風水的にドライフラワーは良くないの?運気が下がらない飾り方を紹介!

風水では、きれいな花をインテリアに取り入れることで、運気を高められると考えています。置き場所や花の種類によっては、金運や恋愛運などを上げられると言われているのです。では、ドライフラワーはどうなのでしょうか。

  • 風水とドライフラワーの関係
  • ドライフラワーを飾るといい場所/飾らないほうがいい場所
  • 運気が下がらないドライフラワーの飾り方

などについてまとめてみました。

風水とドライフラワーの関係

風水的には、ドライフラワーは死んだ花とされています。そのため、基本的な考えとしては、運気が下がる物となっているのです。ただ、きれいな状態を保てば飾っても大丈夫だと言われています。詳しくみてみましょう。

風水的には死んだ花として運気が崩れる

風水では、ドライフラワーを死んだ花としています。生花のように、生命がある物は良い運気を呼び込むと、風水では考えられています。逆に、生気を持たない物は、陰の気を持つとされていますし、運気が崩れたり、下がったりすると考えられているのです。

重要な場所を避ければ飾ってもOK

ドライフラワーは風水的には死んだ花であり、運気を下げてしまう恐れがあります。では、ドライフラワーは絶対に飾ってはいけないのでしょうか。実はそんなことはなく、重要な場所さえ避ければ飾っても大丈夫です。

風水でもっとも重要とされる場所の一つが、玄関です。すべての気の出入り口となるため、ここにドライフラワーを置くのはおすすめできません。また、寝室は良い気を溜めておくべき場所なので、避けるべきです。同様に台所も避けましょう。

きれいな状態を保てば飾っても大丈夫

風水の基本的な考え方として、こまめに掃除をして家をきれいにしていれば、良い気を導くことができるとしています。そのため、ドライフラワーを飾るときも、できるだけきれいな状態を保てれば、飾っても大丈夫と言われています。

埃や汚れが溜まってしまうと、運気も下がります。ドライフラワーは、埃が溜まりやすいので、なるべくこまめにメンテナンスをしてあげましょう。きれいなコンディションに保てるのなら、極端に運気が下がることもありません。

ドライフラワーを飾ると良い場所

ドライフラワーは、どこに飾れば風水的に良いと考えられるのでしょうか。風通しの良い場所、窓辺、西日が当たる場所などが該当します。ここでは、ドライフラワーを飾ると良い場所についてまとめてみました。

風通しのいい場所に飾る

できるだけ、風通しが良い場所にドライフラワーを飾りましょう。例えば、廊下がそれに当たります。風水では、廊下は良い気を導くための通り道だと考えられています。リースやスワッグなどを壁に取り付けてみましょう。

また、階段も同様にドライフラワーを飾るには適した場所といえるでしょう。玄関から入ってきた気は、階段から二階に上がります。気が滞らず、スムーズに流れていくので、飾っても問題ないと考えられているのです。

窓辺に飾る

ドライフラワーを、吊るしてオシャレなインテリアにしたい、と考えている方もいるでしょう。その場合は、窓辺がもっとも適した場所になります。窓辺も風通しがよい場所になるので、ドライフラワーを飾っても問題ありません。

窓辺に飾ることで、運気が上がるということはありませんが、下がることもありません。おしゃれなインテリアになりますし、香りをつければポプリとしても活躍してくれます。おすすめの場所ですね。

西日が当たる窓辺で運気アップ

ドライフラワーは運気が崩れやすいと言われていますが、例外もあります。西日が当たる窓辺に飾ることで、運気をアップさせられると言われているのです。ドライフラワーを取り入れて、運気を上げたいのなら西日の当たる窓辺にしましょう。

黄色のドライフラワーを、赤いリボンで束ねて吊るすことで、女性の運気向上が期待できます。恋愛運や金運などのアップも期待できるでしょう。赤いリボンでまとめたドライフラワーはおしゃれですし、インテリアにも最適です。

ドライフラワーを飾らないほうが良い場所

ドライフラワーを飾らないほうが良い場所もあるので、しっかり覚えておきましょう。代表的なところでは、玄関や寝室、リビングなどがあげられます。ここでは、ドライフラワーを飾らないほうが良い場所をお伝えします。

玄関

風水において、玄関は非常に重要な場所と考えられています。最大の気の出入り口となり、あらゆる気が玄関から入ってくるのです。そのため、玄関にドライフラワーを飾ってしまうと、良い気が屋内に入ってこられなくなります。

良い気が入ってこられなくなるということは、当然運気がダウンしてしまうことを意味します。玄関にドライフラワーを飾る方は多いですが、風水的にみるとあまり良いこととは言えません。注意が必要です。

寝室

寝室は、良い気を溜めておくための場所です。一日の疲れをとり、眠りにつく場所でもあるので、できるだけ良い気を溜めておきたいですよね。そこに、陰の気を持つドライフラワーを飾ってしまうのは、すすめられません

どうしても寝室に飾りたいのなら、瓶に詰めてハーバリウムに加工するなどすればよいでしょう。瓶に詰めることで、陰の気を瓶に封じ込めることができます。見た目もおしゃれになるので、おすすめです。

リビング

リビングもドライフラワーを飾りやすい場所です。しかし、リビングも玄関や寝室同様、ドライフラワーを飾るには適していません。リビングは、玄関から入ってきた良い気の中間地点となります。そこにドライフラワーを飾るのは、あまり良くないですよね。

リビングを中継して、さまざまな部屋に気が流れていきます。その中間地点となるリビングに、陰の気を持つドライフラワーがあると、良い気が流れていきません。運気を下げてしまうので、リビングも避けてください。

運気が下がらないドライフラワーの飾り方

ドライフラワーで運気を下げないようにするには、いったいどうすればいいのでしょうか。赤い物と一緒に飾ったり、花や実だけを瓶に入れたりするといった方法があります。ここでは、運気が下がらないドライフラワーの飾り方をまとめてみました。

花や実だけを瓶に入れてハーバリウム風に

オシャレなハーバリウム風にするのはおすすめです。ハーバリウムとは、植物標本のことです。お部屋を鮮やかに彩れるインテリアとして注目を集めていますし、手作りしている方も少なくありません。

生花で作るハーバリウムもありますが、ドライフラワーを使うと生花よりも長く楽しめるので人気がありますね。瓶の中に陰の気を閉じ込めることもできるため、運気も下がらないと考えられています。こうすれば、寝室やリビングなどにも飾れますよ。

赤い物と一緒に飾る

ドライフラワーは死んだ花であり、陰の気を持つと考えられています。そこで、赤いリボンで結んだり、赤い置物と一緒に飾ったりすることをおすすめします。赤は厄除けの意味があるので、一緒に飾ることで陰の気を中和できるのです。

赤いリボンで結んだドライフラワーはおしゃれですし、インテリアとしても映えるでしょう。インテリアとしてドライフラワーを取り入れたいときは、できるだけ赤い物と一緒に飾ることを心がけてください。

クリスマスリースは場所&素材を選べばOK

クリスマスリーフもドライフラワーの一種となります。そのため、適当に飾ってしまうと、運気を下げる原因にもなりかねません。ポイントは、できるだけ重要な場所を避けて飾るということです。玄関や寝室、台所は避けましょう。

どうしても玄関に飾りたい、という場合は、ドライフラワーではなく生花や、プラスチック素材の造花のほうが良いといわれています。飾る場所さえ考えれば、一時的に飾っても極端に運が下がることはないでしょう。

まとめ

インテリアに最適なドライフラワーですが、風水的にはいろいろと注意が必要です。何も考えずに飾ってしまうと、知らず知らずのうちに運気を下げてしまっているかもしれません。重要な場所に飾るのは避け、風通しの良い場所に飾ることを心がけましょう。また、ハーバリウム風にすると、寝室やリビングにも飾れるようになりますよ。