人生がうまくいかない原因と成功するための思考と行動

人生がうまくいかないと思った経験はありませんか?誰もが一度は通る道ではないかと思いますが、そのまま失敗続きの人生に埋もれてしまう人もいれば、立ち直って成功を収める人もいます。その差は一体、どこにあるのでしょうか。

今回は、

  • 人生がうまくいかない原因
  • 現状を打破して成功を収めるための考え方

などについてご紹介します。

なぜ人生がうまくいかないのか?

「何をやってもうまくいかない」とぼんやり思っているだけでは、ただ苦しいだけで何の解決にもなりません。まずは原因を探り、問題点を見つけて向き合うことが必要です。人生がうまくいかないと思い込んでしまう理由には、どんなものがあるのでしょうか?

自分が本当にやりたいことをしていない

人生がうまくいかないと思う原因の一つには、自分の現状に満足できていないということがあります。自分が今やっていることは、本当にやりたいことなのだろうか?という迷いが生じると、将来の希望も見えなくなり、閉塞感を抱いてしまいがちです。

そして、自分には現状を打開する力がないと思い込むことが、さらに自分を苦しめる要因となります。

他力本願で自分は努力していない

人生がうまくいかないと思っている人の中には、実は他人に頼ってばかりで、自分は何も努力をしない人がいます。家族や友人など、誰かの力に頼ってレールを敷いてもらい、うまくいかない状況に陥ると、その責任も解決も彼らに丸投げしてしまうタイプの人です。

一見楽なようですが、実は他人の人生に左右されやすく、常にジレンマを抱えることになります。

現状維持が理想だと思っている

仕事でも家庭でも、今の状況をキープすることが理想だと思い込んでしまうと、ちょっとした変化が訪れただけで、すぐに「うまくいかない」という思いを抱えることになってしまいます。

自分の思いに関係なく、人生に変化はつきものです。現状を理想にしてしまうと、変化が必要なときにうまく対応できず、絶えず不安や後悔に悩まされることになります

現在の自分の幸せをよくわかっていない

「自分の人生がうまくいかない」と落ち込んでいる人でも、他人から見れば十分幸せに見えることがあります。

何を幸せと考えるかは人それぞれですが、多くのものを求めるあまり、実は目の前にある幸せを感じることなく見過ごしてしまっている人も多いかも知れません。そのことに気がつければ、全てがうまくいかないという思い込みも消えていくでしょう。

不幸続きで心が疲れてしまった

人生には、不幸が続くことも時にはあります。そのことで心が疲れてしまい、何もかもうまくいかないと思ってしまうのは当然かもしれません。

しかしいつまでも引きずってしまうと、次に成功するイメージを失ってしまい、マイナスの連鎖になってしまいます。そんなときは自分一人で落ち込まず、周囲の人の力を借りてしっかり心を休めましょう。

人生がうまくいく人の共通点

人生がうまくいっていると感じさせる人には、どのような特徴があるのでしょうか。そして彼らの共通点から学べるのはどんなことでしょうか。いつもマイナスに考えてしまいがちな人の前向きなヒントになる、5つの共通点について解説します。

ピンチを楽しんでいる

人生がうまくいくように見える人には、ピンチを楽しむ余裕があります。そんな状況を楽しむほど冷静でいられるのは、自分には切り抜けられないのではないか、というマイナス思考に陥るのではなく、「きっと何とかできる」というプラスのビジョンを持てるからです。

ピンチにおいても本来の力を発揮できるのは、プラス思考から来る余裕のなせる業なのです。

逆境こそ成長する局面であることを知っている

人生において、逆境は避けがたいものです。しかし、そこで落ち込んで何もしないのでは成長がありません。人生をうまく進めていける人は、ピンチこそチャンスであることを知っています。

何をやってもうまくいかないときこそ、今までの考え方を改め、新しい方法論を身に付けるためのチャンスと捉える前向きさが、物事を良い方向へ導くのです。

不平不満が起きないことを知っている

人生がうまくいっていると思える人は、自分の中に不平や不満を溜め込まない方法を知っています。そもそも不平不満とは、自分の力ではどうにでもできないことに対する苛立ちや、諦めから来るものです。

それを決して諦めず、何とか乗り越えてやろうという気持ちを持つことで、明日への原動力に変えられるのが、人生がうまくいく人の考え方です。

失敗を学びだと捉えられる

失敗をすれば、落ち込まない人はいません。しかし、人生がうまくいく人といかない人では、その後の対応に違いがあるのをご存知でしょうか。

後者がいつまでも失敗を引きずり、次の失敗を呼び込んでしまうのに対して、前者は失敗を学びと捉え、次の成功につなげるステップにすることができます。転んでもただでは起きない精神が、成功を引き寄せるのです

考えることと悩むことは別物と知っている

人生をうまくやれる力を持った人でも、壁にぶつかることはあります。しかし、うまくいかなかったことに対して悩みを抱えたりはしません。なぜなら、悩むことと次にうまくいくための方法を考えることは別物であり、悩むことより考えることに力を注いだほうが、良い答えが見つかることを知っているからです。

人生が変わる考え方のコツ

人生がうまくいく人の共通点を見てみると、うまくいかない人との違いは、物事の捉え方や感じ方にあるということが分かりました。人生をプラスの方向に導くには、どのような思考に変えていけば良いのでしょうか。4つの考え方のコツをご紹介します。

自分の目指してきた方向性を見つめなおす

「今の自分には、本当にやりたいことができていない」と感じたら、まずは自分が本来目指していた方向性を見つめなおしてみましょう。そして、将来に向かって軌道修正が本当に必要かどうかを考えてみて下さい。

案外、現在の経験を活かす方法が見つかるかも知れませんし、将来への通過点と考えることができれば、うまくいかないという苦しみも楽になるでしょう。

人生の目標を立てる

人生に具体的な目標がないと、日常の思い通りにならないことばかりに目が向いてしまい、人生がうまくいくイメージを見失ってしまいがちです。叶えたい目標を見つけて、今経験することの全てが目標に近づくための過程であると考えれば、些細なことは気にならなくなり、前向きな気持ちで過ごせるはずです。

問題や困難は自分を成長させるチャンスと考える

具体的な目標を見つけると、生活に張り合いができる反面、問題や困難にぶつかることも多くなります。思わぬピンチが訪れて、簡単に前に進めない状況になったら、それは強い自分になるためのチャンスと考えてみましょう。

大切なのは、うまくいかなくても諦めないことです。その経験が自分を成長させ、困難を乗り越える自信を持たせてくれます。

問題の原因に対して悩むのではなく考える

解決するのが難しい問題に直面したら、その原因について悩むのはやめ、考えることに注力しましょう

「こうすれば良かった」と過去について悩むよりも、「次はこうしよう」という未来の計画を考えることで、ポジティブ思考にシフトすることが可能になります。そして次はうまくいくという具体的なイメージを構築することが、実現につながるのです。

人生が変わる行動

人生がうまくいく人に近づくためには、考え方だけでなく、行動パターンを変えることも重要です。具体的には、どのような行動をすれば良いのでしょうか?ポジティブ思考を生み出す生活習慣や、積極的に挑みたいことについてまとめました。

いままで避けていたことにチャレンジする

人生がうまくいかない人の行動パターンを変えるには、いままで自分にはできないと思い込んで避けてきたことに、あえて挑戦してみる経験が必要です。ハードルが高ければ高いほど、乗り越える行動を実際にすることで、「自分は変えられる」という思いが形となり、自分を縛っていたネガティブ思考から解放されるはずです。

おいしい食べ物を食べる

おいしい食べ物を食べるという行為は、身近な幸せを感じるための一番簡単な行動です。自分の意志で足を運び、おいしい食べ物にひとときでも心が満たされれば、人生は受け身ではなくなります。

小さな幸せでも自分自身で見つけられることを実感すれば、何もかもうまくいかないという思い込みの原因は、自分の感じ方にあったことに気づくはずです

早寝早起きを習慣化する

人生がうまくいかないとネガティブになりやすい人は、夜もうまく眠れないなど、自律神経が乱れがちになっていることがあります。早寝早起きを習慣化し、体のリズムを整えることで改善を目指しましょう。また、早起きすると朝の準備時間に余裕が生まれ、一日の行動にも良い影響を与えます。

運動習慣を身に付ける

運動習慣を身に付ければ、健康に良いだけでなく、不平不満の原因になる日々のストレスを発散することが可能です。また、目標を作りやすいので、達成に向けて毎日をポジティブな気持ちで過ごすことができます。着実にトレーニングを積めば、運動は成果が表れやすく達成感も得やすいため、自己肯定感を高めたい方にお勧めです。

人生がうまくいかないと感じたら止めること

人生がうまくいく人になるために身に付けるべきことについてお話ししてきましたが、考え方や行動を変えるには、それなりの時間を必要とします。まずはシンプルに考えて、3つの「止めるべきこと」から始めてみてはいかがでしょうか。

言い訳をしない

うまくいかなかった言い訳を考え始めると、言い訳を完成させることで満足してしまい、思考が前に進まなくなってしまいます。大切なのは過去にこだわることではなく、より良い未来を創ることです。そのためには、言い訳を考える無駄な労力を削り、次の成功を呼び込むために、失敗から多くのことを学ぶ努力に充てましょう。

他人のせいにしない

うまくいかないことを他人のせいにしてしまうと、自分の考え方に原因があることに気がつけず、また同じ失敗を繰り返すことになります。

毎回のように他人に責任転嫁する人は、いつまで経っても成長することができません。例え他人に非があったとしても、状況を打開できなかった自分の力不足を認めることが、成長のチャンスを招くと考えましょう。

現状で諦めない

何をやってもうまくいかないと感じるのは、現状を変えられないという諦めが原因のこともあります。しかし、今より良い人生にするためには、諦めない気持ちが必要です。思い通りにならないことも何とか乗り越えようとする気持ちがあれば、新しい目標も見つかり、人生はもっと有意義なものに変わっていくでしょう

まとめ

人生がうまくいかないと感じてしまう原因の多くは、自分のネガティブな思考回路にあります。改善するためには、ピンチをチャンスと捉えるような、ポジティブな考え方を身に付ける努力が必要です。

また、今まで避けていたことに挑戦するなど、行動によって成功体験を積み重ねていくと良いでしょう。まずは現状を諦めず、失敗に学ぶことから始めてみてはいかがでしょうか。