メガネの正しいお手入れ方法とやってはいけないNG行為

目が悪い人にとって、メガネは必需品と言っても過言ではありません。しかし、どれだけ自分に合うメガネを選んでも、メンテナンスを怠ってしまうとデザインや視認性に影響が及びます。特にレンズはデリケートで傷つきやすいため、毎日の手入れが必要です。日常的に使う機会が多い方は、きちんと毎日メンテナンスを行いましょう。

今回は

  • メガネの正しいメンテナンス方法
  • メンテナンスのNG行動

について紹介します。

正しいメガネのお手入れ方法

メガネのメンテナンスと言っても、軽くシートで拭くだけで済ませていないでしょうか? きちんとホコリや皮脂を取らないと、メガネをかけていてもどんどん見えづらくなってしまいます。こちらでは、正しいメガネのお手入れ方法をご紹介。メガネの機能を長持ちさせるためにも、気にかけてみてください。

1.水道水で花粉やホコリを軽く洗い流す

メガネはクリーナーで掃除をするというイメージがありますが、水洗いをすることもできます。水洗いで花粉やホコリを洗い流してから拭かないと、汚れが原因でレンズを傷つけてしまう可能性があるので気を付けましょう

レンズからフレームまで、すべて水につけても構いません。水に特殊なものが必要なわけではなく、ただの水道水で大丈夫です。ただし、あまり強く水を当てないようにしましょう。強い水圧で水をかけてしまいと、レンズやフレームを壊してしまうかもしれません。特にフレームは壊れやすい部分なので気を付けてください。

2.皮脂や化粧汚れが付いている場合には中性洗剤で洗い流す

メガネの鼻あてや耳あての部分には化粧汚れや皮脂、整髪料がつきやすいです。衛生面のためにもキレイに洗いましょう。汚れをそのままにしておくとメガネが傷み、寿命が短くなってしまいます。1日の終わりに人間がシャワーを浴びるように、メガネもきちんと汚れを洗い流して、拭き取ることが大切です。

特に皮脂汚れは落ちにくいので、何度も洗わないといけない場合があります。なかなか落ちないからと、強引にゴシゴシと拭いてしまう人もいるかもしれません。しかしメガネを強引に扱うことはNG行動なので気を付けましょう

3.タオルやティッシュペーパーで水分を拭き取る

水洗いをしたあとはタオル、もしくはティッシュペーパーで拭き取りましょう。どちらも力を入れすぎるとレンズを傷つけてしまうので、優しく扱います。ちなみに水洗いはOKですが、乾拭きはNGです。つい汚れが気になって、服の袖などで拭いてしまう方は多いかもしれません。

しかし服の繊維やメガネに付いたホコリによって、レンズを傷つけてしまうのでやめましょう。よく見てみると細かい傷が目立つという場合、繊維やホコリによって傷ついた結果と考えられます。メガネを傷つけるNG行為に気がつかず、無意識に続けているとせっかくのメガネも機能性を失ってしまうでしょう。

4.曇り止めを使用して仕上げる

ドラッグストアなどで販売されているメガネクリーナーには、曇り止めが使用されているものもあります。メンテナンスをするのであれば、曇り止め用のクリーナーを買っておきましょう。曇り止めのないタイプと比べると若干割高ですが、冷えた場所から屋内へ移動するときやマスクをしたときなど、曇りやすい場面で効果を発揮してくれるため損はありません。

メガネのクリーナーは、安く済ませようとしたら100円ショップでも購入できます。ただし曇り止め効果が高いかどうかは、微妙なところです。100円ショップになくても、ドラッグストアやディスカウントショップなら大抵扱いがあるため探してみましょう。

水洗いしたあとは時間を空けずに水分を拭き取る

メガネを水洗いしたあとは、きちんと水分を拭き取ってください。このとき気を付けたいのが、できるだけ早く水分を拭き取ることです。ただしタオルなどでゴシゴシ拭いてしまうのは良くありません。ティッシュなど柔らかいもので、優しく拭き取るようにしましょう。軽く押しあてて水気を取るだけで大丈夫です。

タオルで拭き取る場合には絶対に擦らないように注意する

ティッシュではなく、タオルで拭き取る際は擦らないように注意しましょう、擦ってしまうとタオルの繊維でレンズを傷つけてしまうためです。先述したように軽く押しあてて、水気を取るだけで構いません。

意外とメガネを拭く際に、強く擦りすぎている人がいます。最初は目に見えないくらいの細かい傷でも、繰り返すうちにどんどん大きな傷になっていくので注意しましょう。大きな傷になった場合、視界の妨げになってメガネをかけていられなくなる可能性もあります。

メガネを買い直す人のなかには、ごく一部ですが傷が気になって仕方がなかったという人もいます。メンテナンス次第でこうした出費は抑えられるので、お気に入りのメガネほど正しいお手入れを心がけましょう。

これはNG!メガネを傷めてしまうこと

普通に生活をしているつもりでも、気づかないうちにメガネを傷めてしまうことがあります。乱雑に拭いてしまったり、自分がシャワーを浴びるついでにお風呂場で洗ってしまったり、意外と見落としている方も多いのでは。こちらではメガネを痛めてしまうNG行動について見ていきましょう。

花粉やホコリ・チリが付いたまま拭く

メガネを拭くときに、花粉やホコリ、チリがついたまま拭いてしまう人がいます。これは絶対にやめましょう。繊細なレンズを傷つけてしまいます。これらのゴミが付着していると考えられるときは、きちんと汚れを落としてから拭かないといけません。ただの水洗いでも十分にゴミは落ちるため、さほど面倒にもならないはずです。

花粉やホコリ、チリは目に見えないものが多く、何もついていないと勘違いをしてクリーナークロスなどで拭いてしまう人が多くいます。特に花粉がひどい時期は、意識して水洗いを心がけましょう。外出から帰ってきたときは、手洗いのついでにメガネも水洗いをするクセを付けると良いかもしれません

お湯を使用する

水洗いが大丈夫だからという考えから、お湯でホコリなどを取る人もいます。冬場などは冷たい水よりも、温かいお湯で洗いたいという人もいるかもしれません。お風呂場に持ち込み、シャワーで洗っているという方もいるでしょう。しかし、お湯でメガネを洗うのはNGです。

メガネのレンズには、撥水コートを始めとするさまざまなコーティングが施されています。これらのコーティングは熱に弱いため、お湯で洗う、サウナで使用する、ストーブなど暖房器具の傍に置くなどすると、コーティングがはがれてしまうのです。極論を言えば、料理をするときもメガネは外したほうが長持ちさせられるということになります。

お湯で洗うことによって、フレームの歪みや変形の原因になるケースも考えられるでしょう。丈夫そうに見えるフレームですが、意外と簡単に曲がったり、折れたりしてしまいます。もちろん、ぬるいお湯を1回かけて変形や歪みが出るわけではありません。ただし繰り返されることで強度は弱くなっていくため、気を付けましょう。

アルカリ性や弱アルカリ性の洗剤の使用

メガネのひどい汚れに対し、洗剤で洗う人もいます。しかしアルカリ性や弱アルカリ性、酸性洗剤は使わないようにしましょう。これらもお湯と同じく、レンズコーティングを傷つけてしまいます。石鹸や重曹でも傷が付くほど、メガネはデリケートです。洗剤を使うときには台所用の中性洗剤を薄めたものか、メガネ専用のクリーナーを使ってください。

メガネのコーティングがはがれてしまうと視認性が悪くなり、傷も入りやすくなります。そうならないためにも、皮脂汚れなどが気になる方はメガネに合う洗剤を使いましょう。理想としては、メガネショップで販売しているものが安全です。

まとめ

メガネは毎日使うものだからこそ、きちんとメンテナンスをしないといけません。ついつい汚れが気になったとき、袖口で拭ったり、ティッシュで乱暴に拭いたりしてしまうこともあるでしょう。さっと水洗いをするだけで、「傷が気になって買い替えが必要」といったのちのちの無駄な出費も防げます。

とはいえメガネを購入するときに、店員から軽くお手入れ方法の説明を受けるだけで、説明書があるわけではありません。マニュアルを渡してくれることもありますが、基本的には「自分で調べてください」というスタンスのところばかりです。以前よりもメガネの価格は落ち着いてきましたが、それでも大きな出費に変わりはないでしょう。長持ちさせるためにも、こまめなメンテナンスを心がけてみてください。

- 1 / 1ページ -