おしゃれなトースター10選と失敗しないトースターの選び方

朝食にはトーストという人も多いのではありませんか?パンを入れればトーストを勝手に作ってくれるトースターは、現代社会では欠かせない家電でしょう。トースターは現在、さまざまなメーカーからおしゃれなものが発売されています。

そこでここでは、

  • 失敗せずにトースターを選ぶ8個のポイント
  • おすすめ!おしゃれなトースター10選
  • トースターで作れるおすすめレシピ

をご紹介します。

失敗せずにトースターを選ぶ8個のポイント

現在では、トースターもいろいろなメーカーから販売されています。その中でも価格のほかにもおいしく焼き上げられるかどうか、どのような機能が搭載されているかなど比較のポイントはいくつかあります。その中でも特に重視してほしい9個の比較ポイントについて、以下で詳しく見ていきます。

美味しく焼けるか

トースターの選び方のポイントでやはり無視できないのは、おいしく焼けるかどうかです。そのためには、まずヒーターの種類をチェックすることです。

食材の奥まで熱が届く遠赤外線ヒーターのトースターが人気です。ディンプル加工も庫内の壁面に凹凸が細かくついているため、熱を効率的に拡散でき、焼きムラを抑えられるためおすすめです。

一度に焼ける枚数

一度に何枚のパンが焼けるかも選び方のポイントです。家族がたくさんいる場合、一緒に多くのパンが焼けたほうが食事も効率的にはかどるからです。

一般的なのは2枚焼きで、1~2人暮らしの方向きのモデルといいます。家族がいる場合には4枚タイプ、スペースが気になるのなら3枚タイプの方が適しているでしょう。一人暮らしで小食なら、ごく少数は1枚タイプもあります。

温度調整機能の有無

トースター内の温度を調節できる機能のついたトースターも出てきています。食材ごとに焼き上げ温度を変えたり、自分の好きな焼き加減にできたりするのがおすすめの理由です。ダイヤル式で調節できるものもあれば、強中弱のような段階別で温度設定できるようなトースターも見られます。

ミラーガラス

ミラーガラスのついているトースターも人気になりつつあります。ミラーガラスは調理時に熱を反射させる性質があるため、焼きムラを軽減する効果があるといわれているためです。また使用していないときは見た目がすっきりするからという理由で買い求める方も少なからず見られます。

ヒーターの種類

ヒーターの種類によって比較する方法もあって、近年では従来主流だった電熱式よりも遠赤外線を採用したものが人気です。遠赤外線は先ほども紹介した通り、内部にまで熱がしっかり浸透するからです。食材の奥までしっかり熱が伝わる一方で、短時間でも表面はこんがり・サクサクに仕上げられます

ディンプル機能

ディンプル加工は庫内の壁面に凹凸を付けた加工のことです。この凹凸が熱を乱反射する効果があるため、均一に熱を拡散できます。結果、焼きムラを抑えることができ、一面が同じような焼き上がりになります。食感も均一に仕上げることができ、人気のトースター機能の一つです。

お手入れのしやすさ

トースターを選ぶポイントとして、内部の掃除がしやすいかどうかも含めておきましょう。パンくずなどトースターを使用するときに、どうしても庫内にごみが溜まりやすいからです。パンくずなどをそのままにしておくと、過熱による発火や故障の原因になるかもしれません。簡単に丸洗いできるようなモデルも出てきています。

ワット数の調整機能の有無

トースターの最大ワット数は1200Wでどれも同じですから、ワット数を調整できるかどうかで比較しましょう。ワット数の調整ができれば温度調整も可能で、料理によってコントロールも可能なためです。

電力の数値がそのまま表示されるものもあれば、温度を表示するものも見られます。調整も簡単に段階を分けているものもあれば、詳細な設定まで可能な機種まであります。

おすすめ!おしゃれなトースター10選

トースターで何を選べばいいか、迷っているという人はいませんか?そこでここでは、機能が充実しているだけでなくスタイリッシュでおしゃれなトースターを10個詳しく見ていきます。

BALMUDA The Toaster


スチームと細かな温度調節によって、理想のトーストを実現できるトースターとして注目を集めています。スチームを充満させることで焼いているときにパンの表面を水の薄い膜でカバーします。

その結果、パンの表面だけ軽く焼いて、中の水分や香りはしっかり閉じ込めます。表面はカリカリ・中がふっくらの理想の食感を作り出します。

アイリスオーヤマ オーブントースター


450W・550W・725W・1000Wの4段階に温度を切り替えることが可能です。このため、料理別に調節して理想の焼き上がりを実現できます。受け皿がついているため、クッキーなどの食べかすの出やすい食材を調理する場合でもお手入れが簡単です。山型食パン2枚でも一緒に焼けるほどの庫内の広さも評判です。

ツインバード スリムオーブントースター


横幅はA4サイズで、ちょっとした空きスペースの中でも置けるスリムサイズなところが特徴です。コンパクトサイズの割には、トースト2枚を同時に焼けたり、オーバル型のグラタン皿を収納できたりします。

ミラーガラスになっているため、庫内の熱を逃しにくく効率的に焼き上げられます。電源を入れていない際には中身が見えず、スタイリッシュなデザインであるところが若者を中心に人気です。

アラジン グラファイトトースター


短時間・高温で一気に焼き上げられるため、パンの中の水分を逃すことはないです。このため、外はサクサク・中はもっちりの理想的な食感にトーストを仕上げられます。

ヒーターには遠赤グラファイトというオリジナルのものを使っています。一般的なヒーターと比較して、30%程度立ち上がりが早く、短時間でトーストを仕上げられます。

象印 オーブントースター


扉と焼き網が取り外せるトースターです。このため、掃除もしやすくいつまでも新品の状態を維持できるでしょう。餅焼きネットも搭載されているため、おもちも上手に焼き上げられます。ネットの目が細かいため、おもちが垂れる心配もありません。

タイガー オーブン トースター


高温で一気にトーストを焼き上げられるため、中は熱々でありながらもちもち感も維持できます。パンをむらなく短時間で焼き上げられるのは、トリプルヒーター設計になっているためです。合計で1300Wという高い熱量を実現できています。網やパンくずトレイなども着脱できるため、丸洗いも簡単に行えます。

バルミューダ スチームオーブントースター


3つの温度帯・5つのモードが搭載されているため、食パンやクロワッサンなど食材に応じてベストの状態で焼き上げることが可能です。スチームの力によって、水分や風味をしっかり残して焼き上げられます。チーズトーストやピザトーストも絶妙な焦げ目をつけて、お店顔負けの料理を自宅で簡単に作れます。

デロンギ スフォルナトゥット・クラシック コンベクションオーブン


コンベクション機能が人気で、自宅で簡単に本格的な調理ができます。コンベクションは「対流」を意味しています。ファンの力で熱風を滞留させることで、焼きムラなく焼き上げられます。

食材を熱風で包み込むような感じですから、外はカリカリ中はしっとりとした仕上がりになります。温度・タイマー・調理ダイヤルを3つ合わせるだけで、どのような食材もおいしく仕上げられます。

±0 Toaster Oven プラスマイナスゼロ オーブントースター


グリルを2段にしたことで、スリムでコンパクトなデザインです。一人暮らしの限られたスペースの中でもすっきりディスプレイできます。プレートが付属しているため、トーストのほかにもパイやグラタン、おもちなどいろいろな領地で活用できます。

ガラス扉が大きくレイアウトされているため、使用中の焼き具合が一目で確認できるところも人気です。

KOIZUMI(コイズミ) 【目玉焼きも同時に焼ける!】オーブントースター


1枚焼きのコンパクトサイズのトースターですから、一人暮らし向きのアイテムです。天面でも焼き上げることが可能で、トーストと目玉焼きやベーコンエッグも同時に調理できます。メッシュ網を使っているため、おもちも垂れることなくおいしく焼き上げることも可能です。

パンを焼くだけじゃない!トースターで作れるおすすめレシピ

トースターはトースト以外にもいろいろな料理を作る際に活躍します。トースターを使ったレシピもネット上でいろいろと紹介されています。その中でも人気のレシピをいくつかここでピックアップして紹介します。

もこもこチョコバナナマフィン

卵1個・牛乳150ml・溶かしバター30gと200gのホットケーキミックスを混ぜ合わせます。そこにバナナ1本を適当な大きさに切って、先ほどのものと混ぜ合わせ、カップ半分くらいを目安に生地を入れます。チョコチップを適量振りかけて、あとはトースターで10~15分程度加熱します。楊枝を指して生地がくっつかなくなれば出来上がりです。

クックパッドより引用(https://cookpad.com/recipe/4932982)

スイートポテト

サツマイモ2本の皮をむき、小さくカットして水にしばらくさらします。水を切ったら電子レンジで10分程度チンします。そこにバター20g・砂糖大さじ2杯・バニラエッセンス少々・牛乳大さじ2杯を熱したサツマイモに入れてつぶしていきます。このつぶしたサツマイモを成型して、トースターで15分ほど焼き上げたら完成です。

クックパッドより引用(https://cookpad.com/recipe/5308539)

豆乳ポテトグラタン

ジャガイモ3個の皮をむき、一口大に切って水にさらして下ごしらえをします。ジャガイモと豆乳150㏄を鍋の中に入れて煮込みます。そこにコンソメ1袋と塩コショウ少々入れることで味を整えていきましょう。
煮立ったら弱火で10分煮込んで、耐熱皿に移し、ここにとろけるチーズを適量振りかけます。トースターで焦げ目がつくまで焼けば完成です。

クックパッドより引用(https://cookpad.com/recipe/1866059)

フォンダンショコラ

板チョコ2枚を耐熱容器に割った状態で入れて、無塩マーガリン40gと電子レンジ600Wで1分弱過熱します。チョコレートが溶けたら電子レンジから取り出し、卵2個・砂糖20gを入れてしっかり混ぜ合わせ、小麦粉60gふるいにかけて振りかけていきます。

ココットの7分目を目安に生地を入れて、トースターで10分前後様子を見ながら焼き上げていきます。トースターを使用する前に180度程度で予熱しておくと早く仕上がります。

クックパッドより引用(https://cookpad.com/recipe/2897644)

まとめ

トースターはコンパクトサイズから大型のものまで、いろいろな種類のものが販売されています。機能性やお手入れのしやすさなどで比較してみるといいでしょう。トーストのほかにも上で紹介したように、スイーツをはじめとしていろいろな料理も作れます。トースターを有効活用して、料理のレパートリーを広げてみましょう。