仕事に疲れた時の対処法!気持ちをリフレッシュする効果的な方法はこちら

仕事を1日がんばっていると、どうしても疲れは溜まることでしょう。ですが、できるだけその日の疲れを解消しながら働きたいものです。

そこで今回は、

  • こんな仕事・職場は疲れやすい
  • 仕事に疲れてしまうのはあなたの考え方が原因かも?
  • 仕事に疲れた時に気持ちをリフレッシュする方法
  • どうしようもないくらい仕事に疲れてしまったときは
  • 仕事に疲れたときに考えたい新しい働き方とは

と、疲れの原因やおすすめのリフレッシュ方法を特集しました。うまく疲れを解消できれば、毎回すっきりとした気持ちで仕事に臨めるでしょう。疲れが溜まりやすい人は、特にご注目ください。

こんな仕事・職場は疲れやすい!

疲れが溜まりやすいのは、あなた自身のせいだけでもないかもしれません。仕事内容や職場環境によって、疲れやすい可能性も考えられます。

以下の特徴があてはまるようであれば、特にリフレッシュを意識するべきでしょう。

残業が多すぎる

定時を超えてまで働く場合、心身ともに大きな負荷がかかります。そもそも、働く人の体調も考慮して定時時刻を決められているわけですから、定時をこえて働くと疲れが蓄積されるでしょう。

さらにはそれが毎日のように続こうものなら大きなストレスになりますね。

職場の人間関係が上手くいっていない

仕事が順調であったとしても、職場の人間関係に問題があると必要以上の疲れを感じます。人が多い職場ともなると、ちょっとしたごたごたは日常茶飯事でしょう。

嫌味や噂、ハラスメントなど、ストレスに繋がる展開も少なくありません。できる限り、良好な関係を築いていたいものです。

責任感のある仕事ばかりを担当している

大事な仕事を任されるということは、周囲に信頼されているのでしょう。むしろ名誉にすら思える状況といえます。

ですが責任感のある仕事というのは、プレッシャーがつきものです不安や緊張を日常的に味わいながら働くとなると、疲れは溜まってしまいやすいでしょう。

単純作業の仕事ばかりを担当している

これはむしろ、楽にすら思えるかもしれません。プレッシャーが少ないうえ、慣れてしまえばスムーズに進めることも可能です。

しかし、だからこそ疲れやすくなるというのも事実ですね。単純作業が続くと、時間の経過が遅く感じてきます。その結果、実際の勤務時間以上に働いている気分になり、意欲が低下してしまうかもしれません。

仕事に疲れてしまうのはあなたの考え方が原因かも?

同じ仕事をしていても、疲れを強く感じる人とそこまで疲れを感じない人がいます。その理由は、考え方ひとつで負担が違ってくるためです。

そのため仕事内容を工夫する以前に、まず考え方に注目してみてください。原因に気づけると、意外にすんなりと疲れやすさが解消できるかもしれません。

几帳面すぎる

几帳面な人は時間通りに与えられた仕事をしっかりこなそうとするため、会社にとって理想的な人材でしょう。

ですが常に肩の力が入った状態でいると、疲れやすくなります。不真面目はもちろんいけませんが、適度に力を抜くことも大切です。

神経質になっている

神経質な人は、ちょっとしたことでも気になって仕方がありません

たとえば取引先やお客さんの表情が少し曇った、やり終えた仕事にわずかなミスがあったような気がする、陰口をたたかれている気がするといった具合です。些細なことまで気にし過ぎていると、心労は絶えません

周囲に気を使いすぎている

これもまた、神経質という特徴に近いでしょう。周囲に迷惑をかけたくない、嫌われたくない、そんな思いから終始気をつかい続けてしまうタイプです。

たくさんの人が同じフロアで働くような職場ともなれば、1日中気をつかいっぱなしという状況にも陥るかもしれません。精神的な疲れはかなりのものでしょう。

周囲とのコミュニケーションが苦手

会社で疲れる原因の代表例として、人間関係が挙げられます。会社では仕事そのものだけでなく、社員同士のコミュニケーションも重要な仕事のひとつです。

その点コミュニケーションが苦手ともなれば、人一倍疲れやすくなってしまいます

完璧主義である

几帳面にも似た考え方ですが、こちらの方が極端でしょう。丁寧な性格どころ100%完璧でなければ許せない、そんな性格です。

常に100%の完璧さを維持するというのは、とても難しいことです。そのため少しでもミスをしてしまうたび、心にストレスを蓄積していきます。他人にまで完璧さを求めるタイプともなれば一層大変でしょう。

仕事に疲れた時に気持ちをリフレッシュする方法

疲れないように気を付けていても性格上の問題からつい疲れを溜めてしまう、そんな人もいるかもしれません。

自分が気を付けていても仕事はひとりでやるものでないため、他人が影響して疲れるケースも考えられます。以下のリフレッシュ法で、疲れを溜めない工夫をしてみてください。

美味しい物を食べる

三大欲求のひとつである、食欲を大いに満たしてみてはいかがでしょうか。普段は真面目に節約を心がけている人も、疲れているときぐらいは贅沢をするのもいいですよ。

食事のおいしさと贅沢をしているという感覚が、気分のリフレッシュに繋がります。

質の高い睡眠をたっぷりととる

1日活動していれば、誰でも疲れは溜まります。ですが睡眠によって心身を休息させることで、翌日へ向けまたリセットすることができるでしょう。

疲れが溜まりがちのときは、睡眠不足であるケースが少なくありません。早寝を心がける、お風呂に時間をかける、寝る前にスマホを操作しないといった工夫で、良質な睡眠を目指してください

泣ける映画や漫画をみて思いっきり泣いてみる

泣くという作業は、マイナスなものでもありません。思いっきり泣くことで、ストレス発散に繋げられるためです。

感動する映画や漫画を選んで、涙を流してみてください。涙と一緒に、溜まっていたストレスも発散できるかもしれません

マッサージ店に行き身体をほぐしてもらう

マッサージは、リフレッシュ方法の代表格でしょう。仕事が忙しいときは、何かと筋肉が凝ってしまいやすいです。凝ったまま放置しておくと血流が悪くなるため、さらに疲れは溜まりやすくなります。

ですから定期的にマッサージでほぐしてもらっていれば、健康的な体を保てるでしょう。お金をかけて体をメンテナンスしている、そんな贅沢感も気持ちのリフレッシュに繋がります

スポーツジムなどで身体を動かす

運動もまた体の凝りをほぐす効果に繋がるでしょう。加えて血行や代謝の促進、健康の向上にも繋がります。

仕事で疲れているときにさらに運動までおこなうとなると、気が滅入るかもしれません。ですが思い切って試してみてください。気分転換もできるので、心身共に良好な状態へと近づけるでしょう。

親しい人に相談する

仕事や人間関係がうまくいかないときは、ストレスを抱えがちになります。とはいえ大人になるとなかなか相談できないものです。

ですが疲れているときは、無理する必要もありません。親しい人に声をかけて、話を聞いてもらいましょう。アドバイスの内容に限らず、聞いてもらえた事実だけでも効果的なストレス解消となります。

小さな事でも自分を褒める

心の疲れは、うまくいかないことの連続で増幅されてしまいやすいです。そして疲れがたまれば、一層ミスをしやすくなるでしょう。そんな悪循環は、何としても避けたいところです。

その点小さなことでも自分を褒めるよう心がけていれば、ポジティブな気分になれます。ネガティブが増幅し過ぎるのを防げるので、疲れにくくなるでしょう。

どうしようもないくらい仕事に疲れてしまったときは

一口に疲れといっても、その度合いはさまざまです。深呼吸するだけですっきりするものもあれば、それこそうつ病すら起こしかねないどうしようもない疲れもあるでしょう。

後者の場合は、上記の対策でもなかなか解決できないかもしれません。特に疲れがひどい場合の解消法をご紹介します。

働き方を見直してみる

考え方や環境以前に、自分の働き方自体がそもそも間違っているかもしれません。同じ仕事でも、効率的にやるのとそうでない場合では、疲れ方が違ってきます。

自分の仕事ぶりを振り返って、無駄がないか確かめてみてください。

長期休暇をもらう

何をやっても疲れが解消されない、そんなどうしようもないときは、思い切って仕事をしないという方法がおすすめです。有給などを使って、長期休暇をもらいましょう

遠方へ旅行する、温泉に入る、また逆に何もせずひたすら家でゴロゴロするというのも良いかもしれません。とにかく心身が休まるよう、仕事を忘れられる休暇の過ごし方を意識してください。

転職を考えてみる

人生は一度きりです。にもかかわらず合わない仕事を無理に続けるとなると、大事な人生の時間を窮屈なものにしてしまいます。そこで現在の環境を抜け出して、また別の職場へ転職してみてはいかがでしょう。

転職は、決して逃げることではありません。むしろ賢い選択になることも多いでしょう。どうしようもないほどに疲れる職場は、きっと相性が悪いのです。

仕事に疲れたときに考えたい!新しい働き方

仕事で疲れを味わいたくないのは、あなただけでもありません。会社側もまた、あなたに疲れて欲しくないはずです。それにより仕事の効率を落としたり、空気を悪くしたり、また最悪なケースでは社員をひとりなくすかもしれないためです。

そのため以下のような要素を取り入れて、働きやすさを提供してくれるような会社もあります。疲れている人にとって、魅力的に映る内容でしょう。

時短正社員制度

正社員になると、基本的にフルタイムで働かなくてはなりません。ですがこの制度が利用できる職場は、正社員でありながら働く日数を調整できます

最近では育児や介護、ボランティア活動のため、時短正社員制度を導入している会社が増えてきているようです。

在宅勤務正社員

この働き方は特に人間関係が疲れのもとになっている人や、会社から家が遠く通勤に大変さを覚えている人にとって魅力的です。

正社員でありながら基本的に出勤の必要がない、家に居ながら働けるといった方法です。主には、パソコン作業や電話対応、書類づくりといった作業が挙げられるでしょう。

週3・週4勤務の正社員

正社員であっても勤務日数を週3や週4にできる、そんな求人もちらほらみられます。

出勤日数が少ない分、やはり給料も少なくなりますが、毎週しっかりリフレッシュに時間が充てられるため、疲れは溜まりにくくなるでしょう。

まとめ

仕事で疲れが溜まってくると、作業のクオリティまでも落としかねません。たかが疲れと侮ってはならないのです。

上記の疲れをリフレッシュする工夫や、働きやすくなる制度を活用して、自分に合った働き方を目指しましょう。