嫌いな上司の特徴まとめ!嫌いな上司と上手に付き合う方法

嫌いな上司が職場にいると、モチベーションを維持するのが難しくなります。何かされたりいわれたりしなくても、ただそこにいるだけでプレッシャーがかかる、そんな風にも感じるかもしれません。
  • 嫌われる上司の特徴
  • 上司が嫌いでもやってはいけないこと
  • 上司のタイプ別対処法
  • どうしても我慢できない時の方法

を紹介しましょう。

わたしたち、こんな上司が嫌いです!

上司とはいっても、同じ人間です。それぞれに性格があり、良い部分も悪い部分もあるでしょう。そして後者が際立ってしまうと、嫌いという感情に繋がってきます。嫌われがちな上司の特徴を見てみましょう。

気分で指示の内容が変わる

上司の発言やメッセージに、部下は柔軟に対応しなくてはなりません。そこへきて、気分で指示内容を変えるような上司は、何とも無責任です。無駄に振り回されてしまうので、嫌になってしまうでしょう。

部下の仕事を把握しない

上司は、管理職とも呼ばれます。その名の通り、部下やそれぞれの作業を管理する立場であるためです。そこへきて、上司の立場でありながら部下の様子を把握しない場合、やる気があるのか疑わしくなってしまいます。部下のミスへのフォローも、あまり期待できないでしょう。

怒鳴るなど感情的になることが多い

上司の理想的な姿は、落ち着いて安定していることではないでしょうか。何があっても動じない、それこそチームを支える大黒柱のように、どんと構えておくべきです。

ですが、怒鳴ったり狼狽したり、ちょっとしたことで感情的になるような上司は信頼しにくいでしょう。いざというときに、頼りにならなさそうな印象です。

部下に失敗を押し付ける

仕事に関して無責任な上司はまだしも、自分のミスを部下に押し付けるともなれば、なおさら好感は持てません。上司の立場を利用して、部下に責任転嫁するような上司です。何も悪いことをしていないのに、周囲や更に上の上司から白い目で見られ、納得しないこともたびたびあるでしょう。

不平不満を直ぐに口にする

どっしり構えておくべきなのは、態度だけではありません。発言についても、いつも安定しておいてほしいものです。ところが、少しでもうまくいかないと不平不満を口にするようなタイプは、チーム全体の士気を下げてしまいます。部下のことを考えて、発言についても責任を持って欲しいものです。

仕事が出来ないのにお給料は高い

管理職に昇進すると、平社員よりも給料はアップするのが一般的です。会社によっては、倍増するようなケースもあるかもしれません。にもかかわらず仕事ができない上司には、嫌悪感を抱くでしょう。汗水流して働く自分たちより楽をしていながら、お給料が好条件というギャップに、納得できないのが普通です。

仕事を教えるのが下手

仕事を教えるというのも、上司の大事な仕事です。もちろん、上司という立場に昇進するほどの経験や実績があるわけですから、人に教えるに値する人物なのでしょう。とはいえ、教え方自体が下手な場合、部下としては困ってしまいます。仕事がなかなか覚えられない上、ミスをして怒られてしまうかもしれません。

質問に行くと嫌そうな顔をする

常に全体の仕事ぶりや成績を把握することが求められる上司は、大変な仕事です。だからといって部下の質問に嫌な顔をするのは、あまり好感が持てません。それ以降、部下は質問しにくくなってしまうでしょう。

セクハラをする

自分の上司がセクハラをするタイプの場合、嫌悪感を抱くでしょう。事件として取り上げられることも少なくないセクハラですが、社会においては決して珍しくありません。十分、身近に起こりうる問題です。男性から女性はもちろん、逆の女性から男性へのパターンまで起きているようです。

間違ったときに謝ってくれない

上司になると、部下からなめられないよう威厳を保つテクニックが大事になってきます。だからといって、人として必要なことまでやらないと接し方に困るでしょう。プライドの高さから、間違っても謝らないという上司は少なくありません。上司とはいえ、人としての礼儀はいつまでも忘れないでおくべきです。

相手によって態度を変える

好みの部下には積極的に接して、興味のない部下にはそっけない。そんな、人によって態度がバラバラなタイプは差別をされているように感じ、悲しい気分になるでしょう。

上司が嫌いでもやってはいけないこと

上司が嫌いとなれば、できる限り避けたいところでしょう。ですが、嫌いな上司とはいえ、自分の上司であることに他なりません。以下のような過度な抵抗は、問題にさえ繋がってしまいます。絶対にやってはいけないことであると、頭に入れておきましょう。

上司と同じレベルで怒鳴る

怒鳴り散らすような感情的な上司は、理想的といえません。ですが、あくまで相手は上司であるため、失礼な態度は避けるべきでしょう。社内におけるあなたのイメージを悪くすると同時に、昇進への希望も薄れてしまうかもしれません。配置転換やリストラの対象にされるという可能性も出てきます。

上司をシカトする

これも、上司を怒鳴ることと理由は変わりません。同僚や友達にするような嫌がらせを、目上である上司にするのは、とても失礼でしょう。忙しくても疲れていても、上司からの話には最低限応えなければなりません。

わざと仕事でミスをして上司の足を引っ張ろうとする

嫌いな上司には、少しでも早く辞めてほしい、普段溜まっている上司からのいやがらせのうっぷんを解消したい。その点、さりげなく上司の足を引っ張って嫌がらせをたくらむのは、ある意味効果的かもしれません。

しかし、お金をもらいながら働いているにもかかわらずわざとミスをするというのは、本末転倒でしょう。仕返しに成功して、その瞬間気持ち良くても、あとで罪悪感にさいなまれるかもしれません。

上司のタイプ別対処法

嫌いな上司は、どのような対処法が効果的なのでしょうか。タイプ別にまとめたので、以下を参考にして、嫌いな上司をできる限り穏便に対処してください。

感情的な上司:こちらは感情的にならず冷静に対処する

上司が混乱しているので部下も感情的にならなければならない、そんな決め事はありません。むしろ、上司が感情的であるからこそ、より落ち着きましょう。自分にバリアを張る効果のほか、上司に混乱ぶりを気づかせるきっかけを与えることにもなるでしょう。

気分で指示の内容が変わる上司:指示をメールや文書でもらうようにする

気分で指示がコロコロ変わる場合、指示されても次にいつどこにまた変更があるのか分からないので、仕事に集中できません。そこで、指示やメールを証拠として残せるよう工夫しておきましょう。指示やメール、SNSを通した大事なメッセージは、できるだけ保存しておいてください。のちに言い争ったとき、効果的な武器にもなるかもしれません。

質問に行くと嫌そうな顔をする上司:ホウレンソウを徹底する

質問をすると嫌な顔をされる状況でも、上司部下の関係ができた瞬間からそうなっているというケースは珍しいでしょう。きっと、何らかのきっかけがあったはずです。ホウレンソウこと報告・連絡・相談がないケースが特に多いので、欠かさないようにしましょう。

セクハラをする上司:更に上の上司か専門部署に相談しに行く

セクハラ被害には、助けを求めにくいという現状があります。上司本人や上司と仲の良い相手となると、相談することでセクハラがより酷くなるかもしれない、性的な話題で相談しにくいといった理由が伴うためです。上司より更に上の上司、もしくはコンプライアンス部署に直接相談する方法をおすすめします。

熱血タイプの上司:頑張って話しかけて仲良くなる

熱血タイプの上司は、仕事熱心かつ仲間意識を大事にする人が多いので、一見理想の上司像かもしれません。ですが人によっては、暑苦しい、空回りしている、見ていてしんどいなど、自分とは合わないと感じるかもしれません。

とはいえ、すぐに諦めず徐々にコミュニケーションをとっていきましょう。どちらかが譲歩することで、むしろ仲良くなれるかもしれません。

どうしても我慢できないときは?

上記の工夫を実践しても、やはり上司への嫌悪感は拭えない。そんな場合は、最終手段として次の方法を検討してみてはいかがでしょう。精神面を整え、立場ある人に頼ることで、相性という難しい問題も解決に繋げられるかもしれません。

転職に有利な資格を取得する

医療系や語学系、またパソコンソフトなどの資格を持っていると、職場の選択肢が大きく広がります。それにより、今以上の会社に転職することも可能となるかもしれません。嫌いな上司がどうしてもストレスなら、転職に有利な資格をとってみましょう。いつでも転職できる状態を作っておくことで、心に余裕が生まれます。

上司よりも上の立場の人に相談する

相手が理不尽な上司とはいえ、直接注意するのは避けるべきです。力関係の差から、それこそセクハラやパワハラ、差別などで仕返しを受けてしまうかもしれません。ですが、その上司より更に上の上司に相談すれば、注意してくれたり、的確なアドバイスをもらうことも期待できます。

まとめ

上司は、自分に指示や命令をおこなう立場であるため、嫌いという感情を抱いている人も多いかもしれません。上記の通り、さまざまな理由が嫌悪感に繋がるためです。上司のタイプを見極めて、適切な対処をおこなってみましょう。ちょっとしたひと工夫で、考え方を変えることができ、上司への尊敬心も取り戻せるかもしれません。