仕事嫌いは卒業!仕事を好きになる方法を教えます

仕事は好きになった方が意欲的に取り組める、そのように言われても実現するのは容易ではないでしょう。仕事は大変なものであり、うまくいかないことも多いのが普通です。そのため、仕事嫌いではあるものの、生活のために無理をして働いているという人も多いでしょう。
  • 仕事嫌いのよくある理由
  • 仕事が好きな人の考え方
  • 仕事嫌いの人が仕事を頑張れるようになるための方法

を紹介するので、ポイントを押さえて、毎日楽しく働ける自分に変身してみてはいかがでしょうか。

多くの人が仕事は嫌いだと思っています

仕事が嫌い、と感じると罪悪感を覚えるかもしれません。もしかして、一社会人として適応できていないのでは?そんな風にも思えてくるためです。ですが実際は、多くの人が仕事を嫌いだと思っています。そこまで気にする必要はないでしょう。

ですが、嫌いだと感じながら仕事をしている場合、デメリットが生じることも考えられます。例えば、ストレスが常に溜まった状態となる、やる気が起きない、集中できないためミスしがちになるなどです。これでは、日々に充実感は得られないでしょう。仕事は大変なものという考え方は大事ですが、やはり楽しみながらできるに越したことはありません。

仕事嫌いのよくある理由

仕事が嫌いという感覚は、決して漠然としたものでもないでしょう。できる事なら、誰でも仕事は楽しみながらしたいはずです。にもかかわらず嫌いと感じているのは、どうしようもない理由があるからこそ。主には、以下のようなものが考えられます。

休日出勤が多く休みが少ない

仕事そのものの楽しさも大事ですが、モチベーションを維持するには休日の活用が欠かせません。前述の通り、そもそも仕事は大変なものなのです。それでもなお意欲的に続けられるのは、定期的な息抜きができるからこそ。休日出勤が多く休みが少ないとなれば、心身共に疲れは蓄積されることでしょう。

残業が多く仕事一色のライフスタイルになってしまう

残業が多いと、1日のほとんどを仕事の時間に奪われてしまいます。出勤日といっても、夜帰ってからゆっくりする時間は、大切なプライベートのひととき。それこそ、息抜きの瞬間となります。そんなささやかなプライベート時間すらをも仕事に奪われるとなると、職場が嫌いになってしまいます。

社内の人間関係の構築がうまくいっていない

職場の人に対する嫌な感情が、仕事そのものへの嫌悪感に繋がるかもしれません。多くの職場では、自分以外の人間とも連携をとりながら仕事に臨むはずです。にもかかわらず、嫌われている、上司にハラスメント行為をされている、チーム内の実力差が激しいといった場合、居心地の悪さを感じるでしょう。人間関係も、業務と同じぐらい重要なのです。

業務内容が単純作業など退屈

仕事がきついと、それこそその職場で働く事が嫌になるでしょう。ですがその逆で、退屈な場合もまた意欲の維持が難しくなります。退屈、単純といった業務は、やりがいを感じにくいです。頭を使うことなく、淡々とできてしまうため、流れ作業のように思えてくるでしょう。時間の経過を遅く感じるので、ストレスを溜め込んでしまうこともあります。

自分のキャパ以上の仕事を任されてしまっている

目 疲れ 仕事

仕事がきつい、忙しいといった状況なら、努力や工夫で何とかなるかもしれません。しかし、そもそも任せられている仕事がキャパ以上となってくると、どうしようもなくなります。

対応できる範疇を超えた難易度や量、時間制限が課されてしまうと、ただただ追い込まれるばかりです。そこへきてうまくいかないたび上司に叱られるとなれば、会社通いが嫌になってきます。

お給料が安すぎる

仕事が大変でもなお続ける理由は、生活や家族のためお金を稼ぎたいからに他なりません。そこへきて、もらえるお給料が少ないと、働き甲斐が感じられないでしょう。にもかかわらず仕事量が多い、きついとなれば、なおさら非効率に思えてきます。

上司から正当な評価を得ていない

仕事ぶりを評価するのは、上司に他なりません。良い仕事をすれば褒められ、不十分であれば注意を受けるでしょう。ところが、正しい評価ができない上司となると、何とも歯がゆい思いをします。十分な内容に仕上げているにもかかわらず良い評価を受けられない、そんな職場はやる気の維持が難しいです。

仕事でミスが多い

ほとんどの人が、ミスをしたら次回からそうならないよう修正するでしょう。対価を払ってもらっている一社会人として、当たり前のことです。ですが、修正がうまくいかない、修正できるもののミスの数が多いとなると、人一倍労力を必要としてしまいます。あまりのしんどさに、転職や退職も頭をよぎり始めてしまうかもしれません。

会社の社風が合わない

仕事がうまくいっていても、社風が合わないと居心地悪く感じてしまいます。たとえば、落ち着いて仕事をしたいのに騒がしい、張り切って働きたいのに覇気がない、そんなギャップが生じるケースです。仕事が楽な閑散期でさえ、社風のせいでストレスが溜まってしまうでしょう。

入る前に持っていた理想と入ってからの現実のギャップが大きい

同じくギャップにおいては、入社前と入社後のギャップが大きい、という点も挙げられます。考えていた仕事内容と違う、給料の手取りが額面より少ない、期待していた待遇がない、そんな現実にやる気を失ってしまうかもしれません。とはいえ、会社の現実は実際入らなければ分からないものです。避けるのが難しい点でしょう。

専門的な知識を覚えるのが苦痛

仕事によっては、ジャンルならではの専門知識を覚える必要も出てきます。仕事に必要な知識であるわけですから、覚える事が欠かせません。そこへきて、なかなか覚えられず苦痛まで覚えるとなると、先が思いやられてくるかもしれません。

仕事が好きな人の考え方

あなたがその会社の仕事を嫌いでも、中には好きと感じている人もいるでしょう。本当に全員が全員嫌いであれば、会社はうまく回らないはずです。仕事を好きと感じる人は、どのような考え方で臨んでいるのでしょうか。

自分で仕事にやりがいを見つける事ができる

前述の通り、やりがいが感じられない職場はなかなか好きになれません。毎日が苦痛で、むしろ嫌悪感すらあるでしょう。その点、自らやりがいを見出すことができる人は、毎回誇りをもって仕事に臨めます。

モチベーションを高めようと工夫をしながら仕事をしている

モチベーションの上がらない職場に嫌気がさしている、そんな人も多いでしょう。ですが、仕事を好きと感じながら働ける人は、そこで諦めません。ノルマを決めて楽しみながら働いている、ランチにこだわってしっかり息抜きするなど、自分で工夫しながら気持ちをコントロールしているのです。

プライベートを充実させオンとオフでしっかりと意識を切り替える

仕事を楽しめる人は、休日の活用がうまいです。それこそ仕事のことは完全に忘れて、休みの1日に没頭できる、そんな過ごし方ができます。スポーツやレジャー、趣味を本気で楽しんで、心のリフレッシュをおこなうのです。

生活を成り立たせるために仕事は大事だと知っている

この特徴は、上記までとは少し種類が異なるかもしれません。仕事の大変さをどうにかするのでなく、むしろ受け入れるための考え方の工夫であるためです。大変であっても、生活を成り立たせるには欠かせない、そんな義務感をモチベーションとしています。

仕事嫌いの人が仕事を頑張れるようになるために

上記のような考え方は、生まれ持った性格からきているものでもありません。今現在仕事嫌いであっても、工夫次第で前向きに頑張る事が可能です。以下の方法を、試してみてください。

多くの方は仕事が嫌いながらも前向きに取り組んでいる事を知る

仕事は、対価が発生する作業であるため、大変で当然です。仕事嫌いな人はもちろん、前向きに働く人にとっても、それは変わりません。仕事が嫌いと感じても、それぞれ工夫して前向きに取り組む努力をしている、まずはその事実に気づいてください。嫌いだからやる気がでないという気持ちが、わがままに感じられてくるでしょう。

仕事以外の時間を有効に使ってプライベートを充実させる

仕事を前向きに続けている人と同じように、休日の活用に力を注ぎましょう。レジャーや旅行といった遊びだけでなく、恋人を作る、恋愛をする、資格に挑戦するなど、プライベート全体の充実も意識してください。プライベートを充実させるために働いていると考えれば、仕事をすることも前向きに思えてくるでしょう。

ミスをしてしまったらなぜミスが起きてしまったのかを追究し、対応策を練る

仕事でミスが続くと、モチベーションは大きく削がれてしまうでしょう。不器用な人は、ついやってしまいがちです。そこで、ミスをするたびに原因を振り返り、今後失敗しないためにはどうすれば良いかをじっくり考えてください。自分のペースでその都度解決すれば、ミスの連続も減らせるでしょう。

多くの仕事を抱えている場合には一旦書き出して細かくタスク化する

ひとりで対応しきれないほどの仕事量を任されると、仕事や会社自体が嫌になってしまうでしょう。ですが、見方を変えると案外無理のない量でもあるかもしれません。おすすめは、タスク化です。内容を細分化して紙に書き出し、効率良くスケジュールを立てて進めてみましょう。

睡眠をしっかりと取り体調を整える

健康面が左右するだけで、気分も大きく左右されます。そのため仕事が嫌だと感じていても、体調を整えるだけでポジティブになれるかもしれません。十分な睡眠や適度な運動、栄養を考えた食事などがポイントとなってきます。健康面から、工夫してみましょう。

ストレスをためないライフスタイルを作り上げる

ストレスは、ある日突然のしかかるようなものでもありません。小さなネガティブ感情が積み重なる事により、働きたくなくなるほどのストレスへと繋がっています。そのため、日常的にストレスを解消するための工夫をしましょう。ヨガやストレッチ、ゆっくりお風呂に浸かるといった方法は、手軽かつ効果的で特におすすめです。

まとめ

仕事嫌いだからといって、毎日明るい気分で過ごす事を諦める必要はありません。そもそも、ほとんどの人は仕事が嫌いです。しかし多くの人が、仕事への向き合い方を工夫する事で、楽しいと感じる努力をしています。あなたも上記のコツを活かせば、嫌いな仕事が好きと思えるようになるかもしれません。