ボダム製のフレンチプレスでコーヒーを淹れよう!淹れ方はこちら

みなさんは普段どんな淹れ方でコーヒーを楽しんでいますか?コーヒーの淹れ方の代名詞とも言えるのが、ペーパードリップで、多くの人はコーヒーを淹れると言えばペーパードリップをイメージするのではないでしょうか。

この他にもコーヒーメーカーやサイフォン、エスプレッソマシンやネルドリップ、エアロプレスなどがあります。粉末を使うのか豆を使うのか、じっくり淹れるのか手軽に淹れるのかなどによって、淹れ方を選ぶことができますが、手軽に美味しいコーヒーを味わうことができると注目されているのが、フレンチプレスです。

そこでここでは、

  • フレンチプレスでコーヒーをいれるメリット・デメリット
  • ボダム製のフレンチプレスの特徴
  • ボダム製のフレンチプレスの使い方
  • 厳選!おすすめのボダムフレンチプレス

と、フレンチプレスの中でも人気の高いボダム製のフレンチプレスを紹介します。

フレンチプレスでコーヒーをいれるメリット


フレンチプレスはコーヒーとお湯を入れて、金属のフィルターで押し沈めたら、あとは注ぐだけで美味しいコーヒーを飲むことができるいれ方です。

フレンチプレスと言えば、紅茶をいれるイメージが強いのですが、もともとはコーヒーをいれるためのものであり、フレンチプレスでコーヒーをいれることで様々なメリットがあります。

いつでも同じクオリティを出せる

フレンチプレスは抽出機とポットが一体化した器具であり、基本的にはコーヒーとお湯、そして待ち時間が同じであれば、いつでも同じクオリティのコーヒーをいれることができます。

お気に入りのコーヒーのいれ方をマスターして、いつでも手軽に飲むことができます

素人でも簡単に美味しいコーヒーをいれられる

フレンチプレスの魅力は簡単なこと。コーヒー豆とお湯を入れたら金属フィルターを押して沈めるだけです。初心者で手先に自信がなくても、簡単かつおいしいコーヒーが作れます。

コーヒー豆の本来の味わいを感じられる

金属フィルターを押し込んで粉とリキッドを分離させるのがフレンチプレスです。

コーヒー自体のお湯に触れている時間が長いこと、金属フィルターによってコーヒーオイルも一緒に抽出されることなどから、コーヒー本来の味わいをダイレクトに感じることができるのがフレンチプレスです。

フレンチプレスでコーヒーをいれるデメリット

コーヒー本来の味を手軽に楽しむことができるのが、フレンチプレスの魅力ですが、デメリットもいくつかあります。

このデメリットによってフレンチプレスでコーヒーをいれることがなくなったという人もいるので、フレンチプレスを試す前にフレンチプレスでコーヒーをいれるデメリットも知っておきましょう。

抽出後の豆の始末が大変


フレンチプレスはガラス製の容器に金属フィルターがついており、コーヒーを淹れた後はそのまま底にコーヒーの豆が残ります。

ペーパードリップのようにそのまま捨てることはできないことから、豆の後始末を面倒に感じる人は多いようです。

フレンチプレスならではのオイル感がある

コーヒー本来の風味を味わうことができるのは、金属フィルターによってコーヒーオイルも抽出されているからです。

これは人によってはメリットになりますが、独特のオイル感が苦手な人にとってはデメリットとなってしまいます。

多くの方に一度に提供できない

フレンチプレスは器具の容量に限界があるので、決まっている容量以上に淹れることはできません。人数が多い場合などは一度に大量に淹れることができないので、不便に感じてしまうこともあるようです。

もし一度に大人数に振る舞いたい場合は、人数に合わせた数の器具を用意する必要があります。

ボダム製のフレンチプレスの特徴


フレンチプレスと言えばボダムをイメージする人も多いほど、ボダムは有名です。ボダムはデンマーク生まれのキッチンウェアブランドであり、プレスの他にはコーヒーメーカーやケトル、サイフォンやグラインダーなども販売しています。

そこでボダム製のフレンチプレスの魅力を2つ紹介します。

世界的なデザイン賞を受賞するほどデザインが良い

北欧家具やキッチンウェアはデザイン性が高いものも多いことから、好んで選んでいるという人も多いのではないでしょうか。ボダム製のフレンチプレスが評価される理由もデザインにあります。

シンプルで美しいボダム製のフレンチプレスは、世界的なデザイン賞を受賞しています。ボダムのブランドネームを知らなくても、デザイン性の良さからボダムの製品は知っているという人も多いです。

機能的な造りをしている

ボダムは、シンプルで美しいデザインだけでなく機能性をデザインポリシーとしています。

機能性が高いことで、実用性に優れており、使い勝手の良さやお手入れのしやすさ、収納のしやすさなども高いのがボダム製のフレンチプレスの魅力です。

ボダム製のフレンチプレスの使い方

美しいデザインと優れた機能性を併せ持つ、ボダム製のフレンチプレスはコーヒー好きなら一つは持っていたいアイテムです。そこでボダム製のフレンチプレスの使い方を詳しく紹介します。

ボダムフレンチプレスの淹れ方

1.コーヒー豆を入れる
2.お湯を半分いれ30秒ほど蒸らす
3.お湯をもう半分いれ蓋をして3分ほど蒸らす
4.プレスする

お湯の容量に合わせてコーヒー豆を入れたら、規定量の半分までお湯を注いで、30秒ほど蒸らします。30秒経ったら、規定量までお湯を注いで蓋をしたまま3分ほど待ちましょう。ゆっくりとプレスして、コーヒー豆とリキッドを分離させたら、出来上がりです。

フレンチプレスのコーヒーの淹れ方がいかに簡単かおわかりいただけるのではないでしょうか。

後片付けの仕方


フレンチプレスを使用するデメリットとして挙げられるのが、コーヒーを淹れた後の後片付けですが、2つのポイントをおさえておくと簡単に後片付けを行うことができます。

プレス器は、全て分解して洗うことができるので後片付けをするときは分解をして隅々まで洗うようにしましょう。またコーヒー豆の処理はそのままゴミ箱に捨てることもできますが、水分が残っている場合もあるので、三角コーナーのネットを被せてプレス器をひっくり返すと、捨てやすくなります。

厳選!おすすめのボダムフレンチプレス

ボダム製のフレンチプレスと一言で言ってもいくつかの種類があります。仕様やデザイン、機能性などで選ぶことができます。ボダムでは様々なシリーズのフレンチプレスを販売しています。ここではおすすめのボダム製のフレンチプレスを5つ紹介します。

BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 1.0L

【正規品】 BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 1.0L 10685-01
約1.0Lのコーヒーを淹れることができるのが、ケニヤシリーズのフレンチプレス1.0Lです。

楕円形をモチーフにしたモダンなデザインが人気となっており、1.0Lなので量が必要なときも手軽にフレンチプレスでコーヒーを淹れることができます。

BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L

【正規品】 BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L 10683-01J
ケニヤシリーズのフレンチプレスの0.5Lタイプです。ケニヤシリーズはボダム製のフレンチプレスの入門編とも言えるシリーズであり、お手入れのしやすさも魅力の一つです。

BODUM COLUMBIA フレンチプレスコーヒーメーカー ダブルウォール 0.35L

【正規品】 BODUM ボダム BODUM COLUMBIA フレンチプレスコーヒーメーカー ダブルウォール 0.35L 1303-16
コーヒーのしずくをイメージして作られているのが、コロンビアシリーズのフレンチプレスです。美しいミラー仕上げのボディは二重構造になっていることでコーヒーが冷めにくく、オールステンレスボディで清潔も保ちやすくなっています。

BODUM ボダム BRAZIL フレンチプレスコーヒーメーカー 0.35L

【正規品】 BODUM ボダム BRAZIL フレンチプレスコーヒーメーカー 0.35L 10948-913J
シンプルなデザインですが、ポップでカラフルな色が人気となっているのが、ブラジルシリーズです。カバーは樹脂製でガラスを保護する機能を持っており、お手入れの際は取り外して洗うことができます。

BODUM ボダム CHAMBORD シャンボール フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L

【正規品】 BODUM ボダム CHAMBORD シャンボール フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L 1924-16J
万が一、プレス器が倒れても中身がこぼれにくい構造になっているのが、シャンボールシリーズのフレンチプレス器です。

中蓋付きの新リキッドが採用されており、温度が逃げにくくなっています。コーヒーを注ぐ際はレバーを押すだけなのも魅力の一つです。

まとめ

フレンチプレスは大手コーヒーショップなどでも取り入れられており、簡単に誰でも美味しいコーヒーを淹れることができる淹れ方です。

中でもボダム製のフレンチプレスはデザイン性、機能性に優れていることから、これからフレンチプレスに挑戦してみようという人にも、ぜひおすすめです。