四柱推命の基本を分かりやすく説明!四柱推命の意味・命式の見方など

人は生まれてきた生年月日で、その人の性格や運命がわかります。生年月日に基づいた占いはたくさんありますが、なかでも誰もが聞いたことがある「四柱推命」についてどのようなものか、知っておきましょう。

今回は、

  • 四柱推命とは
  • 四柱推命の基本的な考え方
  • 四柱と干支
  • 四柱推命式(命式)の出し方
  • 四柱推命式(命式)の見方

をご紹介します。

四柱推命とは

四柱推命とは、人の生まれた命運を推察する方法であり、現在では世界中に知られています。もともとは中国の陰陽五行説から生まれたものであり、日本には江戸時代中期に移入されました。四柱推命とはどのようなものか、どのように鑑定するのか見てみましょう。

生まれた日を4つの柱(四柱)に見立て運命や性格を読み解く

四柱推命とはまず、四柱という名のとおり生まれた日時を4つの柱に見立てます。生まれた年、月、日、時の4つ干支を柱としますが、それぞれ年柱、月柱、日柱、時柱と言います。この4つの柱をもとにして、個人の運命や未来、対人関係や才能などを表すことができるのです

四柱をもとに四柱推命式を作成して性質や運命を推測

自分の4つの柱がわかったところで四柱推命式、という表を作ります。年柱、月柱、日柱、時柱という4つの柱にそれぞれ2つの漢字を割り当てます。四柱×2つの漢字、すなわち8つの字の組み合わせでその人の性格や運命、未来などがわかるのです

中国で陰陽思想と五行説をもとに発祥

四柱推命の歴史は古く、1100年代に南宋の徐居易が最初に書籍にまとめたと言われています。中国には古来より陰陽五行説という思想があります。これは、木、火、土、金、水の五行にそれぞれ干支を配置し、さらにその五行に陰と陽をつけさまざまな思想や習慣と結びつけました

現在も残る土用丑の日などは最たるものです。中国では四柱推命をそのまま漢訳した言葉はなく、命学や三命などと呼ばれています。

四柱推命の基本的な考え方


では、四柱推命の基本的な考え方はどのようなものでしょうか。言葉を聞いたことがあるだけで全く知らなかった人も、抑えておくとよいでしょう。

運命や本質は生まれた日に取り入れた空気の要素で決まる

そもそも、四柱推命を始めとする生年月日での鑑定には、人の運命や本質は生まれた日から決まっていると言われています。それが、中国で古くから発達してきた陰陽と五行になります。

なぜ人の命運が生年月日と生まれた時間で決まるのかというのは、その日に取り入れた空気の要素で決まるからです。

陰陽思想=全ての事象は陰と陽に分かれる

四柱推命の基本となる陰陽思想とはどのようなものでしょうか。この思想は、全ての事象がそれだけで存在するのではなく、相反するかたちで存在するとされており、その最たるかたちが「陰」と「陽」であるという考え方です

物事は男女、天地、善悪などというように、それぞれが存在したり消したりと相反しながら存在しています。これは、古代中国の神話からすでに語られていた思想なのです。

五行説=万物は木、火、土、金、水の要素で構成され影響し合う

一方で五行とは、中国の原子的な国家「夏」の創始者が発案した思想で、全てのものは「木火土金水」の5つの要素で成り立っており、それぞれに影響し合うという思想です

5つの惑星とその後さまざまなものと結びつき、そして影響し合う思想であり、その後中国ではその歴史や国家のあり方、人々の価値観にも大きな影響を及ぼしました。

五行説においてはその5つがそれぞれ合わさるだけでなく、火と水のように、打ち消しあうといった関係性のあるものもあります。

四柱と干支

四柱にはその人の生年月日と出生時間が割り振られていますが、それぞれに空間を表す干と、時間を表す支に置き換えて考えます。四柱と干支には、それぞれ深いかかわりがあり、人生や運命をひも解くのに大変重要です。

四柱の意味

四柱推命の四柱の意味ですが、その人の生年月日と出生時間によって、年柱、月柱、日柱、時柱が割り振られます。生誕年を表すのが年柱、生誕月を表す月柱、生誕日を表す日柱、生誕時間を表す時柱が割り振られます。四柱推命を行うには、この4つの要素が揃っていることが非常に重要です。

それぞれの柱に干支が存在する

四柱推命では、四柱それぞれの柱に干支が存在します。干支とは乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種類の干と、支は十二支でも知られているとおり子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種類で構成されています。干支とは、10種類の干と12種類の支の組み合わせで、60種類あります。

干支は四柱×二字=八字の組み合わせで表示

四柱推命においては、干支はそれぞれの四柱に幹事を割り当てて、四柱×二字、すなわち八文字の組み合わせでその人の性格や運命を推定します。しかしながら四柱推命に重要な命式ですので見極めることが大変難しいのが実情です。

干支は陰陽および五行のエネルギーの種類を表す

四柱推命における干支とは、陰陽及び木、火、土、金、水の五行でエネルギーの種類を表すことです。陰陽五行説が甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の十干と結びつきます。

十干とは、1か月を10日後との上中下の3旬にわけた考え方で、1日目から甲・乙・丙というように順番に数えられたのが始まりです。十干それぞれに陰を弟(と)、陽を兄(え)と分けて割り当てたものになります。

それぞれの柱の十干を天干・十二支を地支と呼ぶ

四柱推命においては、それぞれの柱の十干を天干、十二支を地支と呼びます。一方でそれぞれの四柱に呼び名がついているものもあります。

たとえば、生まれた日に関する日柱の干支については日干、生まれ年の天干については年干などと言った呼び方もあるのです。まずはそういった読み方を抑えておくことから始めましょう。

日干を中心に推察

四柱推命においてはまず、日干(日柱の干支)を中心に推察します。なぜなら、日干はおもに本人の性格や本質を表しているため、ほかの他の天干や地支が日干にどんな影響を及ぼしているかを考えることで、その人の性格や運命などがわかるからです。

四柱推命式においては、日干こそが自分の価値観を作り出しているものであり、自分の礎ともなるものなのです。

四柱推命式(命式)の出し方

四柱推命がどのようなものかわかったところで、自分の運勢が気になる人もいるのではないでしょうか。四柱推命式の出し方はとても複雑ですが、最近ではいろいろな方法で命式を出すことができます。どういった方法があるのか、知っておくとよいでしょう。

独学又は師匠について四柱推命の命式を作成し読み解く

四柱推命について深く知りたい、研究したいと思うのであれば書籍など独学で勉強するという方法もあります。鑑定は非常に難しく、一朝一夕にできるものではありません。独学だけでなく四柱推命の師匠に師事して四柱推命の命式を作成し、読み解くという方法もあります。

四柱推命の世界は、歴史も古く奥の深いものです。単純なものではありませんので調べれば調べるほど奥深い世界に出会うことができるでしょう。

四柱推命のプロに鑑定してもらう

四柱推命のプロに鑑定してもらうのが、最も早く自分の命運を知ることができる近道かもしれません。鑑定料はかかりますが、確実に知識を得ることができますし、今後の人生に役立てることができるからです。

人生は時期によって四柱に分けられ、その時の過ごし方が大変重要になります。これから何かをしようとする人もそうでない人も、一度鑑定を受けてみるのがよいでしょう。

四柱推命のサイトで自動計算ツールを使う

インターネット上には、四柱推命の自動計算ツールのあるサイトもあります。自分の生年月日、生まれた時間を入力するだけで本人の命運がわかるものです。

四柱推命においては、生まれた時間も加味して行うのが正確な判定です。生まれた時間はたいてい母子手帳に掲載していますので、知らない人も見てみるとよいでしょう。

特に生年月日とその時間を入力するだけですので、時間のない人や四柱推命をまず始めてみたい人などにおすすめです。

四柱推命式(命式)の見方

好きな人との相性を知りたい、自分や周りの人の命運を知りたいと思ったとき、四柱推命式(命式)の見方や四柱推命式の表の作成の仕方を知っておけば役に立ちます。四柱推命式の見方について調べてみました。

四柱推命式

四柱推命式、命式とも言いますが、それは人生を4分割した各時期に干支や星を表に表したものです。四柱推命を始めるのであれば、まずは命式を割り出し、四柱推命式の表を作成することから始まります。

日柱の干支

四柱推命においては、日柱の干支が重要になります。日柱の干支は、生まれ持った本質や性格であり、自分の性格のコアな部分、いわば自分自身です。日中の柱に来る十干を天干といい、十二支を地支と言いますが、それを組み合わせた漢字2文字から読み解くことになります。

通変星と蔵干通変星

四柱推命においては、通変星と蔵干通変星もその人を判断する補助的な情報になります。通変星と蔵干通変星というのは、自分が持っている星であり、陰陽と五行の組み合わせから算出されます。

蔵干

蔵干とは、四柱の各柱の十二支及び生年月日における、節入りからの日数から割り出される十干のことです。十干には、毎月を3旬にわけて甲・乙・丙と順番に数えていきますがそれぞれに意味がありますので抑えておくとよいでしょう。

十二運星

十二運星は、人の運勢の強弱や盛衰を人の成長過程にたとえて表現したものです。十二運星それぞれの意味を把握することで、才能や能力、性格までもがかわってしまいます。

しかし、この十二運星の解釈は簡単ではありません。十二運星の意味について抑えておくことで、どのような人生を送るかがわかるのです。

天中殺(空亡)

天中殺とは、日柱の干支から割り出される、12年に1度訪れる不運の2年間のことです。天中殺の時期は天が味方しませんので結婚や転職、引越しなど新しいことは起こさないほうが言われています。

一方で年柱の干支から割り出される空亡も天中殺の一種ですが、こちらは補足程度に考えるのみでよいです。四柱推命においては、この天中殺の過ごし方で今後の人生が決まるとされています。

年柱

年柱とは、運気であれば社交運や目上の人との関係、外面における運気が現れます。人生で言えば初年期、すなわち0歳から19歳くらいの性格傾向を示しています。たとえば子どものころから運気の発展性がある、活躍の兆しがあるといったことがわかります。

月柱

一方、月柱は、仕事運や家庭運などの運気が現れます。人生で言えば20歳から39歳くらいまでの中年期の性格傾向を表しています。働き盛りの年代ですから、人生においてもとても重要な時期のことです。

月柱に良い運気があると、ほかの柱にそれを壊すようなものがない限り、仕事面や社会面で活躍することができると言われています。

日柱

日柱はおもに、40代から60代くらいの晩年期の傾向を示しています。年中に印綬などといった知性の高い星周りがあれば、そのころに勉学意欲がわいてきて資格を取ったり、表彰されたり、教養が高まったりすることもあります。

仕事運だけでなく恋愛運や家族運、自分自身の運気や晩年にどのような人生を送るのかなど、この時期もまた重要な時期の一つです。

時柱

時柱については、最晩年期、すなわち60歳くらいから死亡するまでと意味します。これは、人生の帰結とも言われる柱であり、その時柱がよいのであれば、ほかにそれを妨げるものがない限り晩年の運勢がよいことを暗示しています。もしこの時柱が良くない結果なのであれば、短命で病気や事故で亡くなる場合、子孫との縁が薄い場合などがあります。

一方で時柱に偏財や食神があると安定的な老後が過ごせますし、偏官は死ぬまで忙しいのです。しかし、四柱推命には生まれた時間の時柱を出さなくても占いとしては成立し、残り3つの柱で読み解く場合も多くあります。

まとめ

四柱推命とは、生まれた日を4つの柱に見立てて運命や性格を読み解くものであり、中国では陰陽五行説と合わさって発達してきました。

それぞれの柱には干支が存在し、10種類の干と12種類の支で考えられます。干支は陰陽及び五行のエネルギーの種類を表すものなのです。四柱推命は4つの柱がありますが、基本的には人生のコアな部分である日柱の干支、日干を中心に推察するので、ぜひ判定してみてください。