加湿器の選び方を教えます!加湿器は加湿方式で選んで

加湿器は数多くの種類があり、どれを選んでいいのか悩むところです。加湿器を選ぶときは、加湿方式にも注目しましょう。

今回は、

  • 加湿器を選ぶための基礎知識
  • 加湿器を選ぶポイント
  • 大人気のおすすめ加湿器

を紹介します。

加湿器を選ぶための基礎知識【加湿方式編】

加湿器には大きく分けて、スチーム式・気化式・超音波式・ハイブリット式の四つのタイプがあります。それぞれの種類で加湿の機序は異なっているため、加湿の効果や使いたいシーンから選んでいきましょう。

スチーム式:加湿量が多い

スチーム方式の加湿器は、加湿量が多いのが特徴です。スチーム式は、水を電気ヒーターで温めて沸騰させ、その水蒸気を空気中に拡散して加湿していきます。加湿する空気が温かいことから、冬場の乾燥しやすい時期なら部屋を暖める効果も得られるでしょう。沸騰させるため、雑菌が繁殖しにくく清潔度が高くなります。

気化式:電気代が安い

気化式の加湿器は、水を含ませたフィルターに空気を通過させて加湿させるため、電気代が安いメリットがあります。本体価格も安く加熱させることがないため、吹き出し口が熱くならず、安全性も高いのが特徴です。雑菌が繁殖しやすくこまめに手入れが必要になりますが、手入れしやすい形状の加湿器を選べば問題ありません。

ハイブリッド式(温風気化式):効率よく加湿できる

暖かい風を送って水を気化させるタイプで、空間を効率的に加湿できるのが特長です。気化式との組み合わせになるため、効率よく加湿することができます。空気清浄器の機能が搭載されているタイプも多く、加湿しながら除菌や除臭できるのも優れた点と言えるでしょう。

ハイブリッド式(加熱超音波式):部屋の温度が下がりにくい

気化式と超音波式のハイブリッド型の加湿器になります。超音波式の加湿パワーに気化式の加湿パワーが加わるため、効率的に加湿できるのが大きなメリットです

短時間で広い空間を一気に加湿したいときに重宝するでしょう。ハイブリッド型でも、コンパクトなデザインが多いのも特長になります。部屋の温度も下がりにくいのも嬉しいポイントです。

加湿器を選ぶポイント

加湿器を選ぶときは、使用するシーンや加湿器の性能、手入れのしやすさなどに注目して選びましょう。ここでは、加湿器を選ぶポイントについて紹介していきます。

消費電力量

消費電力量で加湿器を選ぶ場合、一番電力が小さいのは気化式タイプです。次いで、超音波式、ハイブリッド式、スチーム式の順番で電力量が大きくなります。気化式の場合、一ヶ月の電気代は100円以下ですが、スチーム式の場合は1000円前後なので、月々の電気代に大きな差が生じるでしょう。

部屋の広さに合ったパワー

加湿器を選ぶときは、部屋の広さに適したパワーのものを選ぶ必要があります。部屋の広さに適してないと十分に加湿できないことや、余分な電気代がかかるので気をつけましょう。5畳程度の個室用であれば300ml/h、12畳程度の大きな部屋であれば700ml/h、15畳以上のオフィスや部屋なら900ml/hを目安にしてください。

お手入れの簡単さ

掃除 洗剤

加湿器を選ぶときは、お手入れのしやすさも重要になってきます。お手入れを怠っていると、加湿性能が低下することや雑菌の飛散にもつながるので気をつけましょう。ポイントとしては、タンクへの給水のしやすさ、タンクの水を排出しやすいか、フィルターのお手入れや交換のしやすさです。

連続動作時間

加湿器を選ぶときは、連続動作時間にも注目しましょう。特に就寝中に使うときや、充電して持ち運んで使うときは、連続動作時間が使用する時間以上になっている必要があります。連続動作時間が長いタイプはサイズも大きくなるため、使用時間に応じて選びましょう

設置場所にあった本体の大きさ

加湿能力や加湿時間が高くなるほど、本体は大きくなるため、設置場所に適した本体の大きさも意識して選ぶ必要があります。縦方向に長いタイプや持ち運びできるタイプなどもあるので、用途に応じて選びましょう。車内であれば、ドリンクホルダーの大きさに対応しているかどうかもポイントです。

アロマや殺菌・脱臭などの付加機能

加湿器の中には、アロマや殺菌、脱臭などの付加機能がついているタイプも少なくありません。付加機能がついている加湿器は多く、多機能なタイプも多くあります。加湿器を選ぶときは、加湿機能だけでなく、付加機能がついているかどうかも確認してから選んでいきましょう。

大人気の加湿器

加湿器を選ぶときは、人気がある加湿器を選ぶのもポイントです。ここでは、さまざまな加湿方式の中から人気のある加湿器について抜粋して紹介します。ぜひ、加湿器選びの参考にしてください。

Vinada アロマ対応卓上加湿器


ミストが360°調整できて、4Lという大容量になっているのが特長です。継ぎ足しすることなく、一晩で十分に加湿することができます。温度や湿度センサーが搭載されており、加湿し過ぎを防止し、結露の発生も防ぐでしょう。静穏設計で、加湿器の稼働音が気にならないのもメリットです。

ヴィックス 加湿器 スチーム式


スチーム式の加湿器で、室温を下げることなく部屋に暖かい蒸気をもたらします。タンクの容量は4Lと大容量で、連続加湿時間は12時間と長いのが特長です。ひと目見ると水量が分かる透明タンクが使用されています。運転ランプや給水お知らせランプで作動状態も簡単に確認できるでしょう。

積水樹脂 自然気化式ECO加湿器 うるおいちいさな森


水を注ぐだけで、湿度を一定にキープすることができる紙タイプの加湿器です。電気を使用しないエコタイプで、環境に優しい切り紙フィルターが使用されています。溝加工された繊維で水が表面に保持しやすく、水分を多く蒸発させることで部屋に潤いをもたらすでしょう。

コノビヤ 超音波式 卓上加湿器


卓上加湿器で、加湿機能だけでなく空気清浄機能もついているのが特長です。細かい超音波振動によって、蒸気は熱くならず、肌心地のいいミストが空間に広がります。乾燥防止や空焚き防止機能が搭載されているので、水が不足しそうになっても事前に教えてくれるのも便利です。

Homwarm アロマディフューザー 超音波式 大容量 卓上加湿器


超音波式の加湿器で、アロマオイルにも対応しています。超音波で湿潤細霧を噴きだし、細かいミストが部屋や肌を潤しながら香りも同時に楽しめるでしょう。加湿器のデザインとしては珍しく、オシャレな木目調で、インテリアとしても最適です。連続的なミストモードと断片的なミストモードがあり、ミストのタイプを変えることもできます。

L’AIMER アロマディフューザー 卓上 ミニ加湿器


超音波霧化技術を採用している加湿器で、一秒間に240万回の振動があります。水とアロマオイルを0.03mmの超小粒子にした後は、アロマミストを空間に拡散して加湿と除臭が同時にできるのも特長の一つです。乾燥対策だけでなく、細かい水の粒子が肌にも浸透するため、美肌効果も期待できるでしょう。

Elechomes 超音波式 卓上加湿器


便利な卓上ペットボトル型の加湿器で、スタイリッシュでシンプルなデザインが特長です。デスクの周りにおいても違和感がなく、簡単に操作することができます。軽量かつコンパクトなデザインなので、持ち運びもラクラクで会社のデスクやベッドの横など、好きな場所で使えるでしょう。

スリーアップ ハイブリッド式 スリムタワー加湿器


まっすぐ伸びる美しいフォルムが特徴的な加湿器で、約69cmの高さから広範囲にわたってミストを噴霧できます。効率的に部屋の加湿を促し、縦長設計なので場所を取らないのもメリットです。パワーがあって場所を取らず、インテリアにも最適な加湿器を探している人におすすめします。

まとめ

加湿器を選ぶときは、加湿方式に注目して選びましょう。また、加湿したい空間の広さや手入れの方法、空気清浄やアロマのような付加機能の有無も選ぶポイントになります。シーンに応じ、自分が納得できる加湿器を選ぶことが大事です。