ブルーアッシュの暗めトーンがすごい!青みがかったキレイな髪色へ

ブルーとアッシュのミックスカラーがブルーアッシュです。男性はもちろん、女性にも人気のヘアカラーですし、憧れを持つ方は多いですよね。ブルーが入るということで、日常生活に差し障ると思うかもしれませんが、暗めのトーンにすればさりげないオシャレ感を出せますよ。

ここでは、

  • ブルーアッシュとは
  • ブルーアッシュにブリーチは必要?
  • ロングさんのブルーアッシュ・セミロングさん・ショートさんのブルーアッシュ

と、ブルーアッシュの魅力、おすすめのスタイルをご紹介します。

ブルーアッシュとは

男女を問わず人気のブルーアッシュですが、具体的にどのような色味なのでしょうか。アッシュはくすんだ灰色の色味で、ブルーは青です。

ブルーアッシュはくすみがかった青で、透明感を出しやすいという特徴があります。

くすみがかった青色のこと

トレンドにもなっているアッシュカラーですが、アッシュはくすんだ灰色の色味を指します。ブルーアッシュは、くすんだ灰色に青を混ぜた色なので、くすみがかった青の色味になるのです。

ほかのカラーでは出せない、独特の深みを出せるのが魅力です。海の底のような何とも言えない暗さ、深さを出せますし、鮮やかな青を強調することも可能です。

透明感があり大人女子に人気のカラー

透明感のあるヘアカラーでは、ホワイトアッシュやグレーアッシュ、ブロンドなどが代表的です。ブルーアッシュも、これらのカラーと同様、絶妙な透明感を出すことが可能です。それゆえに、大人女子から絶大な支持を得ています。

透明感のある、大人っぽい女性を目指している方は、ブルーアッシュのカラーにもぜひトライしてみましょう。ほかのカラーでは出せない、オリジナリティのある透明感を実現できます。

髪型を選ばずどんなスタイルにも似合う

「ブルーアッシュはどんなヘアスタイルにマッチするの?」という疑問を抱いた方もいるでしょう。結論からお話すると、ブルーアッシュは髪形を選ばないので、どのようなヘアスタイルにもマッチします。これはメリットですよね。

サラサラのストレートロングにも似合いますし、ショートボブやミディアムヘアにも似合います。多彩なアレンジにも対応できる色味なので、オシャレ女子にピッタリのカラーなのです。

絶妙な色合いなのでセルフでは難しい

実際に、ブルーアッシュのカラーを見たことがある方ならわかるかもしれませんが、かなり絶妙な色合いです。そのため、セルフでカラーリングするのは、相当困難といえるでしょう。狙った通りのカラーにするのは素人では至難の業です。

基本的には、美容室で染めてもらうことになります。どのような色味にするかも相談できるので、ブルーアッシュにしたいのなら、まずは美容室で相談してみましょう。

ブルーアッシュでブリーチする

ヘアカラーをする前には、ブリーチをすることがほとんどです。ブリーチで脱色すれば、色が入りやすくなりますし、鮮やかに発色させたいのならなおさらブリーチは必須といえるでしょう。ただ、色落ちが早いので注意が必要です。

明るい透明感のあるブルーアッシュになる

一度完全に髪の色を抜き、それからブルーアッシュのカラーを入れるため、明るい透明感のある色味になりやすいです。鮮やかなブルーを強調したい場合、より高い透明度を実現したいときには、事前にブリーチをしたほうがいいですね。

ブリーチを何回するかは、その人の髪質やもともとの色味によります。1回で大丈夫なケースもあれば、複数回しなくてはならないこともあります。このあたりは、美容師さんとの相談になるでしょう。

色落ちするのが早くなることが多い

色落ちのスピードは早くなる傾向にあります。脱色すると、色も入りやすくなりますが、その分抜けやすくもなるのです。ブリーチは髪の毛のキューティクルを無理やり開くため、色を入れた後も抜けやすくなってしまいます。

美しいブルーアッシュのカラーをキープしたいのなら、定期的に美容室でのメンテナンスが必要になります。でも、そのままにしておいて自然に色が落ちていく過程を楽しむのもいいかもしれませんね。

ブリーチによる髪の傷みが進みやすい

ブリーチは髪を傷める、ということをよく耳にすると思います。これは本当のことで、ブリーチをすれば髪が傷みやすくなります。

ブリーチの主成分はアンモニアや過酸化水素です。これらアルカリ性の成分は髪の毛にあまりよくありません。アンモニアがキューティクルをこじ開け、そこから過酸化水素が毛髪の中に入ります。そして活性酸素を発生させ、色素を壊し、髪に必要な栄養素も色と一緒に除去してしまうため、髪は傷みやすくなるのです。

ブルーアッシュでブリーチしない

ブルーアッシュにする場合、必ずしもブリーチをしなくてはならないわけではありません。ブリーチをしたほうが鮮やかで透明感のある仕上がりになりますが、ブリーチをしなくてもきれいに仕上がります。

ダークに仕上げたい場合は、ブリーチなしで問題ありません。

暗めトーンのブルーアッシュになる

ブリーチをせずにブルーアッシュの色を入れると、暗めのトーンに仕上がります。もともとの黒髪をそのまま染めることになるので、かなり暗く深みのある色になるのです。トーンをあまり明るくしたくない、という場合にはブリーチなしがおすすめです。

暗めなので、あまりブルーの要素も目立ちません。ブルーの要素は目立たないものの、透明感はしっかり出すことができます。もちろん、会社にもそのまま出社できますよ。

色落ちしてもあまり気にならない

ブリーチをすると色落ちも早くなりますし、相当目立ってしまいます。明らかに色落ちしている、といった感じが出てしまいますし、人によっては恥ずかしくなってしまうでしょう。

しかし、ブリーチなしの場合は色落ちがあまり気になりません。自然な感じで色落ちしていきますし、もとの黒髪に戻っていくだけです。これは大きなメリットですよね。周りの人も、変化に全く気づかないかもしれません。

ブリーチしないので髪が傷みにくい

ブリーチをしないので、したときに比べて髪は傷みにくくなります。もちろん、ヘアカラーをするだけでも髪の毛にある程度の負担はかかってしまうのですが、ブリーチほどではありません。髪へのダメージは最小限で済みます。

一度傷んでしまった髪の毛を、健康な状態に戻すのは並大抵のことではありません。それを考えると、髪の毛への負担を極力少なくできるブリーチなしのカラーは、とても魅力的ですね。

ロングさんのブルーアッシュ

ヘアスタイルを選ばないのも、ブルーアッシュカラーの魅力です。そこで、ここではロングヘアのブルーアッシュを、画像付きでご紹介したいと思います。気になるスタイルがあれば、自分のオシャレにも取り入れてくださいね。

ブリーチしてブルーアッシュ


寒色系のダークカラーなのに、とてつもない存在感を放っています。ブリーチをしているので、かなり鮮やかにブルーが出ていますね。

ブルーアッシュらしいカラーとも言えます。オンリーワンの存在感をアピールしたい方におすすめです。

ウェービーな軽めのブルーアッシュ


こちらも、色鮮やかなブルーアッシュですね。やはりブリーチは使用しているようです。また、髪の色だけではなく、ヘアスタイルにも注目してください。

全体的にウェーブをかけ、かなり個性的なヘアスタイルを実現しています。

毛先にニュアンスがあるロング


カラーはブルーアッシュではなく、ネイビーとベージュの組み合わせです。ブルーアッシュでも、参考になるヘアスタイルですね。

途中までは普通のストレートヘアなのですが、毛先付近に遊び心を加えていますね。すてきな仕上がりです。

毛先にグラデーション


毛先にグラデーションをかけることで、何とも言えない美しいビジュアルになっています。

普通にブルーアッシュを入れるだけでは満足できない、という方はグラデーションも検討してみましょう。ハイライトでもいいですね。

毛先のカール部分にグラデーション


毛先にカールをかけることで、ポップさやキュートさを演出できます。ブルーアッシュは、どうしてもクールでスタイリッシュな印象になりますが、毛先に工夫を加えるだけでポップさを出せますよ。毛先のグラデーションにも注目です。

ブルーアッシュのハーフアップ


オシャレなハーフアップアレンジですね。ガーリーな雰囲気満載のアレンジで、とてもかわいいです。

インナーカラーにネイビーを加えることで、絶妙なアクセントを実現しています。染めたついでにアレンジもしてもらいましょう。

セミロングさんのブルーアッシュ

ここからは、セミロングの方のブルーアッシュスタイルをご紹介します。セミロングも、ロングヘア同様さまざまなヘアスタイルを楽しめます。

ブルーアッシュとの相性ももちろんいいので、気になるスタイルを見つけてくださいね。

外ハネセミロングのブルーアッシュ


暗めのトーンで仕上げているブルーアッシュです。青みが強くないため、髪を染められない職場に勤めている方でも安心ですね。

毛先を外はねにすることで、女子っぽさを演出しています。軽やかな雰囲気もありますね。

毛先に動きあり!


毛先を外はねにして、軽やかな印象にまとめています。ハイトーンでも、暗めのトーンでも似合いそうなスタイルですよね。

もう少しトップやサイドをふんわりさせると、ガーリーな印象にもなるでしょう。いろいろ試せそうです。

インナーカラーにブルーアッシュ


ハイトーンのブルーアッシュにしたいものの、髪の毛全体を染めるのは抵抗がある、という方にはインナーカラーがおすすめです。インナーカラーにすることで普段は目立ちませんし、色合いによっては会社にも行けるでしょう。チラ見せ感がたまりませんね。

穏やかなブルーアッシュ


落ち着いた感じのブルーアッシュです。シックにまとまっていますし、上品で大人の女性という印象を与えられるでしょう。これくらいの色味なら、ブリーチなしでも可能です。髪の毛を傷めることなく、オシャレに変身できます。

ブルーアッシュのセミロング!ハーフアップアレンジ


セミロングの髪をハーフアップにアレンジしています。クラシックな感じにまとまっていますね。パーティーや結婚式などにいいかもしれません。自分ではまとめるのが難しいときは、ブルーアッシュにしたときにアレンジしてもらいましょう。

ショートさんのブルーアッシュ

ブルーアッシュは、ショートヘアーとの相性もいいです。ロングやセミロングほど、アレンジの幅は広くありませんが、ショートならではのキュートさ、アグレッシブさを出せますよ。おすすめのスタイルをまとめてご紹介します。

くせ毛風ボブのブルーアッシュ


全体的にブルーアッシュを入れています。くせ毛風に仕上げているのがポイントですね。エアリーな感じも出ています。

毛先を外にはねることで、ポップさも演出できていますね。全体的にうまくまとまったスタイルといえます。

ブルーアッシュの切りっぱなしショートボブ


オシャレな切りっぱなしショートです。濃い目のブルーアッシュなので、明るい染毛がダメな職場でもこれなら問題ないでしょう。

色落ちしてもオレンジっぽくなりません。アンニュイでミステリアスな雰囲気も演出できていますね。

ブルーアッシュのショートボブ


まとまりあるショートボブです。ボリュームが出しにくい方にもピッタリのスタイルですね。ブルーアッシュを濃い目に入れて、透明感のある仕上がりになっています。

ショートボブにすることで、顔が小さく見えるメリットもありますよ。

まとめ

ブルーアッシュのカラーは流行っているので、ぜひ一度試してみましょう。上品な透明感を出すことができますし、暗めのトーンにすれば職場で注意されることもないでしょう。

インナーカラーにするのもいいですね。ここでは、レングス別におすすめのスタイルもご紹介したので、気になるスタイルがあったら、ぜひ採用してくださいね。