九星気学で性格が分かるのはなぜ?自分の星の出し方や九星の性格傾向

占いに詳しくない人でも、九星気学という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。9つの本命星にしたがってその人の性質やコアな部分、運勢を占ったりできますし、ほかの人との相性を占うことができます。このような九星気学はなぜ当たるのか、どのような本命星の人がどのような性格をしているのでしょうか。

  • 九星気学で性格が分かる理由と自分の九星
  • 自分の本命星の確認方法
  • 本命星から読み解く性格傾向

を紹介します。

九星気学で性格が分かる理由と自分の九星

では、九星気学で性格が分かる理由はなぜでしょうか。四柱推命などにおいても同じような背景なのですが、実は人間の性格や運勢は生まれた瞬間に決められています。自分の本命星についてもどのように計算したらよいのか知っておくとよいでしょう。

性格は生まれた瞬間の気


九星気学の元となる考え方は、人間は誰でもこの世に生を受けた瞬間に吸う空気、すなわち「気」によって決まっているという考え方です。九星気学においては、その種類は9種類あり、それぞれそのときの九星のエネルギーから影響を受けています。それにより、その人の性格や運命が決められているのです。

自分の九星

九星気学を理解するには何より、まず自分の九星を見つけ出すことが重要になります。実は九星は、生まれた年だけでなく生まれた月、生まれた日、生まれた時間すべてにあります。それぞれ影響力や表面に出てくる時期、消える時期が違いますので、そういったことをまず「知る」ことから始まるのです。

性格や運勢

自分の性格や運勢を知るには、まず自分の九星を知らなければなりません。生まれた年、月、日、時間によってそれぞれ九星があるわけですが、九星気学においては、生まれた星を基準にする本命星と、生まれた月を基準にする月命星を利用して読み解く傾向が多いのです。

なぜなら、年と月から導き出す九星は特に運勢や性格に大きく影響されるためです。本命星は、自分の性格や運勢に6割から7割も影響すると言われています。

自分の本命星の確認方法

では、自分の本命星はどのように確認すればよいのでしょうか。自分の九星の確認方法について知っておきましょう。本命星を確認できたら、自分の性格や運勢など大まかなところがわかるからです。

ステップ1:生まれた年の西暦を一桁になるまで足す


自分の本命星を計算するには最初に、生まれたときの西暦を一桁になるまで足していきます。西暦を足していった結果が1になったら10と置き換えます。この計算をするにあたっての注意点は、1月1日から節分までに生まれた人は前年生まれと考えて計算することです。九星気学においては旧暦を使用しますのでそうなります。

ステップ2:ステップ1の計算結果を11から引いて出た数が年の九星

次に、ステップ1の計算結果から11引いた数がその年の九星になります。たとえば、1979年生まれの人であれば1+9+7+9で26になります。次にこれを2+6として8になります。11-8で3、つまり1979年生まれの人は、三碧木星ということになります。

本命星から読み解く性格傾向

自分の本命星は比較的簡単に割り出すことができます。自分の本命星が分かったところで次は、その本命星がどのような性格傾向があるのかについても見ておきましょう。

一白水星(水):順応性があり何事も器用にこなす・クールな印象も


一白水星は、固体から液体、気体へと形を変える水のように順応性があり、相手によって対応を変えることができます。理知的で何でも器用にこなしますが、実は忍耐強くて知らないうちにストレスをためることもあります。クールに見えますので冷たい印象もありますが、実は人情味あり、細やかな気配りができるからです。

二黒土星(土):包容力と忍耐力がある・人の育成が上手い

二黒土星は黒い土、すなわち植物が育つような栄養たっぷりの土を示しています。そういった二黒土星の性格としては包容力があり人を育てるのが上手なのです。堅実な行動で動作はスローペースですし、一見地味に見えて頑固で生真面目ですが、実はそれだけ人のことを理解しようと考えています。

三碧木星(木):フレッシュでエネルギッシュ・発想が斬新

好奇心旺盛でアクティブ、どんなところにも飛び込んでいける行動力のある人、それが三碧木星の人です。斬新な発想ですので時に他人が付いていけないこともあるのですが、パワフルでかつ人を動かすようなこともできます。クリエイティブな仕事にも向いています。

四緑木星(木):自由気ままで社交的・性別問わず人が集まる

四緑木星はコミュニケーション能力が高く、社交的でだれとでもうまくやっていくことができます。笑顔で話しかけたり仲間を大事にしたりすることもできます。誰とでもうまくやっていけることは、見方を変えれば八方美人ということもありますが、年齢や性別問わず人が集まってきます。

五黄土星(土):パワフルで俺様気質・人脈に恵まれリーダー的存在

五黄土星は人の上に立つ統率力があり、親分肌な人です。パワフルで俺様気質な人ですので、ついていけないところもあるのですが、一度懐に飛び込んでしまえば、心を開いた人にすごく優しくしてくれます。

六白金星(金):努力家で責任感が強い・プライドが高い一面も


六白金星は努力家で責任感が強く、自分にも相手にも厳しい人です。そのため、仕事などでは信頼されています。プライドが高くて言葉が鋭いところがありますので、誤解されることもあるかもしれません。人当たりは悪くはありませんが、融通が利かないところもあります。

六白金星の人は、肩の力を抜いて接するようにすると、友達もたくさんできるでしょう。

七赤金星(金):明るく愛嬌があり遊び上手・精神的にタフ

明るく朗らかで、愛嬌のある七赤金星は、人生を全力で楽しんでいます。交友関係が広くて人当たりもよく、そして優しく見えるので友達が多いですし、楽しいと思ったことは何でもやってみるのであまりストレスもたまりません

軽くてチャラいと思われることもありますので、時には冷静に自分を見つめ直してみることも大切です。

八白土星(土):穏やかで慎重派・一度決めたことは最後までやり通す

八白土星は、エネルギッシュに自分で決めた道を進んでいくことができます。穏やかで慎重派ではありますが、好きなことにはとことん打ち込むところや、自分の信じた道を行くところが分かる人には支持されます

八白土星は好きなことはとことんやるのですが、欠点としてやや飽きっぽいところがあります。特に恋愛でも一人の人と付き合うのが苦手な部分がありますので、交際相手には真摯な態度で接したほうがよいです。

九紫火星(火):美的センスと鋭い感性がある・華やかで自己顕示欲が高い


九星気学では唯一火の本命星である九紫火星はとにかく派手で情熱的です。自己顕示欲も高いので地位と名誉を重んじ、外面が良くて見栄っ張りなところがあります。とにかく派手なことが好きな性格ですので、人前に出る職業などに向いていますし、きちんと努力できれば波に乗れます。

しかし、九紫火星は自己顕示欲が高いのでどうしても人と比べてしまうこともあるようです。

まとめ

九星気学でなぜ性格がわかるかというと、性格は生まれた瞬間の気で決まるからです。自分の九星は、生まれた年、月、日、時間それぞれにあるのですが、性格や運勢は生まれた年を基準とする本命星と月命星で決まります。

本命星の確認方法ですが、生まれた年の西暦8桁を足し算し、一桁になるまで足し算します。11からその人桁の数を引くと、本命星になります。旧暦で考えますので1月1日から節分までに生まれた人は前年と考えて計算します。

本命星からは性格傾向が読み取れます。順応性があり器用、そしてクールな一白水星、包容力と忍耐力があって人の育成がうまい二黒土星、フレッシュでエネルギッシュな三碧木星、社交的でコミュニケーション能力の高い四緑木星などがあります。

五黄土星はパワフルで統率力があり、努力家で責任感が強い六白金星、明るく愛嬌があって遊び上手な七赤金星といった性格の本命星もいます。穏やかで慎重派、一度決めたことを最後までやり通す八白土星や、美的センスと鋭い感性のある九紫火星は情熱的であるなど、それぞれの五行のような性格になっています。