ヌーディな髪色に憧れる!ヌーディアレンジ10選

肌なじみが良いヌーディカラーは、柔らかな透明感を与えてくれます。どんなヘアスタイルにも似合いやすく、ロングヘアはもちろんショートヘアでも女性らしさを引き出してくれるでしょう。

今回は、

  • ヌーディな髪色とは
  • ヌーディの種類
  • ヌーディなヘアスタイル事例

をご紹介します。

ヌーディな髪色ってどんな色?

ヌーディカラーと言われても、いまいちピンと来ない人もいるかもしれません。一般的には肌色に近い、柔らかみのある色味を指します。

ベージュやピンクベージュ、薄いオレンジなどもヌーディカラーのひとつに数えられ、明確な線引きはありません。「素肌っぽさのあるナチュラルカラー」と覚えておけば間違いないでしょう。

ナチュラルで透明感のあるカラー

ヌーディカラーは柔らかな透明感を持つカラーです。白髪が気になり出した女性に人気のカラーにグレイヘアがありますが、このグレイヘアもヌーディカラーのひとつ。

その人にとって自然な色合いのことを、ヌーディカラーと言います。そのため年齢によっても、ヌーディカラーの定義は少し変わってくるかもしれません。

肌なじみの良いカラー

先述したようにヌーディカラーはナチュラルで、日本人の肌にもよくなじみます。例えば真っ赤な髪にしたとして、どうしても肌との違和感が出てくるでしょう。

ヌーディカラーは素肌のトーンと比べても、あまり違和感のない色のことを言います。そのため明るめのヌーディカラーもあれば暗めのカラーもあり、バリエーションはかなり豊富です。

ヌーディにはいろんなニュアンスがある

ヌーディカラーと言っても、さまざまなニュアンスがあります。こちらでは具体的に、どのようなヌーディカラーがあるのかを見ていきましょう。同じ「ヌーディ」でありながら、明るさの違いによってカラーは大きく異なってきます。

明るめのヌーディ

明るめのヌーディとは、ヌーディベージュ、グレージュなどやや明るさを感じられるカラーを指します。なかでも人気なのがミルキーベージュです。

ミルクティーを思わせるような柔らかなベージュで、ふんわりとしたロングヘアにも、スタイリッシュなショートヘアにも似合います。どんなヘアスタイルにも合わせやすく、優しい雰囲気を持たせてくれるところがヌーディカラーの人気の理由です。

暗めのヌーディ

暗めのヌーディには、落ち着いたカラーリングのブルージュ、モカベージュなどがあります。ハイライトをたっぷり入れることで、暗めながらも重さを感じさせません

明るめのカラーで紹介したグレージュは、暗めのヌーディカラーに変化させることも可能。同じ系統のカラーであっても、色合いをどうするかで明るさは変わってきます。

グラデーションで仕上げるヌーディ

今風のヘアスタイルを手に入れたい場合、ミルキーベージュ×グラデーションでアクセントをつけてみてはいかがでしょうか。シンプルになりすぎないようヌーディカラーをベースに、グラデーションやインナーカラーでちょっとしたポイントを作る人は多くいます。

ツヤのあるウェットヘア

出典:instagram.com

ワックスやヘアオイルで手軽に作れる濡れ髪風のウェットヘア。しっとりと濡れたような束感がツヤを出してくれるため、ツヤに難点があるヌーディカラーにはぴったりです。のっぺりとしがちなヌーディカラーも、ウェットヘアを取り入れることで動きのあるスタイリングに変身します。

アッシュカラーと合わせたヌーディ

スタイリッシュ系なアッシュカラーとヌーディカラーを合わせることで、かわいらしさだけではなくカッコよさも取り入れることができます

肌を明るく見せてくれるアッシュカラーは、ヌーディカラーとの相性も抜群。よりナチュラルな雰囲気を出すことができるため、ナチュラルなヌーディカラーを探している方は取り入れてみましょう。

外国人風♡明るめのヌーディ

ヌーディカラーはナチュラルな雰囲気でありながらも、外国人風の透明感あふれるスタイリングを楽しむことができます。こちらでは実際に、ヌーディカラーのヘアスタイルを見ていきましょう。

明るいベージュ

出典:instagram.com


明るいベージュのヌーディカラーは、ちょっと気分転換をしたいときにおすすめ。黄味が強すぎないぶん違和感もなく、柔らかな印象を保ったままガラッと雰囲気を変えることが可能です。徐々に色が抜けていく過程も楽しめるでしょう。

外国人みたいなミルクティーベージュ

出典:instagram.com


高い人気を誇るミルクティーベージュも、ヌーディカラーのひとつです。やや派手なカラーに見えますが、ベージュ系なので落ち着いた印象になっています。

こちらのヘアカラーでは1回ブリーチをしているため、比較的ベージュが強め。隠しカラーとしてラベンダーを入れて、ハイトーンでも色持ちしやすくなっています。

色っぽさ漂う♡暗めのヌーディ

明るめのヌーディカラーが透明感や爽やかさを出してくれるなら、暗めのヌーディカラーは大人っぽさや色気を演出します。暗めのヌーディカラーとはどんなものがあるのか、スタイリングを見ていきましょう。

暖色系の色を足して

出典:instagram.com


レッドバイオレットとパープルの混同カラーです。暗めのカラーをメインにしていることもあり、パープルレッドを使いながらも落ち着いた雰囲気に仕上がっています。暖色系のカラーがアクセントになった、女性らしく大人びたスタイリングです。

柔らかパーマにハイライト

出典:instagram.com


柔らかなパーマにバレイヤージュの手法を組み合わせ、白髪をなじませたスタイルです。ブラックやアッシュなど肌なじみの良いカラーと合わせることで、よりナチュラルな印象に。

ポイントポイントに仕込んだハイライトが、立体的な表情を生んでいます。

ヌーディでキレイ♡グラデーション

ヌーディカラーはグラデーションにも合います。グラデーションはカラー直後から色落ちまで、ずっと楽しめるように工夫ができるのが魅力。グラデーションと言ってもさまざまなやり方があるので、まずは好みのカラーを探してみましょう。

ブリーチで透明感を

出典:instagram.com


ブリーチをしてからヌーディカラーを入れることで、より透明感を出すことができます。こちらのカラーはブリーチを1回して、うっすらとグラデーションになるようベージュカラーをオン。徐々にミルクティーベージュに変化していく、色落ちも楽しめるスタイリングです。

毛先を明るく軽くする

出典:instagram.com


グラデーションのなかには、はっきりとグラデーションをかける方法とさり気なく変えていく2種類があります。こちらははっきりとカラーの変化が分かるタイプ。王道グレージュのグラデーションです。毛先を明るくすることで髪の重みを軽く見せることができます。

ツヤ感あり♡ヌーディな濡れ髪

ヌーディカラーはそのままだとナチュラルすぎて、質感がのっぺりとしてしまうことがあります。ワックスなどを使って演出する濡れ髪アレンジは、ヌーディカラーとの相性抜群。お風呂上がりのような髪のツヤが、質感に動きを与えてくれます。

色っぽいウェットヘア

出典:instagram.com

ヌーディカラーとウェットヘアを合わせることで、色っぽさを演出しています。スモーキーなオレンジベージュも、ヌケ感のあるアレンジによってこなれた印象に。ラフな外ハネが、暗めのカラーでもかわいらしい雰囲気に仕上げています。

ツヤ感のあるストレートボブ

出典:instagram.com


ストレートボブは清楚な雰囲気を出してくれます。ただしフラットであればあるほど、ボブヘアは重くなってしまいがちです。特に黒髪ボブは似合う人を選ぶでしょう。

その点ヌーディなベージュカラーなら、ぱっつんボブも軽く柔らか。「ばっさりと髪を切ってみたい」という方も挑戦しやすいスタイリングです。

アッシュカラーで透明感♡ヌーディヘア

クールな雰囲気のアッシュカラーも、ナチュラルなヌーディカラーとしてなら気軽に取り入れられます。くすみ系のカラーにすることで髪の透明感が増すため、黒髪では重くなりすぎてしまう人におすすめ。その人の持つ雰囲気を柔らかなものにしてくれます。

アッシュカラーで透け感プラス

出典:instagram.com


アッシュカラーで髪の透け感を出しつつ、さらにハイライトで全体に軽さを出したスタイリングです。アッシュグレー、ブルージュと呼ばれるカラーで、ヌーディさはありつつも派手に見えません。コテ巻きをして立体感を出すと、アッシュの透けるようなカラーが活きてきます。

スモーキーなニュアンスカラー

出典:instagram.com


グレージュのグレーを強めにすることで、日本人の髪に多い赤みを消してスモーキーな印象に。暗い色味でありながらも透明感があり、適度な抜け感もあります。一見するとクールなスタイリングですが、グレージュはかわいらしい顔立ちの方にも似合う万能カラーです。

まとめ

ヘアカラー以外にもネイル、ファッションなどあらゆるジャンルで「ヌーディカラー」がキーワードになりつつあります。どんな人にも似合いやすいナチュラルさが魅力のカラーですが、明るさや色味などは美容師さんと相談してみるほうがベターです。

自分の素肌に合う、より透明感を引き出してくれるようなカラーを見つけてみましょう。