おすすめのコーヒーメーカー大集合!コーヒーメーカーを選ぶポイントはこちら

コーヒーは、身近な飲み物のひとつです。スーパーや自動販売機、そしてお店など、あらゆるところで購入することができます。ですが、ものによって品質に差があるのも実際のところです。特に、抽出済みのものと自分で作るものとでは、味わいが大きく違ってきます。

コーヒーメーカーがあれば、自宅にいながらお店のような本格コーヒーを楽しめます。近年はこだわりの強い、お店顔負けの上質な一杯が作れるものもあります。コーヒーメーカーを詳しく知り、そして人気マシンを手に入れる価値は大いにあるでしょう。

今回は、

  • コーヒーメーカーを持つべきメリット
  • コーヒーメーカーを選ぶポイント
  • おすすめのコーヒーメーカー

をご紹介します!以下を参考に、コーヒーメーカーを検討してみてくださいね。

コーヒー好きなら持ちたい!コーヒーメーカーを持つべき5つのメリット

コーヒーメーカーでコーヒーを淹れるのは少し手間がかかりますが、味や香りが楽しめます。そこで、コーヒーメーカーのメリットを見てみましょう。

新鮮なコーヒーの匂いを楽しめる


コーヒーメーカーで淹れるコーヒーは、豆の豊かな香りが楽しめます。タイプにもよりますが、豆を直に挽くものともなれば、部屋中に香ばしさが漂います。すでに抽出し終えた缶やペットボトル入りのものなどでは、このような感覚は楽しめません。コーヒー好きであれば、香りにこそこだわりたいという人も多いでしょう。毎回使用するのが楽しみになるのではないでしょうか。

自分の好きなタイミングで淹れ立てを飲める

淹れ立てのコーヒーは、かならずしもコーヒーメーカーがなければ味わえないわけでもありません。喫茶店やコーヒー専門店、カフェなどを訪れればプロの腕で上質な一杯を用意してもらえます。ですが、やはりお店を訪れることが必須となってきます。自宅で自分の好きなときに楽しみたい、そう考えるとやはりコーヒーメーカーが魅力的でしょう。

インスタントより明らかに美味しい

コーヒーメーカーを語るとき、何かと比較されるのがインスタントでしょう。どちらも、自宅で味わえるコーヒーだからです。ですが美味しさにこだわるなら、やはりコーヒーメーカーで作るものが理想的でしょう。インスタントは手軽でリーズナブルですが、やはりその分味も相応です。コーヒーメーカーなら、こだわって作られたマシンだからこそのクオリティが楽しめます。

簡単で手がかからない

インスタントより明らかに美味しいとはいえ、作り方の手軽さはインスタント並みです。 豆やリキッドなどをセットして、あとはボタン操作するだけです。コーヒーを楽しむ時間帯としては、朝が多いのではないでしょうか。目が覚める、朝食に合う、気分を落ち着かせられるといった特徴が伴うためです。コーヒーメーカーの簡単さは、忙しい朝に特に魅力が感じられるでしょう。

コスパが高い


本格的なコーヒーメーカーともなれば、価格面も高級路線になることが少なくありません。とはいえ、コスパが悪いかといえばむしろ逆です。一度マシンを手に入れたら継続的に使用できるため、むしろ経済的です。加えてコーヒーのクオリティも高いわけですから、コーヒー好きなら手に入れない手はないといったところでしょう。

コーヒーメーカーを選ぶポイント

近年のコーヒーメーカーは、多機能なものが少なくありません。そのため、どのような機能や特徴が搭載されているかで比較すると良いでしょう。意識すべきポイントを、ご紹介します。

コーヒー豆の本来の味を楽しむことができるか

コーヒーを味わうとき、特に重視する点はいかに豆本来の味を楽しめるかです。そのため、豆の味や風味を殺さず、しっかり引き出せるタイプを選ぶことが大切です。主には、豆を粉砕するためのミル機能、コーヒーを抽出するフィルターにこだわっているものが理想的でしょう。

お手入れが簡単かどうか


コーヒーメーカーにおける数少ないデメリットとして、お手入れの必要性が挙げられます。豆を粉々にして淹れるため、どうしてもとれにくい汚れがついてしまいがちです。かといって放置してしまうと、腐ったり虫が湧く原因となったりして、コーヒーを楽しむどころでなくなってしまいます。そのため、お手入れが簡単かどうかに注目しましょう。手軽にお手入れできれば、楽に衛生的な状態を維持できます。

一度に作成できる量

コーヒーを一度に淹れる量は、家庭によって異なるでしょう。ひとりで楽しみたい人もいれば、大人数にふるまうことが多い家庭もあるはずです。使用する人数を考えて、一度に抽出できる量をチェックしましょう。

保温機能

コーヒーを作ったあと、一度に飲み切らない場合は保温しておくことが多いでしょう。基本はサーバーに保存しますが、中には魔法瓶に入れておけるものや煮詰まり防止機能を備えたものなど、アイデアの盛り込まれたマシンもあります。味や満足感にかかわってくるので、注目すべきポイントといえます。

おしゃれなデザイン

コーヒーメーカーは、部屋に置いておくと大きな存在感を放つものが少なくありません。それこそ、ひとつのインテリアのような存在にもなります。そのため、デザインにもこだわりたいものです。マシン単体のおしゃれさはもちろん、部屋に合うかどうかも重要です。

タイプによって個性の異なるコーヒーメーカー

コーヒーを作るマシンといっても、タイプによって作り方が異なります。それぞれにメリットがあるので、好みに合うものを選んでください。

コーヒーパウダーを使用するタイプ:もっとも手軽


すでに細かく挽かれた状態である、コーヒーパウダー を使ったタイプです。挽くという動作を伴わないため、数あるタイプの中でも手軽です。ミルのお手入れが必要ないという点も、魅力に感じられるでしょう

自動ミル付きタイプ:自動で豆を挽く

豆から淹れるタイプのものには、自動ミルがついています。挽きたての香りが楽しめるので、こだわり派にうれしい仕組みですね。カッターを回転させて砕くプロペラ式、均一に挽ける臼式、円錐状のカッターで低速にて砕くコーン式など、ミルにもいくつかの種類があります。

カフェポッドを使用するタイプ:パックタイプのコーヒー豆を使用

カフェポッドとは、コーヒー豆を専用のパックに入れたものです。カフェポッドをセットするだけでコーヒーが淹れられるため、手軽さが特徴的です。新鮮な豆を使用できる上、ミルのお手入れが必要ない、効率的なシステムといえるでしょう。

カプセルタイプ:カプセルのポーションを使用


カプセルに入った、濃縮コーヒーを使って淹れるタイプです。そう聞くと、インスタントのようなイメージも感じられるかもしれませんが、クオリティについては期待して問題ありません。専用のコーヒーメーカーにセットして淹れるため、豆や粉から作るもの同様に本格的なコーヒーに仕上げられます。大手メーカーも続々と取り入れる、比較的新しいシステムです。

定番のおすすめ全自動コーヒーメーカー

本格コーヒーを手軽に作りたいとき、特に重宝するのが全自動のマシンでしょう。簡単な操作で本格コーヒーが淹れられるため、コーヒー好きにはたまらない便利アイテムとなります。

siroca コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C122


予約タイマーつきの、全自動コーヒーメーカーです。タイマーをセットしておけば、豆を自動で計量して、飲みたいタイミングで淹れたてのコーヒーを用意してくれます。朝目覚めたタイミングで、家に帰ってすぐ、お風呂上りになど、タイマーを自在に設定して、淹れたてコーヒーのある生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ ブラック NC-A57-K


同じコーヒーでもさまざまな楽しみ方をしてみたい、そんなこだわり派におすすめなのがこのマシンです。豆の挽きを粗挽き、中細挽きの2種類から選べる、デカフェ豆コースが搭載されているなど、カスタマイズ性に富んでいます。また、ミルを自動洗浄してくれる点も魅力です。

CCP 【BONABONA】 全自動ミル付きコーヒーメーカー


一見するだけではコーヒーメーカーと思えない、デザインが特徴的なマシンです。先端的なインテリアを彷彿とさせる見た目は、キッチンをおしゃれに彩ること必至です。もちろんドリップ機能も充実しており、豆と粉それぞれから上質なコーヒーを淹れることができます。操作部分がシンプルなつまみ仕様という点も、こだわりが感じられます。

【Cuisinart クイジナート】12-cup オートマチックコーヒーメーカー ミル・タイマー付き全自動 DGB-900PCJ


一度に大量のコーヒーを淹れたい、そんな人に適したコーヒーメーカーでしょう。商品名の通り、一度に最大12カップ分作ることが可能です。もちろん、水と豆をセットするだけの全自動なので、それだけの量を作ってもほとんど手間を感じないでしょう。また設定を変えれば、少量からでも淹れることが可能です。シーンに合わせて活用してみてください。

手軽なコーヒーパウダー を使用するおすすめのコーヒーメーカー

すでに豆を挽いた状態のコーヒーパウダーは、淹れるための時間が短縮できるため、手軽さ重視の人に重宝します。おすすめコーヒーメーカーで楽しんでみてください。

DeLonghi kMix(ケーミックス) ドリップコーヒーメーカー レッド 【6杯用】


せっかく良いコーヒーメーカーを手に入れたのであれば、長く使い続けたいはず。ですが、毎日のように使用するだけに、劣化や故障も気になるところです。その点このマシンは、アルミとステンレスのメタルボディーにより耐久性・堅牢性が兼ね備えられています。これひとつあれば、上質なコーヒーを長く楽しめるでしょう。品のある光沢による高級感も目を引きます。

ティファール コーヒーメーカー スビト ペーパーレスフィルター メタリックノワール CM1518JP


キッチンアイテムの定番的ブランドである、ティファールから出されているコーヒーメーカーです。シンプルで洗練されたデザインもさることながら、フィルターへのこだわりが特徴的です。5つ穴シャワーのペーパーレスフィルターにより、むらのない上質なコーヒーを抽出してくれます。ペーパーレスフィルターとペーパーフィルターそれぞれから選択できるので、気分に合わせて変更するという使いかたもできます。

象印 コーヒーメーカー ブラック 1~6杯用


細やかなこだわりが印象的な、国産メーカー象印の一点です。ヒーターで2回加熱し、熱湯と蒸気で豆全体を蒸らしてドリップするダブル加熱95度抽出で、コクのある味わい深い一杯を生み出します。スイングバスケットとフィルターケースが外せるため、お手入れの手軽さもうれしく感じられるでしょう。

大ヒット中のおすすめのカプセルタイプのコーヒーメーカー

手軽であるにもかかわらず本格的な、カプセルタイプのおすすめコーヒーメーカーです。対応マシンは限られているので、間違えないよう選びましょう。

ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア ルビーレッド C40RE


上品でかわいらしい、ルビーレッドのコーヒーメーカーです。サイズもコンパクトであるため、あらゆる規模の部屋にフィットするでしょう。エスプレッソとロングカップの2タイプに対応しており、気分に合わせて楽しめます。ボタン操作してから約30秒の早さで淹れられるので、時間のないときでも心強いです。

ネスカフェ ドルチェグスト ドロップ ホワイト MD9774WH


近未来的なフォルムが目を引きます。これはコーヒーのしずくからインスピレーションを受けて考案されたものだそうで、こだわりが感じられます。操作も個性的で、タッチパネルを使います。毎回の抽出が楽しく感じられる、特別なマシンといるでしょう。

まとめ

コーヒー好きなら、コーヒーメーカーを検討してきっと損はありません。家に居ながらにして、手軽に本格コーヒーが楽しめるためです。ですが種類が豊富であるため、選び方には注意しましょう。今回の特集を役立てて、長く使い続けたくなる理想の一点を手に入れてください。