秋バテになってしまう原因と効果的な対処方法

夏に起こる夏バテは有名ですが、秋バテについてはあまり知られていないかもしれません。その名の通り、秋に起こるバテてしまう症状です。

秋バテとは、どういった症状なのか、また改善するにはどうすればよいのかなどを特集しました。暑い夏と寒い冬の中間であるだけに、体調を崩しやすい季節でもあります。症状を詳しく理解して、健康的に過ごせるよう工夫するべきでしょう。

ここでは

  • 秋バテの原因
  • 秋バテの症状
  • 秋バテの改善方法
  • を紹介していきます。是非参考にしてください。

秋バテの原因とは?


秋バテと聞くと、夏バテに近いような印象を受けるでしょう。事実、秋に起こる夏バテのような症状でもあります。また夏を経たことが影響して起こることも、ニュアンスが近いといえる理由の一つでしょう。

なぜ秋バテが起こるのか、夏バテとどのような関係性にあるのかを知っていきましょう。

気温の寒暖差によって自律神経が変調するため

秋とはいえ、夏と比べれば気温は涼しくなります。秋バテは、そんな寒暖差が影響して起こる症状です。季節の変わり目は風邪をひきやすいといいますが、秋バテについても注意しておかなくてはなりません。

実際に熱が出れば体調が崩れていることを明確に察することができますが、そうではないのが実際のところです。そうした症状に気づきにくいという点もまた、厄介なポイントです。

寒暖差が激しいと、自律神経が変調をきたします。自律神経は、精神のバランスや体の機能、欲求などを司っているため、さまざまな部分に不具合が生じてきます。自律神経の変調には、注意しておかなくてはなりません。

睡眠不足

具体的な理由は、例えば熱帯夜による睡眠不足です。十分な睡眠がとれていなければ、自律神経が乱れてしまいがちです。十分な睡眠をとらずに夏を過ごしてきたことで、秋にそのつけがきてしまっているというケースです。

高温多湿による日本ならではのもの

またもう一点、日本ならではの気候が影響してくる場合もあります。日本は、高温多湿な気候が有名です。生活しづらい気候であるため、高温が激しい日であれば、体温調節機能が低下してしまう場合もあるほどです。そしてこれもまた、自律神経の乱れにつながります。夏の暑さが落ち着く秋のタイミングに蓄積された症状があらわれ、苦しい思いをしてしまうかもしれません。

夏の猛暑で体力が落ちてしまったため


近年は、夏が猛暑になるシーズンも少なくありません。それこそ、猛暑を超えて酷暑と表現される場合すらあるほどです。強烈な暑さは、体力の低下につながります。そして体力が落ちている状態の場合、気温の変化が影響して起こる秋バテにもなりやすくなります

猛暑で疲労がたまっても、定期的に発散できていれば問題ありません。ゆっくり睡眠をとる、お風呂で体を癒す、バランスのとれた食事をしっかりとるなどすることで、生活しやすい夏でも比較的楽に過ごせるでしょう。

ですが、前述の通り暑い夏は睡眠不足になりやすかったり、お風呂にゆっくり浸かれなかったり、食欲が落ちたりすることがあります。そういった理由から、暑さの厳しい夏は体力が落ちてしまいやすいのです。

低気圧が通り始めるため

秋バテには、天候も関係している場合があります。秋になると日本上空には、秋雨前線が到来するでしょう。そうなると、台風が発生しやすくなり、気圧が低下します。この低気圧こそが、秋バテの原因となってしまうのです。

低気圧が続くと、それこそ自律神経が乱れやすくなってしまいます。自律神経の変調が秋バテにつながるのは、前述でご紹介している通りです。秋が台風の発生しやすい季節である、これもまた秋バテが起こりやすくなる理由です。

秋バテの症状


具体的な秋バテの症状について、ご紹介します。前述の通り、熱が出るなど明確な症状があらわれるわけではないので、秋バテになっているかどうかを見極めるのは難しいです。ですが具体的な症状を理解していれば、状態によって何となくイメージすることはできるかもしれません。代表的な4つの症状を、把握しておいてください。

食欲不振

食欲の秋ともいわれる通り、秋は旬を迎える食材が多く、食欲が進みやすい季節です。ですが、秋バテの症状が出ている場合、食欲の秋にもかかわらずあまり食欲は出ないかもしれません

自律神経の変調に伴い、食べることへの欲求が低下しているためです。せっかくの食事が美味しい季節を逃してしまうということはもちろん、しっかり栄養を摂れないということにもつながってしまいます。

身体がだるい

夏場は、猛暑の影響で体がだるくなりやすいです。ですが、比較的気温が穏やかになる秋にもまた、体のだるさが生じる場合があります。夏の睡眠不足や体力低下が影響して、快調な状態に戻れなくなっているのです。

秋に有名な言葉としては、スポーツの秋も挙げられるでしょう。過ごしやすい気温が影響して、バテるどころかむしろ活発になるべき季節とも考えられています。ですが秋バテになると、行動的になれない日々を過ごさなくてはならないかもしれません。

立ちくらみやめまい

疲れ だるい 鬱
自律神経は、バランス感覚にも関係しています。そのため、自律神経に変調が起こっていると、正常な平衡感覚を保てず、立ちくらみやめまいが起こってしまうかもしれません。これらの症状は、ただのふらつきと思って侮っていると、大きなトラブルにつながってしまう可能性があります。

階段を踏み外したり、車道に出てしまったり、また倒れた勢いで頭を打つ可能性も出てくるでしょう。たかがふらつきであるからといって、軽視すべきではありません。

寝付けない

夏バテで起こる睡眠不足は、秋になってもなお引きずっている場合があります。体調を崩しやすい、季節の変わり目であるだけに、秋まで引きずってしまうとなおさら正常な状態に戻しにくいでしょう。

睡眠は、体を健康的な状態に保つ上で欠かせません。睡眠不足になってしまうと、あらゆる面に支障をきたしてしまうでしょう。それこそ、上記で紹介している食欲不足や体のだるさ、立ちくらみやめまいなどの根源となりかねません。4つ紹介した中でも、特に気をつけるべき症状といえます。

秋バテの症状を改善する方法


改善が難しい秋バテとはいえ、自然に治るのを待たなければならないかといえばそうでもありません。適切な方法を実践することで、症状の改善を期待することも可能です。秋バテに適した改善法を取り入れて、健康的に秋が過ごせるよう工夫してください。

お風呂でゆっくりと体を温める

お風呂に入るとき、シャワーではなく湯船にお湯をためて浸かってください。このとき、ゆっくり目に体を温めることを意識すべきです。体を芯から温めることで、自律神経の正常化に期待が持てます。また体をしっかり温められると、良質の睡眠をとることにもつなげられます。

適度な運動

体がだるいからといって休んでばかりいては、症状はなかなか治らないかもしれません。むしろ、適度な運動を心がけてください。あまり急激におこなってしまうと、長続きさせにくいです。ウォーキングやランニング、軽い筋力トレーニングなど、気軽にできるメニューを選びましょう

質の高い睡眠


前述の通り、健康的な状態を目指すのであれば十分な睡眠が欠かせません。また、ただ眠るだけでなく、質の高い睡眠を意識してください。これにより、自律神経を整える作用がより一層期待できるようになります。

ゆっくりお風呂に浸かる方法のほか、良質の寝具を選ぶ、寝る前に温かい飲み物を飲む、スマホやパソコンはあまり操作しないといった心がけが効果的です。

衣服でこまめに体温調整

季節の変わり目である秋は、体温調整が難しい時期でもあります。体の冷やしすぎであったり、また逆に温めすぎたりすることで、秋バテ症状の治りを遅くしてしまうかもしれません。衣服選びの工夫によって、うまく体温調整をおこなってください。

栄養バランスのとれた食事

体を作るのは、食事に他なりません。そのため、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。食欲の秋と表現されている通り、秋は美味しい食材や栄養豊富な食材がたくさん出回ります。旬のものをバランスよく取り入れて、楽しみながら体調を調整するようにしてください。

まとめ

夏バテにならない心がけは大事ですが、秋バテもまた侮ってはなりません。今回紹介している通り、体調にあらゆる支障をきたしてしまうためです。夏バテほど有名でないだけに、対応が遅れてしまうことも考えられます。ポイントを押さえて予防に心がけ、異常を感じたときは早めの対策をおこなうようにしてくださいね。