人の目が気になると損する理由と自由になるためのコツ

人の目が気になって仕方がないという時期が人生にはあるものです。

もちろん人からどう見られるかを考えることも若い日には大切です。しかし、人の目をあまりに気にし過ぎると、自分が本当にやりたいことを見失ってしまいます。

今回は

  • 人の目が気になると損する理由
  • 人の目が気になる人の特徴
  • 気にするのをやめると変わること
  • 人の目を気にするのをやめるコツ

についてまとめました。人の目を気にし過ぎるのをやめるにはどうすればいいか、解説させていただきます。

人の目が気になると損!その理由とは?

人の目が気になると様々な損が降りかかってきます。特に若い時に人の目が気になる症候群に襲われると、せっかくバラ色の人生が眼前に広がろうとしていたのにそれをフイにしてしまう危険性すらあるのです。詳しく見てみましょう。

自分のやりたいことができない

人の目を気にしすぎると、自分がやりたいことを思う存分行うことができずに損をすることになります。人にどう思われるかという心配の方が、やりたい気持ちを抑えてしまうのです。

若い時に過度に人の目を気にしてやりたいことにチャレンジできないと、当然のことながら人生の可能性を狭めてしまうことになります。

決断力に欠けてチャンスを逃す

人の目が気になると、決断ができなかったり遅くなったりします。この決断を他の人はどう見るだろうかと心配になるからです。そして、千載一遇のチャンスを逃すことになります。

「幸運の女神には、前髪しかない」というレオナルド・ダヴィンチの有名な言葉があります。幸運の女神が通り過ぎた後に後ろ髪を掴むことはできないという意味です。チャンスを掴むには、決断が必要なのです。

ストレスが溜まりやすい

人の目が気になると、自由に物事を行うことができなくなりストレスが溜まることになります。常に誰かに監視されているような気持になるのです。

実際に誰かに監視されているわけではなく、自分の心の中に人の目があるので逃れることができず、ストレスが解消されることはありません。

後悔する可能性が高い

やりたいことができなかったり、決断することができずチャンスを逃したり、ストレスを溜めてつらい生活を送ったりしていると将来後悔をする可能性が高くなります

人の目なんか気にしなければよかった、と思うのです。若い時にはやりたいことがいっぱいあったり、様々なチャンスが目の前に現れたりします。気にする必要のなかった人の目のせいで、人生を棒に振るのはばかばかしいと思いませんか?

人の目が気になる人の特徴

人の目が気になって仕方がない症状に悩まされているあなた。原因には、いくつかの種類があります。

一つ一つ説明しますので、症状を改善するためにも自分がなぜ人の目が気になるのかをまず理解するようにしましょう。

自分に自信が無い人

自信がないと、堂々としていることができず他人の目や評価が気になって仕方がなくなってしまいます

自信を持つことができない理由としては、経験が不足している、悲観的で悪い方に思い込みが激しい、セルフイメージが低く自分自身を他人と比較して勝手に劣等感を持っている、などが考えられます。

気遣いし過ぎる人

気遣いをし過ぎる人も、人の目が気になります。気遣いができる人は、他人の気持ちに敏感で相手の立場に立って物事を見ることができる優しさ、美徳を持っています

しかし、それも度が過ぎると人の目ばかりを気にすることになり、自分のことがおろそかになってしまいます。

場の空気を壊したくない人

その場の雰囲気を壊したくないと強く願う人も、周りの人の目を気にします。このタイプは自分の意見をはっきりと伝えることでその場の空気が壊れてしまうのではないかと恐れたりするのです。

相手が不快に感じないよう黙っていたり、すぐに他の意見に迎合してしまう傾向があります。

嫌われるのが必要以上に怖い人

他人に嫌われることを非常に恐れるタイプの人も、他人の目が気になって仕方がありません。他人に嫌われるのを恐れるのは、人間関係で傷ついた経験が原因であることが多いようです。

しかし、全ての人に好かれることは不可能に近いです。なぜなら全ての人が違う性格をしており、あなたに対して異なった受け取り方をするからです。

失敗するのが怖い人

高い理想を持ちプライドが高く失敗することを恐れる人も、人の目を気にしがちです。万が一失敗すると人に笑われるのではないかと心配で仕方がないのです。

こんなことを言ったらバカにされるのではないかと心配し、人の目を気にしながら会議で発言することになります。また、いいアイデアがあるにも関わらず失敗したらどう思われるかを恐れて口に出せなかったりすることもあります。

気にするのをやめると変わること

人の目を気にすることをやめると、生活にたくさんの素敵な変化が現れます。自信に満ちた明るくポジティブな人生を楽しむことができるようになるのです。予測されるあなたの変化を紹介します。

ポジティブに物事を考えられる

人の目が気にならなくなると、何事もポジティブに考えることができるようになります。人の目に監視されることなく、自分の意志で本当にやりたいことをやりたいようにやれるからです。

自由にスピーディに決断ができるようになり、それが自信につながりさらなるポジティブさにつながっていきます。

周囲から信頼される

人の目が気にならなくなると、自信に満ち溢れてきます。何事にも自分の考えに従いポジティブにチャレンジすることができ、いちいち人の目を考慮に入れることがないので決断するスピードも速くなりやすいです。

それにより、仕事においてもプライベートにおいても、周囲から信頼されるようになります。

失敗しても後悔が少ない

人の目という呪縛から逃れ、自信を持ってやりたいことに積極的にチャレンジするようになると、当然のことながら失敗をする可能性も出てきます

しかし、たとえ失敗したとしても後悔することは少ないでしょう。なぜなら、人の目を気にすることなく自分のやりたいことができたからです。

チャレンジした後悔とチャレンジしなかった後悔を比較すれば、後者の後悔の方が深刻なのです。

毎日がエネルギッシュになる

人の目を気にすることがなくなり、自信を持って自分の人生を歩めるようになると、毎日がエネルギッシュなものに生まれ変わります

今まで人の目にお伺いを立ててからでないと動けなかったのが、全て自分一人の判断で縦横無尽に動けるようになったのですから、エネルギッシュになるのも当然です。

新しいことを始めやすくなる

人の目ばかり気にしていると、新しいことを始めることがなかなかできません。こんなことを始めて人はどう思うだろうか、と逡巡してしまうからです。

人の目が気にならなくなると、新しいことにどんどんチャレンジしたくなります。人がどう言おうと自分がやりたいことをやる、という確固たる思いが生まれ、新しい何かを始めずにはいられない気持になるのです。

自分が思った選択肢を選べる

人の目が気にならなくなると、自分がこれだと思ったものをしっかりと選ぶことができるようになります

皆でレストランに行ったとします。人の目を気にしていた頃のあなたなら、注文したいメニューがあったとしても他の人たちがどう思うだろうかと心配で注文できなかったかもしれません。

しかし、人の目の呪縛から逃れることができれば、あなたが食べたいと思ったメニューを誰に遠慮することもなく注文することができるのです。

人の目を気にするのをやめるコツ

人の目が気になって仕方がない自分や、自信を持って堂々としていることができない自分を何とかして変えたいと考えているあなた。それは可能です。

人の目が気にならなくなる考え方を5つ紹介させていただきます。

人は評価を望みがちなことを真摯に受け止める

ディール・カーネギーの名著「人を動かす」の中に次のような言葉があります。「人間は例外なく他人から評価を受けたいと強く望んでいるのだ。この事実を決して忘れてはならない」。

人は他人から評価を受けたいと強く望んでいる半面、容易に他人に高い評価を与えようとはしません。なぜなら、他人に高い評価を与えると相対的に自分の評価が下がってしまうかもしれないという恐怖を覚えるからです。

人から高い評価を得ることは簡単ではありません。評価を気にして人の目を気にするのは虚しい作業であると理解しましょう

他人の感情は変えられないことを理解する

他人の感情を変えることは不可能であると心得ましょう。人の目が気になるのは、理想的な自分の姿を他人の目に映すことが可能であると思っているからではないでしょうか。しかし、それは無理な相談なのです。

いくらあなたが人の目を気にしても、あなたを嫌いな人は嫌いですし、好きな人は好きなのです。

相手より自分の気持ちを優先する

まず自分はどうしたいのかを優先して考える習慣をつけましょう。人は自分とは異なる意見を持つ人をおもしろいと感じるもので、あまりに相手に合わせてばかりいると自分の意見を持たないつまらない人と思われてしまう危険性があります。

思い切って自分の意見を口にしてみましょう。人との心の距離がぐっと近づいたと感じることができると思いますよ。

学校や会社以外に自分の居場所を見つける

学校や会社以外に自分の居場所を見つける努力をしましょう。「二足の草鞋を履く」ということわざをご存知でしょうか。二つの役割を同時にこなすという意味ですが、この「二足の草鞋を履く」ことを目指すのです。

自分の居場所が二つ以上あると、たとえ一つの場所で嫌われたとしてももう一つあるから安心だと考える余裕ができます。人からどう思われるかをそれほど気にしなくても済むようになるのです。

まとめ

人の目ばかり気にして生きていると、人生においていろいろ損をしてしまう可能性があることをおわかりいただけたでしょうか。

人の目の呪縛から逃れるには、考え方を変える必要があります。自由になれたら、あなたはあなただけの人生を自信を持って生きることができるようになるのです。

この記事を参考に新しい自分を手に入れて下さい。