サボテンと風水の関係は?運気が下がらない置き方を紹介!

インテリアとしてサボテンを部屋や玄関に飾っている、という方も少なくないでしょう。独特で個性的な見た目をしているサボテンは、人気の植物でもありますよね。そんなサボテンですが、風水ではどのような意味を持つのでしょうか。

  • 風水とサボテンの関係
  • サボテンを飾ると良い場所/飾らないほうがいい場所
  • 運気を下げない置き方

などについてお伝えしましょう。

サボテンと風水の関係

観葉植物を玄関や部屋に置くと、気の流れを良くしてくれると言われています。しかし、尖っている植物は幸運を打ち消してしまうとも言われています。では、実際のところはどうなのでしょうか。ここでは、サボテンと風水の関係についてお伝えしましょう。

棘が邪気を追い払う

風水において、尖ったものは運気を跳ね返すと言われています。サボテンは見ての通り、たくさんのトゲがありますよね。そのトゲが、家の中に侵入してきた悪い気、すなわち邪気を追い払います。

日本では、古くから柊や松など、尖ったものを飾る風習がありますよね。あれも、尖ったものが邪気を追い払ってくれると考えていたからです。風水でも同じですね。

棘が良い気を運ばない

「やっぱりサボテンは飾ったほうがいいんだ!」と思った方が大半だと思いますが、実は風水において、サボテンは少々難しい扱いになります。基本的に、風水では尖ったものはあまり良くないと考えられているからです。

尖ったトゲで邪気を追い払ってくれるものの、良い気すらも寄せ付けない力を持っているのです。邪気を追い払ってくれるのはうれしいですが、幸運も打ち消してしまう恐れがあります。

運気を吸収する

サボテンは運気を吸収すると言われています。そのため、悪い運気が溜まっている場所などに配置すると、その気を吸い込んで枯れてしまうと言われているのです。邪気を吸ってくれる、というのはうれしいことですね。

ただ、サボテンは悪い気だけでなく良い気も吸ってしまいます。外から入ってきた良い気も吸い込み、結果的に運気ダウンを招いてしまうのです。

サボテンを飾ると良い場所

サボテンを飾るのなら、いったいどこに飾ればいいのでしょうか。サボテンは風水上、取り扱いが難しくはありますが、正しい知識を持っておけば恐れることはありません。ここでは、サボテンを飾ると良い場所についてまとめてみました。

風通しがいいトイレの中

トイレは悪い気が溜まりやすいと言われています。そのため、トイレにサボテンを飾ると、溜まった悪い気を吸収してくれるのです。ただ、とりあえずトイレに飾ればいいという話ではなく、風通しが良いことが前提となります。

しっかり換気ができ、風通しがよくないと、サボテンが吸収した悪い気が増幅されてしまいます。そこだけ注意が必要ですね。

窓辺

できるだけ窓辺に配置するようにしましょう。家の外に面する部分、ということですね。窓からも気が流れ込んでくるので、もし悪い気が流れ込もうとしても、サボテンのトゲが跳ね返してくれます。サボテンに日光もあてられるので、なるべく窓の近くに配置してください。

ベランダや庭

ベランダや庭にサボテンを置くのもおすすめです。ベランダも家の外に面していますし、悪い気から守ることができます。ベランダに植物のプランターを置いているのなら、そこにサボテンも一緒に並べておくといいですね。

また、庭に置くのもおすすめできます。悪い気が家の中に入ってこようとしても、その手前でサボテンが跳ね返してくれるのです。

鬼門となる方位にある玄関

玄関は、もっとも大きな気が流れ込んでくる場所です。そのため、風水では玄関に観葉植物を置くと良い、と言われていますよね。しかし、サボテンは例外です。せっかく入ってきた良い気を、外に跳ね返してしまうからです。

しかし、鬼門となる方位に玄関がある場合は例外です。鬼門の方角からは悪い気が流れ込んでくるので、サボテンを置くと悪い気を跳ね返してくれるのです。

賃貸住宅へ引っ越した直後の窓辺

賃貸アパートやマンションなどに引っ越したばかりのときに、窓辺にサボテンを配置しましょう。こうすることで、以前の住人が溜め込んでいた悪い気を外へ出すことができます。このときのポイントとしては、換気をしながら置くことです。

換気をしながらサボテンを置くと、以前の住人が溜め込んでいた悪い気を、スムーズに外へ追い出すことができます。なお、ベランダでも構いません。

職場や書斎のデスクの上

職場はいろいろな人の感情や思惑がうごめく場所なので、さまざまな気が流れています。デスクの上に配置することで、周りの人の悪意や邪な気を跳ね返すことができるでしょう。

また、書斎のデスクもおすすめです。書斎で仕事をしているのなら、なおさらですね。悪い気を吸収してもらえるので、人間関係もうまくいくようになるかもしれません。

サボテンを飾らないほうが良い場所

サボテンを飾らないほうが良い場所もあります。玄関や寝室などは、サボテンを飾らないほうが良いでしょう。最近、何だか運が落ちている気がする、という場合には、飾らないほうが良い場所にサボテンを飾っているのかもしれません。

玄関

玄関は、すべての気の出入り口となる場所です。ここから、良い気も悪い気も入ってくるのです。そのため、玄関に観葉植物を置くと、良い気をかき混ぜてしっかりと家中を巡らせてくれると言われています。

しかし、サボテンを置くと、良い気も跳ね返してしまいます。基本は玄関には飾らないことですね。ただ、鬼門の方角にある玄関だと厄除けになるので、覚えておきましょう。

寝室

寝室にサボテンを置くのは基本的にNGです。寝室はリラックスし、安らぎを求める場所です。そこにサボテンを配置してしまうと、安らぎの気も吸い取ってしまうかもしれません。心身ともに休めなくなる可能性があります。

また、寝室は対人関係に大きく関わりますし、良い気をためておく場所でもあります。良い気を吸い取られてしまい、対人関係でトラブルになる可能性もあります。

運気が下がらない飾り方3つのポイント

風水では扱いが難しいと言われるサボテンですが、ポイントをしっかり押さえておけば怖くありません。運気が下がらない飾り方をしっかり覚えておきましょう。ここでは、運気を下げないサボテンの飾り方、そのポイントをお伝えします。

定期的に浄化する

サボテンは、溜まった悪い気を吸い込んでくれます。本来、あなたに向かうはずだった邪気も、身代わりとなって吸い込んでくれるのです。そのままでは、どんどんサボテンが邪気を吸収し、増幅してしまう恐れもあります。

そうならないよう、定期的にサボテンを浄化してあげなくてはなりません。定期的に外に出し、サボテン自体を浄化してあげるようにしましょう。

枯れたら新しいサボテンを置く

枯れたままのサボテンを、そのままにしていませんか?これはNGなのでやめましょう。サボテンが枯れたということは、悪い気を吸い取ったと考えられます。枯れたサボテンは、それ以上悪い気を吸い取ることができなくなります。

そのため、飾っていたサボテンが枯れたのなら、すぐにでも新しいものに買い替えましょう。そうすることで、再び悪い気が溜まったときは、身代わりになって吸い取ってくれます。

まとめ

正しい知識があれば、サボテンを飾ることで悪い気から守ることもできます。サボテンは悪い気を跳ね返す性質もありますが、良い気も跳ね返したり、吸収したりする性質があることも覚えておきましょう。

玄関に置くのは基本NGで、鬼門の方角にあるときだけ魔除けにしてください。あとは、トイレなど悪い気が溜まりやすいところに飾ることです。上手に活用しましょう。