髪色は青がおしゃれ度アップのカギ!人気のブルー系アレンジまとめ

近年、髪の色を青系に変える人が増えています。髪の色を青くするなんて、漫画やアニメを連想する人も多いかと思いますが、意外と髪に馴染むカラーでもあるのです。

芸能人も青い髪にしている人は珍しくなく、その影響から若い世代に多く取り入れられています。単に青といってもさまざまな系統があります。

ここでは、

  • 青系の髪色が人気の理由
  • 青系の髪色のタイプ種類
  • それぞれのタイプのカラー例

をご紹介します。

青系の髪色が人気の理由

青系の髪色が人気な理由として、アニメや漫画の影響を受けたことがきっかけの人や、芸能人の影響を受けた人などがいるようです。コスプレをするうちに青い髪の魅力に気づいた人もいます。しかし、それ以外にも人気の理由は多くあります。

外国人みたいな髪になる

日本人は黒髪なので、どうしても重いイメージが出てしまいます。そのため、黒髪以外の髪色に憧れる方も少なくありません。青系のカラーを入れることで、黒髪の重さを抑えて透明感をプラスしてくれます。その結果、外国人のような髪に見えるとして人気が出ました。

暗髪でもおしゃれな印象になる

青い髪色といっても、明るいものだけではありません。あまり悪目立ちしない暗めの青もあり、明るくなくてもおしゃれな印象になります。実は美容業界では、昔から人気のカラーでした。しかし、日本人の髪質ではブリーチをしてからじゃないと綺麗に色が入らないため、一般向けにされていなかっただけなのです。

インナーカラーでアクセントに

黒髪の場合、青系のカラーと相性が良い傾向があります。そのため、インナーカラーで目立ちすぎず、目立たなさすぎずの適度なアクセントをつけることができます。同じ青系でも色の明暗を変えることで、さまざまなパターンを楽しむことができるのもいいですね。

青系の髪色!あなたはどのタイプを選ぶ?

青系の髪色といってもさまざまなパターンがあります。あまり明るすぎると仕事に影響が出る人もいるでしょう。オフィスでも問題ない青系の髪色もあるので試してみてはいかがでしょうか。

ブルーブラック:オフィスでもOK!大人の女性に大人気

ブルーブラックは黒と同等の落ちつきのあるカラーなので、オフィスでも周囲に気づかれないままおしゃれを楽しむことができます。髪の量が多くて重たい雰囲気になっている人も、透明感と軽さを生み出してくれるので、控えめながらもオシャレ度が高いカラーになっています。

ブルージュ:あか抜けた印象が素敵

青系とベージュを組み合わせた色を「ブルージュ」と呼びます。ブルーブラックよりは明るく軽い印象を与えますが、ベージュの雰囲気も残してあるカラーなので、明るさを出しながらも落ち着きのある雰囲気を出せます

ブルージュはあか抜けた印象を持ちたい人におすすめです。髪にツヤも出してくれるので、光のあるところで一番映える髪色といっても良いでしょう。

毛先を青で遊ばせる

ボブ+毛先パーマ、おすすめヘアカタログ8選

全体を青系にすると少し派手過ぎるのでは…と懸念する人もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、毛先のみを青系のカラーにするアレンジです。近年のヘアスタイルは毛先を遊ばせるものも多く、青系の髪色にする人は毛先のみに色を入れる人も増えています

インナーカラーの青でチラ見せおしゃれ

インナーカラーを青色にすることで、目立たなくても控えめなオシャレを楽しむことができます。あまり派手なカラーにしてしまうと、日常生活に影響が出てしまいます。しかし、例えばブルーブラックのインナーカラーであればほとんど気づかれませんし、しっかりとオシャレを楽しむことができます。チラ見せこそオシャレの高等テクニックといってもいいかもしれませんね。

青系の髪色アレンジ:ブルーブラック

同じブルーブラックであっても、選ぶ色やアレンジ次第で印象が大きく変わっていくものです。自分にぴったりなカラーやヘアアレンジを見つけましょう。

落ち着いた髪色

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF

ふわっとウェーブをかけたロングヘア―に、深みのあるブルーブラックを入れたアレンジです。一見すると黒にしか見えないため、周囲に気づかれないようにオシャレを楽しむには最適です。黒髪ほど重さを感じず、柔らかい印象になります。

暗髪も軽い印象に

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF

セミロングのウェーブ×ブルーブラックのパターン。ロングのウェーブ同様、軽い印象になるのが特徴です。

ブルーブラックは、黒と変わらない暗さを持ちながら、髪に透明感をもたらしてくれます。ある程度の暗さを求めている場合は、ブリーチなしの方が望んだカラーに近くなります。ブリーチをすることで、逆に暗くても青さが強く出てしまう場合もあるので注意しましょう。

ショートさんの髪にも

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF

ブルーブラックは、ショートヘアの人にも映える髪色です。ショートやボブヘアの人がこの色にすると、透明感、開放感、清潔感を感じられます。また、パーマをあてたショートカットならあか抜け感も出せます。

青系の髪色アレンジ:ブルージュ

日常生活に影響がないのであれば、ブルージュがおすすめです。ブルーブラックに比べると明るさが強く出ますが、髪に透明感が出るので女性らしい雰囲気を作ることができます。

外国人のようなふんわりヘア

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5

ブルージュはふんわりロングヘアの方が、外国人っぽさが出るのでおすすめです。ベージュが基本になっていることもあり、明るいながらも青さが悪目立ちすることはありません。

ブルージュは、光に当てることで一番映えるカラーといわれています。髪色を変えるだけで、外に出るのが楽しくなるかもしれません。

重さを感じさせないブルージュ

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5

これくらいの色合いになると、ブルージュというよりシルバーベージュと言った方が正しいかもしれません。柔らかい手触りを残したまま光沢感を出せる色合いで、男性からも好まれるカラーです。

ブリーチ無しでもブルージュに染めることはできますが、暗めの色になりやすいです。きれいで明るい髪色を再現したいなら、ブリーチをかけた方が良いでしょう。

ストレートヘアにも

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5

ブルージュはゆるふわ系だけでなく、ストレートヘアもピッタリです。普通の黒髪に比べて軽くなり、優しい雰囲気になります。これくらいの色であればほとんど青さが目立たないので、会社勤めの方も適用できるかもしれません。

青系の髪色アレンジ:毛先青

髪全体を青系にするのもきれいですが、毛先のみをカラーリングするアレンジも注目を集めています。特に黒髪の人は、まるでグラデーションのように艶めいて見えることも人気の理由のひとつでしょう。

かすかな青が印象的

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%98%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC

パッと見ると明るめの青に見えるのですが、実はライトが当たっているだけで実際はそこまで明るくありません。毛先のみのカラーリングであれば、控えめな青、やや目立つ青などさまざまなパターンがあります。あまり派手さは出せなくても、毛先を遊ばせるくらいのオシャレをしてみてもいいのではないでしょうか。

個性的な髪色

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%98%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC

全体はベージュ系のカラーにしておいて、毛先のみを明るめの青にするのもスタイリッシュでオシャレです。特にロングヘアの人は毛先の青さがよく目立つのでアクセントとして最適です。青色で遊びを取り入れたい人は、これくらい思い切って色を変えてみるのも良いでしょう。

シンプルなボブにも

出典:instagram.com

?tagged=%E3%83%98%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC

ボブヘアは髪の長さや量がネックになって、ロングヘアほど満足できるヘアアレンジに出会えない人も少なくありません。そのため、ヘアカラーで遊び心やアクセントをつける人が多いようです。青系の髪色はちょっとしたアクセントをつけるのに最適なので、ぜひ試してみましょう。

青系の髪色アレンジ:インナーカラー

最近はインナーカラーでオシャレをする人が増えてきました。表面に青色を入れるわけではないので、ちょっと明るめのインナーカラーで楽しんでいる人も多くいます。クール系の雰囲気を求めている人は、ぜひ青系のインナーカラーを試してみてください。

印象的な横顔になる

出典:instagram.com

?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC

黒と青は相性が良いので、少し明るめの青を入れても不自然にはなりません。むしろ、横顔を印象的にしたい場合は、明るめの色にして全面的にアピールしてみるといいでしょう。

インナーカラー以外は色を入れていなくても、横顔を見せた時に気づけるくらいの明るい色にしておけば、スタイリッシュかつクールな雰囲気を出せます。

黒髪の印象が大きく変わる青の使い方

出典:instagram.com

?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC

インナーカラーに青系を使うことで、黒髪や茶髪部分の印象を変えることができます。黒髪であれば、黒の重たさから青の軽さに変わっていく雰囲気を演出できますし、茶髪の場合は同じ明るい色同士で反発し合わずに上手く融合できる仕上がりになるからです。髪色全体の印象を変えたい場合は、ぜひインナーカラーを試しましょう。

まとめ髪が青でおしゃれに

出典:instagram.com

?tagged=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC

インナーカラーに青を使うことで、まとめ髪が普段よりもオシャレになります。特にゆるふわ系のまとめ髪にインナーカラーをすることで青が映え、きれいさがアップします。何かのイベントの時などにぜひしていきたい髪色です。

まとめ

青系の髪色ということで、あまりピンと来ない人もいたかもしれません。しかし、実際は黒との相性も良いですし、日常生活の中で取り入れやすいブルーブラックもあるので、積極的に試してみましょう。派手なヘアアレンジはできなくても、髪色を変えるだけで気分転換にもなるのでおすすめです。

*記事内で特定の成分等による毛髪の補修について紹介している場合、該当の記載は「髪を補復して髪の質感を整える」ことを意味します。