ピンクグレージュは透明感とナチュラル感で雰囲気が変わる!スタイル特集

すてきな透明感と大人っぽい色気を出せる、ピンクグレージュのカラーが人気を集めています。ピンクを強めに出すこともできますし、グレージュを強めにしてダークな仕上がりにすることも可能です。

ここでは、

  • ピンクグレージュとは
  • ピンクグレージュにするのにブリーチは必要?
  • ブリーチした明るいピンクグレージュ
  • ブリーチしないピンクグレージュ

と、ピンクグレージュの特徴や魅力についてまとめてみました。また、おすすめのスタイルも集めてみたので、ぜひ目を通してくださいね。

ピンクグレージュとは

そもそも、ピンクグレージュはいったいどのような色なのでしょうか。ピンクグレージュと聞いても、今一つピンときませんよね。

ピンクグレージュは、ピンク系とグレー系の色で構成するカラーです。日本人の髪の毛にもマッチしますよ。

ピンク系とグレー系で構成するヘアカラー

ピンク系とグレー系を合わせることで、独特のピンクグレージュというカラーになります。ふわふわで透明感もバッチリ出すことができ、セクシーな要素も持たせることが可能です。ショートからロングまで、さまざまなレングスにマッチしやすいのも特徴かもしれませんね。多彩なヘアアレンジで楽しむこともできますし、個性を演出しやすいです。

ピンクグレージュは、見る角度によって色合いが変化するのも魅力の一つです。ピンクに見えたり、アッシュに見えたりするので、その変化も楽しむことができるのです。ピンクを強く出したり、グレーを強く出したりといったことも変幻自在ですし、オリジナリティの強い髪にできるのも魅力です。

ピンク系の色が入るということで、派手な見た目になるのではないかと思う方もいるでしょうが、そうでもありません。ダークな仕上がりにもできますし、クールで大人っぽい見た目にもできます。

日本人の髪色にしっくり合う色味

日本人の黒髪にマッチしやすい色味です。実際、日本人の髪の毛にピンクグレージュを入れても、あまり違和感はありません。

しっくりきますし、変に悪目立ちするようなこともないでしょう。日本人の髪色にしっくり合うため、ブリーチをせずに染めることもできます。ブリーチをしないのなら、髪の毛にダメージを与えることもありませんね。

ピンクベースの外国人風の印象になる

海外のドラマや映画に登場する、外国人女性のようになりたい、と思っていませんか?日本人と外国人では、顔のつくりも体格も異なりますし、髪色もまったく違います。

しかし、ピンクグレージュのヘアカラーを入れることで、外国人風の印象にすることは可能です。ピンクベースで外国人風の雰囲気を作れるのは、魅力的な特長と言えるでしょう。

ピンクグレージュに染めた髪の毛は、外国人風のヘアアレンジにも活かせます。ゴージャスな編み込みにもマッチしますし、ゆるふわに巻いてもすてきになりますよ。髪の毛だけでなく、眉も同じように染めれば完璧かもしれません。外国人女性に憧れている方、外国人風の雰囲気を出したいという方はピンクグレージュを取り入れてみましょう。

ピンクグレージュのブリーチは?

ピンクグレージュの色にするには、ブリーチが必要になるのでしょうか。

一般的に、ヘアカラーをするときには、一度ブリーチをして脱色しますよね。ピンクグレージュは、ブリーチをしてもしなくてもきれいに仕上げることが可能です。

ブリーチをすれば透明感が出る

透明感を強く出したいのなら、ブリーチをしたほうが良いでしょう。ブリーチをして、髪の毛をしっかり脱色すれば、色も入りやすくなり、狙った通りのカラーにできるでしょう。そういう意味でもブリーチをしたほうが自分好みに仕上げられるかもしれません。ツヤ感、透明感にこだわる女性は、ブリーチをしてから染めてもらうとよいでしょう。

ただし、髪の毛に与えるダメージについても考えておきましょう。ブリーチには、アンモニアや過酸化水素といった成分が含まれています。これらの成分が髪の毛のキューティクルを開き、メラニンを分解していくのです。抜群の透明感を出せますが、当然、髪の毛にそれなりのダメージを与えてしまいますし、ダメージヘアがさらに傷むという可能性もあります。

もともとダメージヘアだという方は、ブリーチはしないほうがいいかもしれません。髪に必要な栄養も一緒に抜いてしまうため、どんどん傷んでしまいます。

ブリーチをしないと暗めピンクグレージュの髪色

きれいに発色させ、透明感をバッチリ出したいのならブリーチをしたほうがいいです。しかし、ピンクグレージュは、ブリーチなしでも美しい仕上がりになるのです。

ブリーチをするときに比べて、暗めのトーンにはなりますが、深みのあるダークカラーに仕上がるでしょう。独特の色味になりますし、それが魅力的だと感じる方も少なくありません。

ブリーチで髪の毛にダメージを与えたくない方は、ブリーチなしで染めることをおすすめします。また、あまり派手な髪色にできない職場で働いている方、さりげなくオシャレしたい方にもブリーチなしをおすすめしたいですね。一見すると黒髪にしか見えない、という仕上がりにもできますので、オフィスで注意を受けることもないでしょう。

ブリーチした明るいピンクグレージュ

ブリーチで脱色すれば、きれいにカラーを入れることが可能になります。ここでは、明るいピンクグレージュのスタイルをピックアップしてみました。どれもおしゃれなので、気になるスタイルはぜひ今後取り入れてみましょう。

ピンクグレージュのロングカールがかわいい!


きれいに発色しているピンクグレージュです。ツヤがあるのはもちろんですが、透明感も半端ありませんね。トップモデルやアイドルのような見た目です。

ロングカールをかけることで、大人の女性らしさをデザインできます。

ピンクグレージュストレート


まっすぐなストレートヘアが印象的です。黒髪ストレートも日本女性らしい素晴らしさがありますが、ピンクグレージュもいいですね。毛先をふんわりとエアリーに仕上げているのもポイントです。きれいなお姉さんを目指す方におすすめしたいです。

ピンクグレージュのシンプルボブ


シンプルなボブに仕上げています。ボブは首まわりをすっきりとさせることができるので、小顔効果を狙いたい方におすすめですね。ツヤもたっぷりありますし、すてきなビジュアルです。

ストレートピンクグレージュ


比較的明るいトーンのピンクグレージュです。芸能人やミュージシャンにいそうな感じですね。シンプルなストレートロングと、ピンクグレージュの相性もかなりいいです。ガーリーな服はもちろん、カジュアル系のファッションとも合いそうですね。

パステル調のピンクグレージュ


ハイトーンで、インパクトのある仕上がりになっていますね。ピンクの配合量や透明感をきちんとデザインしたことで、このクオリティに仕上がっているようです。ゆるふわに巻いているため、ゴージャスさもブレンドされています。

軽めのブリーチでピンクグレージュ


深みのあるピンクグレージュです。真横から見た感じだとこうですが、ほかの角度から見るとまた違った感じに見えるのでしょう。軽めのブリーチにすることで、しっかりと色を入れながらも髪へのダメージを最小限に留めています。

ふんわりピンクグレージュ

毛先の透け感がなんとも言えないですね。後ろから見ると、まるで外国人女性のようです。ブリーチハイライトで、独特のコントラストがついているのもすてきですね。他人とは違った髪色にしてみたい、という方におすすめと言えるでしょう。

ピンクグレージュの外ハネボブ


見事なハイトーンのピンクグレージュです。ショートボブなので、ポップな女の子らしさもアピールできています。ブリーチは一回だけしているようですね。一回のブリーチで、ここまでしっかり色を入れられるのならいいかもしれませんね。

抜け感たっぷりのピンクグレージュ


秋や冬のシーズンにマッチしそうな、暖色系カラーですね。ピンクグレージュとも言えますし、ラベンダーブラウンのような色合いでもあります。ゆる巻きにすることで、大人かわいい女性にもなれますよ。気持ちを一新したいときにもおすすめです。

ブリーチしないピンクグレージュ

ピンクグレージュは、ブリーチをしなくても独特の色味を出せます。その色味が魅力と考える方もいますし、ブリーチしないほうが好きという方も少なくありません。ここでは、ブリーチをしないピンクグレージュのスタイルをご紹介します。

ニュアンスを楽しむピンクグレージュ


一見、何の変哲もない黒髪に見えますが、よくよく見るとうっすらとピンクの色味が見えます。

微妙なニュアンスを楽しむことができますね。光に当たったり、見る角度を変えたりすることで、また違った色味に見えるのが魅力的です。

明るい茶色!自然な髪色のピンクグレージュ


ブリーチをしていないとは思えないほど、ツヤツヤできれいに仕上がっています。ナチュラルな感じですし、ブラウンカラーも強めに出ていますね。

好みの色にコントロールしやすいのも、ピンクグレージュのメリットの一つです。

切りっぱなしボブのピンクグレージュ


画像の女性はブリーチをして仕上げているようです。ピンクの発色を抑えているため、ダークな色調に仕上がっていますね。

これなら、シーンを選ばないため日常生活で不便さを感じることもないでしょう。独特の透け感が堪らない仕上がりになっています。

ピンクグレージュとラベンダーカラー


ピンク系の色味に、バイオレットカラーをプラスしています。トップのほうはあまりバイオレットの要素が見えませんが、毛先のほうはうっすらと見えますね。

ピンクグレージュは、これくらいのロングヘアにもマッチしやすいです。

ピンクグレージュの巻き髪


強めに巻きを入れることで、ゴージャスなヘアスタイルになっています。ピンクグレージュならではの透明感もありますね。このままパーティーにでも出かけられそうです。気分をガラッと変えたいときなどにも良さそうなスタイルです。

抜け感のあるピンクグレージュ


もともと抜け感のあるピンクグレージュですが、ヘアスタイルとの相性で、さらに強い抜け感があります。柔らかさもあるので、女性らしさを演出できますね。

インナーカラーのピンクグレージュ


インナーカラーにピンクグレージュを入れることで、さりげなくオシャレ感を出すことができます。髪の毛全体をピンクグレージュにするのは抵抗がある、という方は、インナーカラーから入れてみるといいかもしれませんね。

まとめ

ピンクグレージュの魅力や、おすすめのスタイルをご紹介しましたが、いかがでしたか。ブリーチなしでも独特の雰囲気に仕上げることができるのは、うれしいメリットですね。

ブリーチをすれば、よりはっきりとした発色のカラーになります。透明感ある女性を目指す方にも、ピンクグレージュはおすすめなので、ぜひ試してくださいね。