おすすめのブレンダー5選と自分にあったブレンダーを選ぶコツ

調理用具の一つブレンダーは、食材をつぶしたり混ぜたりするときに使用するアイテムです。ブレンダー一つあれば、離乳食やポタージュスープをはじめとした固体の食材を液状に簡単に変身でき、重宝します。最近ではさまざまなメーカーからブレンダーを販売していますから、どれを選べばいいか、おすすめ商品とともに紹介します。

今回は

  • ブレンダーは主に2種類
  • 自分にぴったりのブレンダーを選ぶポイント
  • おすすめのブレンダー5選
  • ブレンダーの活用方法を動画でチェック

についてまとめました。

ブレンダーは主に2種類

ブレンダーは大きく分けてハンドブレンダータイプと据え置きタイプの2種類に分類できます。両者にはそれぞれ異なる特徴があります。

どのような料理を作る際にどちらを使ったほうがいいのかについて、以下でまとめてみました。

ハンドブレンダータイプ

ハンドブレンダータイプは様々な料理を作るのに適しています。アタッチメントが数種類用意されているからです。

毎日飲むスープや赤ちゃんのいる家庭では離乳食を短時間で作れるためおすすめです。コンパクトサイズで置く場所に困らないところもメリットです。

据え置きタイプ

ハンドブレンダータイプと比較すると据え置きタイプは、ハイパワーのものが多いです。硬めの食材もしっかりと刻めます。

氷も砕けるだけのパワーを持っていますから、スムージーなどを作る際には適したブレンダーといえます。

自分にぴったりのブレンダーを選ぶポイント

ブレンダーを選ぶ際には、自分の用途にマッチしているか、強弱などの調整ができるか、事故防止のための安全性に対応しているか、いろいろとポイントがあります。

自分の使い方にマッチしたブレンダーを選ぶポイントについて、以下で詳しく紹介します。

作りたい料理・用途にあったものを選ぶ

自分が主に、どのような料理を作る際にブレンダーを使用するかをベースにして選ぶことが大事です。ブレンダーの種類によって、向き不向きがあるからです。例えば離乳食であれば軽量目盛りカップがついていると、細かな調整もできます。

スムージーを作る際には硬い食材をつぶす必要もあるでしょうから、ハイパワーのモデルを探すなどです。

パワーの強弱ができるものを選ぶ

パワーの強弱など、数段階に調整できるブレンダーはおすすめです。調整ができれば、料理に合わせて使い方を変えられます。作れるメニューのバリエーションが広がってきますから、使い勝手もよくなるでしょう。

アタッチメントの種類で選ぶ

アタッチメントが多く用意されているブレンダーがあれば、より広い用途で使用できます。チョッパーがあれば、みじん切りやスライスなど食材を刻めます。専用カップがついていると、スムージーを作るときに便利です。

ただしミキサーを持っていて、それにアタッチメントが付属しているのなら、かぶらないように内容をチェックしたほうがいいです。

コードの有無で選ぶ

コード付きのものとコードレスのブレンダーがラインナップされています。コードレスであれば、コードの長さに動きを制約されません。

一方で電池を使っているため、繰り返し頻繁に使うと電池の劣化も早まります。コード付きは動きが制約される半面パワフルで、長時間電池のことを気にせずに連続使用も可能です。

連続稼働時間で選ぶ

連続稼働時間でブレンダーを選ぶのもポイントです。というのも過負荷による温度上昇を避けるために、それぞれの商品で連続運転できる時間が決まっているからです。

連続稼働時間は長いほうがいろいろな料理を作る際に活用できるので、使い勝手は良くなります。しかしそれほど長時間使用することがなければ、連続稼働時間はそれほどこだわらなくてもいいかもしれません。

安全性を重視して選ぶ

安全性に配慮されたブレンダーを探すのも大切です。ミキサーやフードプロセッサーなどのように、ふたを閉じて使用するわけではないからです。

安全装置として代表的なのは、ロック解除ボタンです。ロック解除のボタンを押しながら運転ボタンも押さないと、ブレンダーが作動しないシステムです。また子供のいる家庭であれば、チャイルドロック機能のついているブレンダーは使っていて安心でしょう。

おすすめのブレンダー5選

ブレンダーの選び方のポイントが理解できたところで、具体的にどのような商品を選べばいいかという問題が今度は出てきます。2018年現在、おすすめのブレンダー5つについて、以下で詳しく紹介しましょう。

homgeek ハンドブレンダー

homgeek ハンドブレンダー 離乳食 500W ジューサー 肉 ミキサー 果物 フードプロセッサー 1台4役 ブレンダー 1.8万回/分回転数 5段変速 飛び散り防止 お手入れ簡単 調理時短 出産祝い 母へのハンドミキサー
つぶす・混ぜる・泡立てる・刻むという4つの料理工程を一つでこなしてくれます。見た目はコンパクトですが、パワフルなため、みじん切りなども素早く処理できます。

人間工学に基づいてグリップが作られているので、手になじみやすいと評判です。コンパクトサイズのため、ちょっとした空きスペースにおけるところも便利です。

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック MQ735

ブラウン ハンドブレンダー マルチクイック 1台4役 : 「つぶす」「混ぜる」「きざむ」「泡立てる」 ブラック/シルバー MQ735
2017年のハンドミキサーメーカー別シェアランキングナンバーワンに輝いたブラウンのノウハウが結集されています。例えばスマートスピード機能が搭載されたことで、スピードコントロールが自分の感覚で自由に行えます。

ブラウン独自に開発したモーターパワーで、短時間で出来上がります。付属する計量カップにぬるま湯を入れて10~20秒程度動かすだけで、お手入れができる簡単さも人気の理由です。

TESCOM PureNatura スティックブレンダー ホワイト THM311-W

TESCOM PureNatura スティックブレンダー ホワイト THM311-W
混ぜるとつぶすの1台で2役をこなすブレンダーです。スープや離乳食を簡単に作れると注目を集めています。ブレンダーは金属製のため、耐熱性に優れています。

熱湯消毒も変形などの心配をすることなくできるため、いつまでも衛生的に使用できます。専用のブレンドカップを使えば、目盛りを使って効率よくブレンドできるのも評判です。

Cusinart スマートスティック ハンドブレンダー(バーミックスタイプ)

クイジナート Cusinart スマートスティック ハンドブレンダー(バーミックスタイプ)
Cusinartという世界のトップブランドが提供するブレンダーです。赤ちゃんの離乳食からお年寄りの刻み食まで、スピーディーに作れます。

チョッピング機能も搭載されていて、野菜のみじん切りだけでなく、ナッツを粉砕したり、パン粉を作ったりも可能です。このように幅広い料理の下ごしらえに活用できます。

TeLife ハンドブレンダー

TeLife ブレンダー ハンドブレンダー 離乳食 ブレンダー 500W フルパワー ハンドミキサー フードプロセッサー 1台5役 調理時短 ミキサー (ホワイト)
混ぜる・つぶす・みじん切り・砕く・泡立てるの1台5役をこなしてくれるブレンダーです。特に砕くパワーは優れていて、氷も簡単に砕けます。

ステンレス製のカッターヘッドとフルパワーのモーターの組み合わせによって、強いパワーを発揮できるわけです。パーツがさほど多くないので、日々のお手入れの簡単なところもユーザーに好感されています。

ブレンダーの活用方法を動画でチェック

ブレンダーの機能について理解できても、具体的にどのようなものを作るのに活用すればいいか、いまいちイメージがわかないという人はいませんか?

ブレンダーの活用法について、動画サイトでいろいろと紹介しています。その中でも人気の動画5つについてまとめてみました。

人参とトマトのポタージュ


ブレンダーを使用すると、ポタージュなども作れます。この動画では人参とトマトのポタージュのレシピについて紹介しています。

ニンジンなどの野菜をみじん切りにして、オリーブオイルと刻んだしょうがを入れて、刻んだ野菜を入れていきます。ひと煮立ちしたところに豆乳を入れ、塩で味を調整し、あとはブレンダーでかき混ぜるだけです。

マヨネーズ


マヨネーズはスーパーで購入している人もいるでしょうが、ブレンダーがあれば自家製のものを簡単に作れます。卵とコショウ、お酢、油をカップの中に入れて、あとはブレンダーを使ってかき混ぜるだけです。少し油を多めに入れたほうが滑らかな感じの自家製マヨネーズが作れるでしょう。

いちごミルク


ブレンダーがあれば、イチゴミルクも簡単に自宅で作れます。ヘタをカットしたイチゴと牛乳を適量カップの中に入れて、ブレンダーを使って混ぜ合わせれば完成です。コップの中で混ぜ合わせれば、そのまま飲めますから、朝外出の準備で忙しい人でも簡単に作れます。

ブルーベリーアイスクリーム


ブレンダーを使って、ブルーベリーアイスクリームを作る方法も動画サイトで紹介されていました。

冷凍ブルーベリーと牛乳、砂糖をお好みでカップの中に入れていき、ブレンダーで混ぜ合わせていきます。大体カップ8分目くらいになるように量を調整してみるといいでしょう。

ブルーベリーにはペクチンが含まれ、これが砂糖と混ざると冷凍庫に入れなくてもアイスクリーム状に変化します。

スフレオムライス


スフレオムライスもブレンダーがあれば、簡単に自宅で作ることも可能です。卵のほかにピーマンやにんじん、玉ねぎ、ご飯などオムライスを作るために必要な食材を用意しましょう。

 

1.野菜を適当な大きさにカットし、これらをブレンダーで細かくみじん切りに刻みます。

2.一方バターを鍋に敷き、先ほどの刻んだ野菜、ケチャップ、ご飯、コンソメで味を整えましょう。

3.ボウルに卵の白身と塩、砂糖を入れてブレンダーで泡立てていきます。角が立つくらいに混ざったところに卵黄を入れて軽く混ぜます。

4.先ほど紹介した炒め物の上にこの卵のメレンゲを乗せてオーブンに入れて焼けば、簡単にスフレオムライスが完成です。

 

まとめ

野菜のみじん切りや離乳食、スープ、マヨネーズなどの調味料もブレンダー一つあれば簡単に調理できるのは魅力です。

ブレンダーにはハンドタイプと据え置きタイプなどいろいろな商品が出ています。自分の用途や機能などを比較して、使い方にマッチするものを見つけて、さっそく料理で活用してみましょう。