無能な上司とはどんな人?特徴と対処法7つ

年功序列で出世しやすい企業では、能力不足の人材が上司となるケースもしばしばあります。無能な上司を持つと、コミュニケーションがうまくとれずにイライラしてしまったり、指示が不十分で業務にも影響が出たりと困ってしまいますよね。

ここでは

  • 無能な上司の特徴
  • 無能な上司の対処法

と、無能な上司の特徴や対処法についてまとめました。

あなたの上司は大丈夫?無能な上司の特徴

部下に仕事を任せきりにしたり、頑固すぎて融通がきかなかったりする人は、無能な上司の可能性があります。

部下の負担を増やしてしまう、無能な上司に共通する特徴を紹介します。

部下に仕事を任せっきりにして仕事の内容を把握していない

上司は部下の仕事の責任をとる立場。部下がそれぞれどんな仕事をしているのか把握し、業務量を調整したり、フォローしたりと監督するのが役目です。にもかかわらず、チームに割り振られた仕事を部下に任せたきりにして、内容も把握していないような上司は無能と言われても仕方がありません

さらに良くないケースでは、部下が仕事でミスをするなど、思うような結果が出なかったときに理不尽に怒ることも。部下に責任を押しつけるような上司を持つと、部下は苦労してしまうでしょう

古い考えに頑固になって部下の意見を聞かない

自分の考え方を正しいと盲信して、部下の意見を一切聞かない上司もいます。「自分はこれでうまくいった」「今までずっとこうしてきた」という固定観念にとらわれて、目下の人間の意見を一切聞き入れないタイプです。

経験からくるアドバイスは若手にとって非常に貴重ですが、それを無理に押しつけたり、こだわりが強くて他人の意見に耳を貸さなかったりするような頑固すぎる上司は、仕事をスムーズに進める妨げになってしまいます。

部下の提案に決断や判断ができず自分の保身に入る

何か重大な決定をするとき、部下は上司の指示や許可を受ける必要があります。しかし、上司が優柔不断であったり、保守的で革新的な施策にしり込みしてしまったりするタイプだと、なかなか部下の提案を受け入れる勇気が出ません。

もし部下の提案を受けて失敗してしまえば、それは許可を出した上司の責任でもあります。そのため、優れた施策を提案しても、それを退けて保身に走ってしまうのです。特に新しい方法を試すようなリスクのある提案は、問答無用で却下することが多いです。

勤続年数だけで役職に選ばれ上司に見合った性格でない

年功序列の企業では、勤続年数が長ければ自動的に昇進することが多いです。ときに本人の適正を無視した人事が行われるため、リーダーシップのないリーダーが誕生することもありえます。

現場で与えられた仕事を完璧にこなす能力があっても、管理職としての才能とは別物。こうしたケースでは、上司自身も、自分が管理職にさせられたことに不満を持っていることがしばしばあります。モチベーションも低く、最低限の仕事をこなそうとしているため、やる気のある部下からは無能な上司に映ります。

批判ばかりするが部下を教育するのは下手

上司の立場からは、部下の指導をするのは当然のことです。しかし、批判ばかりしてそのフォローをすることがない上司は、部下を育てるという義務を果たせていません

ミスが起きたときに何が起きたのかを互いに確認することは必要ですが、建設的に今後の対策を考えなければ、部下の成長にはつながりません。

自分のミスを部下のせいにする

本来、上司というのは部下がミスをしたら、その責任をとる立場です。信頼される上司は、部下のミスをかばい、一緒にミスのフォローに回ってくれます

逆に、自分のミスを部下のせいにして保身に走るような上司は部下から不信感を持たれてしまうでしょう。部署内のコミュニケーションがぎくしゃくし、優秀な部下に正当な評価がされないとで、部署全体の成果を落とすことにつながります

無能な上司の対処法

無能な上司にあたってしまっても、上司を教育して変えるのはなかなか難しいもの。自分のやりやすいよう指示を誘導したり、上層部に相談したりといった対処法で、上手に立ち回りましょう。無能な上司に対処するための方法を紹介します。

こちらの思うように指示させるよう誘導する

無能な上司に直接文句を言っても、はぐらかされたり、逆に怒られて自分の評価を下げたりする可能性があります。かといって、上司の代わりに指示を出したり、勝手な判断をしたりしては場が混乱してしまうでしょう。そんな場合は、上司を誘導して思うような指示を出させることをおすすめします。

たとえば、他人に指示をするのが下手な上司に対しては、こちらからさりげなく助け舟を出しましょう。あいまいな指示を具体的にかみ砕いて、「○○と伝えておきますね」といった確認をとることで、上司を立てながら、作業者が動きやすい指示を伝達することができます。

こちらから先に何でも報告するようにする

報連相はどんな場合でも重要ですが、無能な上司の対策としても非常に有効です。逐一報告をすることによって、上司の許可を得て仕事をしているという事実を作れます。万が一ミスをしたとしても、上司も了承のうえ行っていた作業のため、自分ひとりに責任が押しつけられる心配はありません。

自分で責任をとりたがらない上司に対しては、細かいことでも自分からどんどん報告をしましょう。自分の仕事を上司が把握しているという状況を作っておくことが大切です。

これで良いかどうか確認を細かくとるようにする

責任感のない無能な上司には、仕事に上司の意思を介在させるのも有効です。細かな報告と同様、「上司の許可をとった」という事実によって、上司の責任を問えるようになります。

このとき、口頭ではなく書面やメールを使うのがベターです。あとからさかのぼることができるため、言った・言わないのトラブルになる心配がありません。

嘘でも仕事と割り切って共感するふりをする

無能な上司だからといって、仲が悪くなるのはデメリットが大きいです。友好的な関係を築いておけば、コミュニケーションもとりやすくなります。

表面的でもかまわないので、仕事のためだと思って好意的な反応をするよう心がけましょう。「自分もそう思う」「確かにそうだ」といった共感をすると仲良くなりやすいです。

上司より先に仕事を把握し部下同士で協力して進める

無能な上司は無視して、部下が協力をして仕事を進めるという方法もあります。上司が部下のやることに対して無関心な場合は、部下同士が連携をするしかありません。

上司へは重要な決定の確認と、結果の報告のみ行い、基本的には部下同士で仕事を進めたほうが、仕事がスムーズに進む可能性があります

無能な上司のさらに上の上司に気に入られる

無能な上司がいたとしても、そのさらに上の上司もそうとは限りません。無能な上司も上役に対して無理は言えないはずなので、できるだけ上司の上司と良好な関係を築けるよう努力しましょう

しっかりとアピールできれば、昇進や昇給にも良い影響を与えるかもしれません。無能な上司を追い越して、自分が指示を出す側に回ってしまえば、指導力不足の上司に頭を悩ませることもなくなります

どうしようもないときは会社の上層部に相談する

仕事

あまりにも無能な上司の振る舞いが目に余るときは、上層部への報告もひとつの手です。組織が大きくなると、上層部としても全員の仕事ぶりを管理することはなかなかできません。

そのため、上司の問題を上層部が把握していないだけということもありえます。上司に明らかに問題があり、それによって仕事にも支障が出ている場合は、上司の言動をまとめて報告してみてください。

客観的な立場から注意を受けることで、上司も反省してくれるかもしれません。場合によっては、上司の異動や降格などの対処をしてもらえることもあります。

まとめ

どんな企業、職種であっても、無能な上司にあたってしまう可能性はあります。責任をとらなかったり、部下の意見を聞かなかったりする困った上司に対しては、上司の立場を立てつつうまく立ち回るようにしましょう。

割り切ってつきあい、それでも対処が難しい場合は上層部に相談するのも手です。無能な上司に悩まされている人は、今回紹介したことを参考に上司とのつきあい方を見直してみてください。