おすすめのまな板ご紹介!材質によるメリットやデメリットも

まな板は調理をする上で不可欠なものです。とはいえ様々な材質があり、それぞれにメリットやデメリットも異なります。

そこで、

  • 市販されている一般的なまな板の材質
  • 木製まな板のメリットとデメリット
  • 樹脂製・ゴムまな板のメリットとデメリット
  • おすすめのまな板

をご紹介します。

市販されている一般的なまな板の材質


まな板には色々な材質があり、それぞれに特徴があります。自分の好みや用途にあったものを選ぶと良いでしょう。ここでは代表的な三つの材質についてご紹介します。

木製

まずは代表的なものが木製のまな板です。特に良い包丁を使うために、木製のまな板を選ばれる方も多く、料理上級者の中でも人気のある素材です。また、イチョウやヒノキなどの素材を使ったまな板は、初心者にもお勧めの素材とされています。

なイチョウはゆがみにくく水はけに優れていますが。ヒノキはとても木目が美しく、使う際の響きも良いため、料理が一層魅力的に思えることでしょう。このような木材の違いによる特徴の差を楽しめるのも、木製のまな板の奥の深いところといえます。

樹脂製

最近の主流となっている素材に樹脂性のまな板があります。木製ほと重さがなく、白を基調としたシンプルなデザインが多いのがメリットです。また、傷もわかりにくく、洗いやすいのも特徴です。それだけ一般家庭によくある素材と言えるでしょう。

木製まな板のメリットとデメリット


元祖まな板と言っても過言ではない、木製のまな板のメリットとデメリットをご紹介します。料理上級者でも好んで使っている木製まな板の特徴を理解し、自分のニーズに合うかどうかを考えましょう。

メリット1:包丁を傷めない

木製まな板のメリットの一つは包丁の刃渡りがとても良いので包丁を痛めないという点があります。そのため良い包丁を使う際には、包丁にダメージを与えずに使用することができるため、料理上級者にもとても人気があるのです。

メリット2:末永く使用できる

木製と言うと寿命が短いようなイメージがあるかもしれませんが、木製のまな板はとても寿命が長いと言えます。きちんと手入れをすれば10年以上は楽に使って行くことができるでしょう。良いものを長く使いたいという理由から、質の良い木製のまな板を選ばれる方は少なくないのです。

また、木製のまな板ならではの特徴として、削り直しができるという点も挙げられます。文字通り、まな板の表面を削ることによって、新しい面を出し直すのです。そうすると木目も美しく、まるで新品のようなまな板になります。実際、こうした削り直しで、何十年も同じまな板を使用している方もいるのです。

デメリット1:消毒するのが大変


木製のまな板のデメリットとして消毒するのが大変という点があります。食材を切る毎に洗って使用しますが、その都度細菌やカビが生えないように管理することが求められます。そのように良い衛生環境をキープしていくのが難しいことが、木製のまな板の一つのデメリットと言えるでしょう。

デメリット2:扱いが難しい

木製のまな板のデメリットとして取り扱いが難しいという点が挙げられます。きちんと手入れをしないと割れてしまったり反りが出てしまったりします。また衛生環境が悪いとカビもつきやすく、良い状態のまま使用し続けるのが簡単とは言えないのはデメリットと言えます。

樹脂製・ゴムまな板のメリットとデメリット


最近では主流となりつつある樹脂製やゴム製のまな板のメリットとデメリットは何でしょうか。木製のまな板にはない特徴を理解することによって、自分のニーズに合うかどうかを判断しましょう。

メリット1:コスパが高い

なんといっても樹脂製やゴム製のまな板はコスパが高いというのがメリットです。最近では100円均一でも販売されており、どなたでも簡単に入手しやすいというのがメリットでしょう。品質としてもとてもコスパが良く、食材ごとにまな板を変えるのもおすすめです。

メリット2:消毒作業が簡単

樹脂製やゴム製のまな板は消毒作業がとても簡単であるという点もメリットの一つです。漂白剤やクレンザー、日干しなどで簡単に消毒をすることができます。普段から使用したらこまめに洗うだけでも良いですが、たまには漂白剤なのですっきりと綺麗にするのもおすすめです。

デメリット1:包丁を傷めてしまう


樹脂製やゴム製のまな板のデメリットとしては包丁を痛めてしまうことがあるという点です。基本的に歯当たりが良いとはいえず、高い包丁を使いたい方にとっては不向きと言えるでしょう。普通の包丁のみならずパンナイフや普通のナイフにとってもあまり良いとは言えません。

デメリット2:熱湯消毒できない物もある

樹脂製やゴム製のまな板のデメリットとして熱湯消毒できないものもあるという点が挙げられます。基本的に抗菌加工されている商品が多いものの、熱湯消毒ができないとなんとなく気持ち悪く思う方も少なくないでしょう。定期的に熱湯消毒でまな板を殺菌したいという方には不向きの素材といえます。

おすすめの木製まな板5選


木製のまな板にも数々の種類があります。どのまな板にして良いのか悩んでしまうこともあるでしょう。そこでおすすめの木製のまな板を五つ紹介します。それぞれの魅力的な特徴の合わせてお伝えしますので、ニーズに合ったものを選びましょう。

不二貿易木製カッティングボード


不二貿易木製カッティングボードは、天然木のぬくもりが魅力的なまな板です。とても優しい色合いなので、台所をおしゃれに演出することもできるでしょう。大きさとしてもパンや果物などのカッティングにとてもぴったりなので、使い勝手も良いと言えます。

ダイワ産業(Daiwasangyo)食器洗い乾燥機対応ひのきまな板


ダイワ産業(Daiwasangyo)食器洗い乾燥機対応ひのきまな板は、食器洗い乾燥機対応のヒノキを利用したまな板です。とても軽量で使いやすいので、重たいのが嫌で木製のまな板を敬遠していた方にとっても扱いやすいまな板と言えるでしょう。水が染み込んで黒ずみになりやすい部分にウレタン樹脂塗装をしているため、いつまでも綺麗に使うことができるのも特徴です。

不二貿易木製カッティングボードSオーバル


不二貿易木製カッティングボードSオーバルは、木のぬくもりがおしゃれな素敵なまな板です。まな板にパンを乗せるだけでも、盛り付け皿として使用できるほどデザインが洗練されています。持ち手付きのため引っ掛けて収納することも簡単で、キッチンの場所をとらないのも良い点でしょう。

全国家庭用品卸商業協同組合池川木材まな板ひのきS


全国家庭用品卸商業協同組合池川木材まな板ひのきSは、高知県産の天然抗菌のひのきまな板です。木製のまな板とはいえとても薄型で軽いのが特徴です。また肉と野菜の焼き印がついているので、使い分けしやすいのも嬉しいところです。

おすすめの樹脂製まな板5選


樹脂製のまな板もとても取り扱いが簡単で人気があります。そこで厳選した五つのおすすめの樹脂製まな板をご紹介します。樹脂製のまな板の中でも、素材が物によって違うため、選ぶのに悩んでしまうかもしれません。どれも甲乙つけがたい場合には、デザインで選ぶのも一つの方法でしょう。

新輝合成トンボ抗菌クッキングまな板


新輝合成トンボ抗菌クッキングまな板は、非常にベーシックな樹脂製まな板と言えます。使い勝手に合わせてサイズも自由に選択できますし、とても丈夫なので長く使うことができるでしょう。家庭用のみならず、業務用としても使用されることもあり、プロも納得の仕上がりといえます。食品衛生法適合の素材も使用していますので、品質としても安心できるまな板の一つです。

京セラカラーまな板イエロー


京セラカラーまな板イエローは、柔らかい材質のまな板で、カラーもとても可愛らしいのが魅力です。熱湯消毒もできとても衛生的に使うことができます。カラーバリエーションもとても多いので、自分のキッチンに合ったカラーを選ぶこともできます。

パール金属まな板イエローNo.1


パール金属まな板イエローNo.1は、柔らかい素材なので刻んだ食材をそのまま鍋などに移す際にもとても便利です。また切り分けする際に便利な目盛りも付いているので、とても使い勝手が良いと言えます。さらに持ち運びもしやすく、アウトドアなどにも手軽に携帯できます。食器洗い機にも対応していますので、管理もしやすいといえるでしょう。

ビタクラフト抗菌まな板グリーン3403


ビタクラフト抗菌まな板グリーン3403は、とても抗菌力に優れていて、清潔に使い続けることができます。環境ホルモンなどの有害物質も使用していませんので、お子さんがいても安心して使うことができるでしょう。さらに安定感が良く非常に使いやすいのも特徴の一つです。また、特殊な抗菌剤を練り込んで作られているのも特徴で、大腸菌やサルモネラ菌が付着しても増殖を抑えることができます。

さらに、ゴム製のような弾力性のある素材のため、食材のカスが付きにくいのも特徴です。そのため、嫌な匂いがついてしまったり、雑菌が増殖してしまったりするリスクも軽減できます。また、包丁にも負担のかからない素材を使用しているため、本格的に料理をしたい方にもぴったりです。様々な素材の良いところを凝縮したようなまな板といえるでしょう。

まとめ

このようにまな板には様々な種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。自分のニーズに応じたぴったりのまな板を選びましょう。包丁との相性や、キッチンに並べた時の統一感など、吟味する部分は焚くさなります。妥協せずにお気に入りのまな板を見つけることで、料理も今まで以上に楽しくなるに違いありません。