【ヒールの歩き方】足が痛くなる原因と正しい歩き方

ヒールを履くと、足が痛くなってしまうという方は多いのではないでしょうか。普段からヒールを履きなれている方でも、常に痛みを感じてしまうという方は少なくありません。

今回は、

  • ヒールを履くと足が痛くなる原因
  • ヒールを履いたときの正しい歩き方

などについてもご紹介します。

ヒールを履くと足が痛くなるのはどうして?


そもそも、どうしてヒールを履くと足が痛くなってしまうのでしょうか。足が痛くなる原因はいくつかありますが、一つにはヒール特有のデザインが挙げられます。また、外反母趾や偏平足、むくみなどが原因になることもあります。

体重が足先にかかりやすいデザイン

ヒールのデザインを思い出してください。かかと部分が高くなっていますよね。つまり、背伸びをしているような状態で靴を履くことになります。

ヒールを履いているときは、常に体重がつま先にかかりやすくなるため、それが痛みの原因になってしまうのです。ヒール部分が高くなればなるほど、つま先にかかる負担が大きくなり、痛みも強くなります。

外反母趾になっている

外反母趾とは、足の形が変形してしまう病気です。外反母趾だと、親指の付け根が離れていたり、外側に飛び出ていたりします。また、親指の付け根に靴擦れや水ぶくれができる、歩いていると踵が痛くなるといった症状もありますね。

外反母趾で足の形が変形し、骨や指先が靴に圧迫されることで、強い痛みを感じるようになるのです。

偏平足になっている

ヒールを履いたとき、足のどこに痛みを感じるかは人によってまちまちです。もし、土踏まずの部分が痛いのなら、それは偏平足かもしれません。これは、土踏まずがなくなり、足の裏が地にべったりとついてしまう病気です。

足の裏がすべて地についてしまうため、足にかかる負担が増大してしまうのです。当然、痛みも強くなります。

デザイン重視で選んだため足の形に合っていない


オシャレな靴を履きたい、という気持ちは理解できますが、自分の足の形に合っているでしょうか。デザイン重視で選ぶのも良いですが、足の形に合っていないと、痛みの原因になってしまいます。

足の形に合っていないと、靴擦れを起こしてしまいますし、外反母趾や偏平足の人だとさらに症状が悪化します。足の形に合ったものを選ぶのが基本です。

足が浮腫んでしまった

むくみやすい方だと、それが原因でヒールを履いたときに足が痛くなる可能性があります。足がむくんでしまうと、それまで普通に履けていた靴がきつくなります。つまり、サイズが合わなくなってしまうのです。

小さなサイズの靴を、無理やり履いているようになるので、痛みを感じます。デスクワークに携わっている方だと、足もむくみやすいので注意が必要です。

歩き方が正しくない

靴のサイズもピッタリで、ヒールもそこまで高くなく、外反母趾でも偏平足でもないのに足が痛い、というケースもあります。これだと、歩き方が正しくないのかもしれません。足に負担をかけるような、変な歩き方をしていると、足が痛くなってしまいます。

ということは、正しい歩き方ができるようになれば、ヒールを履いても足が痛くならないということです。

正しい歩き方でヒールを履くメリット


正しい歩き方ができるようになると、ヒールを履いても痛みが出なくなります。また、筋肉を引き締めることができ、美脚を手に入れることもできるでしょう。姿勢が良くなるメリットもあります。ここでは、正しい歩き方でヒールを履くメリットをお伝えします。

痛みが出なくなる

ヒールを履いているときに足が痛くなるのは、歩き方に原因があることもあります。そのため、正しい歩き方ができるようになると、これまでに感じていた足の痛みが出なくなるのです。

痛みが出なくなるため、今まで履けなかったヒールも履けるようになるかもしれません。ヒールで外出するときも、憂鬱な気分にならずに済みますよ。

筋肉が引き締まる

正しい歩き方をマスターすれば、足の筋肉が引き締まります。しっかりとふくらはぎ周辺の筋肉も使いますし、すっきりとした足を手に入れることもできるでしょう。憧れの美脚も手に入るかもしれません。

また、正しい歩き方では、全身の筋肉やバネを使って颯爽と歩きます。そのため、体全体の筋肉に刺激を与え、引き締める効果が期待できます

脂肪燃焼効果がアップする

筋肉が引き締まると、脂肪燃焼効果も高まります。脂肪を燃焼させているのは筋肉なので、筋肉がしっかりと働くようになると、効果的に脂肪を燃やすことができるのです。そのため、効果的にダイエットを行うことも可能になるでしょう。ヒールが似合う、素敵なスタイルに変身できるかもしれません。

姿勢が良くなる


正しい歩き方では、背筋をまっすぐに伸ばします。膝もしっかり伸ばし、背筋もピンとして歩くので、自然と姿勢が良くなるのです。どんなに優れた容姿であっても、猫背だと素敵ではありませんよね。

正しい歩き方をマスターすれば、足が痛くならないだけでなく、美しい姿勢も手に入れることが可能になるのです。

動画で学ぶ!ヒールでキレイに歩くコツ

ヒールを履いて、キレイに歩くにはいったいどうすればいいのでしょうか。ここからは、ヒールでキレイに歩くための方法を、動画を添えてご紹介します。正しい歩き方をマスターし、美しく歩けるようになってみませんか?

ハイヒールでの正しい歩き方

足を前に出すとき、つま先から地面につくようにします。体重は小指側でなく、親指側にかかるようにしましょう。ポイントは膝で、前と後ろ、両方の膝をしっかりと伸ばしてください。つま先を上げずに、下げたまま前に出すのもポイントですね。背筋はきちんと伸ばし、頭の位置もまっすぐにしてください。

ぐらつきを改善する歩き方

歩いているときのぐらつきを改善するための歩き方をマスターしましょう。歩くときは、足の指の付け根に体重を乗せるように意識します。足を踏み出したとき、体重をどちらかに預けてしまうと、どうしてもぐらつきが生じてしまいます。そのため、足を踏み出すときは、片一方に体重を預けないことを意識してください。

膝を曲げずに綺麗に正しく歩く2つのコツ

ヒールで歩くとき、膝を曲げてしまう方は多いです。しかし、これはあまりかっこよくありません。膝を曲げずに綺麗に正しく歩くポイントは、足だけで歩こうとしないことです。

腰から前に進むことを意識すると、膝を曲げずに美しい歩き方ができるようになります。足よりも先に、腰を先に前に出すようなイメージで歩いてみましょう。

内股とガニ股を改善するヒールウォーキング

ガニ股で歩くのを改善するには、かかと、つま先と線の上を歩くようなイメージで歩きます。これは内またの人も同じです。同じラインの上を歩くようにしてみましょう。

ガニ股や内またを改善するには、片足立ちのストレッチも効果的です。おなかに力を入れ、体を揺らさないようにして片足立ちをしてみましょう。交互に左右20秒ずつ行いましょう。

ヒールの歩く音を静かにする歩き方

ヒールの踵部分の先端にはゴムがついています。それが削れると、金属の中身が出てしまい、それが不快な音の原因になります。金属が出てきたら、靴を修理に出す、もしくは買いなおしましょう。

ヒールで歩くときに、かかとから足をおろすようにすると、先端が削れやすくなります。踵だけでなく、つま先と同時に着地するようにしましょう。

細見せできる綺麗な歩き方

ヒールで歩くときは、肩甲骨を寄せて胸を張るようにしましょう。猫背だと、どうしてもかっこ悪く見えてしまいます。着地するときは、つま先とかかとが同時に就くようにします。

目線はまっすぐ遠くを見るようにして、手もぶらぶらさせないように注意しましょう。一本のラインを、足の親指でたどるように歩くと綺麗に歩けますよ。

まとめ

ヒールで足が痛くなるのは、靴のサイズが合っていない、外反母趾や偏平足、歩き方に問題があるといった原因が挙げられます。まずは、足が痛くなる原因がどれなのかを考えてみましょう。

靴を選ぶときは、デザインよりも足の形に合っているかという部分が大切になります。ここでご紹介した、正しい歩き方もぜひマスターしてほしいですね。