おすすめのホットサンドメーカーはこれだ!選ぶポイントもご紹介

ホットサンドは美味しくて、見た目もおしゃれで、作るのにも楽しく、また中身の具材もさまざまなものを選ぶことができるなど、多くの魅力を備えています。ですが専用のホットサンドメーカーが必要となるだけに、ホットサンドになじみのない人には少し敷居が高く感じられるかもしれません。

ですが、ここ数年、ホットサンドは人気の高いメニューに挙げられ、各社からホットサンドメーカーが多く販売されるようになりました。

今回は

  • ホットサンドメーカーは主に2種類
  • 電気式・直火式ホットサンドメーカーを選ぶポイント
  • おすすめの電気式ホットサンドメーカー
  • おすすめの直火式ホットサンドメーカー

についてまとめました。この機会にぜひお気に入りの一点を見つけてみてはいかがでしょう。おしゃれで楽しいホットサンドが家にいながら気軽に作れます。

ホットサンドメーカーは主に2種類

ホットサンドメーカーの仕組みは、鉄板にパンや具材を挟んで焼きつけるといった具合です。その種類はさまざまです。まずは基本の種類分けについて、知っていきましょう。

手軽な電気式


直火を使う必要がないため、手軽に使うことのできるホットサンドメーカーです。キッチンはもちろん、食卓で家族や仲間同士で一緒に楽しく作って楽しむことも出来ます。

デメリットとしては、電源が必ず必要です。屋外での使用に向いていません。屋内で手軽にホットサンドを楽しみたい、そんなときに重宝するホットサンドメーカーです。

アウトドアOKな直火式


直火式はアウトドアなどでホットサンドを調理する際に適しています。バーベキューのときに趣向を凝らした一品として、ホットサンドを作ってみてはいかがでしょう。

肉や野菜ばかりに飽きた人も、変化を感じ楽しく味わってくれるはずです。また直火の火力で焼くだけに、パンや具材の味をしっかり引き出すことができ、より一層美味しく感じられるかもしれません。

電気式ホットサンドメーカーを選ぶポイント

電気式ホットサンドメーカーは、機能次第で使いやすさが変わってくるため、ポイントを押さえた選び方が欠かせません。以下のポイントを意識して、理想のホットサンドメーカーを選んでください。

オン・オフスイッチがあるか

操作しやすい箇所にオン・オフスイッチがあるか確認しましょう。これがあるかどうかで、使い勝手は大きく変わってきます。

コンセントの抜き差しのみでオン・オフを切り替えるタイプもあります。スムーズに作れる、焼すぎを防げるなど、スイッチがあると便利に使えます。

タイマー付きかどうか


タイマー付きの電気式ホットサンドメーカーは、理想の焼き時間だけ加熱することができます。ホットサンドメーカーは蓋をして焼くという調理法なので、タイマーがなければどれぐらい焼けているか分かりにくいです。

生焼けになったり、逆に焼きすぎたりしてしまうかもしれません。時間の目安がわかりやすいタイマー付きを選びましょう。

必要なプレートが付属しているか

プレートのサイズは調理のしやすさに影響します。大は小を兼ねる側面もありますが、プレートが大きすぎても邪魔になってしまいます。

ご家庭の人数や調理内容に応じて必要なプレートを選びましょう。

焦げにくさ


程よい焼き目は、ホットサンドの魅力の一つです。ですが焦げまでいってしまうと、味を落とす原因となってしまいます。そのため、焦げにくいタイプのホットサンドメーカーを選びましょう。

それこそタイマー付きのものや、オン・オフスイッチがついているもの、その他調理途中でも開いて状態を確認できるタイプなどが安心でしょう。

パンの耳まで焼けるかどうか

ホットサンドの素材であるパンですが、場所によって焼けやすさが変わってくるのが特徴です。白い部分が焼けやすい一方、固い耳の箇所はしっかり焼けにくいです。

耳だけ生焼けだと、特徴的なサクサク感が落ちてしまい、満足度も下がってしまうでしょう。パンの耳を焼くときはしっかりと中まで熱を通すことが大切です。パンの耳までしっかり焼けるものを選んでください。

直火式ホットサンドメーカーを選ぶポイント

直火式ホットサンドメーカーは、そのものだけでなく火の加減によっても出来が違ってきます。そのため、調理機能以外の面にも着目すべきでしょう。主には、以下のポイントが挙げられます。

自宅の熱源に合っているか(ガス・IH・グリル)

直火といっても、火の種類はさまざまでしょう。その点、直火式ホットサンドメーカーは適した熱源がそれぞれ重要なポイントになります。

ガス・IH・グリルなど、自宅の熱源に合ったホットサンドメーカーかどうかを確認してください。

洗いやすさ


直火で焼くと、焦げや酸化汚れが付着しやすくなります。肉やトマト、チーズなど、ジューシーな具材を使用するとなると、なおさら汚れがつきやすいでしょう。

そのため、洗いやすさに特化されているかもポイントです。丸洗いできるか、汚れの落としやすい素材か、中身が漏れにくいかどうかなど、チェックしておいてください。

お手入れが簡単なセパレートタイプ

直火式ホットサンドメーカーの形状は、主に2種類です。片側が繋がっており、開け閉めできるタイプ、そして完全に分かれるセパレートタイプです。

お手入れしやすいのは、後者のセパレートタイプになります。隅々まで手軽に洗えるので、扱いやすく感じられるでしょう。

アウトドアで使用するなら持ち運びやすさ


直火式ホットサンドメーカーといえば、やはりアウトドアでの用途は欠かせません。ですが加熱部分が金属であるため、重さを伴うケースも多いです。

自分が扱える重さ、大きさか、持ち手がついているかなどをチェックしておくと良いでしょう。

アウトドアで使用するなら取っ手は金属製を

アウトドアでは、強い火力で豪快に熱を通すことでしょう。このとき、取っ手が金属製以外の場合、焦げたり焼け落ちたりするかもしれません。

金属製ならバーベキューや焚き火の火でも安心です。金属製の取っ手のものを選ぶようにしてください。

おすすめの電気式ホットサンドメーカー

便利な機能がついた電気式ホットサンドメーカーには、どのようなものがあるでしょうか。おすすめ商品を参考に、理想の一点を見つけ出してください。

Vitantonio バラエティサンドベーカー

Vitantonio バラエティサンドベーカー VWH-110-W
まるでおしゃれなノートパソコンのようにも思える、スタイリッシュなホットサンドメーカーです。電気式でありながら、パワフルな焼きを実現してくれるため、本格的な仕上がりが期待できます。

またホットサンドプレートのほか、ワッフルプレートとポワソンプレートもついており、ワッフルや鯛焼きなども幅広く楽しめます。

レコルト プレスサンドメーカー

レコルト プレスサンドメーカー キルト レッド RPS-1
オレンジ・ピンク・ベージュ・レッドといったカラフルなかわいらしいデザインが目を引くホットサンドメーカーです。

使わないときでもキッチンや部屋のインテリアとして存在感を放つでしょう。コンパクトでありながら耳までカリッと焼き上げられるパワーを備えています。

TWINBIRD ツインホットサンドメーカー

TWINBIRD ツインホットサンドメーカー HP-4369PT
家族で使う場合、全員分用意するには繰り返し使用しなければならず、面倒に感じるかもしれません。その点このツインホットサンドメーカーは、一度に4個作れるファミリーサイズが特長です。

4人家族なら一度で、また5~8人でも2回の調理で全員分用意できます。家族で使用するなら便利に感じられるでしょう。

シュアー モテナシベーカー ホットサンド メーカー

シュアー モテナシベーカー ホットサンド メーカー 焼きおにぎり SMS-802S
シックなブラックカラーが、何ともおしゃれな大人っぽいアイテムです。インテリアにこだわった上品な空間にも、フィットしやすいでしょう。

仕切りがないため、具材を自由に詰め込めます。またフッ素樹脂加工プレートを採用しているので、焦げ付きが起こりにくくお手入れもしやすいです。

おすすめの直火式ホットサンドメーカー

電気式と比べわりとシンプルなものが多い直火式ですが、種類はさまざまです。それぞれの特徴を比較して、理想の一点を見つけてください。

イタリア商事 ホットサンドメーカー バウルー ダブル 日本製 XBW02

イタリア商事 ホットサンドメーカー バウルー ダブル 日本製 XBW02
ダイナミックな印象の、直火式ホットサンドメーカーとなっています。絶妙に曲げられた金属部や持ちやすい取っ手は、まさにアウトドア向けといった印象の豪快さです。

フッ素加工により汚れもつきにくくされており、細やかな気配りもうれしく感じられます。IH以外の熱源で使用できます。

下村企販 ホットサンドメーカー 直火 日本製 ブラック 20415

下村企販 ホットサンドメーカー 直火 日本製 ブラック 20415
美しい黒が印象的な一点です。変色を防ぐブラックシリコン塗装仕上げのこのホットサンドメーカーなら、長く美しい状態を維持できます。

ガスの弱火向けになっているので、適度な焦げ目のホットサンドを気軽に楽しみたい人向けでしょう。

和平フレイズ ホットサンドパン IH対応 あつほかダイニング

和平フレイズ ホットサンドパン IH対応 あつほかダイニング
食パン1枚幅用のシンプルなホットサンドメーカーです。シンプルで扱いやすいので、ホットサンド初心者や力に自信がない女性、子供などでも安心して使えそうです。

レシピ付きなので、購入してすぐに幅広い調理を楽しめるでしょう。ガス火専用とIH専用の2種類があるので、家庭の熱源に合わせて選んでください。

ホットサンドメーカー  はさもっか

【 IH & 直火 どちらでも使える 】ホットサンドメーカー [ はさもっか HASAMOCCA ] はさんで焼くだけ 取り外し可能 2枚のフライパンとしても使える お手入れラクラク丸洗いOK こびりつきにくいフッ素樹脂加工 熱電導率が高く焼きムラなし アウトドアでも活躍 とろ〜りチーズもおいしい(i-WANO)
ユニークなネーミングが目を引く、多機能な直火用ホットサンドメーカーです。ホットサンドメーカーとしてはもちろん、上下を分けて2枚のフライパンとしても使えます。

また他にも、IH・直火両用・軽量・丸洗いOKなど、便利に感じられる機能が多く備えられています。

まとめ

ホットサンドは、あまり日常的ではないメニューかもしれません。ですが、手軽に作れ、レシピの幅が広がり、楽しく調理できるなど、魅力盛りだくさんです。

具材を多く盛り込めるので、栄養面についてもぜひ取り入れたいメニューです。今回紹介したホットサンドメーカーのラインナップを参考に、ぜひお気に入りを見つけてみてはいかがでしょう。