斗宿の性格傾向・恋愛傾向診断~結婚傾向から仕事運まで~

江戸時代、あまりの的中率の高さに封印されていたとも言われる宿曜占星術ですが、近年では人気のある占いの一つです。生年月日から27の宿と呼ばれるものに分類し、性格の傾向や相性や運勢を占うことができます。

ここでは27の宿の中から、「斗宿(としゅく)」について見ていきます。

  • 斗宿の基本情報
  • 斗宿の性格
  • 斗宿の仕事運、恋愛運、結婚運

についてお伝えしましょう。

斗宿の基本概要


宿の持つ性格は、性質による分類や所属12宮、さらに七曜の影響を受けます。宿曜占星術では、これらを総合的に見て性格傾向を読み解いていきます。

斗宿は弓宮、磨羯宮に所属し、安住宿、木・土の影響を受けています。それぞれの特徴や与える影響について見ていきましょう。

弓宮に所属(1足):思慮深い・忍耐強い

弓宮には思慮深さや忍耐強さなどがあり、その影響を受ける斗宿生まれの人には、計画的に物事をきちんと進めていく能力があります。多少の困難であれば、持ち前の忍耐強さで乗り越えていくことができるでしょう。

磨羯宮に所属(3足):気性が荒い・衝動的

磨羯宮は気性が荒く衝動的で、反骨精神が強いのが特徴です。他人への愛情が薄い冷たい面もあり、家族に対してもクールなことも。他人にも自分にも厳しい性格で、それを活かすことで大きな成功を得る場合もあります。

安住宿に分類:社会的地位・落ち着きがある


社会的地位や名声を得られる、恵まれた宿です。急激な変化への対応は上手ではありませんが、落ち着いて、慎重に物事を成し遂げることができ、安定した生活を送ることができるでしょう。

木の影響:柔和・善行・気品・貫禄

柔和、善行、気品、貫禄を備える木は成功しやすく、七曜の中でもっとも良いとされる曜日です。頭が良く、気配り上手な面があり、周りからの信頼も厚いです。

スポンサーリンク

土の影響:気が強い・誠実・器用・努力家

土の影響も受ける斗宿生まれは、気が強い一面も。気性は荒いですが、誠実で努力家、趣味も多いので、たくさんの友人に恵まれます。向上心も高く集中力もあるので、自分磨きを欠かさないことで何事においても成果を出すでしょう。

斗宿の性格傾向


名誉運と財運に恵まれた斗宿生まれの人は強靭な精神力を持ち、優れた直感力のある人です。努力家でもある斗宿生まれの人の性格を見ていきましょう。

表向きは穏やかで華やか・内面は強靭な精神

表向きは華やかで穏やかな斗宿生まれの人は、気品にあふれ優雅な雰囲気を持っています。しかし内面は頑固で強い精神力の持ち主。プライドも高く、負けん気も強い宿です。その闘争心は27宿のなかで1番強いとすら言われています。

ただし、この闘争心は他人に対してではなく、社会への貢献や自分自身の成長など精神的な目的があるときだけ働きます。利益そのものというより、自分の精神を鍛えるために闘争心を持つのが斗宿なのです。

カリスマ性があり周囲の人を惹きつける

頭脳明晰で先を見通した行動ができる斗宿生まれの人はカリスマ性があり、周囲の人を惹きつける魅力があります。一貫性があり、ブレのない性格は周りからの人気は高いでしょう。

美的センスもあり、個性的なファッションを好む傾向にあります。さまざまな面からカリスマ性を感じさせることができる斗宿生まれの人ですが、過度なアピールは避けたほうが良いでしょう。

優れた直感力があり頭の回転が早い


不思議なインスピレーションを持つ斗宿生まれには、優れた直観力が備わっています。頭の回転が早く、物事の本質や先を見通すことができ、そのカンの良さから世の中で活躍できることも多いのです。

こういった点は目上の人から才能を認められることが多く、運が開けるのは中年から晩年にかけてでしょう。能力を認めてくれる人との縁を大切にすることで、縁が開ける傾向にあります。

粘り強く忍耐強い努力家

自分に厳しく何事も一人で地道に頑張る努力家です。目標を高く掲げるほど、それに向かって一生懸命に取り組みます。困難も乗り越えようとする斗宿生まれは、粘り強さと忍耐力によって手にした地位や信頼を手放すことのないよう大事にします。これは内に秘めた強い精神の一つといえます。

自分の弱さを人に見せず、物事に対してエネルギッシュに取り組めるでしょう。

自分の主張は控えめ

口下手で自己アピールは苦手なこともあり、自分の主張は控えめです。口に出さずとも、一生懸命に目的に向かって取り組む姿に共感する人は多く、その実力を周りが認識していることもあります。

だからといって、上から目線の発言や行動をすることも、他人を見下すような態度を取ることもありません。ただし、周囲に合わせると自分を見失い苦労する場合もあるので、自分を理解してくれる人と行動することが大切です。信念を持って付き合う人を見極めるようにしましょう。