ラベンダーアッシュでキレイ色を!カラートーンも思いのまま

髪のカラーリング選びで迷う事ってありますよね。可愛らしさを演出することができる、ラベンダーアッシュにしてみてはいかがでしょうか。透明感を楽しめるだけでなく、ブリーチをしなくてもキレイな色に仕上がります。

ここでは、

  • ラベンダーアッシュの魅力
  • ブリーチあり・ブリーチなしのラベンダーアッシュの特徴
  • 暗め・明るめラベンダーアッシュ

と、ラベンダーアッシュの魅力や特徴を紹介します。また、ラベンダーアッシュに似合うヘアスタイルも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ラベンダーアッシュの魅力

画像引用元:latte

青に近い紫色が特徴的なラベンダーアッシュですが、可愛らしい印象を保ちつつ、トータルコーディネートで楽しむこともできます。このほかにはどのような魅力があるのでしょうか。ラベンダーアッシュの魅力を確認していきましょう。

髪色が可愛くなる

ラベンダーアッシュは青に近い紫色なので、ポップで可愛らしい印象になります。明るい紫色は子供っぽく見えてしまう可能性もありますが、ラベンダーアッシュのような青に近い紫色であれば、大人な雰囲気を崩すことなく可愛らしさを演出することができるでしょう。

透明感が楽しめる

画像引用元:latte

ラベンダーアッシュは透明感を楽しむことができる点も魅力的です。日本人の髪は比較的に黄色みや赤みがあるため、赤みを抑えることによって透明感をアップさせることができます。

青に近い色であるラベンダーアッシュは髪から赤みを取り除くため、透明感のある髪色に仕上げられるのです。

ブリーチをしなくてもキレイな色が出せる

ラベンダーアッシュは、ブリーチをしなくてもキレイな色を出すことができます。ヘアカラーのみで透明感を出してくれる色なので、ブリーチによって髪を脱色する必要がなく、髪へのダメージを減らせます。

お手軽にオシャレな髪色を実現したい方におすすめの色です。

ファッションでも注目のラベンダーカラーでトータルコーディネート

画像引用元:latte

ラベンダーカラーはファッション性が非常に高く、どのようなコーディネートに合わせてもオシャレに見せることができます。ラベンダーアッシュもラベンダーカラーに属するため、トータルコーディネートでも楽しむことができ、さまざまなファッションに合わせやすいでしょう。

青寄りの色になるため、落ち着いた雰囲気の服と合わせると大人っぽさを出すことができます。

ブリーチあり:ラベンダーアッシュの特徴

ブリーチをしなくても楽しめるラベンダーアッシュですが、ブリーチを行った場合にはどのような印象になるのでしょうか。透明感はもちろん、グラデーションを楽しむことも特徴といえます。ここでは、ラベンダーアッシュの特徴を解説します。

透明感を引き出しやすい

画像引用元:latte

ラベンダーアッシュ単体でも透明感を演出することは可能ですが、ブリーチを用いることでより透明感が引き立つでしょう。透き通るような髪色を実現したい方は、ブリーチをしてからラベンダーアッシュに染めると良いかもしれません。

濃い目の色を入れると褪色が楽しめる

ブリーチを入れると、髪の色が脱色されて薄くなってしまいます。あえて濃い目のカラーを入れておくことによって、褪色した後の髪色がバランス良くなるため、色味を調節することができます。

濃い目のカラーを入れておくことによって、徐々に髪色が薄くなっていく様子を楽しむことができるでしょう。褪色を上手に利用することで、段階的に雰囲気を変えてみてください。

グラデーションで深みが出る

画像引用元:latte

ブリーチを使用する場合、髪色にグラデーションをつけて深みを出すことができます。部位によってブリーチをかける強さを変えることで、髪色に立体感が出て深みのある色味になるのです。

また、グラデーションをかける部分を巻いたりすることで、グラデーションを強調することもできます。もっと髪色に個性を出したいという場合に、グラデーションをつけることを検討してみると良いでしょう。

ブリーチなし:ラベンダーアッシュの特徴

ブリーチなしで染めた場合のラベンダーアッシュは、どのような雰囲気になるのでしょうか。ブリーチと併用した場合と比較して、メリットとデメリットがそれぞれあります。ここでは、ブリーチなしのラベンダーアッシュの特徴を紹介します。

髪へのダメージが少ない

画像引用元:latte

ブリーチをしないことによって、髪へのダメージを軽減することができます。ヘアカラーに加えてブリーチをすることで、髪に大きなダメージを与えてしまいます。

髪へのダメージに不安を感じている方は、ブリーチを避けてヘアカラーのみで済ませると良いでしょう。ブリーチを避けるだけでも、髪に与えるダメージを減らすことができます。

褪色スピードが遅いので長持ちする

ブリーチをしない場合、褪色スピードが遅くなるため髪色が長く持続します。一度染めた髪色を薄めたくないと考えている方は、ブリーチをせずヘアカラーのみで済ませたほうが良いでしょう。

ブリーチを避けることによって、染めた当初の髪色を長く楽しむことができます。

自然なニュアンスを楽しめる

画像引用元:latte

ブリーチによって脱色するという段階を経ないことによって、自然なニュアンスを維持したまま仕上げることができます。髪を染めて不自然な印象を与えたくないときは、ブリーチをしないでキレイに染めることをおすすめします。

ただし、強く染めすぎてしまうと色が濃くなりすぎてしまうため、バランスを調整しながら染めましょう。

透明感が出にくく好みの色にならないことがある

ブリーチを使わない場合、脱色をせずに染めることになるので、ブリーチを使ったときよりも透明感を出しにくくなります。着色の幅も狭まってしまうため、好みの色を思うように作れないことも。

髪へのダメージを抑える一方で、色の好みは妥協する必要があるかもしれません。

暗めラベンダーアッシュ

画像引用元:latte

ラベンダーアッシュがどのような色であるか、実際に確認してみましょう。見た目は黒に近く、光を反射すると色が分かる程度の明るさとなります。ここでは、暗めのラベンダーアッシュをヘアスタイルに分けて紹介します。

暗めのラベンダーアッシュをセミロングで!

画像引用元:latte

暗めのラベンダーアッシュは大人っぽい雰囲気を出すことができるため、上品なイメージのあるセミロングと非常に相性が良いです。セミロングの方で何色に染めるか迷っている方は、ラベンダーアッシュを試してみると良いでしょう。

ツヤのあるダークラベンダーアッシュ

画像引用元:latte

ラベンダーアッシュにツヤを加えると、髪をなめらかに見せることができます。髪にツヤがあることによって健康的に見えるため、キレイな髪を演出したい場合にはツヤを加えても良いでしょう。

髪の状態が良いとツヤも映えるので、髪の毛のケアも重点的に行うとよりキレイに見えます。

太巻きカールのラベンダーアッシュ

画像引用元:latte

ラベンダーアッシュには、太巻きカールもよく合います。ラベンダーアッシュは個性のある可愛らしい色なので、太巻きカールのような動きのある髪型と合わせると、チャーミングな雰囲気になるでしょう。

太巻きカールによって髪型が多少派手な印象になりますが、暗めのラベンダーアッシュであれば自己主張しすぎず程よいバランスになります。ユニークかつ自己主張しすぎない髪型にしたい方に向いていますね。

外ハネ暗めラベンダーアッシュ

画像引用元:latte

ラベンダーアッシュに外ハネを加えてみても可愛らしくなります。外ハネが加わることによってお茶目っぽさを演出できますが、ラベンダーアッシュ特有の色と合わせることで、女性らしさをより強調することができるでしょう。

外ハネは暗めのラベンダーアッシュにも、明るめのラベンダーアッシュにもよく合います。

ショートボブのラベンダーアッシュ

画像引用元:latte

ショートボブとラベンダーアッシュを組み合わせたパターンです。明るめのラベンダーアッシュと組み合わせると、少女のような雰囲気になりますが、暗めのラベンダーアッシュと組み合わせることによって、大人の雰囲気を醸し出すことができます。

色の濃さを変えるだけでも、雰囲気が大きく変わることがよく分かる髪型です。

ミニボブの暗めラベンダーアッシュ

画像引用元:latte

ショートボブと同じような感覚で、ミニボブのラベンダーアッシュを楽しむこともできます。いつもと違う印象に変えたいときは、この髪型を選んでみると良いでしょう。独特なオシャレ感を演出することができる髪型です。

ストレートショートボブのラベンダーアッシュ

画像引用元:latte

ストレートショートボブは、ボブの中でも若々しいイメージを出すことに向いている髪型です。ストレートショートボブとラベンダーアッシュを組み合わせることで、可愛らしさを前面に出すことができるでしょう。

明るめラベンダーアッシュ

暗めのラベンダーアッシュに対して、明るめのラベンダーアッシュはどんな違いがあるのでしょうか。明暗の差によって、印象が大きく変わるのもラベンダーアッシュの特徴といえます。

ここでは、明るめのラベンダーアッシュを用いた場合の髪型を見てみましょう。

ふんわりロングのラベンダーアッシュ

画像引用元:latte

ふんわりロングと明るめのラベンダーアッシュの相性は抜群です。ラベンダーアッシュの幻想的な色合いが、ふんわりとした髪型にマッチします。ゆめかわ系を演出したいときなどに重宝する髪型でしょう。

透け感が魅力!明るめラベンダーアッシュ

画像引用元:latte

明るめのラベンダーアッシュは、透け感が魅力的な髪色です。また、ブリーチを使うことによって、キレイなグラデーションになっているのも分かりやすいです。

ラベンダーアッシュは自分なりのアレンジがしやすいため、自分だけのグラデーションを見つけてみてください。

毛先の明るめグラデーション!

画像引用元:latte

毛先のみを明るめにすることによって、アクセントをつけることができます。画像のように、外ハネ部分を明るくして、ハネを目立たせることも可能です。

注目してほしい箇所を、ピンポイントで明るくしてアピールするテクニックがあることを、覚えておくと良いでしょう。

ラベンダーアッシュのかわいい外ハネ!

画像引用元:latte

暗めのラベンダーアッシュによる外ハネも魅力的でしたが、外ハネは明るめのラベンダーアッシュにも似合うことが分かります。明るめのラベンダーアッシュと外ハネを組み合わせると、活発な少女のような印象を与えることができるでしょう。

若々しくありたい方にはおすすめの髪型です。

明るめラベンダーアッシュのショート

画像引用元:latte

明るめのラベンダーアッシュでショートにすると、オシャレに楽しんでいる印象を与えることができます。オシャレのセンスをアピールしたい場合におすすめの髪型で、明るい色でも落ち着いた雰囲気を出すことができる髪型といえます。 

ラベンダーアッシュのねじりアレンジ

画像引用元:latte

ラベンダーアッシュにねじりアレンジをしてみても可愛いです。黒髪にねじりを入れても可愛いですが、あまり目立ちにくいため、ラベンダーアッシュにねじりを加えるとバランスが良くなります。

ゆるふわラベンダーアッシュのヘアアレンジ

画像引用元:latte

明るめのラベンダーアッシュは、ゆるふわ系の髪型との相性も良いです。ゆるふわ系の髪型にアレンジを加えてみると、オシャレな髪型のパターンをいくつか見つけることができるかもしれません。

まとめ

ラベンダーアッシュは透明感があり、ブリーチをしなくてもキレイな色になることも魅力的です。色の明暗を変えるだけでも印象を大きく変えることができます。

ここでは、暗めのラベンダーアッシュと明るめのラベンダーアッシュ、それぞれの髪型を紹介しました。ラベンダーアッシュはどのような髪型に合わせてもオシャレに見える髪色なので、さまざまな髪型と組み合わせてアレンジを楽しんでみてください。

*記事内で特定の成分等による毛髪の補修について紹介している場合、該当の記載は「髪を補復して髪の質感を整える」ことを意味します。