられていましたが、現在では機能性の高いものが増えてきました。時短・ヘアケア・コスパなど、自分が重視したいポイントに応じてドライヤーを選びましょう。こちらではドライヤー選びに注意したいポイントを紹介します。

時間をかけずに乾かしたいなら大風量ドライヤー

髪を乾かす時間をあまり取りたくない時短志向の人は、大風量のドライヤーがおすすめです。強い風で一気に髪を乾かすことができます。通常のドライヤーの風量は1.3㎥/分前後と言われていますが、大風量ドライヤーの中には2.5㎥/分というものもあります。朝にシャワーを浴びる人などにも最適な商品です。

ヘアケアにこだわりたいなら高機能のもの

ドライヤーの熱が髪を痛めることを懸念して、わざとドライヤーを使っていない人もいるかもしれません。しかし自然乾燥はあまり衛生的ではありませんし、髪がパサつく原因にもなります。髪の痛みがきになる人はヘアケアにこだわった高機能性なドライヤーがおすすめです。

マイナスイオンドライヤーなど、髪にダメージを与えないどころか逆にヘアケアになるようなドライヤーも増えてきています。特に髪の毛がロングヘアのひとは、手入れの一環として高機能ドライヤーを使うのがいいでしょう。

音が気になる人は低騒音設計

音が気になる人は低騒音タイプのドライヤーがおすすめです。ドライヤーの音は意外に大きく、集合住宅地で夜にドライヤーを使ったせいでご近所とのトラブルになってしまったというケースもあります。通常のドライヤーの騒音値は70dbほどですが、低騒音タイプは50db程度まで音を抑えているものが多いです。

シンプルなもので費用を抑えたい人はコスパ重視で

あまり機能性を重視せずとにかく費用を抑えたい人は、コスパ重視のドライヤーにしましょう。ディスカウントショップなどでも格安ドライヤーが簡単に手に入ります。ただ、熱による髪へのダメージは覚悟した方がいいかもしれません。

大風量ですぐ乾く!おすすめドライヤー

こちらでは大風量タイプのドライヤーについて集めました。毎日忙しくてできるだけ時間を掛けたくない人、朝にシャワーを浴びる人などはこちらを参考にしてください。

ダイソン ヘアドライヤー

掃除機メーカーとしておなじみのダイソンのドライヤーです。大風量ドライヤーの中でもトップクラスの風量をほこります。風の強さは頭皮に届くほどで、非常に短い時間で髪を乾かすことができます。また、熱によるダメージを防いで髪本来のツヤを守ってくれるという、ヘアケアにまで配慮された商品です。

テスコム プロテクトイオンヘアードライヤー

ふたつのイオンを同時に放出しながら、髪の状態に合わせて静電気を抑制する効果があります。ダイヤル操作で簡単に風の強さを変えられるのが特徴。ドライヤーをかけている指先でも調節できるので、髪の状況に合わせて切り替えができます。

コイズミ ヘアドライヤー ダブルファンドライヤー

パワフルな風を生み出しながらも、マイナスイオンが搭載されていることで、髪を優しく素早く乾かしてくれるドライヤーです。乾燥を早める速乾ノズル、風量を増やすダブルファンなど、髪を早く乾かすための工夫が凝らされています。

高機能でサラサラヘア!おすすめドライヤー

ドライヤーは髪が痛むというのは昔の話で、今は乾かしながらヘアケアができる時代です。こちらでは機能性が高く、サラサラヘアにしてくれるドライヤーを紹介します。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア

ナノイーとダブルミネラルのマイナスイオンで、摩擦ダメージや紫外線に強い髪を作ってくれます。毛先集中モードで、毛先までツヤとまとまりのある髪を作ってくれるのも特徴です。また、従来のドライヤーに比べて15%乾燥スピードがアップしている点も魅力です。

ヤーマン スカルプドライヤー

画期的なスカルプドライヤーとして注目を浴びているドライヤーです。髪ではなく「頭皮を乾かす」というのがコンセプト。頭皮と顔をエイジングケアできるということで、多くの女性から愛用されています。頭皮マッサージだけではなく、スタイリングの仕上げなども可能な万能ドライヤーです。

シャープ ヘアードライヤースカルプエステ

スタイリッシュなデザインのドライヤーです。プラズマクラスター&かっさで頭皮環境を整えてくれます。特別熱くないのに速乾性が高く、髪へのダメージ抑制にもなっています。温冷風で乾かすのは心地よいと評判です。

低騒音で深夜でも安心!おすすめドライヤー

こちらでは、低騒音タイプのドライヤーを紹介します。静かな音なので深夜に使っても安心。集合住宅に住んでいる方や深夜にお風呂に入ることが多い人は、ぜひ低騒音タイプのドライヤーを使ってみましょう。

日立 ヘアドライヤー ヘアクリエプラス

低騒音タイプということで、ドライヤー機能が低いと考えられがちですが、こちらのドライヤーは大風量、低騒音を併せ持った万能ドライヤーです。それだけではなくツヤ速乾&スカルプ効果で髪をしっかりうるおいを保ってくれます。

パナソニック ナノケアドライヤー (低騒音化タイプ)

ナノイーでうねりを抑えて、溢れるツヤと指通りが心地よい髪に仕上がるドライヤーです。地肌を弱酸性に保ち、皮脂量を軽減する効果が期待できます。低騒音タイプなので深夜でも気兼ねなく使用できます。このドライヤーを使い始めてから寝起きの爆発がなくなったという人が多くいます。ほかにもつやつや感、さらさら感が増したという声が多いです。

Milin ヘアドライヤー家庭用

低騒音タイプなのに、パワー・風量ともにも申し分ないドライヤーです。風量を調節することも可能で、セラミックヒーター、放出されるマイナスイオンのおかげでスパのような優しい仕上がりになります。45%省エネになっているので家計にも優しいのが魅力です。

コスパ重視!おすすめドライヤー

こちらではコスパ重視のドライヤーを紹介します。コスパ重視といっても、髪にいい効果をもたらしてくれるドライヤーもあります。手頃な金額なので、とりあえずの間に合わせが必要、ドライヤーにお金をかけたくないという人は、これらのドライヤーを検討してみてはいかがでしょうか?

Jinri マイナスイオンヘアケア ドライヤー 折りたたみ式 1200W

マイナスイオンが髪にうるおいを与えて、キューティクルを優しくケアしてくれます。折りたたみタイプなので収納や持ち運びに便利です。旅行時なども持っていけるので、メインのドライヤーとは別に携帯用として購入する人もいます。

HANAMO ヘアドライヤー1000Wピンク

可愛いデザインが特徴的なドライヤーです。早く乾かしたい時のためにフードもついていて、適度な温度に調整する機能もついています。静電気の発生を抑制してくれますし、髪の水分もしっかり保持してくれます。

テスコム ヘアードライヤー(ピンク)TESCOM ione マイナスイオン TID925-P

4か所からマイナスイオンが発生する仕組みのドライヤーです。手頃な価格ですが、マイナスイオンパックでたっぷり髪にうるおいを与えてくれます。温風で乾かしマイナスイオン風で髪を包み込む「マイナスイオンパック」という新発想が高い評価を得ています

まとめ

ドライヤーと簡単に言ってもさまざまな種類があります。髪の状態、ドライヤーにどんな機能を求めるのかによって、選ぶ商品も変わってくるでしょう。

早く乾かしたいなら大風量ドライヤー、音が気になるなら低騒音ドライヤー、髪や頭皮をケアしたいなら高機能系ドライヤーを選ぶのがおすすめです。

特に希望がない場合、おすすめしたいのはヘアケアができるタイプのドライヤーです。髪は紫外線などさまざまな影響を受けるため、一度トラブルを起こしてしまうと元の状態に戻るまでにかなりの時間がかかってしまうのです。だからこそ、ドライヤーも含めて髪のケアしていくようにしましょう。

- 1 / 1ページ -