人生のやり直しのために考えるべきこと

人生のやり直しをしたいという思いは多くの人が幾度となく感じることでしょう。過去の出来事を後悔して、またはこれからの人生を不安に思ってなど、理由は人ぞれぞれですが、その人にとっては重要なことです。

今回は、

  • 人生をやり直したいと思うきっかけ
  • 仕事で悩んだ時に考えること
  • 離婚がよぎった時に考えること
  • 人生をやり直したいと考えたい時に試すこと

をご紹介します!

人生のやり直しを考えるきっかけになったこと

人生は一度きりのものであり、そこには成功も失敗もあります。過去の失敗を振り返ると「やり直したい」と思うこともありますし、選択肢をもう一度選びたいと思うこともあるでしょう。それぞれに人生をやり直したいと感じるきっかけを紹介します。

仕事での大きな失敗をしてしまった時

仕事での失敗は、後々の出世や人間関係などの大きな影響を与え、さらには人生に影響を及ぼすこともあるものです。

そのため、仕事で大きな失敗をすることで人生の流れが狂ったと感じる人は多く、それをきっかけに人生をやり直したいと感じやすくなります。過去の失敗を振り返って思うケースと直近の失敗をなかったことにしたいケースの2パターンがあります。

結婚生活がうまくいっていない時

結婚生活がうまくいっていない時、多くの人は別の人と結婚したケースを想定して人生をやり直したいと思うものです。また、中には結婚をしない選択肢を考える人もいるでしょう。

結婚生活は結婚相手に大きく左右され、経済状況や家族構成、生活環境などが異なってきます。そのため、何かしらに不満があると、別の人だったらと思うものです。

借金生活になってしまった時

借金を抱えて生活をしている人も、人生をやり直したいと思うことがあるでしょう。たいていの人は、借金を抱えた原因を回避した人生を想定します。

借金の問題も人生の大きな負担となり、借金のせいで結婚や友人関係、仕事までうまく行かなくなることがあるものです。そのため、借金を抱えない人生をもう一度選び直したいと思うのです

仕事で悩んだときに考えるべきこと

仕事で失敗をした、出世コースを外れた、ライバルに負けたなど、仕事で悩んだ場合には、やり直したいと嘆く前に、冷静に現状を分析してみましょう。意外と今からリカバリーの利く問題だったり、本当にやり直しができたりするかも知れません。

本当に会社の問題なのか

仕事の問題で、人生を後悔したりやり直したいと思ったりした時は、まずは根本的問題がどこにあるかを分析してみましょう。

冷静に問題を振り返り、自分のせいで悩ましい現状になっていないか、自分が変わることでリカバリーはできないか考えてみます。その結果次第で今後良い人生を歩むための方向性は違ってくるでしょう。

今の会社で自分の価値は上げられないのか

仕事の悩みで多いものに、自分の評価が良くない、出世できないなどがあります。こうした悩みを抱えている時は、今の会社で自分の価値を上げられないか、どうしたら上がるかを考えることが必要です。

上司に恵まれない、実力はあるという場合には現状を打ち破るために転職など大きな選択が必要になるかも知れません。

転職市場で自分は高い価値があるか

自分に実力があり、不当な評価を受けているという場合には、転職も視野に入れた人生やり直しのプランを考えてみましょう。

転職に必要なのは、転職市場で自分を欲しがってもらえるような資格や技術、知識です。他の会社に行っても役立つ普遍的なスキルやその業界で使える専門的な知識や技術などがあるか、冷静に見極めましょう

転職先で絶対に成功するのか

転職先で絶対に成功するか、考えることで人生のやり直しをする方向性を選ぶことができます。転職先でも再び失敗したという思いを持つのなら、またやり直しを考えるという負のループです。

転職先で成功するために必要なものがあるか、自分を見つめ直しましょう。必要なことはたくさんありますが、少なくとも覚悟と初心に帰ってイチから出直す謙虚さ、人の輪に入れるコミュニケーション能力などは必要です。

「離婚」がよぎった時考えるべきこと

結婚を失敗したと後悔する人に多いのがやり直しのための「離婚」の選択肢です。離婚の二文字が頭をよぎったら、まずは離婚で得られるものと失うものを考えてみましょう。離婚を考えた時に考えたいことを紹介します。

本当に離婚することが幸せなのか

離婚を考えることは誰でも一度や二度はあるかも知れません。でも、離婚後の生活を想像して、幸せになれるかを考えて断念する人も多くいます。

居住場所や収入、子育てなど、ひとりでやっていけるか、頼れる人がいるか、などいろいろな方向から考えましょう。また、離婚をしてすぐに幸せを感じられるとは限りません。そうなるまでひとりでがんばる覚悟はあるかも考えたいところです。

子どものことも考えられているか

離婚したいと思った時、子どもがいる場合には子どものこともしっかりと考える必要があります。夫婦の離婚は、その子どもたちにも大きな影響を与えるものです。

幼い子どもでも親の離婚で胸を痛めることもあります。また、状況によっては転居や転校などで自分の生活環境や人間関係を失うこともあるでしょう。自分で選ぶことができない子どもだからこそ、親が気遣うことが必要です。

場合によっては慰謝料が発生することも

どちらかに非があって離婚する場合には、慰謝料が発生することもあります。離婚の際は、夫婦の財産を分けたり、養育費を支払ったりといった金銭のやり取りが行なわれますが、他にも有責配偶者には慰謝料を求めることが可能です。

有責配偶者として離婚する場合、慰謝料を請求されることがあり、高額になれば分割払いで離婚後まで定期的に支払いが続くことになります。

離婚後の生活レベルがどうなるか

離婚すると、これまで夫婦で協力して行なってきたこともひとりで行なうことになります。例えば主婦をメインにしてきた人は離婚で配偶者の収入を失います。また、仕事メインでやってきた人は家事の担い手を失うでしょう。

特に仲良くしていたわけでなくとも、2人で分担してきたもの全てがひとりの肩にかかることで生活レベルがどう変わるか考える必要があります

借金生活になってしまった時に考えるべきこと

借金生活になって人生をやり直したいと思った時、考えるべきことはその借金を返せるか否かです。返せる場合にはどうすれば返せるか、返せない場合にも適切な対応を取る必要があります。

生活レベルを引き下げたら何とか返せるか

借金を返すなら、節約をして余裕が出た金額を返済に充てることが必要です。生活のレベルを引き下げて返済できるなら、時間がかかっても計画的に返済を続けましょう。今の返済計画に無理があるようなら、借入先に計画の立て直しを依頼する必要あります。

働いて返せる金額か

そもそも自分が働いて返せる金額かどうかも考える必要があります。安定した収入があるなら、生活に支障が無い範囲でその中から返済に充てる分を決めておきましょう

とても返せる額ではない、働けないなどの事情がある場合には、裁判所や弁護士などに相談して借金の減額などの措置を受ける必要があります。

人生のやり直しを決めたら心がけてみよう

人生のやり直しを決めたら、動き出す前にやり直しの必要性と可能性を探ってみましょう。誰でもやり直しできるとは限りませんし、本当に必要ではないこともあります。やり直したいと思った時に心がけるべきことをチェックしてみましょう。

現在の自分の能力を客観的に把握する

人生のやり直しで成功させられるかどうかは、自分自身の能力にかかっています。今自分が持っている能力を客観的に把握して、活かせるか否かを判断することが大切です。独りよがりの思い込みでやり直そうとしても、力及ばずに再び後悔をすることになります。

転職ならスキルの有無、離婚なら生活力や収入など、上手く行くだけのものがあるか、把握しておきましょう。

よりよい未来を築く信念を持とう

人生をやり直そうと思ったら、成功するまで諦めないくらいの信念が必要です。やり直すためにはいくつもの試練もあり、最初から上手く行かないこともあります。それでもより良い未来を築こうと信念を持って前向きに進むくらいでなければ、成功までたどり着けません。

他人と自分を比較しない

人生をやり直したいと後悔をする人の中には、他人と自分を比べて「負けている」「羨ましい」という気持ちを持っている人もいます。そういった気持ちは自分の価値観を見失わせる原因になるため、まずは自分が目指す真の成功像を描きましょう。他人と比べないことで本当の幸せが見えてきます

時間を浪費しない

人生をやり直そうと思ったら、思い悩んだりダラダラと必要のない行動を続けたりしてはいけません。建設的に行動を計画し、実施しましょう。

時間には限りがあり、今の自分が一番若い自分です。思い悩み、過去を悔やむよりも、今から始める方が未来を輝かしいものにできるかも知れません。

取り組むべき物事は計画を立てる

人生をやり直したいと思ったら、一つひとつの問題を解決していくことが必要になります。その準備として、人生をより良いものにするために取り組むべき物事の実施計画を立てましょう。

計画があれば、それに沿って効率的にできますし、期限までにやろうと奮起させることもできます。ダラダラと過ごさないためにも、計画は大切です。

体調管理に気を配る

人生をやり直そうと思うなら、資本である体を健康に保つ必要があります。健康でなかったら、転職も離婚も借金の返済もままなりません。計画的に取り組むことがたくさんあっても、無理なく進められる内容にします。長期戦になるつもりで、心身ともに余裕を持って取り組みましょう。

まとめ

人生をやり直したいと思ったら、いきなり行動を起こすのではなく前もって考えるべきことがあります。正しい考え方で客観的に判断した結果やり直せると思えたら、計画的に物事を進めていきましょう。

人生の成功も失敗も、自分の価値観で判断し、本当に自分がなりたい自分、向かいたい将来を見つけることが大切です。