四柱推命の命式の見方&読み解き方の基本を解説!

四柱推命という言葉を聞いたことはないでしょうか。四柱推命とは、古代中国の思想、陰陽五行説とともに発達してきた占術であり、日本には江戸時代中期に移入され現在でも大きな影響を与えています。

ここでは、

  • 四柱推命の命式を読み解くための基礎知識
  • 命式の見方
  • 初心者向け!命式の基本的な読み解き方
  • 天干の陰陽五行から読み解く性格傾向

をご紹介します。

四柱推命の命式を読み解くための基礎知識

四柱推命とは、生年月日と出生時間をもとに命式と呼ばれる表を作成します。四柱推命を理解するのであれば、まずはその命式を読み解くことから始めなければなりません。四柱推命の命式を読み解く知識を抑えておきましょう。

人生を四分割した各時期に十干十二支や星を表す


四柱推命の四柱とは、生年月日と出生時間をそれぞれ年柱、月柱、日柱、時柱として定めます。人生を四分割した時期にそれぞれの四柱をあてはめ、それぞれに二字の干支をあてはめ、この八文字で判断します。陰陽五行説をもとにしたこれらの干支は十干十二支と呼ばれています

各柱に十干十二支が存在

四柱推命においては、生年月日と出生時間をそれぞれ四柱(年柱、月柱、日柱、時柱)とし、それぞれの柱に陰陽五行説にもとづく十干十二支が当てはまります。十干十二支とは、陰陽及び五行のエネルギーの種類を表します。十干のことを「天干」と呼び、十二支を「地支」と呼びます。

陰陽五行説は十干に結び付き、それに対して五行それぞれの陰陽を割り当てます。その組み合わせやバランスで人の運命や性格を推察するのです

本質を表す日柱の十干十二支を中心に読み解く

四柱推命の考え方の礎となるのは、人間は生まれたときに感じる「気」によって命運や性格が決まるということです。四柱推命には、四つの柱がありますがなかでも一番重要なのは日柱です。日柱は、四柱のなかでも人の本質、コアとなる部分の命運や性格を握っているとされているからです。

命式の見方

では、四柱推命がどのようなものかわかったところで抑えておきたいのが命式の見方です。四柱推命の命式の見方を知っておきましょう。

日柱の天干


四柱推命の四つの柱のうち、一番重要なものは日柱です。日柱はそもそもその人のコアとなる部分を表すものですが、日柱の天干は、その人の性格傾向や運勢を表します。年柱、月柱、時柱の天干は、それぞれ日柱の天干を基準として日柱の天干とどのような関係性があるのかを考えます。

日柱の地支

一方、日柱の地支も重要になります。地支は、陰陽五行の種類となっており、現在でも日本でいわれている十二支のどれかが割り振られています。日柱の地支は、その人の肉体の特徴を表すものなのです

日柱の天干+地支

日柱の天干と、日柱の地支の組み合わせで、その人の核となる本質や性格以前の行動の癖などがわかります。そのため、その2つの組み合わせはとても重要になります。

天干が甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種類になりますが、地支は干支でおなじみの子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種類です。

この組み合わせは60通りあり、その人の行動の癖を読み解けます。120種類ありそうですが、陰陽が限られているため60通りになります。

通変星と蔵干通変星

四柱推命で運勢を読み解くにあたって補助的な情報となるのが、通変星と蔵干通変星です。通変星は、自分自身をあらわす日干とほかの干との関係から算出されたもので、五行説をもとにしています。陰陽と五行の組み合わせパターンから算出されますので、10種類です。

一方地支には、蔵星と呼ばれる2、3種類の干がふくまれており、蔵干通変星も補助的情報として補足します。

蔵干


十二支はそれぞれ、水・土・木・火・金の五行にあてはめられています。蔵干とは、十二支それぞれに十干がふくまれると決められており、それを蔵干といいます。

たとえば、子のなかには壬・癸が蔵されているといった具合です。この蔵干は四柱の生年月日と十二支においての節入りの日数から割り出されます。

十二運星

十二運とは、五行ないし十干が十二支によってその強さを変化させることの指標です。十二通星とは、胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶の12個で、人の一生を表しています。人生における運勢の強弱や行動パターンを示しています

天中殺(空亡)

天中殺とは、日柱の干支から割り出される、12年に一度の冬の2年間です。四柱推命に詳しくない人でも天中殺という言葉くらいは聞いたことがあるでしょう。

天中殺は空亡とも呼ばれ、空が味方しない時期です。この期間には就職や転職、結婚など新しいことを行わないほうがよいとされています

年柱の干支から割り出される空亡も、天中殺の一つではありますが、こちらは補足程度に考えるとよいでしょう。

運勢エネルギー


運勢エネルギーとは、12通星をエネルギー数値に変換させたものです。たとえば、胎は3、養は6といった具合です。これは、エネルギーがどの程度外へ向かっているかを表しており、その数値の合計で決められます。

年柱=初年期(0~19歳)

四柱推命において最初の柱、年柱は初年期の性格傾向を表します。0歳から19歳くらいを初年期といい、社交運や目上の人との関係などを示しています。

たとえば、日柱が長生であると正確が素直で長ずれば長者の風格があるともいわれています。子どものころから可愛がられやすい性格で会ったことです。

月柱=中年期(20~39歳)

次に月柱ですが、月柱は20から39歳くらいの一番働き盛りの年齢の運勢を示します。仕事運だけでなく家庭運、そしてその中年期の性格傾向まで示します。

日柱=晩年期(40歳~60歳)


日柱は、壮年期から晩年期、すなわち40歳から60歳くらいまでの運勢を表します。恋愛運や自分自身の運、これから来る晩年に向かっての性格傾向などを示唆しています。

時柱=最晩年期(60歳位~死亡)

四柱の最後は、生まれた時間をもとにして算出する時柱です。時柱は、最晩年期、すなわち60代から死ぬまでということです。人生の帰結や晩年期の過ごし方などを示唆しています。占いでは時柱を除く三つの柱で鑑定することも少なくありません。

初心者向け!命式の基本的な読み解き方

このように、四柱推命は生年月日と出生時間をもとにした命式で読み解くのですが、鑑定をするにはとても難しいです。しかし、初心者でもわかる、四柱推命の命式、基本的な読み解き方を抑えておきましょう。

日柱の天干を見る


四柱推命の基本としては、日柱の天干を見るとよいでしょう。日柱の天干と地支の漢字部分にあらわれています。これは、その人のコアとなる部分、持ち味を見ることができるからです。日柱の天干と地支は、その人の持ち味を知るための記号になるようなものです。

日柱の地支・日柱の天干+地支・日柱の天干と通変星の関係性を見る

次に、通変星には比肩・劫財・食神・傷官・偏財・正財・偏官・正官・偏印・印綬の10種類があります。それと、日柱の天干+地支・日柱の天干との関係を見ると、その人の性格がわかります。

良い命式とは陰陽五行のバランスが良く均衡している状態

良い命式とは、陰陽五行のバランスが整っている状態です。星のバランスが偏っている状態は、変化が激しくて激動の人生を送ることになります。陰陽や五行の配分が偏ることなくお互いがより良くなるように影響しあい、エネルギーを循環させるのが良いのです。

天干の陰陽五行から読み解く性格傾向

日中の天干の陰陽五行はとても重要です。陰陽五行のそれぞれの性格傾向はどのようなものか、知っておくとよいでしょう。

甲:努力し続け成長し樹木のように皆から必要とされる存在


甲(きのえ)は、樹木や建材のイメージです。努力をし続ける真面目な努力家ですが、頑固でスローペースなところもあります。甲の人は、樹木のように皆から必要とされる存在なのです。

乙:控えめだが芯が強く柔軟・場を和ませる草花のような存在

乙は、五行における陰の木であり、イメージとしては草花です。控えめですが芯は強く、柔軟性にあふれるアイディアマンです。場を和ませる草花のような存在で、皆に好かれます。

丙:明るく大らかで人から好かれ太陽のように皆に平等に接する

丙(ひのえ)は、陰陽でいえば陽、五行でいえば火で、とても明るく情熱的な存在です。楽天的で皆を平等に愛するため皆から好かれます。いろいろなことに情熱的に挑戦する反面、飽きっぽいところもあります。

丁:繊細で感性が鋭く焚火のように自分犠牲にしても周囲を照らす


丁(ひのと)は、陰陽でいえば陰、五行でいえば火で、灯火や照明のようなイメージです。感受性が強く、自分を犠牲にしても周囲を明るく照らすような存在です。デリケートで繊細な一面もあります。

戌:穏やかで面倒見がよく力強い山のような存在で頼られる

戌(つちのえ)は、穏やかなイメージです。陰陽の陽であるため、まるで人々を見下ろして守る、山のような存在になります。周囲の人からも頼られます。

己:気さくで気配り上手・田畑の大地の様に人を育て支える

一方戊に対して、陰そして土、の己(つちのと)は、穏やかな大地のようなイメージです。庶民的で母性的、私達を陰ながら育ててくれるようなイメージです

庚:信念が強く素早い・金属のように鍛えられ厳しい環境で生き抜く

庚(かのえ)は、陽の金ですので、金属のようなイメージです。鍛えられて厳しい環境で生き抜くことができます。しかし場合によっては、攻撃的かつ行動的な部分もあります。

辛:美意識とプライドが高く繊細・磨くと輝く宝石の原石のような存在


辛(かのと)は、陰陽でいえば陰、そして金です。これは、鉱物や宝石のように普段は土の中にあり人知れず輝くものです。美意識とプライドが高く、一方で現実的、そしてまじめでマイペースです

壬:大らかで心優しく変化を好み柔軟に対応できる海の水のような存在

壬(みずのえ)とは、陽の水であり、海や大きな川を示しています。マルで海のような心の大きさで、そして変化を好み柔軟に対応することができます。自由な生き方ができる分、感情の起伏はやや激しいところもあります

癸:優しく母性的で地道に努力し雨の水のように多くの人に必要とされる

癸(みずのと)は、陰の水であり、壬に対し雨や地下水を示します。優しい努力家であり、地道に努力をして雨の水のように多くの人に必要とされています。知識はもちろんのこと洞察力と記憶力に優れているといった特徴があります。

まとめ

四柱推命の命式を読み解くためには、命式を読み解くことが重要です。人生を四分割した各時期における十干十二支や星を表すものであり、各柱に存在する十干十二支の組み合わせが重要です。

四柱推命の命式を見る際は、今回ご紹介したそれぞれのポイントに気をつけてみてくださいね。