日焼けのシミを予防・改善!適切な対策で美肌を保つ

久しぶりのお休み。海や山に遊びに行きたいけれど、うっかり日焼けしてしまってその後にシミができたりしたらどうしよう…。そう考えると二の足を踏んでしまいますよね。

しかし、日焼け後にシミを作らないようにするための予防法やシミができてしまった場合の改善策が存在するのをご存知でしょうか。今回は日焼け自体の予防方法などを詳しく説明します。

日焼け自体の予防方法

日焼けすると赤くなり元に戻りやすい

日焼けがおきる原因は、紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)という2種類の紫外線です。紫外線A波(UVA)は皮膚が黒くなるサンタン、紫外線B波(UVB)は皮膚が真っ赤になったりひりひり痛むサンバーンを引き起こします。日焼けを予防するにはどのようにすればいいのでしょうか。

日焼け止めを塗布

日焼け止めを塗布することは、日焼けを防ぐ代表的な方法です。日焼け止めにはSPFとPAという表示があります。SPF(Sun Protection Factor )は、紫外線B波(UVB)を防ぐ目安となる表示、PA(Protection Grade of UVA)は紫外線A波(UVA)を防ぐ目安となる表示です。

陽射しの強さ、シーンに応じて様々なレベルの日焼け止めが用意されています。クリーム、ジェル、スプレーなど様々なタイプがあります。

サングラスをかける

紫外線が目に入ると角膜(黒目の部分)に炎症が起きます。そして角膜に炎症が起きたことを察知した脳は、日焼けやシミの元になるメラニンを体内に発生させるのです。目を紫外線にさらしていると、いくら日焼け止めを塗ったり日傘をさしていても日焼けやシミが発生する可能性があるということです。

外に長時間いる時は、サングラスをかけ目を紫外線から護りましょう。必ず紫外線カット機能のついたサングラスを選ぶことが大切です。

日傘をさす

日傘 女性

紫外線を防ぐ機能のついた日傘をさすのも日焼けの予防に効果が期待できます。できるだけ紫外線カット率が高い日傘を選ぶようにしましょう。紫外線防止効果の寿命が比較的長いポリエステル素材で、厚い生地の日傘がいいでしょう。日傘をさすときには日傘を太陽の方に向けるようにします。

さらに、日傘はお肌に近付くほど紫外線カット効果が高くなるので、柄を短く持つことでできるだけ顔に近付けてさすようにしましょう。

日傘とお顔の距離が60㎝で約70%、30㎝で約90%の紫外線がカットできると言われています。

日陰を選ぶ

日陰での紫外線量は直射日光の当たる場所でのそれと比較し約50%となります。日焼けを防ぐためにできるだけ日陰を歩くようにしましょう。

ただし、日陰でも紫外線を完全に防ぐことはできません。日傘をさしたり、日焼け止めをこまめに塗るなどの紫外線対策は怠らないようにしましょう。

露出を少なくする

外出する時には、長袖のシャツ、襟のついたシャツ、ジャケット、長ズボン、帽子、手袋などを着用しできるだけ肌の露出を少なくするのもおすすめの日焼け予防法です。肌の露出を少なくすることで、紫外線をかなり防ぐことができます。

UVカットカーテンを使用する

UV(紫外線)カットカーテンと呼ばれるカーテンがあるのをご存知でしょうか。このカーテンは紫外線を反射したり吸収したりする特殊な生地でできています。60%紫外線をカットするものから、90%紫外線をカットするものまで様々な種類があります。

ガラス窓から差し込む光にも紫外線は含まれています。そのため、窓際に座っているだけで日焼けをすることがあるのです。UV(紫外線)カットカーテンを窓にかけておけば比較的安心です。

日焼け後のシミを予防する方法

紫外線を浴び日焼けをすると、メラニン色素が生成されシミができやすくなってしまいます。しかし常日頃からちょっとした紫外線対策と日焼け後のケアを行うことによって日焼けとシミの発生を防ぐことができるのです。

紫外線に肌をさらさない

シミを予防するには紫外線に肌をさらさないことが最も大切です。生体に対し強いエネルギーを持つ紫外線B波(UVB)は、皮膚が真っ赤になったりヒリヒリ痛んだりする急性の炎症を引き起こします。また色素細胞であるメラノサイトを刺激するため、シミやソバカスを増加させるのです。

皮膚を冷却する

紫外線の作用により皮膚が赤くなったりヒリヒリしたりする症状をサンバーンといいます。サンバーンは皮膚のヤケドであり、主として紫外線B波(UVB)によって起きます。ヤケドなのでまず皮膚を冷却することが大切です。冷たいお水に浸した後で絞ったタオルなどを赤くなったお肌に当て、肌のほてりが治まるまで繰り返しましょう

保湿ケアをほどこす

保湿ケアにはお肌の新陳代謝を正常にし、シミの原因であるメラニンの過剰生成を抑制する働きがあります。お肌表面の炎症が治まったように見えてもお肌内部の炎症はまだ続いています。お肌が乾燥しやすい状態となっているので、保湿クリームなどを用い保湿ケアを行いましょう。

普段より水を多く飲む

サンバーンにより皮膚がヤケドしている状況では、水分が蒸散しやすくなります。普段より多く水を飲み、体の内部へも水分をしっかりと補給するようにしましょう。コーヒーやお茶は利尿作用があるので、サンバーンの際には控えておいた方が無難です。

十分な睡眠時間を確保する

日焼け後のシミを予防するには、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。特に夜の22時から2時までの時間帯に就寝していることが大切。なぜなら、この時間帯には成長ホルモンの分泌が活発になります。

紫外線により損傷を受けた皮膚細胞の修復及びターンオーバーが促進され、シミの原因であるメラニン色素が追い出されるのです。

肌を保護するビタミンA・B・Cを十分に摂る

シミを作らないようにするためには、お肌を保護する栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

まずはビタミンAです。お肌のターンオーバーに重要な役割を果たします。うなぎ、卵、バターなどに多く含まれます。

次はビタミンB1です。ビタミンB1は「美容のビタミン」の異名を持ち、足りなくなるとニキビができやすくなったりします。もやしや納豆、チーズなどに含まれます。

最後はビタミンCです。ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑制する働きがあり、シミの予防、皮膚の回復の促進につながります。レモンやトマト、オレンジなどに含まれます。

炎症の沈静化を待って美白化粧水を使用する

日焼けによる赤みやヒリヒリした痛みが落ち着いてきたら、美白化粧水を用いてスキンケアを行いましょう。水分補給とともに美白成分を浸透させるのです。コットンに美白化粧水を含ませ顔全体に乗せるコットンパックで、水分や美容成分をさらに浸透させるのもいいでしょう。

シミケアのコスメ選びに!日焼け後のシミを改善する成分

日焼け後のお肌のシミが気になる人のための、美白効果の期待できる成分にはいくつかの種類があります。それぞれに個性があるので、それをしっかり理解してからスキンケア化粧品を使うようにしましょう。

アルブチン

シミの原因がメラニン色素です。メラニン色素を生み出す酵素をチロシナーゼというのですが、アルブチンはこのチロシナーゼの働きを抑制する働きをします。

アルブチンのこの働きによりメラニン色素が生み出されるのを予防するので、高い美白効果が期待できるのです。クリームや化粧品、美容液など様々な種類の基礎化粧品にアルブチンは含まれています。

ハイドロキノン

シミの原因となるメラニン色素の発生を抑え、メラニン色素を生み出す細胞であるメラニサイトを減少させる働きを持つのがハイドロキノンという成分です。

ハイドロキノンは美白成分として有名なプラセンタやビタミンCの10倍から100倍の効果があるといわれ、「お肌の漂白剤」の異名を持ちます。

ハイドロキノンは強い成分であり、お肌によっては赤みや炎症を引き起こすことがあるため使用を始める前にはパッチテストを行うようにしましょう。

トレチノイン

トレチノインはシミやニキビの跡、シワなどの改善に効果が期待できる成分です。トレチノインをお肌につけることにより強いターンオーバー(新陳代謝)が促され、お肌が生まれ変わるのです。強力な成分のため、手に入れるには医師の処方箋が必要です。

トラネキサム酸

トラネキサム酸にはメラニン色素の生成を抑制する効果が期待できます。シミやソバカスの予防及び改善に効果が期待できます。

「美白に良いと言われる成分・トラネキサム酸配合」と表記があるスキンケア化粧品は、シミやソバカスを防ぐ効果があると厚生労働省が認めたものです。

日焼け後のNG対処法

日焼けにより大切なお肌はダメージを受け弱くなってしまっています。こんな時は、何よりもお肌を優しくいたわることが大切です。お肌に刺激を加えることはご法度です。日焼け後にやってはいけないNG行為を紹介します。

飲酒による体内の水分不足・炎症の助長

日焼け後にアルコールを摂取するのはNGです。

飲酒をし血液中にアルコールが流れると、体がそのアルコール濃度を薄めるために血液中に水分を取り込みます。日焼け後はお肌にも体内にも水分が必要なのですが、それが足りなくなってしまうのです。またアルコールには血行を促し炎症を悪化させる働きもあります。

40度以上の熱いお湯・水圧の高いシャワー

日焼け後には40度以上の熱いお湯に浸かったり、水圧が強いシャワーを浴びたりするのは避けましょう。日焼けにより、お肌はダメージを受け弱っています。そこに熱いお湯や強いシャワーで刺激を加えると炎症が悪化する恐れがあるのです。

日焼け後はぬるめのお湯で、水圧の弱いシャワーを使いお肌に刺激を加えないようにしましょう。

炎症が鎮まる前の角質ケア

古い角質を取り除きターンオーバーを正常にすることで、メラニンをお肌の外に出すピーリングですが、日焼けした直後にこれを行うのはNGです。

日焼けによるお肌の炎症がそのままにになり、新しく細胞が生まれる働きが弱まってしまうからです。ピーリングは日焼け後、2週間から1か月の間に行うのがよいでしょう。

アルコール・エタノール配合の化粧水の使用

日焼けした後は十分な水分の補給が必須です。アルコール(エタノール)は水分を蒸発させやすい性質を持つうえ、ヒリヒリとする刺激があります

日焼け直後のお肌が弱っている時には、アルコール(エタノール)配合の化粧品の使用はやめておきましょう。

炎症が鎮まる前の美白成分入り化粧水の使用

日焼け後すぐに美白成分入り化粧品を使用するのはやめましょう。日焼けでお肌が赤くなっているのはサンバーンといってやけどと同じです。やけどによりお肌の角層の水分が奪われてはがれやすくなっているので、お肌が外からの刺激を受けやすくなっています。お肌が弱っている状況では、美白成分は刺激が強すぎるのです。

まとめ

日焼けによるシミの発生を防ぐためには、まず日焼け自体を予防することが大切であること。うっかり日焼けしてしまった場合でも、適切なケアを施すことでシミの発生を防ぐことは可能であること。シミができてしまっても、それを軽減する方法があること。ご理解いただけたでしょうか。

しっかり準備して、安心してアウトドアライフを楽しんでください。