仕事の悩み年代別まとめ!仕事の悩みを解決するには

年齢を重ねると、求められる仕事や振る舞い、責任など、さまざまな面で変化が起こります。それだけに、悩みの種類も変わってくるでしょう。そのため、年代それぞれに合った心のコントロールが欠かせません。

以下で、

  • 20代、30代に多い仕事の悩み
  • 20代、30代の仕事の悩みを解決する方法

と、仕事の悩みを20代、30代の年代別にまとめてみました。自分に該当する年代、もしくは次に迎える年代の傾向をチェックして、ストレスの少ない働き方に繋げてください。

20代に多い!仕事の悩み

20代といえば、新卒1年目も含まれるタイミングでしょう。そのため、仕事の悩みはもちろん、社会人1年生としての悩みも含まれます。

それを乗り越えてこその大人への成長なので、メンタルをしっかりコントロールすることが欠かせません。

入る前に思い描いていた仕事とのギャップ

会社に入る前は、さまざまな採用案内を見比べて、理想の企業を探していたことでしょう。その中から選び抜いた一社ですから、きっと大きな期待を抱いて入社したはずです。

にもかかわらず、期待通りの職場でなかったとなると、もどかしい思いをすることでしょう。主には、社風や作業内容、給料の手取りなどでギャップを感じやすいです。

仕事を覚えるのが遅い

仕事においては、さまざまな作業が求められます。例を挙げると、たとえば消防士は火を消す仕事というイメージが強いかもしれませんが、他にも救急・救助・防災・予防活動も含めて職業としています。これと同じで、肩書きからイメージできる仕事以外の作業を任せられるケースは少なくありません。

予想外の仕事内容に、なかなか作業を覚えられない可能性もでてきます。周囲に迷惑をかけたり、上司から注意されたりと、悩みは絶えないことでしょう。

同僚や上司と仲良くなれない

職場を検討するとき、仕事内容や報酬形態についてはある程度知ることができます。ですが人間関係がどのようになっているかは、確認できません。

いざ入ってみて、同僚や上司と仲良くなれず窮屈な思いをすることも大いに考えられます

お給料が安い

お給料面で悩む20代は結構多いでしょう。手取りのお給料が額面通りもらえない、そんなケースは少なくありません。給料総額は、基本的に事前に知らされていた通りでも、そこから保険や税金が引かれると、手取りは少なくなってしまいます。

さらに交通費支給がなく、昼食代にお金をかけてしまいやすいといったタイプなら、生活が苦しくなるレベルでお金に困ってしまうかもしれません。

睡眠時間が足りていない

毎日フルに働いて、さらに残業も日常的に伴う。そんな職場で働く場合は、睡眠が不十分になることもあるでしょう。

睡眠は疲れを癒し、気分をリセットするために欠かせない作業です。睡眠不足による体調不良も相まって、悩みは深まるばかりでしょう。

仕事量が多すぎる

20代の場合、大人年代と異なり効率的な仕事が得意ではありません。そのため、少しでも仕事が増えると、多過ぎるように感じてしまいがちです。

毎日キャパシティを超えるほどの仕事量が続くと、心身共に疲れが蓄積されていきます

責任感のある仕事が回ってこない

会社に所属して働く以上、多くの人は責任感ある仕事をして活躍したいはずです。それによりやりがいを感じられたり、周囲に認めてもらえたり、また昇進への期待も高まるでしょう。

にもかかわらず、なかなか大事な仕事を任せてもらえず手ごたえのない作業ばかりが続くとなると、将来への不安が募るかもしれません

20代の仕事の悩みを解決する方法

上記のような20代社会人ならではの悩みは、どのようにして解決すべきでしょうか。悩みを抱えたまま仕事を続けるとなると、ストレスを蓄積したり、不意なミスが増えたりしてしまうでしょう。

以下の方法で解決を目指してください。

しっかりとメモを取りながら仕事をする

仕事内容や情報、システムの操作方法は、頭で覚えているつもりでも忙しいとなかなか記憶できないものです。ですがメモを取りながらであれば、しっかり記憶しておけます。

メモを見返せることはもちろん、紙に書くという作業を伴うことでより覚えやすくなるからです

明るく挨拶する

人間関係やモチベーションを維持するのは、若い人にとって簡単でないかもしれません。苦手意識を感じるようなら、まず挨拶から変えてみてください。

仕事を始める前の朝の挨拶や、コミュニケーションのきっかけになる挨拶が明るいと、自分も相手も良い気分になれます。

ミスをした時にはなぜミスをしたのかを究明し同じミスはしないように対策を練る

会社に入ってから一度たりともミスをしないような人は、まずいません。人間である以上、仕事に慣れるまでや疲れているとき、難しい作業にのぞむときは何かとミスがつきものです。

ですが同じミスを繰り返すようではいけません。ミスを素早く振り返り、原因と対策を考えましょう

多すぎる仕事はタスク化し少しずつこなしていく

仕事量が多過ぎることによる悩み解消は、タスク化が効果的。タスク化とは一人では対応しきれないような課題を、細分化しておこなう考え方です。

多すぎる仕事に関しては、細かく分けて少しずつこなしていくようにしましょう。総合的に考えると大変な仕事も、分解してひとつひとつおこなえば、スムーズに進められるかもしれません。

30代に多い!仕事の悩み

30代になると、仕事に慣れてきたり、管理職になったりするため、20代の頃とはまた違った悩みを感じ始めるでしょう。

責任も大きくなるので、若いとき以上に注意が必要になります。主に陥りやすいのは以下のような悩みです。

新入社員や部下の指導が上手くいかない

30代は自分で仕事をおこなうこともありますが、指導的立場を求められるケースも少なくありません。転職や途中採用であれば別ですが、基本は新入社員や部下の指導も大事な仕事です。

しかし受け身である、優し過ぎる、コミュニケーションが得意ではないといった性格の場合、指導的立場が向かないこともあります。うまくいかない歯がゆさに悩まされるでしょう。

責任のある仕事を任されてプレッシャーを感じている

大事な仕事を任される、管理職として部下の責任も背負うとなると、一般的な立場以上にプレッシャーがかかってきます。

プレッシャーはストレスになるため、気持ちのコントロールが欠かせません。その点、定期的なストレス解消をうまくできない人は、心労を溜め込んでしまいがちです。

同僚よりも出世が遅れている

経験を重ねて同僚がどんどん出世していく中、自分だけずっと同じ立場で働いている。出世で取り残されてしまうと、焦りや虚無感を覚えてしまいがちです。

焦りが起こると注意散漫になりミスも増えてしまうため、さらに出世は遠のくでしょう。何とももどかしく感じる悪循環です。

同年代の人達よりもお給料が安い

出世が遅れれば、同時にお給料にも差が出てきてしまいます。会社によっては、平社員と管理職で結構違ってくる場合もありますね。

食べるものや着る服、生活の豊かさまでも差がつき、劣等感にさいなまれるでしょう。

育児や家事と仕事の両立が大変

独身のとき普通にできた仕事が結婚後はなかなかスムーズにいかない、そんな状況に頭を抱えるかもしれません。

育児や家事と仕事の両立に悩まされるパターンです。30代になると既婚者も増えてくるでしょう。独身時代以上に、心身の疲れが溜まりやすくなります。

頼りになる人が社内にいない

若い頃は、サポートしてくれる先輩や上司が多数いたことでしょう。自分より上の人がたくさんいますし、また指導的立場の人が手厚くフォローしてくれていたはずです。

しかし30代になると、むしろ自分が頼られる側となります。教えを乞う相手がいない、気軽に相談できない、そんな状況に孤独感を覚えるかもしれません。

転職すべきかこのまま働き続けるかで悩む

新卒で入った会社で、かならず定年まで働き続けなければならないかといえば、そうでもありません。むしろある程度経験や実績を積んだタイミングで転職した方が、さらなる充実に繋がる場合もあります

キャリアアップが期待できるためです。ですが、かならずしもうまくいくとは限りません。転職すべきかどうかは、悩ましいポイントとなることでしょう。

結婚後の働き方で悩んでいる

育児や家事の項目でも触れていますが、結婚後はそれまでの働き方が通用しなくなるかもしれません。一人になれる時間が減り気持ちが休まらない、家族サービスも考えなければならない、家庭問題で仕事に集中できないなど、ストレスに晒される状況が増えてしまうためです。

どのような働き方をすれば良いのかという点に、頭を抱えてしまうかもしれません。

30代の仕事の悩みを解決する方法

20代であれば、将来への選択肢はまだまだ残されているでしょう。ですが30代は、人生の方向転換が難しい時期です。

そのため、若い頃以上に辞めるという決断が難しくなります。適切な悩みの解決法を実践して、状況の改善を目指してみてください。

上司に部下の指導の仕方のアドバイスを貰う

経験を積んだ30代とはいえ、指導的立場という意味ではまだ経験が浅いかもしれません。そのため30代であるという事実に捉われず、相談をしてみましょう。

指導的立場としての先輩である、さらに上の上司にアドバイスをもらうのです。自分の経験を活かして、的確なアドバイスがもらえるかもしれません。

自分なりに創意工夫して効率良く仕事をこなすクセを付ける

同期入社の同僚に先を越されてしまうというのは、ある種不思議な現象でしょう。学びや経験は似たようなものであるにもかかわらず、大きな差がついてしまっているためです。

これには、仕事を効率よくこなせているかどうかがかかわっています。タスク化を徹底する、優先順位を決めるクセをつける、各作業を最小限のエネルギーでこなすなど、創意工夫して効率化を目指しましょう。

家事や育児はお手伝いさんやお掃除ロボなどを使い仕事量を調整する

結婚して子供ができた家庭に、家事や育児はつきものです。近年は男性が主体となってこれらをおこなうケースも増えているので、男女かかわらず気にしておくべき点でしょう

どうしても手に負えないなら、お手伝いさんやお掃除ロボを役立ててみてください。需要の高まりから、こうしたサービスや商品は広く展開されています。

結婚後の働き方は旦那さんと徹底的に話し合う

確かに、結婚した後の仕事は大変です。ですが結婚したからこそ、支え合えるパートナーがいるのもまた事実でしょう。

そこでうまくいかない部分やその改善方法、分担したい作業などを徹底的に話し合ってください。自分ひとりでは導き出せない、最適な対策が思いつくかもしれません。

まとめ

仕事の悩みは年代によって変わってきます。特に上記のように、20代と30代は仕事の捉え方が大きく異なってくるため、注意しなくてはなりません。

悩みを抱えたまま働くことで、ストレスを溜め込んでしまうかもしれないためです。今回紹介したおすすめの方法で、解決を目指しましょう。