顏の黄金比ってなに?美人の条件になる黄金比と黄金比メイク

美人とは、どのような顔の人を言うのでしょうか。実は、美人に見える顔の黄金比があるといわれています。この黄金比に近ければ近いほど、美人と言われるということですね。

今回は、

  • 美人に見える顔の黄金比
  • 黄金比に近づくメイク方法
  • 黄金比の顔を持つ女性芸能人

などをご紹介します。

美人に見える顔の黄金比


美人に見える顔の黄金比とは、どのようなものなのでしょうか。鼻の下を中心に、上下の比率が同じことが一つに挙げられます。また、目の横幅は1:5、頭頂から顎先までが1:1:5の比率になることも条件です。ここでは、美人に見える顔の黄金比を詳しくご説明します。

鼻の下を中心に上下の比率が同じ

顔の3つの箇所の比率が同じだと、美人に見えるといわれています。鼻の下を中心に、上下の比率が同じということですね。具体的には、髪の毛の生え際から眉頭の下まで、眉頭から鼻の下、鼻の下から顎先までが同じ比率ということです。

髪の毛の生え際から、眉頭の下までが5cmだったとします。この場合だと、眉頭の下から鼻の下までも同じように5cm、鼻の下から顎先までも5cmだと、顔が美人に見える黄金比ということになります。これが、美人に見える顔の黄金比の一つです。

顔の横幅:目の横幅=5:1

顔の横幅と、目の横幅の比率はこうなります。顔の横幅と、目の横幅が見た目の印象に大きく関わってくるのは事実ですし、目につく部位のためなおさらです。これくらいの比率だと、美人に見えるといわれています。

また、目の横幅と、目と目のあいだの比率が同じだと、美人に見える黄金比となります。つまり、目の横幅が3cmだったとすると、目と目のあいだも3cmということですね。これだとバランスがとれて、美しい顔立ちに見られやすくなるのです。

顔幅:頭頂から顎先=1:1.5


それぞれのパーツが整っていたとしても、配置のバランスが悪いと美人には見られにくいです。また、顔が長すぎる、短すぎるのもそうですし、頭頂から顎先までが1:1.5の比率なら、美人に見えるといわれています

つまり、顔の幅が1だとすると、顔の長さが1.5ということです。これが1:1になってしまうと、ずんぐりとした丸顔になってしまいます。顔の横幅に対して、頭頂部から顎先まで1.5の比率になると、全体的なバランスもとれて美人顔となります。

顔幅:額の生え際から顎先=1:1.4

この部分も、美人かどうかを判断するポイントの一つになります。1:1.4ということで、かなりシビアな比率にはなりますが、美人と言われる人の多くは、この比率にマッチしているようですね。

例えば、この比率が1:1.2くらいになってしまうと額が狭く見えてしまいます。逆に、1.5~1.7くらいになってしまうと、今度は額が広くなりすぎてしまうのです。顔の横幅に対し、1.4くらいの比率が、もっとも美人で整った顔立ちに見られるようですね。

鼻の下から唇の下:唇の下から顎先=1:1

口元のバランスも、美人かどうかに大きく関わります。美人の黄金比だと、鼻の下から唇の下、唇の下から顎先までが同じ比率となっています。つまり、鼻の下から顎先までが1とすると、鼻の下から唇の下までが1/2、同じく、唇の下から顎先までも1/2となります。

このバランスが崩れてしまうと、唇と鼻の下が近くなりすぎたり、逆に離れすぎたりします。鼻の下がやけに長く見えたり、バランスが不自然に見えてしまうのです。もちろん、この部分の比率だけ黄金比に近くても、ほかの部位の比率がバラバラだと、バランスが悪くなってしまいます。

Eラインが整っている


美人の条件として、Eラインが整っていることも挙げられます。Eラインとは、鼻の先端から顎の先端にラインを引いたとき、その内側に唇がある状態です。鼻が低い場合だと、Eラインよりも唇が前に出てしまいます。

また、鼻が高すぎても、Eライン上から唇が離れすぎてしまいます。理想的なのは、鼻の先端から顎先に引いたEラインに、ピッタリ唇がくっついているような状態です。これだと、一般的に言われる美人な顔ということになるのです。

黄金比の顔を持つ女性芸能人

芸能界には、黄金比の顔を持つ女性芸能人がたくさんいます。美人と評判の人をよく見てみると、美人の顔の黄金比にとても近いことがよくわかりますね。そこで、ここでは黄金比の顔を持つ女性芸能人を何人かピックアップしてみました。

橋本環奈

橋本環奈2018年オフィシャルカレンダー ([カレンダー])

千年に一人のアイドルと言われる橋本環奈さんは、黄金比の顔を持つ女性芸能人の一人です。もともと、アイドルグループのメンバーの一人として活動していましたが、奇跡の一枚と言われる写真で注目を集めました。

あの奇跡の一枚に魅了された方は決して少なくないでしょう。その後アイドルグループからは卒業し、活動の幅を広げることになります。

現在では、テレビのバラエティー番組のほか、トーク番組にも数多く出演しています。女優としての活動もめざましくなっていますし、今後は女優としての姿をたくさん見られるかもしれませんね。

 

ローラ

HONEY Beauty(ハニービューティ) (NEKO MOOK)

モデルやバラエティータレントとして活躍しているローラさんも、誰もが美人だと思える顔立ちをしています。ハーフタレントなので、日本人離れした顔立ちをしていますよね。

もともとはモデルとしての活動がメインでしたが、今ではバラエティー番組や女優としても活躍するようになりました。ハリウッド映画に出演したことも話題になりましたね。

 

新垣結衣

新垣結衣 写真集 まっしろ

若手女優の中でも、実力派の一人と言われています。ポッキーシリーズのコマーシャルに出演したことが、ブレイクのきっかけとなりました。それ以降は、女優としての活動がより活発になり、さまざまな作品に出演することになります。

キュートでポップなキャラから、少し陰のある癖の強い女性まで、さまざまな役柄を演じられる女優です。

 

観月ありさ

HISTORY~ALISA MIZUKI COMPLETE SINGLE COLLECTION~

もともと子役モデルとして活動していました。早い段階から女優に転身し、その後さまざまなジャンルの作品に出演するようになります。代表作の一つが「ナースのお仕事」で、大人気作品としてシリーズ化されることにもなりました。

現在でも女優として活躍していますし、年齢を重ねてより幅広い役柄を演じられるように成長しています。

 

波瑠

Saita(咲いた) 2017年 04 月号 [雑誌]

タレントやファッションモデル、女優などマルチな活躍を見せています。嫌味のない、清楚なルックスで、男性女性を問わず人気ですね。2004年に芸能界入りしたものの、当初は仕事もほとんどありませんでした。

その後、少しずつ映画やドラマに出演するようになり、次第に存在感を高めていきます。今では、誰もが認める女優になりました。

 

長澤まさみ

 

デビュー当初から、さまざまな映像作品に出演していました。代表作の一つに「世界の中心で愛を叫ぶ」がありますが、この作品でヒロインを演じたことが、大きな転機となります。その後もさまざまな作品へ積極的に出演するようになりましたし、役柄も広がっていきました。

今では、病弱な女性からポップな約まで幅広く演じられるようになっています。

Summertime Blue―長澤まさみ写真集

メイクでできる!黄金比の顔に近づくには

美人の顔の黄金比でなければ、美人になることはできないのか、というと、決してそんなことはありません。顔のパーツの配置やバランスはもうどうしようもありませんが、メイクで美人に近づくことはできます。ぜひ参考にしてください。

黒目を大きく見せるカラコンを入れる

カラコンは、綺麗な目元を作るのに欠かせないアイテムの一つです。黒目を大きく見せるカラコンをつければ、美人に近づくことができますよ。理想的な目のバランスは、黒目と白目のバランスが1:2:1だといわれています

1:1:1だと、少々白目の部分が多くなってしまい、冷たい目つきに見えてしまうことがあります。そこで、黒目を大きくするカラコンの登場です。黒のカラコンを入れることで、1:2:1の比率に近づけられます。カラコンを選ぶときは、着色直径をしっかり確認してくださいね。

目尻にオーバー気味にアイラインを引く

アイメイクに欠かせないのがアイラインです。まつ毛の生え際から、黒目の下までが1で、目頭から目尻まの横幅が3になるようにメイクをしていきます。横幅が足りないときは、多少大げさなくらいアイラインを引きましょう。

アイラインをいつもより長く引くことによって、黄金比に近づけることができます。また、目尻側が細い形の目だった場合、目尻に幅広にアイシャドウを載せることで解決します。こうすれば、目尻側に縦幅を出すことができます。

ノーズシャドウを入れる


目が離れているような顔立ちだと、ノーズシャドウを入れることで、黄金比に近づけることができます。眉下からノーズラインへシェーディングをしっかり入れましょう。こうすると、目頭が鼻に近づいたように見えますよ

割りとしっかり目に入れるのがポイントです。小鼻と鼻の側面にもシェーディングを入れることで、より立体感を出せるでしょう。チークブラシを使って、TゾーンやCゾーンにハイライトを入れるのも効果的ですね。

上唇から少しオーバーにリップを塗る

バランスの良い唇の厚さに仕上げることで、黄金比に近い顔立ちにすることが可能です。リップライナーで、足りない部分は描き足してください。上唇と下唇の厚みのバランスは、1:1.5くらいです。これを目安にしてください

上唇から、少しオーバーにリップを塗るのもポイントです。あまりオーバーになりすぎると、不自然な見た目になってしまうので、そのあたりは調整しながら塗っていきましょう。何度も試行錯誤してみるといいですね。

頬骨の高い位置にチークを入れる

チークを上手にのせることで、黄金比に近づけることができます。メイクにチークは欠かせませんが、少しでも黄金比に近づけたいのなら、頬骨の高い位置に入れるのがポイントとなります。

頬骨の高い位置に入れるのはもちろんですが、三角形に乗せるというのもポイントですね。三角形に乗せることによって、頬が上に上がったように見えます。顔が引き締まったようにも見えるので、高い位置に三角形に乗せるということを忘れないでください。

頬骨の下に頬のラインにあわせてシェーディングを入れる


頬骨の下から、顎のラインにあわせてシェーディングを入れることで、黄金比に近づけられます。黄金比に近づけるためのメイクで、もっとも重要と言われるのがこのシェーディングです。

頬骨の下から顎にかけて入れることもあれば、耳の部分から顎にかけて入れることもあります。顔と首の境目を消す、眉下、鼻筋のわきなどにも入れましょう。シェーディングをうまく入れられれば、黄金比率を整えられます。

まとめ

黄金比に近づければ近づくほど、美人に見えるといわれています。持って生まれた顔は、いまさらどうしようもありませんが、ここでお伝えしたように、メイクで近づけることは十分可能です。

美人と言われたいのなら、ここでご紹介したメイクもぜひ取り入れてみましょう。また、黄金比の顔を持つ女性芸能人をまねる、というのもおすすめですよ。