四柱推命の相性はどうやって見るの?十干と五行から読み解く相性

とても当たる占い、鑑定として定評があるのが、四柱推命です。自分の生年月日および生まれた時間によって自分の運命が決まる…それが四柱推命の考え方です。四柱推命には相性診断もできることを知っていますか?

今回は、

  • 四柱推命の命式の方法
  • 十干十二支について
  • 相性にも必要!四柱推命と陰陽五行説
  • 五行でみる・相性の読み解き方
  • 五行でみるそれぞれの相性

について紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

四柱推命の命式の方法

四柱推命とは、中国の陰陽五行説をもとに発達した人の命運を推察する方法ですが、やはり命式を知るのがとても重要です。四柱推命が四柱推命と言われるゆえん、四柱推命にとって大事な命式はどのように算出すればよいのか知っておくとよいでしょう。

命式

四柱推命を見極めるには、やはり命式が何よりも重要です。命式とは、人生の時期を柱で4分割します。この、年柱、月柱、日柱、時柱の4つが四柱なのですが、命式はそこに陰陽五行をあらわす十干十二支を配列する表のことです。

四柱推命の基本的な考え方としては、この4つの柱をもとにその人個人の運命や未来、対人関係、才能などを表すことができるということです。

命式の四柱

命式の四柱は、生まれた年月日、時間により決まっています。これは、四柱推命の基本的な考え方として、人間は生まれたときに吸った空気によって、その人の命運が決まっているということです。

命式の四柱には、年を表す年柱・月を表す月柱・日を表す日柱・時間を表す時柱の4つがあります。ただ、相性については出生時間をあらわす時柱はさほど重要ではない、という考え方もあります。

命式の出し方

では、命式の出し方はどのようにすればよいのでしょうか。自分の四柱だけでなく、陰陽五行説の五行も知っておかなければありません。この命式の出し方はとても難しくて鑑定には知識と技量が必要です。プロの鑑定士による鑑定がおすすめです。

占いサイトによっては、生年月日と生まれた時間を入力することで自分の命式を出すこともできます。生まれた時間については、母子手帳などに掲載されています。

十干十二支について

四柱推命に欠かせないものが、十干十二支です。十二支なら、今現在日本でもおなじみなものです。四柱推命の基本となる考え方の一つ、十干十二支についてみておきましょう。

十干十二支

四柱推命においては、生年月日と出生時間により命式と呼ばれる表を作ります。4つの柱それぞれ十干十二支から2つの漢字を割り当てます。四柱の4つ×2字の8字の組み合わせで、その人の性格や運勢などを鑑定することができます。

十干

十干とは、ひと月を三旬に分け、一日ずつ配分した甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種類からなります。これは、陰陽五行のエネルギーの種類であり、四柱推命においては、天干という呼び方をします。

十二支

十二支は日本でもおなじみの子・丑・寅・卯・辰・未・午・未・申・酉・戌・亥の12種類です。これは、陰陽五行の種類を表します。たとえば、陰陽五行の中の「木」は、寅(陽干)と卯(陰干)という具合であり、四柱推命では地支と呼びます

この十干と十二支をあわせて干支といい、その種類は60個あります。本来、10×12で120種類ありそうなのですが、自然界には陽干なら陽支、陰干には陰支のみが存在するので60種類です。

日柱の十干十二支はその人の核となる本質を表す

四柱には、年柱、月柱、日柱、時柱の4つがありますが、中でも一番重要なのは、日柱の十干十二支です。それは、その人が大事にしている価値観や人生観など、その人のコアの部分、核となる部分の本質を表しているからです。

十干と五行の対応

陰陽五行説とは、万物はすべて木・火・土・金・木という五つの物質からできており、それが相互に影響しあっていると考える説で、古くから多くの人に支持されています

甲・乙は木、丙・丁は火、戊・己は土、庚・辛は金、壬・癸は水といったように十干と五行は、それぞれ対応しています。

十干と陰陽の対応

この十干にはそれぞれ、陰と陽があり、四柱推命では陽干、陰干と呼ばれています。陽干が甲・丙・戊・庚・壬、陰干が乙・丁・己・辛・癸となっています。それぞれに意味があり、その人の性格やこれからの運命を知る手立てとなります。

相性にも必要!四柱推命と陰陽五行説

四柱推命は、中国で古来から親しまれていた陰陽五行説をもとに発展してきました。これは、その人の人生を鑑定することもできますが、その人の性格や価値観に大いに影響されるものです。

四柱推命にはその人の人生を占うだけでなく、相性もみることができるため要注目なのです。

陰陽思想と五行説をもとに中国で発祥

四柱推命は、中国を発祥とする、陰陽五行説をもとにして人の命運を推察する方法です。四柱推命は中国では命学などとも呼ばれており、1100年代南宋の徐居易が初めて文献にまとめたものです。その後、日本には江戸時代中期に移入されたと言われています。

陰陽思想

四柱推命の基礎となる思想にはまず、陰陽思想があります。これは、中国の紀元前500年前後、春秋戦国時代に生まれたとされており、とても歴史の古いものです。

陰陽思想とは、森羅万象すべてのものは陰と陽の2つにカテゴライズされ、互いに対立するというもの。これは、善悪の話ではなく、男女や天地、陰陽など互いが存在することで成り立つという関係です。

五行説

四柱推命の基盤となる思想として五行説もあげられます。こちらも紀元前300年ごろに、戦国時代の学士鄒衍によって始められました。

五行説とは、あらゆる神羅万象、万物は木、火、土、金、水の5つで構成されており、互いに影響しあってバランスを保っているということ。すでにあった陰陽説とあわせて、陰陽五行説というのが一般的です。

生まれた日が重要

四柱推命においては、生まれた日と生まれた時間がとても重要になります。なぜなら、その人の運勢や宿命、性格などは生まれた日に取り入れた空気の要素で決定しているとされているからです。その空気を構成する要素が、陰陽と五行なのです。

五行でみる・相性の読み解き方

四柱推命の考え方によると、すべての人は生まれた日や時間をもとにしてその運勢や宿命、性格などが決まっています。その考え方を使えば、気になる人との相性もわかることができます。基本的な考え方を抑えておきましょう。

基本的な五行は命式の日柱の十干から読み解く

四柱推命は、年柱、月柱、日柱、時柱の4つの柱がありますが、基本的な五行を考えるのは、日柱の十干から読み解きます。なぜなら、日柱の十干が、その人を構成するコアな部分、本質的な価値観や性格などを示しているからです。

相生関係:互いを活かし合いながら運気を高める関係・ポジティブな相性

人と人との関係においては、相生関係と相剋関係の2つがあります。相生関係とは、そうしょうとも相乗とも呼びますが、吉の関係、いわゆるポジティブな相性です。

お互いに尽くしながら愛情を注ぐことができ、お互いを活かし合いながら運気を高めることができるのです。

相剋関係:相手を制しながら運気を低下させる関係・ネガティブな相性

一方で、凶の関係となるのが、相剋関係です。剋すという表現はもともと良いものではありません。いじめられたり、利用されたりすることになるかもしれませんし、一緒にいても安らぐことができません。相手をけん制しながら運気を低下させる関係なのです。

相生関係は隣り同士:相剋関係は向かい合う

相生関係は、隣同士の関係です。たとえば、木がこすれると火になり、火が燃え尽きると灰となり土に還る、そして金は土から生まれて金は水に交わると増え、水は木を育てるといった循環する関係です。

一方で相剋関係とは、水は火を消す関係に代表されるように、向かい合って敵対しあう関係なのです。

五行でみるそれぞれの相性

四柱推命においては、その人の持っている陰陽五行によって相性も変わってきます。相生関係と相剋関係、それぞれについてみておきましょう。

相関関係の木→火:木は摩擦で火を燃えあがらせる

まず、相生関係の木と火は木生火といって、木は火を燃え上がらせるためとてもよい関係です。火は木から生じるものだからです。

相関関係の火→土:火は灰になると土に返り土を肥やす

一方で、火から土も相生関係の一つです。これを、火生土(かしょうど)といい、火は燃え尽きて灰になると土に還るからです。そして土を肥やすというプラスの関係になります。

相関関係の土→金:土の中で金属が生まれる

一見関係のなさそうな土と金ですが、これにも土生金(どしょうきん)という相生関係があります。それは、金属は土の中で生まれますので、土は金属を埋蔵するものとして評価されています。土の中から金属が生まれるということです。

相関関係の金→水:金は水を浄化する

こちらもあまり関係なさそうではありますが、金から水も金生水(きんしょうすい)という関係があります。それは、金属の中でも金は周りの温度より冷たいため、水蒸気が冷えて水滴が発生します。そういった関係を金は水を浄化するというのです。

相関関係の水→木:水は木を育む

わかりやすい相生関係の一つが、水生木(すいしょうもく)です。これは、植物に水をやることで大きく育つこと、水は木を育むものだということからプラスの関係になります。

相剋関係の木→土:木の根が土から養分を吸う、浸食

一方で、相剋関係になるものもあります。それは、どちらかが主体とはならず互いに密接不可分な深い関係でありますが、どちらかが成長するとどちらかが弱まる関係です。

たとえば、木剋土(もくこくど)は、木が土の栄養分を使って成長するという関係を示しています。木が成長すると、土の養分はなくなってしまいます。

相剋関係の土→水:土が水を吸う&水の流れを土がせき止める、不自由

同じように、土剋水(どこくすい)という関係もあります。これは、土が自由奔放に流れようとする水の流れをせき止めたり、土が水を吸ってしまうといった関係を示しています。土が優勢になれば土の中の水分が少なくなるといった関係です。

相剋関係の水→火:水は火を消す・振出しに戻る

水剋火(すいこくか)というのも相剋関係の一つです。言わずもがな水は火を消しますので、良い関係ではありません。火を消しつくすことができますので、振出しに戻るという意味もあります。

相剋関係の火→金:火は金属を溶かす・萎える

火は金属を溶かす性質がありますので、火と金は相性が良くありません。それを火剋金(かこくきん)と言います。火には金を燃やして本来固体になるであろう金を溶かしてしまいます

相剋関係の金→木:刃物=金属で木を倒す・窮屈

最後の相剋関係は、金剋木(きんこくもく)です。金といっても日常生活にはあまりイメージがないでしょうが、これは金属全般を指すと考えたほうがよいでしょう。金属は斧となって、まっすぐに伸びようとする木を倒してしまいます。そのため、金から木への関係は良いものではありません。

特に相性が悪いパターン:女性が男性を剋す場合

パートナーとの相性が気になるのであれば、二人を四柱推命で鑑定してみるとよいでしょう。相生関係は永遠に続く関係ですので、恋愛においては文字通り相性が良いのです

一方、相剋関係においては、お互いにけん制しあいますので、相性がよいとはあまり言えません。しかし、男性が女性を剋すのであれば、そこはあまり問題になりません。反対に女性が男性を剋す場合は相性が特に悪くなりますので、注意をしましょう

まとめ

四柱推命とは中国の陰陽思想と五行説をもとに考えられた鑑定方法であり、まずは自分の命式を算出することから始まります。生年月日と出生時間を軸に、4つの柱を分割し、そして陰陽五行を表す十干十二支が配列された表で、命式を出します。

五行にはそれぞれの相性があり、相性関係と相剋関係があります。相剋関係で男性が女性を剋す場合はそうでもないのですが、女性が男性を剋す場合は相性が悪いですので注意が必要です。