電子レンジ掃除の正しい方法!掃除を簡単にしてくれる便利グッズも

電子レンジは今や欠かせない家電となりました。家庭によっては、毎日使うところもあるでしょう。しかし毎日使うことで油汚れや食べ物のタンパク質などが、レンジ内を汚していませんか?食べ物を扱うものなので、衛生面には配慮したいもの。

今回は

  • 電子レンジが汚れる理由
  • 電子レンジの頑固な汚れやニオイを除去する方法
  • オススメの便利グッズ

を紹介します。

電子レンジが汚れてしまうのはなぜ?

汚くなるような使い方をしているわけでもないのに、なぜか電子レンジ内は汚れていきます。これは多くの場合、油汚れや食べ物のタンパク質が付着してしまうためです。こちらでは、電子レンジが汚れてしまう原因について見ていきましょう。

油汚れや食べ物のタンパク質が主な汚れの成分

食材を温める際に飛び散った油汚れや、こぼれてしまった食べ物のタンパク質が、レンジを使うたびに溜まっていきます。これは電子レンジを使う以上仕方がないことでしょう。大切なのは家族の食を守る家電だからこそ、常に清潔な状態を保っておかないといけないということです。

爆発による飛沫

レンジで何かを温めるとき、ボンッと音がすることはありませんか。このときレンジ内では爆発が起こっており、食べ物や飲み物が飛び散っています。この食べ物や飲み物の飛沫は、軽く拭き取っただけではきれいになりません。放っておいた結果、こびりついたしつこい汚れの原因となってしまいます。

たとえば卵などは、電子レンジの温めによって大変な爆発を起こす代表的な食べ物です。ほかにも魚卵や皮付きウインナーなど、皮膜に覆われた食品はリスクが高いでしょう。あるいは、ラップフィルムをかけた状態でお皿ごとあたためようとしたとき、フィルムと皿との密着度が高まりすぎて爆発を起こすこともあります。

電子レンジの内側が汚れていると…?

電子レンジの内側が汚れていると、一体どんな影響があるのでしょうか?不衛生なだけではなく、料理自体にも影響を及ぼしてしまうことがあります。使い勝手が悪くなり、せっかくの料理の味も落ちてしまうでしょう。こちらでは電子レンジが汚れたままになっていると、どのような影響があるのかを見ていきます。

加熱ムラができ料理の味が落ちる

たかが汚れと考えるかもしれませんが、放置しておくと電子レンジの機能自体が下がってしまいます。これはつまり、電子レンジの加熱効率が下がるということです。本来温めるべき食材ではなく、汚れ自体を温めようとしてしまい、十分な電磁波が当たらなくなるでしょう。

そうすると加熱ムラができて、料理の味も落ちてしまいます。いつもと作り方は同じなのになぜか味が違って感じる・温まりが悪いという場合、電子レンジ内の汚れを疑ったほうがいいかもしれません。

嫌なニオイが発生する

臭い

食品を温めると水蒸気が出て、これが電子レンジに残ります。純粋な水だけではなく食べ物の栄養分を含んだ汁の場合もあり、放置しておくと、嫌なニオイが発生することもあるでしょう。

電子レンジ内に残った水蒸気のニオイなのか、それともそれらが原因で発生したカビや雑菌のニオイなのかはなかなか判別がつきません。ひとつ確実なことは、決して衛生的ではないということです。

発火の原因になる

滅多にあることではありませんが、汚れが溜まりすぎることで庫内が発火することがあります。油汚れがひどい場合、発火したらすぐに火が広がりますし、電子レンジ自体が爆発する可能性も否定できません。すると電子レンジの爆発から別のものに燃え広がり、大きな被害に及ぶこともあるでしょう。

特に家電関係で便利になってきたぶん、家電の発火による火事は決して他人事ではありません。「電子レンジの掃除を怠ったから」という理由で火事を起こしてしまうのは、あまりに悲しいことです。

電気代が余計にかかってしまう

電子レンジ内に汚れが溜まっていることで、汚れ自体を温めて料理が温まらなくなると先述しました。これは料理の味だけではなく、電気代にも関係してきます。汚れがあることで食材が十分に温まらず、温め直しが発生して無駄に電気を使ってしまっているのです。

電子レンジの正しい掃除の手順

電子レンジの掃除の仕方として、適当に拭いておけばいいという考えの人もいますが大間違いです。こちらでは電子レンジの正しい掃除の手順について説明します。今まであまり掃除の重要性を考えていなかった人、もしくは適当にしていた人は、真剣に考えるキッカケにしてみてはいかがでしょうか。

1.耐熱容器に重曹水を入れ3分~5分程度加熱する

まず耐熱容器に重曹水を入れて、3分~5分程度過熱をしましょう。重曹水の作り方はマグカップに重曹を大さじ1杯、水をマグカップの8分目ほどにしてください。それをよくかき混ぜて、レンジで加熱をします。

2.加熱後30分程度放置する

加熱をしたあとは、15分~30分ほど放置しましょう。これは電子レンジの内側を蒸すことで、汚れをふやかして浮き上がらせるためです。汚れがベタベタと固まった状態で引き取るよりも、しっかりと浮かせたほうが作業も楽になります。

3.重曹水を浸した雑巾で内部の壁をきれいに拭き取る

加熱した重曹水に雑巾を浸して、電子レンジ内の壁をきれいに拭き取りましょう。できれば壁だけではなく、外側の側面や裏側、電子レンジの下も拭き取ります。特に電子レンジの下は普段手が届かないこともあり、汚れが溜まりがちです。積極的に掃除をしておきましょう。

4.乾いたタオルで乾拭きして完成

きれいに拭き取ったあとは、乾いたタオルで乾拭きをして完成です。乾拭きのときに気を付けたいのは、水分が残らないようにすることです。水分をしっかりと拭き取らないと、カビの原因になるので気を付けてください

5.落ちにくい汚れには中性洗剤を含ませたキッチンペーパーに貼り付けてふやかす

重曹水で拭き取りをしているとき、落ちにくい汚れに出会うかもしれません。特に放置期間が長いほど汚れも強くこびりつき、1回2回の掃除ではなかなかきれいになってくれないでしょう。そんなときは中性洗剤を含ませたキッチンペーパーを貼り付け、ふやかして汚れを浮かせます。よく浮かせておけば、落ちにくい汚れもそう難しくなく取れるはずです。

電子レンジのお掃除を簡単にしてくれる便利グッズ

こちらでは、電子レンジの掃除を簡単にしてくれる便利グッズを集めました。ディスカウントストアなどでも簡単に手に入るものばかりなので、掃除が上手くいかないときは活用してみましょう。比較的リーズナブルなものも多く、家計に大きな影響を与えることはありません。

レック 激落ちシート 電子レンジ ・ 冷蔵庫用 15枚入

掃除用グッズでお馴染みの激落ちくんシリーズです。マイクロファイバー配合の特殊ウェットシートが、調味料や料理のシミをしっかり拭き取ってくれます。洗剤を使用していないので、食材を扱う冷蔵庫やキッチン、電子レンジの内側の掃除にも安心して使えるところがポイントです。

実際に使用している人のなかには、便利だから常備しているという声も聞かれました。雑巾を絞って洗っての繰り返しよりも、使い捨てのウェットシートのほうが衛生的で手軽です。電子レンジに限らず、コンロなどのこびりついた汚れもきれいに取れると高い評価を得ています。

UYEKI(ウエキ)Oh! レンジDEふくだけキレイ (お掃除シート)

電子レンジで温めて拭き取るだけの簡単お掃除シートです。オレンジオイルと重曹のダブル効果で、電子レンジ内のべたつきや汚れもさっと拭き取ることができます。二度拭き不要で、汚れをしっかり吸着しながら除菌も行える万能さが魅力です。

口コミ評価がかなり高く、これのおかげで掃除の習慣を付けられたという人もいました。さっと拭き取るだけという手軽さが、キッチンをきれいに保つ習慣につながるのでしょう。ひとつ難点があるとすれば、1枚ずつ電子レンジでチンをしなければいけないこと。年末の大掃除などよりは、日常使いに向いていると言えそうです。

チン! してふくだけ 電子レンジ専用お掃除シート 3袋

こちらもレンジでチンをして使うお掃除シートです。使えるのは電子レンジのみ。オーブンやグリル機能が付いている場合は、コゲの原因になることもあるので使用は避けてください。レンジでの加熱時もコゲてしまったり、乾燥したりすることもあり、3分以上の加熱はオススメされていません。

口コミ評価も高く、「ほかの商品では落ちなかった汚れが一度で落ちた」と感動する人もいるようです。汚れがあまりにひどく諦めていた人も、ピカピカになったと答えています。やや刺激が強い成分が含まれているため、皮膚が弱い人などはゴム手袋などの着用を忘れないようにしてください。お掃除シートとしての機能は高いので、しつこい汚れに悩まされている方はぜひ活用しましょう。

丸辰(Marutatsu)蒸気の力で 電子レンジ キレイ お掃除 クリーナー ボトル

水を入れてチンをすることで、電子レンジ内のこびりついた汚れを簡単に取ってくれる電子レンジクリーナーです。使い方も簡単で、容器に水と酢を注ぐのみで安全に使えます。仕上げクロスもセットになっていて、便利で使いやすいと高い評価を得ています。

レック (LEC)セスキの 激落ちくん 徳用 500ml

お掃除グッズの定番メーカー・セスキから登場したクリーナーです。従来の「水の激落ちくん」にセスキ炭酸ソーダを配合したことで、アルカリ電解水とセスキの力で汚れを落とすだけではなく、除菌・消臭も叶えました。

この激落ちくんひとつで、キッチン周りの掃除だけでなく、リビングから窓ガラス掃除にまで対応が可能。気持ち良いくらい汚れが落ちると評判です。

シーバイエス ティーポール ニューレンジクリーナー 5Kg

電子レンジはもちろんオーブンやフライヤー、グリースフィルターなど、さまざまな油汚れの除去に対応しています。5kgで販売されているので、ちょっとした汚れを掃除するときにも重宝するでしょう。

ボトルが少々柔らかいということで、他の容器に移し替えがしにくいと感じる人もいるようです。しかし口コミ評価はおおむね高く、クリーナーとしての機能に不満を持っている人はほとんど見られません。

まとめ

電子レンジは私たちの食と密接に関係するものであり、常に清潔な状態を保っておく必要があります。汚れた電子レンジで温められた料理は、味も落ちてしまうし不衛生です。あまりに汚れがひどくなってくると、電子レンジの寿命も縮まってしまうかもしれません。

掃除に不慣れな人は、便利グッズをどんどん活用していきましょう。手間をかけずに掃除ができるようになると、汚れる前に掃除をする習慣がつきます。さっぱりと汚れを落とせる気持ち良さが、クセになるという声もありました。その爽快感を楽しむくらいの気持ちで、電子レンジ掃除に取り組んでみてはいかがでしょうか。