アクセサリー入れの種類と自分にぴったりの物を選ぶポイント

可愛いアクセサリーを見るとついつい買ってしまい、どんどん種類が増えて収納に困ってしまうことはありませんか?きちんと整理しないとパーツ同士が絡まってしまい、最悪の場合壊れてしまうことにもなります。繊細なアクセサリーの収納には、専用ケースを選ぶと良いでしょう。

この記事では、

  • アクセサリーの収納方法の種類
  • アクセサリー入れを選ぶポイント
  • 人気の高いおすすめのアクセサリー入れ
  • アクセサリー入れを自作している人の作例

と、アクセサリー入れの種類と、自分にぴったりのものを選ぶポイントを解説します。

アクセサリーの収納方法の種類

アクセサリーの収納ケースには、どんな種類があるのでしょうか。自宅で保管するためのものはもちろん、持ち運びができるタイプも気になりますよね。

アクセサリーを大切に保存できる、収納方法の種類についてまとめました。

ボックスタイプのアクセサリー入れ

アクセサリーの収納方法としてまず挙げられるのが、ボックスタイプのアクセサリーケースを使った収納方法です。

ボックスタイプにも、蓋がないオープンタイプと、蓋ができるクローズタイプの2種類があります。オープンタイプは手軽に使えますがホコリがつく点がデメリットです。クローズタイプは大きさによって収納できる数が限られますが、ホコリが入らないのでアクセサリーの長期保存におすすめです。

持ち運びタイプのジュエリーポーチ

アクセサリーを外出先で取り外す機会の多い人は、持ち運びできるジュエリー専用ポーチが便利です。普通のポーチだと、アクセサリーがゴチャゴチャになりやすく取り出しづらいこともあります。

専用ポーチなら、アクセサリー同士のパーツが絡まないように固定できるので、破損や紛失の心配がありません。ジュエリーポーチにも布製のポーチ型やブック型など、様々な大きさや種類があるので、収納する量に合わせて選びましょう。旅行や帰省するときのために一つ用意しておくと便利ですね。

吊り下げて収納するスタンドタイプ

アクセサリーを一つずつ吊り下げて収納できるスタンドタイプなら、ショップのディスプレイのようにオシャレな「見せる収納」ができます。インテリア性が高く、使いたいアクセサリーが一目でどこにあるかわかるというメリットもあります。

画像のような回転式なら、たっぷり収納ができるので、気になるプチプラのアクセサリーなどもどんどん買い足すことができますね。吊り下げ型ならアクセサリーの形が歪まず、きれいに保管できるのもポイントです。

アクセサリー入れを選ぶポイント

ジュエリーケースは見た目も美しいものが多く、どれを選べば良いか目移りしがちです。自分にぴったりのアクセサリー入れを選ぶには、どんなポイントに気を付ければよいのでしょうか。

購入を検討する際に必ずチェックしたい、選び方のポイントをまとめました。

所有しているアクセサリーの量

自分に合ったアクセサリー入れを選ぶには、まず収納したいアクセサリーの量をポイントに考えましょう。どんな種類のアクセサリーをどれくらい収納したいかによって、最適な収納ケースのタイプが違ってきます。

収納したいアクセサリーの数が多いなら、容量が大きいボックスタイプがおすすめです。逆に量が少ない場合は、移動や携帯にも便利なジュエリーポーチを選択する方法もあります。

仕切りがあるかどうか

アクセサリー入れを選ぶ際には、仕切りの有無をチェックすることも重要です。特にピアスやリングなどの、パーツが小さいジュエリーを多く収納する際には、仕切りの多いケースのほうが整理しやすいでしょう。

また、ネックレスなどの絡まりやすいものを収納する際には、逆に仕切りがないケースの方が便利な場合もあります。自分の手持ちのアイテムを把握して、仕切りの有無や、必要数を考えて選びましょう。

クッションは十分かどうか

アクセサリーには繊細で壊れやすいものが多いので、万が一ケースを落としてしまっても破損しないように、クッションが十分かどうかを見極める必要もあります

特に、持ち運びできるジュエリーポーチを選ぶ際には、クッションの素材を確認し、できるだけ丈夫なものを選びましょう。特に値段が安い製品の中には、収納ケース自体が壊れたり歪んだりしやすいものもあるので、注意が必要です。

設置する場所に適した大きさかどうか

アクセサリー入れを選ぶなら、設置したい場所を決めておき、その場に適した大きさかどうかをチェックしましょう。設置するスペースに余裕があるなら、大きめのガラスのショーケース型を選んで見せる収納にするのもオシャレです。

余裕がない場合は、積み重ねできるコンパクトなボックスタイプや、狭いスペースでも立てて収納できる、回転式の吊り下げタイプなども良いでしょう。

自分好みのデザインか

アクセサリーケース選びには、自分の好みに合ったデザインかどうかも重要です。せっかくお気に入りのアクセサリーを収納するなら、インテリアや小物としても長く愛用できるように、見た目が可愛いものを選びたいですよね。

アクセサリー入れには、木目調や革製、ガラス製のものなど、様々な素材でできた製品があるので、お部屋の雰囲気に合わせてチョイスしましょう。

人気の高いおすすめのアクセサリー入れ

アクセサリー入れの選び方について解説しましたが、実際はどんな製品に人気が集まっているのでしょうか。

実用性とデザイン性の両方を兼ね備え、多くの人が愛用しているおすすめのアクセサリー入れをご紹介します。

BESONTジュエリーボックス 二層アクセサリーケース

BESONTジュエリーボックス 二層アクセサリーケース 大容量 小物入れ宝石箱 取っ手付き 王女ジュエリーボックス 

BESONTジュエリーボックスは、二層式で蓋の裏にも収納ができる、大容量が特長のアクセサリー入れです。ピンクの生地にレトロなテイストのイラストが描かれた、可愛らしいデザインが目を惹きます。

蓋の裏側にネックレスフックが付いており、オープンタイプの見せる収納ケースとしても使用できます。仕切りも多いので、細かいパーツの収納にも便利です。外部はPUレザー、内部はフロッキング素材を採用した上質な作りで手触りも良く、衝撃に強いというメリットもあります。

Bausweety ジュエリーボックス

Bausweety ジュエリーボックス ネックレス イヤリング 指輪 収納 小物入れ 携帯用 アクセサリーケース

Bausweety ジュエリーボックスは、コンパクトなのに機能性の高い、携帯用アクセサリーケースです。上質なPUレザー製で、内部は柔らかいビロード生地でできており、アクセサリーを外部の衝撃からしっかり守ってくれます。

蓋の裏にネックレスフックが5つも付いているなど、それぞれのアイテムの収納に最適な仕切り付きで、見た目よりもたっぷり収納できる合理的な作りが特長です。

ローリング(Rowling)収納力抜群 6段 ジュエリーボックス

ローリング(Rowling)収納力抜群 6段 ジュエリーボックス 大容量 アクセサリーケース ピアス&ネックレス小物入れ ブラック

ローリング(Rowling)収納力抜群 6段 ジュエリーボックスは、6段式でたくさんのアクセサリーを収納できる、大容量派に断然おすすめの収納ケースです。

クロコダイル柄の素材で見た目も高級感があり、中の生地はふっくら柔らかでアクセサリーの素材を傷めません。たっぷりの仕切り付きで、収納スペースの種類が多く、ピアスなどの小さいものから腕時計まで、アイテム別に分類が可能です。引き出しが開け閉めしやすい取っ手付きなのも、使いやすいポイントですよね。

mine 携帯用 ジュエリーボックス

ジュエリーケース 携帯用 ジュエリーボックス アクセサリーケース ネックレス や リング を かわいい コンパクト な mine ケース に入れて 持ち運び 旅行 や トラベル にも便利 (1 ワイン)

mine 携帯用 ジュエリーボックスは、コンパクトでシンプルなデザインが特徴の携帯用ケースです。お仕事によっては、リングやネックレスなどを職場で外さなければならない方もいるでしょう。

大事なアクセサリーを紛失しないように、いつでも携帯できる小さめの収納ケースがあると便利ですよね。このジュエリーボックスなら、手のひらサイズで小さめのバッグにもすっぽり収まります。高級感のあるベロア素材で、大人の女性にもぴったりなのも嬉しい点ですね。

Life Connection ジュエリーポーチ

Life Connection ジュエリーポーチ 旅行 アクセサリーケース スエード ミニトラベルポーチ キラキラ 携帯用 (ホワイト)

Life Connection ジュエリーポーチは、軽くて持ち運びに便利な、携帯型アクセサリーケースです。生地はキラキラパールが可愛いスエード調で、高級感のあるオシャレな見た目です。

縦7.2㎝×横10㎝のコンパクトサイズなのに、ピアスが10個も収納でき、リングホルダーとネックレスをしまえるポケットも付いていて、機能的なのが嬉しいですね。どこででもアクセサリーの付け外しができるように、嵩張らない小さめのポーチが欲しいという方には、特におすすめしたい商品です。

アクセサリー入れを自作している人の作例

アクセサリー入れは、自作している人も多いことをご存知でしょうか。アイディアさえあれば、100均などの素材で簡単にできてしまうと聞けば、挑戦しない理由はないですよね。

おすすめしたい自作アクセサリーケースの例をご紹介しますので、参考にして下さい。

簡単!安い!アクセサリーボックスの作り方

100均のクリアボックスでできる、アクセサリー入れの作り方を紹介します。

 

1.まず、クリアボックス2個とフェルト生地、加工できる板を各1枚用意しましょう。

2.次に、フェルト生地をボックスの幅に合わせてカットし、筒状に丸めて、グルーガンで留めて切り離します。

3.この作業を繰り返し、筒状のものが9~10個できたら、ボックスの底に敷き詰めれば一段目の完成です。

4.今度は、板をボックスの底より少し小さめにカットしましょう。板よりも一回り大きいサイズに切ったフェルト生地を重ねて、端の部分を折りこむように糊付けし、クリアボックスに敷いたら2段目の出来上がりです。

ダイソーのアクリルケースで作るアクセサリーボックス

ダイソーの3段アクリルケースでできる、アクセサリーケースの作り方を紹介します。

 

1.適当な厚紙(加工できる板)とフェルトを用意しましょう。

2.ボックスの底面に合わせてフェルトをカットし、敷き詰めます。

3.厚紙をボックスの側面に合わせて計4枚カットし、2倍の縦幅に切ったフェルトに挟み込むようにして両面テープで留め、ボックスの側面に固定させたら一段目の完成です。

4.この作業を繰り返し、三段分を完成させましょう。

5.最後に、ダイヤモンドマグネットで引き出しに取っ手をつければ出来上がりです。

 

アクセサリー収納ボックスを100均のアイテムでDIY

100均の木製ボックスを使って簡単にできるアクセサリーケースの作り方を紹介します。

 

1.まず木製ボックスとキッチンスポンジを用意します。動画では、上段に仕切りがなく、下段が3つのスペースに仕切られたボックスを使用していますね。

2.次に、キッチンスポンジを下段の仕切りにぴったりはまるように3個カットします。そのうちの1つはさらに3等分にカットして、仕切りの中に敷き詰めましょう。

3.今度は、上段に折り紙を貼って木の部分をカバーしたら、割り箸を横にして固定し、ピアスフックを作ります。

4.最後に、レース柄のテープでデコレーションすれば出来上がりです。

 

モーニングコスメボックスの自作例

朝、急いでメイクするときにも使いやすい、100均の木製3段ボックスを使ったコスメボックスの作り方をご紹介します。

 

1.まず、3段ボックスを2つと大きめの板を1枚用意します。1つのボックスは、仕切りを外しておきましょう。ボックスを横長に置いて2段に重ね、底面と背面の大きさに合わせて板をカットします。

2.次に、ボックスの蓋になる板をカットしましょう。そして下段のボックスの底面と背面に板を接着したら、白でペイントし、蝶番を使って蓋を取り付けます。上段と下段のボックスは、アームを使って繋げ、ネジで固定します。

3.前面をレジンでデコレーションしたら、最後に蓋の裏にミラーを取り付けて完成です。

 

まとめ

繊細で壊れやすく、失くしてしまうことも多いアクセサリーは、専用の収納ケースを使って整理することをおすすめします。収納ケースにも、携帯できるタイプや見せる収納向きのものなど、様々な種類があります。

自分の所有するアクセサリーの量や、取り外しのタイミング、置き場所などを考慮して選ぶと良いでしょう。また、100均などで手軽に手に入る材料を使って、アクセサリーケースを自作する人も増えています。この記事で紹介した例を参考に、是非トライしてみてはいかがでしょうか。