「いいな」を届けるWebメディア

社会

2017年11月21日 更新

高齢者が勝った「大阪都構想」再現?英EU離脱にシルバーデモクラシーの声

2016年6月23日、イギリスで実施された国民投票はEU離脱派が52%、EU残留派が42%の結果となり、世界中に衝撃を与えました。

離脱派勝利のニュースを受けて、世界の為替・株式市場は大混乱。イギリスでは、離脱に投票した人ですら個人資産が目減りしたりと後悔の声が出始めました。

そして、今回の国民投票のスローガンでもあった「Brexit」(Bretain + exit 離脱)をもじって、「Bregret」(Britain + regret 後悔)なんて皮肉めいた言葉も拡がっているようです。

しかし、離脱派の勝利が世界的な混乱を引き起こすことはわかっていたこと。

それにもかかわらず、離脱派が勝利したのはなぜでしょうか?

高齢者のための政治「シルバーデモクラシー」

イギリス公共放送局「BBC」では、離脱派が勝った理由を8つ挙げていますが、その中には「大勢の高齢者が投票した」という考察があります。

1.「経済打撃」の警告が裏目に
2.「NHSに3億5000万ポンド」の公約が広く伝わった
3. ファラージ氏が移民問題を主要テーマにした
4. 国民が首相の言うことを聞かなくなった
5. 労働党は有権者との接点を見つけられなかった
6. 獰猛な大物2人――ボリス・ジョンソン氏とマイケル・ゴーブ氏
7. 大勢の高齢者が投票した
8. ヨーロッパはいつでも少し異質

出典:bbc.com

65歳以上の5人中3人が離脱を希望

記事内では「55歳以上の離脱支持率は他のどの年齢層よりも高かった。65歳以上になると、5人中3人が離脱を希望した。こうした要素が重なり、投票結果の下地が整ったわけだ」と解説。

イギリス EU国民投票 結果

出典:boiseweekly.comよりグラフ作成

グラフをみても、若者は完全に残留派、高齢者は離脱派と分かれています。

つまり、高齢層が短期的な国の利益を優先したと指摘されているのです。

その後、イギリスの大手新聞社「ガーディアン」がFacebookページに投稿したビデオも反響を呼びます。

ビデオではEU圏内を自由に移動できる未来を失われたイギリスの若者が嘆き、その悲壮感が漂っています。

「国の未来に恐怖を感じる」「16-17歳の声は聞いてすらもらえない」

また、ガーディアン紙の記事にも「将来、イギリスにいるイメージがない(移住や国籍を変える)」「私の未来、私の友人の未来が消えていった」といったコメントが見受けられます。

一方、この年齢層の違いをみた日本ではツイッターを中心に「大阪都構想を思い出した」という声があがりはじめます。

2015年5月に行われた大阪都構想では、都構想反対派が僅かに上回りました。

20代〜60代の「都構想賛成」が過半数で、70代以上は都構想反対派が優勢。

しかし、結果として高齢者の意見が通ってしまう現状が選挙後に指摘されました。

これを老人のための政治「シルバーデモクラシー」と呼ぶように。

老人の数が多く、若者の数は少ない。その上、投票率も老人のほうが多いために老人の意見が通りやすくなる。これが「シルバーデモクラシー」の正体です。

「シルバーデモクラシー」も民主主義の結果であり、尊重しなければなりませんが、イギリスの若者には英国国民であると同時にEUの一員という意識があります。

その一方、EUに加盟する前のイギリスを知っている年齢層は「偉大なるイギリス」だった時代を懐かしみ、イギリスは独立してもやっていける、と考えている方が多かったのです。

動かしたのは老人、向き合っていくのは若者

今回の選挙では「EUにイギリスの富・力が吸い取られていると憎しみすら感じている」と、不愉快さを示した意見も。
移民の件も含めて、取り急ぎ「現状が嫌だ」の拒絶反応が投票に反映されたのではないでしょうか。

国民投票後のイギリスをより長く生きていくのは老人ではなく若者たち。
まだ、EU離脱までには時間がありますが、はやくも「老人が混乱を引き起こし、若者がその混乱を立て直さなければならない」と、指摘され始めています。

I'm passionate about my country and whatever the result of Thursday's referendum, we will always be Great. Each side has the right to their opinion and that should always be respected whatever the outcome of the European Referendum. I played my best years at my boyhood club, Manchester United. I grew up with a core group of young British players that included Ryan Giggs, Paul Scholes, Nicky Butt and the Neville Brothers. Added to that was an experienced group of older British players such as Gary Pallister, Steve Bruce and Paul Ince. Now that team might have gone on to win trophies but we were a better and more successful team because of a Danish goalkeeper, Peter Schmeichel, the leadership of an Irishman Roy Keane and the skill of a Frenchman in Eric Cantona. I was also privileged to play and live in Madrid, Milan and Paris with teammates from all around Europe and the world. Those great European cities and their passionate fans welcomed me and my family and gave us the opportunity to enjoy their unique and inspiring cultures and people. We live in a vibrant and connected world where together as a people we are strong. For our children and their children we should be facing the problems of the world together and not alone. For these reasons I am voting to Remain

David Beckhamさん(@davidbeckham)がシェアした投稿 –

元イングランド代表の主将デイビッド・ベッカムさんも投票前は「残留」への支持を表明していました。その理由についても「現役時代、欧州の選手達と戦ったことで、自身もイングランド代表チームも成長できた」と、経験を振り返りながらヨーロッパと繋がる未来の大切さを説明。しかし、願いが聞き届くことはありませんでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです