理想の上司ってどんな人?理想の上司になる方法

会社での働き心地は、上司によって結構左右されます。優秀な上司の下であれば、仕事は楽しく感じられ、快適に働けるでしょう。一方でむかつく上司だと、仕事がスムーズにいかない上日々ストレスを溜め込んでしまいます。

そのため、上司の立ち場になる際は、できる限り理想的な人物でいたいものです。

今回は

  • 理想の上司ってこんな人
  • 理想の上司になるためには
  • 部下が選ぶ理想の上司:男性芸能人編・女性芸能人編

と、理想の上司になるためのポイントを、特集しました。

理想の上司ってこんな人

理想の上司と一口にいっても、さまざまな観点から考えることが可能です。主には、以下のような要素が挙げられるでしょう。まずは、理想の上司になる上でどのような人物になるべきなのか、考えていきましょう。

リーダーシップがある

上司は、基本的にグループのリーダーに他なりません。少人数である場合を除き、人をまとめ引っ張る力が重要となってくるでしょう。そのため、リーダーシップが高いと部下は心強く感じられます。

リーダーシップには、複数の要素が詰め込まれています。全員のことを常に考えており、モチベーションを維持する工夫ができている、安定しているなどさまざまです。子供の頃からまとめ役として活躍することが多かった、そんな人はリーダーシップを武器にすることに適しているでしょう。

責任感がある

一般社員であったときと管理職である上司になったときの違いとして、責任感は外せません。自分基準で働けていたときは、基本的に自分がしっかり働ける努力をしていれば問題なかったでしょう。

ですが管理職は、部下全体の仕事や人間関係、成績までも管理することを求められます。何とかなる、少しくらい横着しても大丈夫、そんな無責任なタイプには適しません。

部下の面倒見が良い

上司の仕事は、業務のための管理に留まりません。上記で紹介した仕事や人間関係、成績などだけでなく、仕事に関係がない部分でも適度に面倒を見れるものです。

ですが、業務外の時間に部下に干渉し過ぎるのも、煙たがられるでしょう。そのため、踏み込まないながらも見守るといった絶妙なスタンスがポイントとなってきます。理想の上司は、そうした必要最低限の面倒見に優れています。人柄が表れるので、仕事ぶりだけでなくいち人間としても評価されるでしょう。

指示が明確で分かりやすい

部下への指示だしもまた、上司の重要な仕事です。指示の的確さや頻度、タイミングなどは、上司それぞれで異なるでしょう。その点、指示は人によって分かりにくく感じられる場合もあります。

たとえば、会話力が低い、早口、内容があいまいといったケースです。明確かつ分かりやすければ、部下はスムーズに仕事ができる上、曖昧な指示を考察するという作業が必要なくなるため、成長も早まるでしょう。

信頼できる

言ったことを最後までやり通さない、ミスが多い、嘘をつく、そんな人間が上司であれば、まず信頼は持てません

自分にアドバイスを仰いだり、指示を出したりする人間が信頼できないとなれば、仕事へのやる気が削がれ、さらに会社内にいることも苦痛となってくるでしょう。信頼を稼ぐことも、上司の大事な仕事なのです。

仕事ができる

シンプルですが、やはり管理だけでなく仕事の優秀さもポイントとなってきます。部下としても、自分より仕事ができない人に仕事の内容を教わりたくはないでしょう。

教えられたところで、その答えは成長や成果に結びつきにくいです。また、上司になるために仕事を頑張ろうというモチベーションを高める効果にも繋がるでしょう。

視野が広い

理想の上司は、物ごとを狭い範囲だけで見ていません。効率的にさばけます。そのため、急な状況の変化やトラブルにも臨機応変に対応できます。

視野が広ければ心にゆとりを持てるので、落ち着きある安心できる上司として見られるでしょう。

部下の失敗をフォローしてくれる

上司の仕事は、作業を教えたり指示するばかりでもありません。部下がやってしまったミスをフォローするのも、大切な仕事となってきます

とはいえ、これはもちろん部下への親切心でやっているわけでもありません。チーム全体の成績が、自分の評価に直結してくるというのも大きな理由です。部下のミスを放置してしまうと、ノルマが達成できない、管理職の立場から降ろされるといった展開も予想できます

感情的にならず常に冷静

会社では、予期しないトラブルもつきものです。業務上の急展開はもちろん、人間関係やシステムトラブルに関しても気にしておかなくてはなりません

そんなとき、混乱したり焦ったり、怒りの感情が高まってしまったりと、感情的になる可能性も出てくるでしょう。ですが複数の部下を背負っている以上、感情的になるべきではありません。常に冷静な姿勢であることこそが理想的です。

言動が一貫している

これも、信頼できるという特徴に近いでしょう。言ったことが二転三転する、それどころか、自分に責任が問われたときに意見を変えて保身するといったタイプは信用なりません。

逆に言動が一貫していれば、部下は安心して働けます

育児に理解がある

近年特に上司が心得ておくべき点として重視されるのが、育児への理解です。かつては寿退社する人が多かったですが、近年は結婚や出産を経ても働き続ける人が少なくありません。

また、男性も積極的に育児に取組む時代となってきています。そうした理由から、育児が忙しくてスケジュールを調整したい場合、臨機応変に対応してくれる上司は心強く感じられます

理想の上司になるためには

部下が安心して働けるような、理想の上司になるにはどのようにすれば良いのでしょうか。上司がもつ性格の重要性は、自分が部下であった時代に気づいているはずです。

チームの成績を安定させられるよう、そして部下に愛される上司を目指せるよう、以下を意識してみてください。

感情的にならない

上司には、安定感が大切です。特に部下が新人や若手の場合、トラブルや人間関係の悩みから感情的になってしまうことも少なくないでしょう

そこへきて上司まで感情的になってしまえば、チームは不安定になってしまいます。理想の上司には、どんなことがあっても感情的にならない安定感が求められます

普段から部下の仕事内容を把握しフォローする

立ち仕事 姿勢

つまりは、広い視野を保つということです。部下それぞれの仕事状況だけでなく、態度や表情、気持ちの面まで、総じて把握しておきましょう。そして何か問題がみられたら、フォローをおこなうのです。

自分の仕事もしながら視野を広く保つことは、簡単ではありません。ですが、それをも完璧にこなせてこそ理想の上司といえます。

責任感を持つ

複数の部下を背負っているわけですから、責任感をしっかり持ちましょう。それこそ、部下のミスは自分のミスと考え、フォローを怠ってはなりません。

逆に、自分のミスを部下に押し付けるようであろうものなら論外です。

誰に対しても態度を変えない

人によって態度を変えるというのは、理想的でありません。ある部下には明るく接して、またある部下にはつまらなそうに接する。

差別のような態度をとれば、人間関係のトラブルに繋がること必至です。それこそ自分の中の感情はしっかり抑制して、フラットな接し方をおこなうべきです。

部下の話を真剣に聞く

上司の仕事は多忙です。近年は自身も仕事をおこないながら部下の管理もする形態が増えてきているので、なおさらでしょう。

ですが、だからといって部下との会話を疎かにしてはいけません。信頼を構築していけるよう、ささいな話でもしっかり聞く意識を持つことが大切です。

仕事をしっかりとこなす

単純なことですが、上司ともなれば一般の社員であった頃以上に重要となってくるポイントです。上司たるもの、部下の模範でなくてはならないためです。

上司がしっかりと仕事をこなしていれば、その空気は部下にも伝わり、モチベーションやクオリティを維持することに繋がるでしょう。理想的なチームの形といえます。

参考にしたい!部下が選ぶ理想の上司:男性芸能人編

さまざまな個性をもつ芸能人がいる中、上司にふさわしいタイプはどのような人物なのでしょうか。まずは男性芸能人編から、ご紹介していきます。

内村光良

内村光良ぴあ (ぴあMOOK)
お笑いコンビウッチャンナンチャンのひとりである、内村光良さんです。お笑い芸人ならではのコミカルさが特徴でありつつも、常におだやかな人柄が印象的です。

多くの後輩に慕われていることでも知られているので、まさに上司として適役ではないでしょうか。

松岡修造

(日めくり)まいにち、修造!
元プロテニスプレイヤーにして、近年はキャスターとしても人気を博す人物。とにかく有名なのが、熱血な人柄ではないでしょうか。

チームを常に盛り上げてくれそうな熱さが、魅力的でなりません。またスポーツ選手の解説をする際、言葉の随所に気遣いがみられるのも印象的です。部下思いの責任感ある上司として、期待がもてます。

タモリ

SWITCH Vol.33 No.5 ジャズタモリ TAMORI MY FAVORITE THINGS
長寿番組「いいとも」を長年に渡り仕切り続けた、お笑いビッグ3の一角です。

さまざまなタイプのタレントをまとめあげ、番組という大きな組織を維持し続ける力は、上司としても優秀であること必至です。

池上彰

知らないと恥をかく世界の大問題9 分断を生み出す1強政治 (角川新書)
時事の解説に定評のある、ジャーナリストです。複数の番組を持っており、時事を分かりやすくお茶の間に届けてくれる人物として、広い世代に指示されています。

説明力の高さに、安心感が感じられるでしょう。

林修

受験必要論 人生の基礎は受験で作り得る (集英社文庫)
元は予備校講師でしたが、テレビCMから注目が集まり現在では芸能界に欠かせないタレントのひとりとなっています。

上司になれば、講師ならではの知能の高さや博学さ、伝達のうまさが際立つでしょう。かつての予備校生や視聴者を引き込むキャラクターも、チームをまとめる上で効果的かもしれません。

参考にしたい!部下が選ぶ理想の上司:女性芸能人編

アナウンサー、スポーツ選手、女優と幅広いランクから選出されています。ですがやはり、しっかりとした印象の人が多い傾向がみられます。上司に欠かせない安定感に、期待がもたれているのかもしれません。

水卜麻美

Hanako (ハナコ) 2015年 2月26日号 No.1081
素朴な雰囲気の女性アナウンサーで、多くの番組にて重宝されています。アナウンサーとしての安定感や話す技術を持ち合わせつつ、どこか抜けていて憎めないといった人柄が、広く受け入れられています。

上司になった際も、多くの部下から好感を持たれるでしょう。

天海祐希

大人のおしゃれ手帖 2018年 10月号
宝塚トップスターを経て芸能界入りしたベテラン女優です。しっかりとした役どころが多いだけに、頼りになりそうな印象です。

宝塚出身ならではの美しいたたずまいや凛とした表情も合わせて、まとめ役に適任かもしれません。

吉田沙保里

迷わない力 ―霊長類最強女子の考え方
霊長類最強のキャッチフレーズで知られる女子レスリング選手。ストイックな練習の積み重ねで、個人戦206連勝という大記録を打ち立てた人物でもあります。

上司になったら、ハイレベルな精神力によるしっかりとした仕事ぶりや一貫性で、部下を引っ張ってくれるでしょう。

石田ゆり子

大人のMake Book (美人開花シリーズ)
年齢を重ねてもなお、若々しい容姿を誇り続けるベテラン女優です。多くの作品における役どころや実際の人柄から、優しいイメージをもつ人が多いのではないでしょうか。

忙しい職場でも、持ち前の穏やかさで部下を包み込んでくれそうです。

深田恭子

深田恭子 2019年 カレンダー 壁掛け B2 CL-185
上記2人とも同じ女優でありながら、どこかアイドルチックな風貌、キャラクターも兼ね備える人物です。かわいらしさが先行するだけに、一見上司向きに思えないかもしれません。

ですが、長年に渡り一線で活躍し続ける姿から、一貫性や責任感が期待できそうです。

まとめ

理想の上司になりたいと思っても、そう簡単には実現できません。部下それぞれさまざまな性格を持っているため、全員を思い通りまとめるという作業は容易でないのです。

ですが、上記の方法を意識することで、より理想に近づけるでしょう。理想の上司に選出される芸能人の傾向なども意識しつつ、魅力的な上司を目指してみてください。