鬼宿(きしゅく)の性格診断!恋愛・結婚傾向や仕事運を紹介します

鬼宿は四足とも蟹宮に属し、最も蟹宮の影響を受けている宿です。七曜では月の影響を受け、財運、地位運に恵まれています。そんな鬼宿は、優しいのが特徴。

ここでは、

  • 鬼宿の基本概要
  • 鬼宿の性格傾向
  • 鬼宿の仕事運の傾向
  • 鬼宿の恋愛傾向
  • 鬼宿の結婚傾向

についてまとめました。

鬼宿の基本概要

鬼宿は性質による分類では急速宿、所属する12宮では4足とも蟹宮に所属しています。七曜では月の影響を受けている鬼宿。これら基本的な概要を踏まえて、総合的に性格傾向を読み解いていきましょう。

蟹宮に所属(4足)

蟹宮の影響を最も強く受けている鬼宿は、知識が豊富で、物事を俯瞰的にとらえる傾向があります。プライドが高く、斜に構えた考え方をすることもあり、自分の意見を曲げないと、周りから浮いてしまうこともあるでしょう。

急速宿に分類

臨機応変に状況に対応できる性格で、環境の変化に強いのが特徴です。どこに行っても、自然とその環境に慣れてしまう世渡り上手。フットワークが軽く、行動力もあります。人から何かを頼まれると、自分が大変だとしても断れずに引き受けてしまうお人好しな一面もあります。

月の影響

七曜では月の影響を受けている鬼宿は、頭の回転が速く、観察力にも優れています。頭脳明晰で頭がよいのも特徴。温和で情に厚く、人の世話をやくのが好きです。思慮深く、さまざまなことを考える計算高い一面も。気分の変化が激しく、笑っていたかと思えば、落ち込んでいるといったところもあります。

鬼宿の性格傾向

世渡り上手で人の心を読み解く力に優れている鬼宿は、優しい性格の持ち主です。少々思い込みが激しい部分もある鬼宿の性格傾向について見ていきましょう。

フットワークが軽く活発

鬼宿生まれの人は、フットワークが軽く、活発で好奇心の赴くままに自由に動きまわります。自分が興味を持ったことはつきつめて研究し、勉強するタイプ。

先見の明があり、新しい情報や経験をすることが好きで、トラブルが困難なことがあってもそれを乗り越えていく実行力も備えています。しかし、一度興味を失ったり、満足したりすると、まったく別のものに執心するのも特徴です。

豊かな発想力と鋭い感性

発想力が豊かで、鋭い感性を持っているのも鬼宿の特徴です。人とは違った感性と考え方で、周りが思いつかないようなことをやってのけたりします。

鋭い感覚で物事の本質を見抜く力に長け、インスピレーションも働き、その場の状況を瞬時に判断し的確な対応ができる人です。想像力も高く、一緒にいると楽しく会話ができるでしょう。

適応力がある

感性の鋭さは、環境の変化への対応力ともなります。状況判断が的確で、どのような状況においても即座に適した対応力があります。その場の空気を読むのも得意で、適切な会話ができるのも鬼宿の特徴でしょう。27宿の中でも世渡り上手な宿である鬼宿は、社交性もあり、目上の人からも可愛がられる傾向にあります。

ただし、人情に弱い面があり、それに引きずられ理性をなくすと、優柔不断に見られたり、トラブルに巻き込まれたりすることもあるので注意が必要です。

相手の感情を敏感に察知

相手の気持ちを自分のことのように、敏感に察知できる感性も備えています。慈悲深く、情に流されやすい性格で、的確な判断が鈍ることも。思い込みが激しく、勝手に自分で決めてしまうことで、裏切られるようなこともあるでしょう。しかし、落ち込んでも一時的ですぐに前向きに考えられるのも、鬼宿の特徴です。

相手の気持ちに敏感なせいか、好き嫌いも激しい一面もあります。だからといって、人によって接し方に違いはないのですが、女性の場合はさっぱりと付き合える男性の方が、一緒にいて楽なことが多いでしょう。

鬼宿の仕事運の傾向

自分が興味を持ったことはとことんやる性格と、奉仕の精神を備えている鬼宿生まれ。どのような仕事が向いているのでしょうか?

好奇心旺盛でバイタリティに溢れる

好奇心旺盛で「これだ」と感じ、徹底的に追究していく姿勢は、冒険家やフリーランスで仕事をすると高い成果を挙げることができるでしょう。バイタリティあふれる活発さもあるので、旅行関係の仕事にも向いています。

奉仕の精神がある

困っている人がいると自分を犠牲にしてでも手を差し伸べる奉仕の精神がある鬼宿生まれの人は、福祉関係やカウンセラーなども適職です。相手の気持ちを敏感に察することができるので、相手の立場に立ったアドバイスなどもでき、困っている人をしっかりサポートできるでしょう。

ただし、相手に感情移入しすぎてしまうと、判断が誤ってしまったり、ストレスを抱えてしまったりすることもあるので、仕事の場合は1歩引いて冷静に判断をすることも大切です。

神秘的な世界や未知の分野に興味を抱く場合も

鬼宿生まれの人は、霊感のような不思議な感性を持っている人も多いです。そのため、神秘的な世界や未知の分野に興味を抱くケースも少なくありません。それを職業にするなら、占い師やスピリチュアル関係の研究職なども向いているでしょう。

鬼宿の恋愛傾向

相手の気持ちを察することが得意で優しい性格の鬼宿生まれの人。相手を思いやることのできる優しい性格ではありますが、気分が変化しやすいという特徴も。そのような性格の鬼宿生まれの人は、どのような恋愛傾向にあるのでしょうか?鬼宿の恋愛について見ていきましょう。

恋愛でも感覚が大切

恋愛においても、理屈やステイタスではなく感覚を大切にします。相手の気持ちを敏感に感じ取ると、自然とアプローチをすることができる恋愛上手。男性の場合は、女性の母性本能をくすぐることができ、両思いになる確率も高いです。また、恋に落ちると情熱的な恋愛をする傾向にあります。

一方で、思い込みが激しい面があるので、自分に好意を寄せている人がいても、気づけなかったりすることも。そのせいで恋が始まらないなど、チャンスを逃してしまうこともあるでしょう。

感受性が豊か

感受性が豊かで、相手の心の動きも読み取ることができるので、浮気や嫉妬などに苦しむことも多いようです。そのため、安定した恋愛をしていると思っていても、いつの間にか相手に振り回されていることも。愛情が深くなるほど理性的な判断ができなくなり、苦しい恋をすることもあるでしょう。

自由を好む

気まぐれで気持ちの変化が激しい性格で、束縛されることを嫌います。過干渉が苦手で、約束事なども重荷になってしまうタイプ。自由な恋愛をしたいと思っているのが鬼宿生まれの人です。

息苦しい関係になるとドライ

自由奔放で天真爛漫な鬼宿は、束縛されたり強制されたりすることが大嫌い。そういった状況が続き息苦しい関係になると、気持ちが冷めてしまうことも。そうなるとドライな鬼宿生まれの人は、あっさりと他の人に興味が移ってしまいます。

鬼宿の結婚傾向

条件よりフィーリングで結婚相手を選ぶ

鬼宿生まれの人は、フィーリングで結婚相手を選ぶ傾向にあります。職業や年収、家柄など、相手のステイタスはあまり気にしません。感覚が合い、自由奔放な性格を含めて包み込んでくれるような相手を、結婚相手として考えます。

女性の場合、理想が高い人もいますが、なかなか理想の男性に巡り合えず独身のままでいる人も多いでしょう。しかし、電撃結婚や国際結婚など周囲が驚くような形で結婚することが多いのも、鬼宿の特徴です。

結婚後は家庭を大切にする

結婚後は、男性も女性も、家庭を大切にします。特に女性は夫や子どもに献身的に尽くすので、男性は幸せです。もともと奉仕精神が強く、世話好きで、細やかな気配りもできるので、穏やかで安定した家庭を築くことができるでしょう。

まとめ

豊かな感性とインスピレーションを備えた鬼宿生まれの人は、相手の心を読み取る力があり、細やかな気づかいができる人です。好奇心旺盛で探究心が強く、興味を持つととことんまでつきつめる性格。自由奔放な恋愛を望むので、束縛されるのは嫌いですが、結婚後は、家族に尽くし、穏やかな家庭を築くことができるでしょう。