給料が上がらないのはどうして?給料を上げる方法とは

仕事を頑張る以上、少しでも給料はアップして欲しいものでしょう。しかし、いくら頑張ってもなかなか上がらず、もどかしい思いをしているケースも事実あります。この場合、どうすれば給料アップが期待できるのでしょうか。
  • お給料を決める3つの査定
  • 査定別 給料アップのポイント
  • お給料が上がらない理由が会社にある場合
  • 給料がどうしても上がりそうにないときの対処法

について掘り下げていきます。

給料アップに繋がる査定制度を理解していますか?

そもそも、すべての会社で給料アップが見込めるとは限りません。昇給のための査定制度がある会社こそが、給料アップを期待できる会社です。頑張りによって給料が上がる会社で働きたいのであれば、検討段階で調べておくことが欠かせません。

またもう一点、査定制度がある場合でも、それを理解した上で働くことも重要となってきます。査定で評価を得られるよう、考えながら働くべきだからです。

これで給料が決まる!?3つの査定

給料アップに繋がる査定は、主に3つに分けられます。行動・成果・能力それぞれに焦点を当てた査定です。まずは、これらの基本を押さえていきましょう。

行動査定:日頃の勤務態度や仕事に対する姿勢などを見る

行動査定は、遅刻なく毎日出社しているか、積極的に働いているか、誠実に仕事をしているかといった具合に査定します。遅刻がたびたびある、言われたことだけを嫌そうにこなしている、さぼりぐせがあるなどの場合は、低い評価となってしまうでしょう。

成果査定:仕事の出来栄えや結果などを見る

行動査定が外からの見た目でチェックする査定である一方、成果査定は仕事の内容を重視した査定です。同じ仕事でも、人によって出来栄えは違ってきます。この出来栄えの良し悪しをチェックするのが成果査定なのです。担当した作業により、どのような結果に繋がったかも含まれます。

能力査定:力量や能力を査定する

能力査定は、いわば優秀さの確認といえるでしょう。どれだけの事ができるか、他の社員と比べどういった能力が秀でているかなどが挙げられます。個人差が大きく出る、シビアな査定でしょう。社員の能力は、会社が持つ能力とも言えます。会社の価値を高めるポイントにもなるので、それに応じた対価が期待できます。

給料アップのポイント:行動査定編

まずは、行動査定における評価の上げ方を紹介します。他の2つと比べると、工夫しやすいかもしれません。態度で示せるポイントだけに、仕事における実力や数字はそこまで関係しにくいためです。誰もが取り組めますので、参考にしてみてください。

無遅刻無欠席

シンプルですが、重要な査定ポイントとなってきます。特別なことがない限り、無遅刻無欠席を心がけましょう。遅刻したり休んだりすると、その分業務が進まないのはもちろん、チーム全体に迷惑をかけてしまいます。連携が欠かせない職場であれば、影響は特に大きいでしょう。日々の体調管理やモチベーション維持に、気を遣ってください。

自分で決めたことはやり通す

仕事うんぬんというよりは、性格面の問題かもしれません。難しい、しんどいといった理由から、物ごとを途中で投げ出すタイプは重宝されません。一度やると決めたら、責任を持ってやり通す、そんな一貫性や責任感が評価の対象となります。自分で決めたにもかかわらず「やっぱりできませんでした」はまずNGです。

納期など決められた期限はきちんと守る

自分で決めたことはもちろん、決められている約束事の厳守も大切です。社内における上司への提出期限や、クライアントへの納期など、仕事においてはあらゆる点に期限が設けられています。しっかり守ることで、査定担当に信頼を感じてもらえるでしょう。

信頼関係を築きチームワークの構築ができている

円滑な人間関係を築けるかどうかも、 行動査定ポイントに含まれます。業務と直接関係なくても、組織では人間関係をうまくこなすことが欠かせません。連携のスムーズさや社内の空気、モチベーションにも繋がります。周囲に良い影響を与えられるほどのコミュニケーション力となれば、評価はかなり高いでしょう。

給料アップのポイント:成果査定編

成果査定では、実力が直結してきます。そのため、簡単な工夫程度では評価を上げることはできません。以下のような、仕事を効率的にするためのコツを取り入れて、査定アップに繋げましょう。

社内ではなく取引先から信頼されることを目指す

仕事においては、いかに人から信頼されるかが重要です。ですがこの時、社内だけでなく取引先からも信頼が得られるよう意識してください。身近にいる上司や人事に目がいきがちかもしれませんが、成果が得られるのは取引先との関係性に他なりません。

目標やノルマは必ず達成する

具体的な成果以外の面でも、成果主義をクセづけると良いでしょう。自分の中で決めた目標や、グループ、チーム単位での小規模なノルマなどは、常に達成を目指す意識を持ちましょう。成功体験の積み重ねは、モチベーションの維持や向上に役立ちます。

給料アップのポイント:能力査定編

能力査定において給料をアップさせるポイントは、シンプルに能力を増やす、向上させること、もしくはそのアピールです。難易度が高いものの、やることが明確にイメージできる分努力しやすいというメリットがあります。

仕事に役立つ資格を取る

近年、資格が重要視されています。種類が多岐に渡っており、資格の有無に各企業も注目する風潮がみられます。帰社後の時間や休日を利用して、資格勉強に励んでみてはいかがでしょうか。仕事に役立つ資格を取得し、さらなる貢献ができれば、能力査定への印象がアップするはずです。

また、会社内外で向上心を持ち続けられるので、ハリのある日々を送ることにも繋がるでしょう。

希少価値のある仕事に挑戦する

他の人があまりやりたがらない仕事があれば、チャンスと捉えてください。不評な仕事ということは、やはり相応のやりにくさが付きまとうでしょう。ですが、それでもなお率先して手を上げてください。換えの利かない人材になれるので、社内での希少価値が高まります。支払われる対価が上がる可能性も、大いに期待できるでしょう。

給料が上がらない原因は会社にあるかも?

給料がなかなか上がらないと、自分の何がいけないのか考えてしまうかもしれません。しかし、意外に会社に原因があるケースも少なくありません。主に、次のような原因です。

業績が落ち込み人件費を切り詰めている

良い給料を支払うためには、それだけの儲けが必要です。そこへきて、業績が落ち込んでおり十分な儲けが得られていないとなれば、社員の給料アップどころではありません。むしろ、いかに人件費を切り詰めるかに焦点を当てられているでしょう。

給料査定の仕組みがきちんとしていない

冒頭で、給料査定がある会社とない会社についてご紹介しました。そして、査定のある会社こそが給料アップを期待できる環境に他なりません。とはいえ、給料査定をおこなっていても、仕組みがちゃんとしていないとなると、仕事ぶり通りの評価は期待できないでしょう。

給料がどうしても上がりそうにないときは……

査定それぞれのポイントを押さえて工夫したにもかかわらず、力不足や会社の影響で給料が上がらない。そうなってくると、さらなる手段も考えるべきです。給料が上がらないからといって、諦めてはいけません。視野を広げて、貪欲に好条件を探してみてはいかがでしょうか。

副業を始めてみる

会社内で給料が上がらないなら、仕事を増やしてみましょう。副業を始めて、複数の収入源を作れば良いのです。例としては、アフィリエイトやネットショップなどが有名です。本格的に収入を得るのは難しいですが、うまくいけば本業以上の稼ぎすら目指せます。

ただ、副業を禁止している会社もあるので、トラブルが起こらないよう、あらかじめ規則は確認しておきましょう。

転職を考えてみる

給料査定がない、もしくは仕組みがしっかりしていないとなると、会社が原因であることは明確です。そのため、思い切って働く会社自体を変えてみても良いでしょう。転職によって、信頼できる給料査定がある会社に入りましょう。中途採用相談や面接時に、昇給のチャンスがあるかあらかじめ聞いておくとより安心です。

まとめ

給料アップを目指すなら、給料査定への注目が重要となってきます。3つの種類があること、それぞれの評価アップのコツなどを覚えて、スムーズな昇給を目指してください。ただ、会社によってどうしても給料アップできない場合もあるので、その際は副業や転職も有効な選択肢となるでしょう。