バスグッズ アロマ

おすすめアロマオイル紹介・自分に合ったアロマオイルはこれ!

女性に人気のアロマオイルは、リラックスしたいときに香りを嗅いだりマッサージに使用したりと、さまざまな使用方法があります。

種類も豊富で、どれを選べばいいのか悩んでしまうことも多いでしょう。アロマオイルは種類によって香りや効能に違いがあるものです。

今回は

  • アロマオイルの選び方
  • アロマオイルを使うシーン
  • リラックスしたい時・集中力を高めたい時・マッサージに選ぶアロマオイル

と、アロマオイルの選び方や、おすすめのアロマオイルを紹介しましょう。

アロマオイルの選び方


アロマオイルは専門店だけではなく、薬局や雑貨屋などで購入できる場合もあります。中には質の悪いものもあるので、選び方には注意が必要です。

香りもさまざまで、クセのあるアロマオイルも多くあります。アロマオイルの選び方のポイントをお伝えしましょう。

品質の良い製油100%ピュアオイルがいい

アロマオイルを選ぶ際に注意したいのは品質の良さです。原則として、混じり気のない100%ピュアな精油を選びましょう。ボトルに、100%ピュアなオイルであることが記載されているかチェックします。

花や葉、枝、根、果実、果皮、種子、樹皮、樹脂などから抽出されるアロマオイルは、世界各地で栽培されています。同じ種類でも栽培された土地や年、天候などによってもオイルの品質が変わることも少なくありません。さらに、抽出方法はオイルの成分の特性によって異なりますので、適切な抽出方法を使用していることも大切です。

ボトルに原料となる植物の学名、産地、抽出部位、抽出方法、輸入元などが明記されているものを選ぶこと。信頼できるメーカーのもの、また香料やアルコールなどを混入していない純粋なものを目安に選ぶと安心です。

効果より自分が「いい匂い」と感じる香りを選ぶことがポイント

さまざまな効果が期待できるアロマオイルですが、大事なのは自分が「いい匂い」であると感じることです。アロマオイルの中には独特の香りのものや、クセのある香りが少なくありません。どうしても好きになれない香りもあるでしょう。

また同じ香りでも人によって感じ方は異なるもの。体調や気分によっても香りの感じ方は違ってきます。大切なのは香りを嗅いで気持ちよくなり、リラックスできることです。

アロマオイルを使うシーン


アロマオイルにはさわやかなハーブ系の香り、スッキリとしたウッディな香り、フレッシュでフルーティーな柑橘系、甘くてやさしいフローラル系などがあります。さらに魅惑的で甘いエキゾチック系、スパイシーな樹脂やスパイス系なども。

リラックスしたいときには甘い香り、集中力を高めたいときにはスッキリ系などといった選び方もできるでしょう。それぞれのアロマを、どのようなシーンで使うと効果的かお伝えします。

リラックスしたいとき

緊張感が続いたときや疲れが溜まっているときなど、リラックスしたい場合には甘くてやさしい香りを嗅ぐと癒されます

またフルーティーでフレッシュな香りも、気持ちをスッキリさせ気分転換になるでしょう。落ち込んだ気持ちを元気にしてくれます。

集中力を高めたいとき

仕事や勉強に集中したい、眠気を抑えて頭をスッキリしたい、というときにもアロマオイルがおすすめです。

スッキリとした気分になれる樹木系や、さわやかなハーブの香りがおすすめ。集中力や記憶力を高めてくれるでしょう。

マッサージタイムに


保湿効果があると言われるアロマオイルは、マッサージにもおすすめです。血行をよくしてくれるオイルや角質を取り除いてくれるオイル、また引き締め効果が期待できるオイルも。リラックス効果も期待できます。

リラックスしたい時に選ぶアロマオイル


仕事や家事で疲れたときや休日などリラックスしたいときには、アロマオイルで癒やされましょう。心身の疲れを取り、安らぎを与えてくれるアロマオイルなら、ストレスも解消できるはずです。リラックスしたい時に選ぶアロマオイルを紹介しましょう。

ラベンダー

デイリーディライト エッセンシャルオイル ラベンダー 10ml【HTRC3】
リラックスできるアロマと言えば、ラベンダーは代表的なオイルの一つです。上質なエッセンシャルオイルはマイルドで、鼻にツンとくることもなく気持ちよくなれるでしょう。

フローラルでフレッシュな香りには、ストレスだけではなく不眠や疲労回復、炎症を抑える働きもあります。最も広く使用されるオイルで、初心者でも使いやすいオイルです。

ベルガモット

NAGOMI AROMA ベルガモット・カラブリアン 10ml 【AEAJ認定精油】【アロマオイル】
グレープフルーツに似たフレッシュで品のある香りは、不安や緊張を鎮め元気にしてくれるアロマオイルです。レモンやオレンジなどの柑橘系の中では、甘い香りが強いのが特徴。

香水や化粧品などにもよく使われるアロマオイルです。イライラしている時など、心を穏やかにしてくれるでしょう。

オレンジ・スイート

プラナロム エッセンシャルオイル オレンジ・スイート 10ml
爽やかで甘いスイートな香りが、心を落ち着かせてくれます。フレッシュなオレンジの香りは、落ち込んだ心を元気にしてくれるでしょう。プラナロムはフランスの老舗ブランドで、フランスでは医療用のアロマとしても使用されています。

集中力を高めたい時に選ぶアロマオイル

バスグッズ アロマ
気が散って仕事や勉強ができない、はかどらない時にはストレッチなどもいいですが、アロマならより手軽に集中力をアップできます。集中力を高めたい時に選びたいアロマオイルを紹介しましょう。

グレープフルーツ

GAIA (ガイア) エッセンシャルオイル グレープフルーツ 5ml 【AEAJ認定精油】
リフレッシュ効果が期待できるグレープフルーツの香りは、気分転換や集中して仕事や勉強をしたい時におすすめ。血行やリンパの流れもよくするので、脳への血流もよくなるでしょう。むくみ対策にもおすすめのアロマオイルです。

ガイアは、各国の農家にネットワークを持つフランスの業者から直輸入をした商品なので安心です。素材を厳選して作られたアロマオイルは専門店や医療機関でも高い評価を受けています。

レモン

【オーストラリア製】 レモン エッセンシャルオイル 100%天然精油 5ml
みずみずしいレモンの香りは、気分をスッキリさせてくれます。古くから傷の消毒などにも使われてきました。

抗菌作用で、空気をきれいにしてくれる働きもあります。オーストラリア製100%天然精油です。自然なレモンの香りでリフレッシュし、新鮮な気分で仕事や勉強に励むことができるでしょう。

ローズマリー

GAIA (ガイア)オーガニック エッセンシャルオイル ローズマリー5ml 【AEAJ認定精油】
ハーブ系のすっきりとした香りで、頭をすっきりさせる作用があります。脳を活性化し、記憶力を高める効果も期待できるでしょう。

心身ともに疲労回復作用があるアロマオイルです。フランス・オーガニック認定団体「エコセール」の認定原料を使用。長時間の保存が可能で、品質や香りが持続します。

マッサージに選ぶアロマオイル

アロマオイルでマッサージをすると血液やリンパの流れをよくし、老廃物の排出を促したり筋肉のコリをほぐしたりと、さまざまな効果が期待できます。マッサージにはどのようなオイルを選べばよいのでしょうか?マッサージにおすすめのアロマオイルを紹介します。

アロマティックマッサージオイル

ニールズヤード レメディーズ アロマティックマッサージオイル(ボディオイル) 100ml
ラベンダー、マジョラム、ゼラニウムなどのアロマオイルがブレンドされているマッサージオイルです。ハーバルフローラルの優しい香りと、軽くなめらかな感触が心地よいです。保湿性に優れ、カサカサした肌をしっとりなめらかにしてくれます。

英国ソイルアソシエーション認定オーガニック製品で、体だけでなく顔にも使用可能。オーガニック素材なので、肌の弱い人にもおすすめです。

ゴールデンホホバオイル

ease ゴールデンホホバオイル 100ml ペットボトルタイプ
未精製のホホバオイルで、自然のやさしい香りです。高い保湿効果が期待でき、乾燥した肌にうるおいを与えてくれます。

肌への浸透性も高く、肌に優しいので敏感肌でも安心です。使い続けることで肌荒れしにくく、しっとりとした肌に導いてくれるでしょう。

セサミ油

セサミ油(生ゴマ油)100ml◆
日本のアロマテラピー・ハーブの専門ブランドから出ている商品で、アーユルヴェーダで使用されるマッサージオイルとしても知られるセサミ油です。

ビタミンA・B・Eやミネラルがたっぷり含まれ、乾燥肌対策にもおすすめします。血行促進効果も期待できるでしょう。

まとめ

リフレッシュしたい、心身ともに癒されたいと思ったときにおすすめなのがアロマオイルです。香りを嗅ぐだけで、心も体も癒されるでしょう。

マッサージオイルとしてもよく使用され、血行をよくし乾燥肌に潤いを与えてくれます。オイルを選ぶ際には、信頼できるブランドを利用すると安心です。品質の良い純度100%のものを選びましょう。