スタンドミキサーの魅力や活用方法!選ぶポイントもご紹介

便利な調理家電や調理器具などが登場している中で、料理やお菓子作りの幅を広げてくれるのが、スタンドミキサーです。お菓子屋さんやパン屋さんなどで見かけたことがあるという人も多いのではないでしょうか。もちろん一般家庭でも普及しており、アタッチメントを変えることで様々な使い方ができるものも増えています。

そこでここでは、

  • スタンドミキサーの魅力
  • スタンドミキサーの種類
  • スタンドミキサーを選ぶポイント

と、スタンドミキサーの魅力や活用用、スタンドミキサーを選ぶ際のポイントなどを紹介します。

スタンドミキサーの魅力


スタンドミキサーと聞いてもあまりピンと来ないという人もいるのではないでしょうか。またスタンドミキサーは、料理やお菓子作りのプロが使用する調理機器だと思われることも多いのですが、実は2つの大きな魅力があります。

この魅力が業務用などで使われている理由であり、これは一般家庭でも得ることができる魅力です。

作業労力を軽減できる

料理やお菓子作りをする際に、泡立て器などを使って手で混ぜる工程に苦労しているという人も多いのではないでしょうか。

例えば生クリームの泡立てなどは手動で行うと、作業労力も大きくなってしまいます。そんなときにスタンドミキサーを使用することで、作業労力を軽減することができ、楽に調理の工程を進めることができます。

作業効率を向上できる

スタンドミキサーを利用することで、お菓子作りなどで面倒に感じる混ぜる、泡立てるなどの作業効率を向上することができます。作業効率がアップするだけでなく、作業自体の質も手動で行うよりも高めることができるので、面倒に感じる作業も時間や手間をかけずに、楽にクオリティを保った状態で行うことができます。

スタンドミキサーの活用方法

スタンドミキサーはどんなことに活用することができるのでしょうか。スタンドミキサーを取り入れることで料理などの幅が広がると言われても、実際にどんなことに使えるのかピンと来ないという人も多いでしょう。

そこで、ここではスタンドミキサーの活用方法について紹介します。

ケーキやクッキーなどのお菓子作り


スタンドミキサーは必ずと言っていいほど製菓店に導入されています。

スポンジケーキやクッキーなどの種作りは、手動で行うよりもスタンドミキサーの方がしっかり混ぜたり、こねたりすることができますし、生クリームの泡立てなども効率的に行うことができます。

パン生地をこねる

パンを作った経験がある人の中には、パン作りには体力が必要だと感じたことがある人もいるのではないでしょうか。スタンドミキサーなら大変なパンの生地をこねる作業も楽に行うことができます。

こねることでパンは美味しくなることを考えると、パン作りを趣味にしている人にとってスタンドミキサーはとても優秀な調理機器となるのではないでしょうか。

ハンバーグや餃子などのお肉を混ぜる

ハンバーグや餃子を作る際はタネをしっかりこねて空気を含ませるのが美味しさのポイントですが、そんなときもスタンドミキサーは大活躍します。

タネをこねる作業は手が汚れてしまうなどの悩みもあることから、スタンドミキサーであれば清潔な状態で、タネを手軽に作ることができます

スタンドミキサーの種類

スタンドミキサーと一言で言っても、いくつかの種類があります。大きく分けるとスパイラルミキサーと縦型ミキサーになります。それぞれの用途や特徴などを紹介します。

スパイラルミキサー

パワーがあることで、ハード系のパンなどの生地をこねるのに適しているのが、スパイラルミキサーです。スパイラル状のフックとボウルがそれぞれ回転し、特にパンの場合は低速でじっくり回転させることで小麦粉のグルテンをできるだけ引き出さないようにこねていくことができます。

またスパイラルミキサーや叩きつけるような音がなく静かで、大量の生地をこねることができるのも魅力です。

縦型ミキサー


Jの形をしたフックが回転しながら動くことで、生地などをこねることができるのが、縦型ミキサーです。低速、中速、高速、超高速の4段階で回転の速さを調節することができるタイプがほとんどで、パン作りでは徐々に工程が進むにつれて、回転速度を上げていくことで、小麦粉のグルテンを強化させていくことができます。

グルテンが強化されると、柔らかく伸びのあるパン生地を作ることができます。また縦型のミキサーはアタッチメントを交換することで、様々な用途に使用することができるので調理や製菓などでも広く取り入れられています

スタンドミキサーを選ぶポイント

料理や製菓などで幅広く活用することができるのがスタンドミキサーですが、いざスタンドミキサーが欲しいと思っても、様々なメーカーから販売されていることから、どんなポイントで選べばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここではスタンドミキサーを選ぶ際のポイントを紹介します。

混ぜるパワーの強さ

生クリームを泡立てる場合はさほどパワーがなくても問題ないことも多いのですが、例えばハンバーグやパン、クッキーなどのタネや生地を作る場合は、それなりにパワーが必要になります。

パワーがないとしっかりとタネや生地を混ぜ合わせることができなくなってしまうので、スタンドミキサーを選ぶ際にはパワーは大切なポイントです。また一回に混ぜる分量が多い場合もパワーは必要になるので、用途や目的に合わせたパワーのスタンドミキサーを選ぶようにしましょう。

混ぜるスピードが調整できるか

パンやケーキ、クッキーの生地、ハンバーグ、餃子のタネなど、こねたり混ぜたりするものによって、ミキサーの回転速度を変更する必要があります。

例えば、ソフトな食感のパンの場合は低速から徐々に速度を上げて最終的には超高速で捏ね上げないと、どうしてもふんわりとした食感に仕上げることができません。用途や目的に合わせて、回転速度の調節をすることができるものを選ぶようにしましょう。

アタッチメントの種類

縦型ミキサーの場合は、アタッチメントを交換することで用途の幅を広げることができます。アタッチメントは機能を高めたり、別の用途で使用する際に取り付けることができたりする付属品であり、アタッチメントの種類が豊富なスタンドミキサーを選ぶと利便性を高めることができます。

取り外してハンドミキサーとして使用できるか


基本的にスタンドミキサーは、テーブルや作業台などに置いた状態で使用しますが、場合によってはハンディタイプのミキサーの方が使いやすいこともあります。

そんなときは取り外しが可能なスタンドミキサーを選んでおくことで、ハンドミキサーとしても使用することができます。用途の幅を広げる意味でもハンドミキサーとして使用することができるスタンドミキサーを選んでみましょう。

大人気のおすすめスタンドミキサー

スパイラルミキサーや縦型ミキサーなどの種類があり、アタッチメントなどがあることで用途の幅も広がるのがスタンドミキサーです。料理や製菓が趣味だという人にとっては、とても便利なアイテムとなるでしょう。ここではおすすめのスタンドミキサーを4つ紹介します。

スタンドミキサーミニ AQS-1041


泡だてる、こねるなどの作業をすることができ、用途に合わせて6段階のスピード調節が可能となっています。ミニサイズのスタンドミキサーなので一般家庭でも使いやすいのが特徴です。

貝印 ターボ ボウル付 ハンドミキサー


ハンドミキサーとして販売されていますが、ボウルがついていることでスタンドミキサーとしても使用することができます

ねじり状のビーターを採用していることで、効率よく空気を混ぜることができるように設計されています。

KitchenAid KSM150PS 5クオートアーティザンシリーズスタンドミキサー


デザイン性を重視するという方におすすめ。カラーバリエーションが非常に豊富な製品で、キッチンや他の調理家電とのコーディネートも楽しむことができます。

Hamilton Beach 63326 6-Speed Stand Mixer スタンドミキサー


3種類のアタッチメントがついているスタンドミキサーです。アメリカで創業されたハミルトンビーチの製品です。

まとめ

スタンドミキサーはあまり馴染みのない調理家電だと感じる人も多いですが、作業の労力の軽減や作業効率のアップなどに便利に活用することができるものです。パンやケーキ、クッキーなどの生地作りやハンバーグや餃子のタネ作りなどに、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。