濡れ髪が人気って知ってる?髪型別の濡れ髪アレンジ8選

いろいろなヘアスタイルやアレンジを楽しむことができるのは、女性の特権ですよね。いろいろなスタイルがある中で、現在「濡れ髪」スタイルが流行っているのは知っていますか?

ここでは、

  • 濡れ髪の魅力
  • 濡れ髪の上手な作り方・ポイント
  • 髪の長さ別濡れ髪アレンジ事例

をご紹介します。濡れ髪アレンジをマスターして、髪のおしゃれを楽しみましょう。

濡れ髪の魅力

髪が濡れた時は、タオルドライをした後、髪を根元からしっかりと乾かす

ここ数年で流行した濡れ髪ですが、ただ流行っているだけではありません。濡れ髪には、女性らしさをさらに引き出してくれる魅力が詰まっています。まずはそんな濡れ髪の魅力から見ていきましょう。

髪にツヤ感を出せる

髪をウエットな質感にすることで、艶を出すことができます。艶のある髪の毛は女性をさらに綺麗に見せ、シンプルなコーディネートの日でも髪の毛が存在感を出してくれます。

パサつきが気になる髪の人でも、ウエットな質感にすれば綺麗な髪に見せることができます。がんばってサラサラヘアを目指すよりも、思い切ってウエットヘアにした方が周囲からの印象もよくなりますよ。

アンニュイな雰囲気になる

暗いカラーや髪の量が多いなどでどうしても重い印象になってしまう人も、キメすぎず、でも抜け感が出てアンニュイな雰囲気にすることができます

モード感も出せるので、普段モード系のファッションをするけどヘアスタイルに困ってしまうという人にもおすすめです。

お風呂上がりのようなセクシーな髪になる

濡れ髪は、お風呂上りのようなウエットの艶感で、髪の毛が綺麗に見えるうえにセクシーな雰囲気になるので、男性からも人気のあるヘアスタイルです

ロングヘアやボブなどのヘアスタイルはもちろん、ショートヘアなど元気なイメージの強いスタイルの人も、濡れ髪にするだけで一気に色気が出ます。「いつもはサラサラヘアだけど今日はちょっと色っぽくしたい」なんて日にすぐに挑戦できます。

濡れ髪の上手な作り方・ポイント

濡れ髪は、一歩間違えるとべたっとした印象になってしまい、逆に汚く見えてしまうこともあります。美しいウエットヘアを作るためのポイントを抑えながら、作り方をご紹介します。

髪を半乾きにする

濡れ髪を作るときは、実際に髪が少し濡れているほうがより自然なウエットヘアにすることができます。お風呂上りなどで髪が濡れているときは、完全に乾かさずに、半乾きにしましょう。

乾いた状態から濡れ髪を作るときは、髪を少し濡らしてください。このとき、手で直接濡らすよりも、霧吹きなどで濡らした方が均等に濡らすことができます。

また、ヘアアレンジをしたうえで濡れ髪にしたいときは髪を巻いた後、結ぶ場合は結ぶ前に濡れ髪を作ると、ヘアアレンジ後も綺麗な濡れ髪をキープできますよ。

ジェルやオイルは手の平で伸ばす

スタイリング剤を少量ずつ、手のひらで伸ばすのがポイントです。たくさんつけすぎても不自然になってしまうので、足りなくなったら足していくようにしてください。

スタイリング剤は、ジェル、オイル、ワックスなどさまざまです。スタイリング剤によって出せるウエット感が異なるので、なりたい濡れ髪の雰囲気に合うものを見つけましょう。まずは、普段使っているワックスやベビーオイルでも作れるので、あるもので試してみるのもおすすめです。

ジェルやオイルを髪にだけ馴染ませる

スタイリング剤をつけるときは、毛先の方から馴染ませていくのがポイントです。手のひらに伸ばしたスタイリング剤を、髪をくしゅくしゅと掴みながらつけていくとやりやすいですよ。

髪のどのあたりまでスタイリング剤をつけるかによって、濡れ髪でも雰囲気が変わります。より自然にしたい場合は、髪の中心あたりから毛先にかけてスタイリング剤をつけると、ナチュラルな濡れ髪にできます。

スタイリング剤を頭皮につけてしまうと、髪全体がべたっとしてしまい、逆に汚い印象になってしまうので、絶対に頭皮にはつけないようにしましょう。

毛先をねじって遊ばせるように

髪全体にスタイリング剤をつけたら、さらに馴染ませていきます。コームを使うと、より均等にスタイリング剤が回って綺麗になるのでおすすめです。

最後に、毛先にかけて髪を遊ばせるようにねじっていきましょう。よりリアルな濡れ髪に近づけることができます。ねじることで束感も出るので、艶感のある美しい濡れ髪になるのです。

大人っぽい魅力がすてきなショートヘアの濡れ髪

元気なイメージやクールなイメージが強いショートヘアも、濡れ髪スタイルにすれば一気に大人の色気が漂います。また、クールなかっこいい仕上がりにすることもでき、かわいい系からかっこいい系までさまざまな雰囲気を作ることができるのです。

ゆるいパーマで流れるようなスタイルに

出典:instagram.com

ショートヘアでも、トップにパーマをかけることで、自分でスタイリングしやすいスタイルになっています。パーマによってふんわりさせているので、ショートでも女性らしいスタイルです。

そこにさらに濡れ髪アレンジで、大人の色っぽさをプラスできます。ショートの濡れ髪は、全体のシルエットにメリハリをつけることが大切です。使うスタイリング剤がオイルの場合は、最初に襟足に押さえ、それから全体につけていきます。バームの場合は、顔周りやトップの毛束を中心に指先で毛先をねじるようにはさみ込んでつけるのがポイントです。

すっきり大人の濡れ髪ショート

出典:instagram.com

あえてパーマをかけず、すっきりさせた印象の黒髪ショートヘアです。濡れ髪にすることで、黒髪でも重たい印象になりません。ナチュラルなのに存在感のあるヘアスタイルが作れます。朝のスタイリングも簡単なので、仕事や育児でヘアアレンジに凝っている暇がないという人におすすめです。

また、モード系のファッションや、クールでかっこいいコーディネートに合わせやすく、ふんわり感やかわいらしい印象にあまりしたくないという人にもおすすめのヘアスタイルです。ウエットな質感が、ショートヘアのかっこよさを引き出してくれますよ。

外ハネ?内ハネ?毛先が楽しいボブの濡れ髪

ボブの濡れ髪は、全体的にウエットな質感にするのもおしゃれですが、毛先だけウエットにして楽しむこともできます。「濡れ髪に挑戦してみたいけど、全体的にやるのはちょっと…」という人は、まずは毛先だけでも濡れ髪を楽しんでみてください。

かわいい外ハネ

出典:instagram.com

カールで外ハネをかわいく見せるのはなかなか難しいです。濡れ髪なら簡単にかわいい外ハネスタイルを作ることができ、ワンランク上のおしゃれさんになることができます。

スタイリング剤は全体にはつけず、ハネさせる毛先だけ濡れ髪にすると、やりすぎた感のない自然な外ハネヘアになります。普段あまりヘアアレンジをしない人でも、毛先だけの濡れ髪なら簡単なので、ぜひ挑戦してみてください。

ストレートボブの濡れ髪アレンジ

出典:instagram.com

アレンジがしやすいストレートボブは、濡れ髪で束感を作ることで艶のある美しいスタイルにすることができます。

ふんわりした雰囲気にしたいときは、全体を軽く巻いてから、毛流れを強調するようにスタイリング剤で濡れ髪にするのがおすすめです。逆に少しクールな雰囲気にしたいときは、無造作な雰囲気になるようにスタイリングしてから、毛先をワックスやバームタイプのスタイリング剤で濡れ髪にするとキマりますよ。

その日の気分やコーディネートに合わせていろいろな雰囲気を作り出すことができるので、ストレートボブの濡れ髪はとてもおすすめです。

あざといかわいさ!ミディアムさんの濡れ髪

かわいいスタイルもクールなスタイルも、アレンジが自由自在のミディアムさん。濡れ髪にすることで大人の色気がプラスされ、あざといほどのかわいさを演出できます。ミディアムヘアならではの濡れ髪のポイントを抑えて、マンネリ化したミディアムヘアとおさらばしましょう。

毛先を遊ばせるスタイル

出典:instagram.com

ミディアムヘアは、髪の癖が出やすいというのも特徴の一つです。癖がひどくて悩んでいる人にこそ、濡れ髪がおすすめです。

毛先を中心にスタイリング剤をつけ、外ハネにすることで、癖を活かしたおしゃれヘアスタイルができます。さらに全体を少しふんわりさせて、女の子らしさもプラス。忙しい朝でも簡単にできるスタイルで、大人かわいいおしゃれなミディアムヘアの完成です。

好感度高!つややかミディアム

出典:instagram.com

全体的にゆるいウエーブをかけてから濡れ髪スタイルにすると、程よい艶感を出すことができます。長さのあるミディアムヘアは、重たくならないように、毛先と内側を中心にスタイリング剤をつけるのがポイントです。ナチュラルなスタイリングですが、髪に艶感を出すことでガラッと雰囲気が変わるのです。

明るいカラーの人でも、暗いカラーの人でも、楽しめる濡れ髪です。また、ハイライトを入れている人は、ハイライト部分にスタイリング剤をつけて濡れ髪にすると、より立体感を出すことができます。

色っぽいツヤ髪になるロングさんの濡れ髪

女性らしいスタイルの王道ともいえるロングヘアは、濡れ髪との相性も抜群です。普段、せっかくのロングヘアでもパサつきや傷みが原因で美しく見えないという人こそ、濡れ髪アレンジで艶感を出して、大人の色気を出しちゃいましょう。

濡れ髪の毛先が色っぽい

出典:instagram.com

ゆるいウエーブヘアで毛先だけ濡れ髪にすることで、やりすぎない色っぽさを出すことができます。暗いカラーで重い印象になってしまう人も、毛先だけ濡れ髪にして動きを出すことで軽やかな印象に。毎朝時間がなくてヘアアレンジができない人も、毛先にスタイリング剤をつけるだけなので簡単です。

濡れ髪でストレートの美しさが際立つ

出典:instagram.com

ロングのストレートヘアは、とても美しく、誰もが憧れるスタイルの一つです。しかし、パサつきが目立ったり艶感がなかったりすると、逆に汚らしい印象を与えてしまうこともあります。

ロングのストレートヘアを美しく見せたい人は、濡れ髪にして艶感を出すのがポイントです。女性らしさを強調しながら、かっこいいヘアスタイルに仕上げることができます。モード系のファッションなど、クールなファッションに合わせるのにもおすすめです。

まとめ

現在大流行している濡れ髪スタイルは、髪型によってさまざまな雰囲気を出してくれます。特別な技術は必要なく、スタイリング剤をつけるだけで簡単にできるので、凝ったヘアアレンジが苦手な人でも挑戦しやすいです。

普段のヘアスタイルにアクセントをつけたい人、彼とのデートで少し色気を出したい人、ぜひ最新濡れ髪スタイルに挑戦してみてください。