ヌーディベージュで髪に素肌感?おすすめアレンジ10選

「ヌーディベージュ」というヘアカラーを耳にする機会は、以前に比べてずっと増えました。とはいえヌーディベージュが具体的にはどのようなカラーなのか、よく知らない人もいるのではないでしょうか。

今回は、

  • ヌーディベージュとは
  • ヌーディベージュがかわいすぎると評判
  • ブリーチなしのナチュラルなヌーディベージュ

について紹介していきます。オシャレを楽しみたいけれど、ナチュラルさも大事にしたいという人は、ぜひヌーディベージュを取り入れてみましょう。

ヌーディベージュとは?

ヌーディベージュとは素肌の色に近く、なじみの良いヘアカラーのこと。そもそもヌーディカラーにはピンクっぽい色味、オレンジっぽい色味など多様な種類がありますが、日本人の肌の色はなかでもベージュっぽいとされています。

つまりヌーディベージュは日本人の肌色に近い、自然なヌーディカラーです。素肌とトーンが似ているので柔らかさを出しやすく、透明感のある雰囲気を作ることができます。

ベージュを基本としたヌーディカラー

ベージュを基本としたカラーがヌーディベージュですが、必ずしもベージュでないといけないという決まりはありません。ピンクやグレーをニュアンスとして加えたカラーも、ヌーディベージュに数えられます。ベージュを基本としていれば、組み合わせは無数にあると言えるでしょう

ニュアンスカラーを足すことも

ヌーディベージュのスタイリングでは、ニュアンスカラーを足されるケースが増えてきました。日本人の肌の色は、一人ひとり少しずつ違っているもの。肌のトーンに合わせてベージュにピンクやオレンジ、パープルなどをプラスすることで、より透明感や立体感を出すことができます。

ニュアンスカラーは肌のトーンだけではなく、季節に合わせてカラーを選ぶ方法もあります。夏ならオレンジ、冬ならグレーのように、ファッションのひとつとしてヘアカラーを楽しめるでしょう。

ヌーディベージュがかわいすぎると評判♡

ヌーディベージュは年齢を感じさせないかわいさがあることから、幅広い年代の女性から人気を集めています。こちらでは、どのようなところが高い評判を得ているのかを見ていきましょう。

基本的にナチュラルな雰囲気のカラーばかりなので、ちょっとイメチェンをしたいときにもおすすめです。

透明感があってナチュラル

ヌーディベージュは派手すぎず自然な色味なので、さまざまなファッションに合います。多少色合いが明るくても、透明感があるおかげで悪目立ちすることはありません。髪の量が多い人や、1本1本の毛が太い人でも、透けるようなカラーが軽く見せてくれます。

肌をキレイに見せてくれる

ヌーディベージュは素肌になじみやすいため、肌をきれいに見せてくれる効果が期待できます。そのぶんヌーディベージュのヘアカラーは、自分の肌に合うものを選ばないといけません。

肌の色は人によっては黄味が強かったり、青みがあったりとさまざまです。美容師さんのアドバイスも参考に、より肌をきれいに見せてくれるカラーを選びましょう。

日本人にも似合う万能カラー

ロングヘアは寝るときのケアが大事!寝るときのおすすめまとめ髪

ヌーディベージュにすることで、色素が薄い外国人のような雰囲気を手に入れることができます。顔の造りや骨格などの違いから、外国人が似合うカラーは日本人には似合わないケースも少なくないもの。しかしヌーディベージュは日本人にも似合う万能カラー。一気にヌケ感が出ることから、高い人気を博しています。

派手すぎないのにオシャレ感が出せる

ヘアカラーの明るさは個人の好みもありますが、あまり派手な色にはできないという方も多いでしょう。その点ヌーディベージュは、基本的に派手すぎません。控えめかつナチュラルでありながら、ぐっとトレンド感を出してくれます。

髪色を明るくしてみたいけれど、派手なカラーは苦手という方は、ぜひヌーディベージュを試してみましょう。

ブリーチなしのナチュラルなヌーディベージュ

こちらでは、ブリーチなしのヌーディベージュカラーをまとめました。もちろんブリーチをすることでより明るさは強くなりますが、ヌーディベージュはブリーチなしでも十分きれいに仕上がります。自然なカラーを手に入れたい方は、かえってブリーチなしのほうが理想に近くなるはずです。

柔らかくてかわいい髪に

出典:instagram.com


若干の明るさは感じますが、赤みの少ない透明感のあるベージュカラーによって、かわいらしさが強調されています。ゆるやかなウェーブが、より髪の柔らかな印象を引き立てているでしょう。

外ハネのかわいいミディアムボブ

出典:instagram.com


ヌーディベージュはどんなヘアスタイルにも似合います。こちらは外ハネのミディアムボブですが、カラーリングしているとは思えないほどナチュラルな雰囲気。外ハネも良いアクセントになっていて、トレンド感をアップさせてくれています。

ブリーチで出すきれいなヌーディベージュ

ヌーディベージュのカラーをきれいに出したい場合、ブリーチをしたほうがベターです。日本人の髪はもともと赤みや黄味が出やすい傾向にあります。

ブリーチをすることでベージュカラーもきちんと色が入り、より透明感のある仕上がりになるでしょう。特に明るめのヌーディベージュを求めている人は、2回のブリーチが必要になるかもしれません。

やや赤みのあるヌーディベージュ

出典:instagram.com


ヌーディベージュはブリーチをすることで色落ちしにくく、理想通りのカラーを入れやすくなります。こちらは1回のブリーチで、しっかりと明るさと透明感を出したスタイリング。このくらいのカラーであれば「派手」と言われるほどではないので、気軽に挑戦できそうです。

ブリーチで丸いボブをふんわりと

出典:instagram.com


ふんわりとしたショートボブスタイルには、ハイトーンのヌーディベージュがぴったりです。ヌーディベージュが出す透明感が、外国人風のヘアスタイルに仕上げるポイント。

丸みのあるボブにはポイントでハイライトが入っており、キュートになりすぎず適度な抜け感を演出しています。

ニュアンスカラーをプラスしたヌーディベージュ

シンプルなヌーディベージュもいいですが、ニュアンスカラーをプラスすることで、自分の魅力をより引き立てることも可能です。ピンクやオレンジ、グレーなど組み合わせは自由自在なので、好みのカラーを見つけてみてはいかがでしょうか。

うっすら足したピンクベージュ

出典:instagram.com


ヌーディベージュにうっすらとピンクベージュを付け足すことで、トゲのない透け感を与えてくれます。光の下で見るとツヤも感じさせてくれるカラーです。

ベージュのくすみによって、ピンクのかわいらしさはありつつ大人っぽさも出してくれます。

ラベンダーをプラスして

出典:instagram.com


ヌーディベージュにラベンダーをプラスすることで、暗めのカラーでもツヤが感じられます。ロングヘアは髪色が暗くなるほどに、重たい印象になりがちです。

こちらのスタイリングではベージュとラベンダーで透け感を出しつつ、派手さは抑えられています。

外国人みたいなアッシュ系ヌーディベージュ

外国人のようなアッシュ系は、若い世代に評判が良い傾向があります。ただしアッシュ系と言っても、派手なものばかりではありません。なかにはブラウンカラーとほぼ変わらないような、落ち着いたアッシュもあります。そうしたダークトーンのアッシュ系ヌーディベージュなら、年齢を選ばないでしょう。

グレージュを合わせて透け感ありのスタイルに

出典:instagram.com


暗すぎず明るすぎないグレージュを合わせた、透け感のあるヘアスタイルです。柔らかい雰囲気のカラーに加え、ツヤツヤとした潤いを感じられるハイライトが、優しい印象を引き立てています。

アッシュグレーで外国人みたいな髪質に

出典:instagram.com


外国人のような透明感のある髪色に憧れる人は多いでしょう。ただし「明るすぎるのは抵抗がある」という場合、ヌーディベージュにアッシュグレーのニュアンスを加えてみてください。控えめながらも明るさを感じる髪色は、一気にその人の印象を変えてくれます。

ハイライト・グラデーションでヌーディベージュ

ヌーディベージュは、ハイライトやグラデーションなどのアレンジを加えるのにもぴったりのカラーです。こちらではヌーディベージュとハイライト、あるいはグラデーションを組み合わせたスタイリングを見ていきましょう。

毛先にかけての自然なグラデーション

出典:instagram.com


毛先にかけてヌーディベージュを淡くグラデーションにすることで、派手すぎずナチュラルな髪を演出できます。根元に濃いめのカラーを入れることで、色落ちしたあとも不自然になりません。ダークカラーでもこれだけの透明感が出せるのは、ブリーチの効果と言えるでしょう。

ハイライトで一段明るい髪色に

出典:instagram.com

赤みを消したヌーディベージュは、顔色をぱっと明るくしてくれます。ハイライトを入れることで、ボリュームのあるロングヘアも軽い印象に。ゆるく巻いたヘアアレンジが、外国人のような柔らかな髪質を演出するポイントです。この程度の明るさなら、透明感を出しつつナチュラルさも両立できます。

まとめ

明るすぎるカラーリングができない人こそ、ヌーディベージュを試してみてはいかがでしょうか。赤みを消すことで明るくできるだけでなく、ベージュを強くすることで暗さも出せる万能カラーです。清潔感のある仕上がりになることから、オフィス用のカラーリングとしても注目を集めています。

多少明るくても肌なじみが良いぶん、違和感は強く出ません。むしろ元の黒髪よりナチュラルな雰囲気になる人もいるので、「垢抜けたい」と思っている方にもおすすめです。